ToLOVEる160_01

プールサイドで行われているルンと京子の華やかなライブに、似つかわしくない明らかに浮いている存在が1人。校長、相変わらずの変態っぷりで実に良く弾けておりますw
校長については、ToLOVEる15巻の矢吹さんのコメントに、校長は扱いやすいキャラクターだという記載が。だからなんですね、男キャラであり重度の変態にもかかわらず、リトに次いで優遇されているのは。ザスティンや猿山より登場回数は多いんじゃないんですか? てかザスティン、全然みないなぁ・・・・・・やっぱり男キャラがToLOVEるで目立つには、良くも悪くも個性が極端に際立ってないとダメなんでしょうね。そう考えると校長はこれでも勝ち組なのでしょう。扱いは酷いけど出演回数は多いし、一応欲望も満たされているようだしw

ToLOVEる160_02

変態校長を排除したのはスライムのような水の化け物。軟体生物と言うことで、特徴を生かした自由に女の子の身体を弄ぶ期待通りの展開へw ルンと京子がその餌食になってましたが、たったの数コマですか・・・・・・残念。京子ちゃんのカルノフばりの口から炎攻撃でピンチから脱出。てかカルノフなんて言っても誰もわからないかなw

ToLOVEる160_03

ライブ会場では凄い騒ぎになっているのに、リト達のいる場所は実に平穏。どれだけ広いプールなのだろうか。まぁそれはいいとして。モモ、またリトをからかっているのか。恋の悩みのお手伝いをすると艶っぽい表情で甘く囁く?w モモのいるポジション的に、溜まった恋のパトスを発散と言った所でしょうか。お願いしますと言いたいところですw

やって来ました水の化け物。プールで遊んでいた女の子を次から次へと陵辱しまくる嬉しい暴挙。「ヌルヌルします」とモモ。「へ・・・ヘンな声出すな〜!!」とリトは叫ぶけど、その声はどんな声なのか聞いてみたいw アニメではモモとナナ、誰が声を当てるのでしょうか。声を想像してみたいので気になりますw 

ToLOVEる160_04

他にも里紗・未央コンビ。里紗の「ヘンなトコ入るな〜〜っ」のヘンな所とはどこなのか気になりますw そして猿山・・・・・・はどうでもよく、唯ちゃん。いや〜これはいいですよね。矢吹さんは、なんでこれほどえっちぃ身体を描くのが上手いのでしょうかw 身体のラインにおっぱいの大きさや形のバランスが非常によくて、これだけでも今回は大満足してしまうクオリティーの高さで感心しますよ。てか唯ちゃん、本当にえっちぃ身体してます。好きなキャラだけにもう・・・・・・コミックスでの乳首修正に期待ですw

ヤミちゃん登場。ヌルヌルなキャラクターだけに、ヤミちゃんもえっちぃ餌食になると期待していたんですが、今回は普通に凛としてバッサリ戦ってましたね。無念です。てか美柑もか・・・・・・ヤミちゃんに守られていたのかな?w

ToLOVEる160_05

今回のラストは、ララと最近影の薄い春菜ちゃんが水の化け物に食べられた時点で終了。辱めではなく食べちゃうんですね・・・・・・でも泳げばすぐに出られそうな気もするけど、ストーリーを盛り上げる為にもそういうわけにはいかない?w 餌が簡単に外に逃げ出しては化け物も生活できないでしょうしねw 

この展開は、どっちが好きなのかそんな伏線があったので、リトが助ける時、ララと春菜ちゃんのどちらを選ぶのかが次回の内容になるのでしょうか。まぁどちらも選ぶのがリトなわけですがw さてどうなるのでしょうね。

てか水の化け物は、なんでこういうえっちぃ行動に出ているのでしょうか。ナナがモンスターの知能は低いと言っていたけど、明らかに狙ってやってますよねw その辺り疑問です。

あねどきっ 第6話「恋のプールサイド」 週刊少年ジャンプ 2009年37・38合併号の感想 Part1
めだかボックス 第14箱「たかが服だろ」週刊少年ジャンプ 2009年36・37合併号の感想でも Part3

ブログランキングバナー気が向いたらクリックお願いします