ToLOVEるダークネス08_01

他のヒロインを差し置いて、まさかリコのエピソードが来るとはね・・・・・・予想外。でもまぁ嫌いじゃないし可愛いし、チェンジものはシチュエーションが異色だけに面白いと言うか興味深いし?w 弄られ役はもう間違いないので、どう弄られ辱められるのか、そのあたり非常に楽しみだし期待してしまうところですよね。
ToLOVEるダークネス08_03

で早速リコちゃん登場ですが、その姿は何故かメイドさん。ララに無理矢理着せられたとリコは嘆くけれど、確り着こなしているあたり、リコも満更でもない様子? もしかしたら潜在的にその気があるのかもしれませんね・・・・・・それとも気分を高めるために?w 自棄になったわけではないけれど、どうせなら心の底から気持ちよく楽しもうかなと。気分は大切ですからw

ToLOVEるダークネス08_05

見た目は女性、頭脳は男性なのに、突然現れたモモに驚いて咄嗟に胸を隠す女の子らしい行動が非常に怪しいですが、何にしろ身を以て女体の神秘さに触れ、興味津々もっと知りたいと楽しんでいるのは間違いない! そしてそんなリコの気持に感づいたいたモモは、刺激しリコの気分を高め、ついでに自分も楽しもうと何時ものように悪戯をする。相変わらずですがw 「女の子の姿でもイケちゃう」とか、いちいち脳髄を刺激するセリフを呟き、自分のペースに持ち込もうと男のツボを付いてくるのが、色々な意味で嫌らしく小悪魔的な可愛らしさがあっていいですよね。

ToLOVEるダークネス08_06

お楽しみな所メアが乱入! サイコダイブでリトの記憶を辿り、モモとリトがお風呂でイチャイチャしていたあの出来事を赤裸々語りモモを動揺させるメア。頬を染め少し戸惑っている印象が感じられるモモの表情が実に可愛らしいですが、やっぱりモモでも他人にそういう姿を見られるのは恥ずかしいのかな?・・・・・・そうでもないか。結局一緒になってペロペロしているしw でも本当に可愛いね。これまでで1番可愛いかもw

ToLOVEるダークネス08_09

メアとモモが交渉するシーンは、リコの意志を無視して話を進めているのが面白い。と言ってもリコの意見を聞く必要はないんだけれどw 交渉している最中も、当たり前のようにリコをコリコリしているのが何ともかんとも・・・・・・これではまるで2人のオモチャみたいで楽し、いや哀れだなとw あとリコも嫌々言いながら受け入れているのも、ソフトに陵辱的な印象がしていい感じ?w まぁ拒絶しようにも、力ではモモとメアの2人にはかなわないしね。それに多少拒絶の態度を示した方が強く迫って来てくれるのではと、そんな思惑がリコにはあるんじゃないのかな・・・・・・多分w 

ToLOVEるダークネス08_07

お楽しみのペロペロタイムも突然終了。そのタイミングも美柑がやってきた所で効果が切れてしまう最悪なタイミング。美柑がリトの部屋の扉を開くと、そこで何かしらのとらぶるが起きている確立が非常に高いような気もしますが・・・・・・w このシーンは、美柑がリトに対してどういう気持を抱いているのか知っているのも影響しているのだろうけど、モモが美柑の登場に強く動揺し混乱している様子が、わりと冷静で思慮深く感情をコントロール出来る性格なだけに面白いですよね。さすが結城家の大黒柱?w 美柑は強い!・・・・・・てか女性もののパンツをはいてボーゼンとしているリトが間抜けすぎるんですが、妹にこんな姿を見られてどう思うんだろう?w そもそも下着まで替える必要はあるのかな?w

ToLOVEるダークネス08_08

次回はルンのエピソードなのかな? これまで殆ど出番がなかったし、それらしい伏線も見当たらなかったので意外なチョイスかも。ただルンは自己主張の強いキャラクターですからね。余裕を感じさせる態度やリトに入れ込んでいる、おそらく気が合わないであろうモモとの絡みがどのようなとらぶるを引き起こすのか、その辺楽しみですね。

ToLOVEるダークネス08_02

あとどうでもいい事なんだけれど、校長がルンのポスターを抱きしめ喜んでいるシーン。メアが校長を見詰めていたので、「この学校の生徒で有名なアイドルだぞルンは!」の「ルンは!」を読むまで「え、校長がアイドル!?」と思ってしまったのは秘密w 小冊子が挟んであったので完全にページがめくれず、メアの「ルン?」のセリフに気付きませんでしたw

ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 07月号 [雑誌]ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 07月号 [雑誌]

集英社 2011-06-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
To LOVEる―とらぶる― ダークネス 1 (ジャンプコミックス)To LOVEる―とらぶる― ダークネス 1 (ジャンプコミックス)
矢吹 健太朗 長谷見 沙貴

集英社 2011-03-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools