かなめも12

代理の見事な営業スマイル。代理の本性を知らない人が見たら、そりゃ騙されるのも仕方無い完璧さか。知ってる人間が見たら、何とも滑稽というか態とらしいというか・・・・・・w
だからかな。水原さんの演技が学芸会レベルの態とらしさで、子供騙しにみえちゃうんですよね。まぁ子供が相手なんだけどw なのでここは「これは凄い武器だ!」と唸るような演技。もう少しナチュラルに可愛さを演じて、代理の凄さを表現してもいいと思うんですよね。

なわけで今回の12話ですが、まぁ何時も通り楽しくていい話だったと思います・・・・・・正直よくわからなかったけどw 

あと前から思ってたんですが、かなって少し卑屈な態度を取りすぎじゃないのかなと。自分に自信がないのは見ててよくわかるんだけど、それがなかなかプラスに作用しないというか前向きにならないと言うのか。たまにイラッてくるんですよね。

今回かなが疎外感を感じるシーンがあったじゃないですか。そのシーンを見ていて思ったんですよね。未だに疎外感を感じるんだと。

今回を含めて12話放送してきましたが、風新メンバーはそれはもう親身になって繊細なかなを気を遣って触れ合ってきたと思うんですよ。それなのに未だ疎外感を感じる打ち解けていない状態と言うことは、穿った見方かもしれないけど、仲間を信じていないと言うことなのではないかと。

とまぁここで何か誤解を与えそうな書き方だなと気づいたわけですがw まぁようは・・・・・・かながそう感じてしまう気持ちはわかるんです。でもその状況を作り出しているのはかなの心の弱さだと思うんです。散々風新のメンバーから、激しくも優しい愛情を貰い受けているのだから、その気持ちに応えてもっと前向きになってもいいのではないのかと。その前向きさがあまり感じられないのがもどかしいんですよね。

1話と今のかなであまり成長が感じられないのが残念なんですよ。
ブログランキングバナーあの濃いメンバーと一緒に過ごしているんですから、もう少し逞しくなっていてもいいのではないのかなと。図々しさが足りない。