カラフル02

見てて疑問に思ったのは、中身は別人なのに、なぜそこまで他人の家族に感情を込められるのか。演技ならば、それはそれで必然性を感じないので違和感を感じるし、何かしらの感情が心の中に渦巻いているのならば、やはり所詮は他人なのだから、感情が露わになるほど入れ込む理由がわからない。
でもその辺りは最後まで見てなるほどなと、とりあえずは納得。ただたとえそれが真実であっても、家族に喜怒哀楽何かしらの感情が込み上げていく理由なり伏線なり、説得力が感じられる描写は必要だと思いましたが。

カラフル

個人的にどうしても納得いかないのが母親と真の関係。これに関しては最後まで鬱積したものが晴れなかった。というのも、自分が見た感じ、愛情や友情よりも、母親との親子関係こそが1番重要な要素と感じたから。

ネタばれになるかもしれない微妙なラインですが、真が自殺したという事実は、母親にとてつもなく大きい傷を与えたわけですよね。間接的に手を貸したようなものですから。でもそこまで母親を追い込んだのは紛れもなく真なわけで、それは中身が変わり生まれ変わっても同じで、また同じく母親を追い込んでいるわけで・・・・・・よくわからないけど不倫も真が影響してるんでしょ? 死ぬ前も後も真は母親に強いプレッシャーを与え続けているわけですよ。

家庭に問題があったのは間違いし、全ては真の言動が招いた悲劇だと言うつもりもない。自分が望んでいたのは、母親が歩み寄るのではなく真から。母親のこれまでの苦労が実るような、母親が本当の意味で救われる描写。真がこれまでの行いを振り返り後悔し謝り、母親の気持を理解し、友情ではなく母親の愛情で彼の生き方が変わる。それこそが自分が望んでいた展開であり欲しかった描写なのです。

母親の苦悩に見合わない結末、そこがこのアニメの1番大きな不満。キャラクターは浅いし友情愛情家族関係、どれも中途半端でメッセージ性も思っていたほど強くは感じなかったけど、でもトータルで見れば悪くはないし面白いアニメでした。何かもの凄く矛盾した印象を与えそうだけどw シンプルすぎた、てことなのかなぁ・・・・・・あ〜あと声優は全然駄目で、もしかしたら声から得られる情報量の少なさ、それも影響してるのかもね。

カラフル (文春文庫)カラフル (文春文庫)
森 絵都

文藝春秋 2007-09-04
売り上げランキング : 75
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools