あねどきっ06

どこかはにかんでいる表情が可愛らしい私服姿の奏ちゃん。初々しさも感じさせるその姿ですが、個人的には髪型が何時ものツインテールでなく変えてきてるところに惹かれたりも。
それは今回のデートへの力の入れようを表しているようで、他人に媚びるキャラではないだけに何時もと少し違う印象は、なにか微笑ましくもありいじらしくもあり・・・・・・可愛らしい乙女心を垣間見た感じがしますw

あねどきっ06_02

「お・ま・た・せ!」と水着姿で可愛く登場奏ちゃん。頑張って可愛くおしゃれしてきたのに無反応だった鈍感な洸太の為に、より過激にアピールして反応を確かめようと言った所でしょうか。まか洸太は無反応だったのではなく見蕩れていた、まさに「蕩れ」な状態だっただけなんですけどねw

それにしてもこのシーン、恥ずかしいけど頑張ってアピールしているその必死さが伝わってくる表情がいいですw 「この水着見せるの洸太くんが最初だぞ」こんな事を言われたら、似合って無くても可愛いといってしまいます。実際可愛いし似合ってるんですけどw

あねどきっ06_03

そこへ否が応でも目立つ空気の読まないボディーが素晴らしいナツキお姉さんが登場! 奏ちゃんの水着姿を見た後だけにスタイルの良さが際立ちますが、前回見送っていたので今回は登場しないのかと少し残念に思っただけに、この登場は嬉しいですねw 奏ちゃんは可愛いけど、やっぱり自分はナツキの方が好みなのでw

面白かったのが、ナツキに付いて来た3人組の1人が言った「桜井って水着になると意外に胸あるんだなー」の一言に、同じく付いてきたメガネが言った一言。「バカ、何か詰めてるだけだろ」。

あねどきっ06_04

胸を強調しているシーンをみて自分も思ったんですけどね、奏ちゃん意外と胸があるんだなと。可笑しいとは思ったけど、でも本当に詰めているとは・・・・・・それも3枚もw そりゃナツキを敵対視しても不思議では無いですよね。ただでさえ目立ちたがり屋だしw まぁでもそういう無駄な虚勢を張る所なんかも、いじらしくて可愛い所でありますw

あねどきっ06_07

洸太が泳げないとわかり落胆する奏ちゃん。最初から泳げないと言えば無理に誘わなかったのにと言いますが、本当かよと思ってしまうその言葉。あのときは自分の扱いの酷さに奏ちゃんが切れて断れる雰囲気ではなかったし、返事も聞かずに強引に纏めて帰っちゃうしw なかなか調子の良い性格をしてます・・・・・・まぁそんな我の強いところも魅力であるんですけどw

あねどきっ06_05

洸太の格好いい姿が見たかったとガッカリひとり泳ぐ奏ちゃん。惚れちゃってるのねw そこへビニールボールで遊んでいたナツキの強烈なスパイクが奏ちゃんの顔面を直撃! そのして何故か水着もハラリとw 顔面へのダメージと精神的なショックから溺れてしまったのでしょうか?w 奏ちゃんの大ピンチ! でもそこへ助けにやってきたのは、ナツキの浮き輪のアシストを受けた洸太君。今回は駄目駄目な姿ばかりな洸太だったけど、最後は格好いいところを見せることが出来ましたねとw

でもこのシーン、ナツキの人事のような表情が気になる所ではあります。原因を作った張本人なのに、スパイクを打ち込んだ事を忘れ、良い雰囲気の2人の姿を見詰める「よかったね」的な表情がw

てかナツキちゃん、本当はわざと奏にぶつけたんじゃないの?w 「奏ちゃんの方にばっかボールが吸い込まれていっちゃうんだよね」と苦しい弁解していたけれどw

あねどきっ06_06

次回は、欲望の固まりのような親友の提案で急遽決まった宿題合宿。ナツキが洸太の身内ではないと知って、焦りに焦った奏ちゃんも急遽参戦w 奏ちゃんも必死ですよ。1人でがむしゃらに突っ走ってるんだから・・・・・・戦いにもなってない現状、誰と戦ってるんだと、そんな印象も受けますけどw でもその必死さ、恋する乙女は強いとある意味感心する所ではあるし、可愛くて微笑ましくも思える所であります。 

とりあえず、相手にもされてませんが、ナツキとのバチバチは楽しいのでどんどんやってもらいたいですw

ToLOVEる トラブル160「夏の思い出」週刊少年ジャンプ 2009年37・38合併号の感想でも Part2
めだかボックス 第14箱「たかが服だろ」週刊少年ジャンプ 2009年36・37合併号の感想でも Part3

ブログランキングバナー髪型は今回と同じままですね。もしかして普段がこれで登校時だけツインテールなのでしょうか。