聖剣の刀鍛冶END

セシリーの自己犠牲って安っぽいよね。自己犠牲を描くならば、まずは己の命の価値というのを作り出さなければいけないと思うんです。でもそれが全く出来ていないので、彼女自身の命の重みというのが感じられないわけで、そんな価値のない命を盾にして守られても、何の感慨も生まれないんですよね。
騎士であることにもの凄く高いプライドを持っているセシリーだけど、実際彼女が守った命なんて殆ど無いじゃないですか。彼女の実力で勝てたバトルなんてありました? アリアという魔剣があったからこそ、綺麗事とも言える理想が実現できたのであって、居なければ何度も死んでいたはず。今回だって、ルークの作った剣があったから勝てたのであって、彼女の実力とは思えない。

笑っちゃったんだけど、鍛錬中にセシリーがルークと敵との間に立って守っていたシーン。あれは守っていたというよりは、敵が空気を読んで攻撃しなかっただけですよねw でもそこが駄目なんだよねぇ・・・・・・身を盾にして2人を守ろうとしているシーンなのに、何でそんな都合の良い展開にするのかと。だから彼女のやってることが茶番になってしまうんですよ。

で言いたいことは、12話も使って全く成長の跡が見られないセシリーの描き方はどうなんだろうかと。半人前の人間の命なり言動なりに、どれだけの説得力が生まれます? 言ってることなんて何の根拠もない綺麗事じゃないですか。そこまで精神論を叫びたいならば、実力もそうだけど、それに伴う人間性があってしかるべきだと思うんですよね。12話も使ってこれですから・・・・・・もうちょとその辺り考えて作ってほしかったですね。

とまぁ不満だらけの感想になってしまいましたが、あまり高望みしなければ、それなりに楽しめる内容だったんじゃないんですかね? 放送前はもっと壮大で深みのあるストーリーを期待していたんですが、奥行きの無いこぢんまりとした浅いストーリーだったのは残念でしたけど、でもまぁ分かりやすいし見やすかったのは確かなので、そこら辺はよかったかなと。ただ11話は凄く不快で苛つく内容でしたがw


聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) Vol.2 [Blu-ray]聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) Vol.2 [Blu-ray]

メディアファクトリー 2010-01-22
売り上げランキング : 712

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
みらくるハッピーディみらくるハッピーディ
リサ(豊崎愛生)

コロムビアミュージックエンタテインメント 2009-11-18
売り上げランキング : 616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools