こばと。02

記憶と知識と常識がないパーフェクトなくらい天然キャラクターな小鳩ちゃん。その上悪意を知らない純真無垢なキャラクターなだけに、非常にやっかいな性格でもあったりw だけど今回はそんな小鳩だからこそ感動出来たエピソードでしたね。
俊彦君との遣り取りで自然に出てきた何げない小鳩の言葉。それはもう普通のセリフなんだけど、良くも悪くも愚直なほど素直な小鳩ちゃんが言うからこそ、気持ちのこもった説得力のあるセリフになるんですよね。これを他のキャラクターが言ったら、また余計な感情が生まれてくるわけで。

特別変わったことを描いているわけではない小鳩と俊彦との遣り取りでありセリフだからこそ、どれだけ伝わりやすく純粋で意味のあるものにできるのか。小鳩というキャラは見事にそれを演じこなしているわけですから、酷いくらいに記憶と知識と常識の無い天然娘ではあるけれどw ただそれだけが売りではない、意外と考えられている深いキャラクターだと感じました。

それと、どうでもいい事かもしれないけど、俊彦君が小鳩の事を「ちゃん」付けで読んでましたが、そこは「こばとー」な感じで呼び捨ての方が俊彦君に合っているんじゃないのかなとw その方が、あの年頃のわんぱくな(死語?w)子供っぽさが感じられていいと思うんですよね。


ブログランキングバナーCLAMPはキャラクターを作るのも、そのキャラクターが演じるストーリーの組み方も上手いですよね。