ToLOVEるダークネス0_01

迷い猫休載の代わりのToLOVEるダークネス0話。内容は無印の後日譚でありダークネスの前日譚になるわけですが、ページ数が少ないので内容もそれなりで・・・・・・プロローグとしてダークネスの1話に繋げたら丁度いい内容かもしれないw
ToLOVEるダークネス0_02

今回ちょっと妙な違和感を感じたのが、ララとモモが会話をするシーン。今回の肝となる部分ですね。それだけに違和感を感じたわけですが、何に違和感を感じているのかというと、ダークネスになってからはモモとヤミが中心の構成なので目立たない存在になってしまったララ。そのララがここまで生き生きと存在感を示している事に対して、妙な違和感というか懐かしさを感じてしまった今回のToLOVEるでしたw

ToLOVEるダークネス0_03

それにしてもなるほど。ハーレム計画という突拍子もない考えは、ララの発言が影響していたんですか。流石モモの姉というかなんていうか・・・・・・「デビルークの王になれば、地球のルールは関係ない」なんて言い切っちゃってるけれど、そもそもそれはリトを婿に迎え入れる事が前提でないと成立しない話なんですよね・・・・・・その為にリトが地球人を辞めるのかなぁ?w それとも地球を侵略して強引にとか?w あ〜なるほど、だから色気で籠絡させようとモモが頑張っているのか!

ToLOVEるダークネス0_04

あらゆるプライドを打ち砕くのは性欲しかない!? まるで悟りを開いたかの如く、あらゆるハニートラップを理性により回避してきたリトに効果があるかはわかりませんがw それにもめげず、モモには色々な面で頑張り攻めていってほしいですねw とらぶるを起こしてなんぼのToLOVEるですからw 


◆ジーまるえでぃしょん 第4話「あると、玉沢さんちに行く!の巻」 ジャンプSQ.19 2011年冬号の感想 Part2


ジャンプ SQ.19 (スクエア) 21 2011年 03月号 [雑誌]ジャンプ SQ.19 (スクエア) 21 2011年 03月号 [雑誌]

集英社 2011-02-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

To LOVEる ダークネス 1 (ジャンプコミックス)To LOVEる ダークネス 1 (ジャンプコミックス)
矢吹 健太朗 長谷見 沙貴

集英社 2011-03-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools