化物語06

ひたぎの極端に毒々しい歪んだ性格から、ヤンデレの素質は以前から感じていたんですが、でもこれは思っていた以上に恐ろしくw 暦は難攻不落のキャラクターを攻略して嬉しいのかもしれないけど、見方を変えれば、戦場ヶ原ひたぎという刑務所に入れられ自由を奪われた可哀想な子にも見えたりもw そこから脱出しようもんなら・・・・・・傍からみたら羨ましいけどねw
それにしても言い回しというか言葉遊びというのかな、面白いアニメですよね。所々感心してしまうと同時に、吹き出す面白さがそこにはあり、アニメなのに動きが少なく語りばかりの内容だけど、いつの間にか世界観に入り込んでしまうくらい見入っている自分がそこに居るんですよね。本当に面白いです!

今回上手いなと思ったのは、ひたぎの「煩わしいと言っても、恋煩いよ」ですかね。まずは吹きだし、そして頬が緩み、それからこれは上手いと思いとニヤニヤとw

これは1度地獄に落とされ、その後一気に天国に昇るそんな感じでしょうか・・・・・・微妙な例えですがw 心に染みる痛さを味わっただけに、喜びも倍増。暦が蕩れ蕩れ状態になるのはわかる気がするし、ならなければ男ではないw ただ、ひたぎに男心を上手く扱われているような気がしなくもないですけどねw 

正直ひたぎの何処がツンデレなんだと思った時期もあったけど、その反論を許さない威圧的な態度からは感じられないデレは、言葉の端端で表して伝えているんですよね。

先の「恋煩い」とか、進路について小言を言うシーンの「何を言ってるの・・・恋人でしょう」とか。態度からは恋の欠片が全く感じられないだけに、その言葉の破壊力が凄いわけで、これも1つのツンデレの形なんだろうなとシミジミ思うと同時に、言葉の使い方の上手さに感心してしまう所ですね。

今回は駿河ちゃんを楽しみにしてたんですけどね、あまり出番がありませんでした。ただラストは・・・・・・やっぱりそうなのかな? 凄く気になる所で終わってしまったけど・・・・・・もしかして今回、駿河ちゃんのエピソードのテーマはヤンデレなのかな?w 歪んだ愛情がテーマか!

ブログランキングバナー今年のTVアニメはこれが1番じゃないの?と思えるくらい好きかもしれない。