M's FAMILY OFFICIAL BLOG

徒然なるままに『M's FAMILY』についての情報発信をしています

カテゴリ: 国民体育大会

平成24年10月9日の静岡新聞朝刊です。
123

【岐阜国体】重量挙げ94キロ級 平岡4度目栄冠
五輪の夢追い再発進
 重量挙げ94キロ級の平岡(静岡市体協)がクリーン&ジャークで2年ぶりに優勝、トータルでも4年ぶりに1位に輝いた。国体4度目の栄冠に輝いた第一人者は「やはりうれしい。静岡のために貢献できた」と喜んだ。
 ロンドン五輪予選を兼ねた4月のアジア選手権。日本記録となるトータル353キロをマークしたが五輪代表に選ばれなかった。「アジア選手権の後は今までで一番長く休んだ」という。国体に向け始動したのは1カ月前からだった。
 昨年の山口国体は減量を回避して105キロ級で出場し、スナッチ2位にとどまった。「94キロ級は言い訳できない」。日本記録を狙った今回、クリーン&ジャークの1回目140キロはシャフトが滑って失敗した。「慎重にいこうと思った」と記録から優勝に気持ちを切り替えた。
 来年の1月で30歳を迎える。腰にも不安を抱える。それでも、五輪の夢はあきらめない。「今まで以上に体のケアに気を配りたい」。国内王者は早くも4年後の夢舞台を見ている。

M's FAMILYの選手

≪94Kg級≫
IMG_0049

・平岡 勇輝
スナッチ146kg 2位
ジャーク185kg 1位
トータル331kg 1位
IMG_0038IMG_0045

・川畑 源大
スナッチ147kg 1位
ジャーク180kg 2位
トータル327kg 2位
8069941117_4717685394_b8069959140_b340935f5f_h

・水田 理
スナッチ132kg 8位
ジャーク175kg 3位
トータル307kg 3位

・本間 章吾
スナッチ125kg 11位
ジャーク171kg 5 位
トータル296kg 11位

≪105Kg級≫
・盒供^貶
スナッチ138kg 7位
ジャーク183kg 4位
トータル321kg 5位

・藤原 和朋
スナッチ141kg 4位
ジャーク177kg 7位
トータル318kg 6位

・持田 龍之輔
スナッチ137kg 8位
ジャーク165kg 9位
トータル302kg 9位

・湊 信彦兵
スナッチ140kg 5位
ジャーク161kg 10位
トータル301kg 10位

・渡辺 貴大
スナッチ130kg 14位
ジャーク150kg 15位
トータル280kg 15位

・池田 直弥
スナッチ115kg 16位
ジャーク135kg 16位
トータル250kg 16位

≪+105Kg級≫
8070427689_40671032c4_b

・浅田 浩伸
スナッチ152kg 2位
ジャーク170kg 6位
トータル322kg 3位

・門脇 創一
スナッチ140kg 4位
ジャーク180kg 4位
トータル320kg 4位

M's FAMILYの選手

≪85Kg級≫
・衛藤 靖弘
スナッチ133kg 4位
ジャーク155kg 10位
トータル288kg 8位
8067372598_17bb9ea831_b

・山岡 慶大
スナッチ115 kg16位
ジャーク150kg 15 位
トータル265kg 15位
8064363559_8a489464a5_b

・佐藤 栄吉
スナッチ112kg 17位
ジャーク135kg 18位
トータル247kg 18位
IMG_0006IMG_0020

M's FAMILYの選手

≪56Kg級≫
8059413428_7a57e79804_b
・清水 洋平
スナッチ105kg 2位
ジャーク129kg 4位
トータル234kg 2位

・山田 政晴
スナッチ90kg 11位
ジャーク123kg 6位
トータル213kg 9位

≪62Kg級≫
・加藤 雄介
スナッチ108kg 6位
ジャーク138kg 6位
トータル246kg 6位

≪69Kg級≫
・糸数 陽一
スナッチ128kg 2位
ジャーク161kg 1位
トータル289kg 1位

・五百藏 正和
スナッチ133kg 1位(大会新記録)
ジャーク155kg 3 位
トータル288kg 2位
8063108996_bf12f5ba2d_b

・坂 祐哉
スナッチ112kg 12位
ジャーク147kg 6位
トータル259kg 8位

第65回国民体育大会「ゆめ半島千葉国体」ウエイトリフティング競技3日目の記録。

M's FAMILYの選手の結果
★94kg級
・平岡 勇輝
スナッチ 153kg 2位
ジャーク 187kg 優勝
トータル 340kg 優勝
hiraoka1hiraoka2hiraoka3
hiraoka4hiraoka5
〜静岡新聞10月5日朝刊より〜
【千葉国体】重量挙げ、成年男子94キロ級 平岡2年ぶりの頂点
IP101004TAN000121001第一人者の責任果たす
 重量挙げの平岡(静岡市体協)が、意地を見せた。成年男子94キロ級のクリーンアンドジャーク。6日前に世界重量挙げ選手権(トルコ)から帰国したばかりで調整不足だったが、2回目に187キロを見事に成功。同種目で2年ぶりの頂点に輝いた。
 最初に行われたスナッチでは、85キロ級から階級を上げてきたライバル吉岡(埼玉)に自身の持っていた日本記録を塗り替えられ、2位に終わっていた。それだけに、ジャークを制して「1種目は優勝しないと。ホッとした」。第一人者としての責任は果たした。
 観客席の最前列には妻奈津子さんの応援する姿があった。静岡市内の小中学校の時の同級生で、スナッチで優勝した昨年の大会直後に結婚した。「前向きな人で、落ち込んだときも言葉をかけてくれる」。夢の五輪出場に向けて、心強い伴侶も得た。ちょうどこの日が結婚1周年。最高の記念日になった。
・川畑 源大
スナッチ 145kg 3位
ジャーク 175kg 3位
トータル 320kg 3位
kawabata1kawabata2
・小笠原 伸吾
スナッチ 140kg 5位
ジャーク 173kg 5位
トータル 313kg 5位
ogasawar1ogasawara2
・水田 理
スナッチ 135kg 7位
ジャーク 174kg 4位
トータル 309kg 6位
mizuta3mizuta2
・湊 信彦
スナッチ 137kg 6位
ジャーク 166kg 8位
トータル 303kg 7位
minato1minato2
・衛藤 靖弘
スナッチ 133kg 8位
ジャーク 160kg 9位
トータル 293kg 8位
etouetou2

94

★105kg級
・渡辺 勇人
スナッチ 140kg 4位
ジャーク 180kg 6位
トータル 320kg 3位
watanabewatanabe2
・門脇 創一
スナッチ 142kg 優勝
ジャーク 177kg 9位
トータル 319kg 4位
kadowaki
・藤原 和朋
スナッチ 139kg 5位
ジャーク 179kg 7位
トータル 318kg 5位
・?橋 一平
スナッチ 135kg 10位
ジャーク 182kg 2位
トータル 317kg 6位
・小湊 和輝
スナッチ 137kg 6位
ジャーク 172kg 11位
トータル 309kg 9位
・中山 貴憲
スナッチ 130kg 12位
ジャーク 150kg 16位
トータル 280kg 16位
・葛葉 崇博
スナッチ 127kg 15位
ジャーク 150kg 18位
トータル 277kg 17位
・坂 真幸
スナッチ 120kg 20位
ジャーク 155kg 15位
トータル 275kg 18位
・中嶋 浩一
・スナッチ 120kg 23位
ジャーク 150kg 20位
トータル 270kg 20位
nakazima
・渡辺 貴大
スナッチ 123kg 18位
ジャーク 145kg 22位
トータル 268kg 21位
105

★+105kg級
・中浦 雄太
スナッチ 141kg 4位
ジャーク 165kg 8位
トータル 306kg 6位
・望月 駿一
スナッチ 130kg 9位
ジャーク 175kg 6位
トータル 305kg 7位+105

第65回国民体育大会「ゆめ半島千葉国体」ウエイトリフティング競技2日目の記録。

M's FAMILYの選手の結果
★69kg級
・朝田 智弘
スナッチ 124kg 3位
ジャーク 157kg 優勝
トータル 281kg 優勝
・五百藏 正和
スナッチ 125kg 2位
ジャーク 155kg 2位
トータル 280kg 2位
・坂 祐哉
スナッチ 119kg 8位
ジャーク 150kg 5位
トータル 269kg 4位
・加藤 雄介
スナッチ 110kg 15位
ジャーク 145kg 8位
トータル 255kg 11位
・長谷川 匠
スナッチ 100kg 21位
ジャーク 130kg 17位
トータル 230kg 18位69

★77kg級
・仲程 忠史
スナッチ 124kg 6位
ジャーク 155kg 6位
トータル 279kg 4位
・原田 恭歩
スナッチ 113kg 14位
ジャーク 142kg 12位
トータル 255kg 12位
・川島 正敏
スナッチ 105kg 15位
ジャーク 135kg 14位
トータル 240kg 14位
・盛田 雄司
スナッチ 129kg 3位
ジャーク 失格
トータル 0
77

★85kg級
・木曽川 章
スナッチ 131kg 6位
ジャーク 165kg 4位
トータル 296kg 5位
・小川 裕慈
スナッチ 110kg 16位
ジャーク 150kg 13位
トータル 260kg 14位
・山岡 慶大
スナッチ 115kg 14位
ジャーク 145kg 15位
トータル 260kg 15位
85

第65回国民体育大会「ゆめ半島千葉国体」のウエイトリフティング競技が10月2日(土)〜4日(月)まで八千代市の県立八千代高等学校で開催されました。

M's FAMILYの選手の結果
★53kg級
・櫻木 聡
スナッチ 86kg 8位
ジャーク 107kg 6位
トータル 193kg 6位
・末廣 雄一
スナッチ 85kg 9位
ジャーク 106kg 7位
トータル 191kg 7位
・西原 功
スナッチ 78kg 13位
ジャーク 88kg 14位
トータル 166kg 13位
53

★56kg級
56

★62kg級
・糸数 陽一
スナッチ 110kg 3位
ジャーク 142kg 2位
トータル 252kg 優勝
DSC01296
〜琉球新報10月3日号より〜
県勢3選手、重量挙げV 千葉国体第8日
【千葉国体取材班】ゆめ半島千葉国体第8日の2日、県勢は10競技に出場した。重量挙げは少年の56キロ級で玉寄公博(南部工高)、53キロ級で山城聖也(糸満高)、成年62キロ級で糸数陽一(日本大)が優勝。成年53キロ級では安里将一(さくらトラベル)が4位入賞した。銃剣道成年男子で県代表が16強に進出。2年ぶりの優勝を狙ったバレーボール成年男子9人制の中部徳洲会は初戦の準々決勝で昨年の決勝で敗れた東北リコー(宮城)にストレート負けし、順位決定戦に回った。空手の少年男子形で総体を制した上村拓也(興南高)が初戦の2回戦で敗退した。大会第9日の3日、県勢は11競技に出場する。
img4ca7e2e1a1070◆糸数、不安晴らす頂点 ライバルと競り合い
 成年男子62キロ級は世界選手権から帰って来たばかりの糸数陽一(豊見城高―日本大)が、スナッチ3位、ジャーク2位、トータルでは1位で優勝を飾った。トータルでは少年56キロ級で出場した2008年の大分国体と、同56キロ級で挑んだ09年の新潟国体に続く3年連続の優勝となった。
 世界選手権では競技人生で初のジャーク3本失敗の失格。不安を抱えたまま挑んだ大会となったが、同じ日本代表の山田(群馬)との競り合いを制し、1キロ差で頂点に立った。「全国で1位になるのは名誉なこと」と素直に喜んだ。
 ロンドン五輪出場を目指す糸数は「1キロでも自己記録を伸ばせるよう、コツコツと練習していきたい」と話した。
・山田 政晴
スナッチ 106kg 8位
ジャーク 145kg 優勝
トータル 251kg 2位
・才田 吉弘
スナッチ 112kg 2位
ジャーク 138kg 3位
トータル 250kg 3位
・高橋 洋丞
スナッチ 83kg 20位
ジャーク 117kg 18位
トータル 200kg 19位
62

10月4日(日)準決勝が行われ山形県選抜に80−69で負けてしまいました。 静岡県選抜は3位で競技を終わりました。江嶌さんお疲れ様でした。

5日(月)の静岡新聞朝刊に掲載されました。

≪記事内容≫ 静岡新聞より
basuke 終盤反撃及ばず!
 必至の反撃もあと一歩届かなかった。
 バスケットボール成年男子準決勝。本県は山形の2人の大型選手に手を焼き、序盤からじりじりと引き離された。
 21点ビハインドで迎えた第4クオーター。追い詰められた本県は、オールコートプレスで相手の攻めを寸断し大石(浜松大4年)、飯田(豊通鉄鋼販売)が速攻を仕掛け逆転を狙った。最後はファウルゲームに持ち込み、残り10秒で7点差まで追い上げ、勝利への執念を見せた。
 「最終クオーターの攻めが最初からできていれば勝てた」と飯田。「日本一になるために新潟に来たのに」と菅川(富士東高教)は悔し涙を流した。
 昨年5位、今回は3位。「一つ一つ、ハードルを越えて、来年こそは頂点に立ちたい」(内山主将=内山農園=)。試合後、選手たちは円陣を組み気持ちを新たにしていた。
(写真は静岡選抜チームの菅川選手。)

≪準決勝結果≫
静岡選抜 vs 山形選抜
  69  −  80 
   15  −  22
   10  −  17
   11  −  18
   33  −  23

今日からバスケットボール競技が始まりました。
場所は新潟県佐渡市です。
静岡県選抜チームにはM's FAMILY(Dreams)の江嶌がコーチではなく、今年から選手に復帰して出場しています。
今日の1回戦は京都選抜に82−69で勝ちました。明日の準々決勝は北海道との対戦です。

≪1回戦結果≫
静岡選抜 vs 京都選抜
  82  −  69 
   22  −  17
   18  −  16
   25  −  18
   17  −  18

30日(水)の静岡新聞朝刊にも掲載されました。

≪記事内容≫
静岡新聞より
平岡重量挙げスナッチ意地の「金」 腰痛に耐え連覇
IP090929TAN000051001 王者のプライドは、負けることを許さなかった。成年男子重量挙げ94キロ級の平岡勇輝(静岡市体協)は、腰の痛みに苦痛の表情を浮かべながらもスナッチ連覇を果たした。
 7月の全日本選手権で4連覇を達成した後、より高みを目指して練習方法をハードなものに変えた。背筋や足を強化する目的だったが、逆に腰に負担がかかってしまった。国体直前の練習ではスナッチ130キロ台、クリーン&ジャーク170キロ台。2種目ともベストに20キロ近く及ばなかった。「本来ならば出場できる状態ではない」と弱音を吐いたこともある。
 それでも演技台では貫禄を示した。「ギリギリの状態だった」と話すが、スナッチでは143キロ、148キロ、149キロを成功させた。残念ながらクリーン&ジャークでは2回目に185キロを失敗し、そのまま途中棄権して3位。2年連続の2種目制覇は逃したが「これ以上やったらケガしそうだから」と話す。12月には東アジア大会(香港)に出場する。国際大会を見据えての判断だった。
 世界と戦うために、減量して階級を下げることも検討している。「今は自分の記録が伸びなくて焦っているが、五輪出場を目標に頑張りたい」。26歳。12年ロンドン五輪に向けて、スナッチ160キロ、クリーン&ジャーク200キロをクリアするのが当面の目標だ。

平岡勇輝の『国体優勝!』の記事が9月29日静岡新聞夕刊に掲載されていました。

≪記事内容≫
静岡新聞より
 新潟県の県央地域地場産業振興センターで29日行われた新潟国体重量挙げ競技の平岡勇輝選手(静岡市体協)が、成年男子94キロ級スナッチで優勝した。県勢の同国体での優勝第1号となった。
 平岡選手はスナッチで149キロを挙げ同種目の連覇を達成した。クリーン&ジャークは180キロで3位。両種目を合計したトータルでは329キロで2位だった。同選手は重量挙げの同階級の日本記録保持者で全日本選手権でも4連覇している。

『関谷圭介』
S 157kg 2位
C&J 194kg 2位
T 351kg 2位

『吉本久也』
S 156kg 3位
C&J 193kg 3位
T 349kg 3位

『天野満』
S 145kg 5位
C&J 193kg 4位
T 338kg 4位

『青木延明』
S 144kg 6位
C&J 185kg 5位
T 329kg 5位

『大西教平』
S 135kg 10位
C&J 185kg 6位
T 320kg 7位

『鈴木大智』
S 125kg 11位
C&J 163kg 10位
T 288kg 10位

『葛葉崇博』
S 142kg 7位
C&J 失格

『浅田浩伸』
S 失格
C&J 棄権

b0d633be.jpg『平岡勇輝』
S 150kg 2位
C&J 190kg 優勝
T 340kg 優勝

『門脇創一』
S 151kg 優勝
C&J 187kg 2位
T 338kg 2位

『水田理』
S 145kg 4位
C&J 185kg 4位
T 330kg 3位

『高橋俊郎』
S 139kg 7位
C&J 175kg 8位
T 314kg 8位

『二羽泰一』
S 130kg 10位
C&J 150kg 19位
T 280kg 13位

『小笠原明』
S 125kg 13位
C&J 145kg 21位
T 270kg 18位

7d7c7064.jpg『川畑源大』
S 147kg 優勝
C&J 185kg 2位
T 332kg 優勝

『佐藤彰紘』
S 145kg 2位
C&J 186kg 優勝
T 331kg 優勝

『湊信彦』
S 138kg 3位
C&J 172kg 4位
T 310kg 3位

『衛藤靖弘』
S 130kg 8位
C&J 155kg 13位
T 285kg 9位

『布川誠』
S 126kg 10位
C&J 155kg 11位
T 281kg 11位

『澤田和哉』
S 100kg 21位
C&J 132kg 19位
T 232kg 20位

『盛田雄司』
S 126kg 5位
C&J 145kg 12位
T 271kg 9位

『沖中俊樹』
S 120kg 9位
C&J 150kg 10位
T 270kg 11位

『宮城宏和』
S 108kg 16位
C&J 136kg 16位
T 244kg 16位

『朝田智弘』
S 126kg 優勝
C&J 153kg 優勝
T 279kg 優勝

『上村琢』
S 118kg 8位
C&J 150kg 4位
T 268kg 3位

『加藤雄介』
S 105kg 16位
C&J 135kg 12位
T 240kg 15位

『山岡慶大』
S 95kg 20位
C&J 125kg 20位
T 220kg 19位

『水上崇』
S 失格
C&J 120kg 22位

3c1eb59b.jpg『上地克彦』
S 118kg 2位
C&J 151kg 優勝
T 269kg 優勝

『五百蔵正和』
S 120kg 優勝
C&J 140kg 3位
T 260kg 2位

『山田政晴』
S 108kg 7位
C&J 150kg 2位
T 258kg 3位

『中村友』
S 75kg 21位
C&J 80kg 18位
T 155kg 17位

72ae28fc.jpg『清水洋平』
S 116kg(日本新記録)優勝
C&J 138kg 優勝
T 254kg(大会新記録)優勝

『櫻木聡』
S 88kg 13位
C&J 121kg 7位
T 209kg 8位

このページのトップヘ