あねどきっ05_01

ナツキへの対抗心なのか、洸太の気持ちを惹きつける為なのか。口調からすると後者のような気がするけれど、ナツキへの対抗心が洸太へのアピールを積極的にさせているのかもしれませんね。「ホント、期待してくれていいんだからねっ!!」と、本当は恥ずかしいけど頑張って見栄を張る奏ちゃんが実にいじらしいですw
そんな奏でちゃんの気持ちを知ってか知らずか、浮かない顔の洸太君。何と何と泳げない事が判明! 前回のWiiの時もそうだったけど、スポーツの類はダメなんでしょうかね? それとも典型的な何も取り柄のない駄目駄目人間?w

あねどきっ05_03
洸太は洸太で奏ちゃんに嫌われたくないから良いところを見せたいと見栄を張りたい様子で、何気に面白かったのが246Pの自己紹介。「『泳げない人の水泳マスター!!』1600円で今月のお小遣い大ピンチ」・・・・・・これは別な意味でも実に痛い、そんな出費ですがw そもそも市民プールで確り泳げるスペースなんてあるのでしょうか? 我が家の近くのプールは混むと水に浸かる状態でしたしw 小さいプールですけどねw

洸太は奏ちゃんの気持ちに気づいていないようだけど、今回のプールは洸太を魅了したいと言うのが一番の目的のようだから、そこまで気を付ける必要もないと元々無いんですけどねw

あねどきっ05_02

無駄な努力ですがお風呂で泳ぐ練習をしている洸太君。そこをナツキに目撃される! 恥ずかしい・・・・・・色々な意味で恥ずかしい。「大丈夫、大事なところは見えてないから」。つまり気にならない程小さいと言うことなのでしょうか?w 「それより」と話を変えるし全く興味なしのようすw それはそれでショックかも?w 

今のところ全く男として見ていないと言うことですよね。ん〜、2人の関係はどうなるのでしょうか。

お風呂では練習にならない。なわけで、ナツキの提案で学校のプールへ金槌克服の為のスニーキングミッション!

あねどきっ05_04

またもや意外な事実。ナツキも泳げない事が判明w 洸太も驚いていたけど自分も驚いたw まさかナツキちゃんが泳げない何て・・・・・・実は泳げない芝居をしていて、頃合いを見計らって溺れる振り。そこを洸太が必死になって泳ぎ助ける。「荒療治」と言っていたので、そういう作戦を考えていたのかと思ったんですが、ガチで泳げないとはねw

でも良いですね、浮き輪でスイスイ泳いでいるナツキちゃん。可愛いですよねw これまでは美人だとは思っていたけど、可愛いとは思わなかったので、こういう姿はなかなか新鮮でいいですw

あねどきっ05_05

ナツキの足を掴んで浮き輪と言うか、ビート板代わり? 浮き輪は子供っぽいから大人用の・・・・・・て事でしょうか?w でもこれでは目のやり場や手の感触が気になって泳ぐ所ではない気もするけどw 煩悩にも負けず洸太は泳ぐコツを掴んだ・・・・・・のかな?w ドサクサに紛れてナツキの太股をサワサワして蹴られてましたがw ナツキちゃんも一応恥じらいの表情は見せるんですねw 可愛いですw

警備員に見つかった2人。洸太を置いて一目散に逃げるナツキとそれを追う洸太。警備員に捕まりたくない必死な思いが洸太を泳がせたのか!?w 見事なクロール披露する洸太でした。でもこれは捕まりたくない必死さが生んだ火事場の馬鹿力。結局は元の泳げない洸太に?w 警備員を無視して泳ぎを試すが全く泳げず。残念無念。

どうでもいいけど、ここはスールーされている警備員がちょっと面白かったw

あねどきっ05_06

奏ちゃんとデート本番。てか2人っきりなんですね。前回集まったメンバー全員とプールなのかと。これはこれはどうなるんでしょう。2人ともデートはなれてなさそうだから、何かの拍子で気まずいムードが漂わなければいいけれどw ナツキちゃん乱入のトラブルを期待して次回w

ToLOVEる トラブル159「夏の思い出」週刊少年ジャンプ 2009年36号の感想でも Part2
めだかボックス 第13箱「誰にでもこういうことするの?」週刊少年ジャンプ 2009年36号の感想でも Part3

ブログランキングバナー気が向いたらクリックお願いします