M's FAMILY OFFICIAL BLOG

徒然なるままに『M's FAMILY』についての情報発信をしています

カテゴリ: 観光案内

新東名が開通したというので、さっそく行ってきました。

平日なのでそろそろ駐車場も空いたかと思いましたが、駿河湾沼津SA(上り線)は満車です。
SAに入るのにも渋滞でした。
DVC00026

DVC00025


プレミアムトイレ(2階の女子トイレ)
DVC00020
DVC00021


フードコート
DVC00006


3F展望台
DVC00013
DVC00009
DVC00018


これは14日開通日に各サービスエリアで配布した証明書
DSC02211


・NEOPASA(ネオパーサ)駿河湾沼津(上)施設案内
・NEOPASA(ネオパーサ)駿河湾沼津(下)施設案内

今日(11月14日)富士宮市の朝霧高原の方に遊びに行ってきました。
まだ紅葉には早かったですけど、白糸の滝はきれいでしたよ。

「白糸の滝」は富士山麓最大の滝で、滝の幅は約200mもあり、幅だけだと日本最大の滝となります。
DVC00021

DVC00020

富士山の雪解け水が伏流水となって噴出しているため、水の透明度が高く、とても美しいです。
DVC00019

「この上にいかなる姫かおわすらん おだまき流す白糸の滝」と源頼朝が詠んだとも伝えられてます。

白糸の滝

天下の名瀑としてその名を轟かす白糸の滝。
この滝は、富士山の雪解け水が、上部の水を通す地層である新富士火山層と下部の水を通さない地層である古富士火山層の境の絶壁から湧き出しています。高さ20m・幅200mの湾曲した絶壁から、大小数百の滝が流れ落ちています。
その姿は白糸の名にふさわしく、幾筋もの絹糸をさらしているようです。優しく、女性的な美しさで、滝壺近くに立つと、三方が水のアーチとなって幻想的な世界を見せてくれます。
国の名勝及び天然記念物。(平成2年日本の滝百選に選定)

『富士宮市商工観光課HPより』


駐車場から白糸の滝まで歩いて行く途中に「音止めの滝」があります。
DVC00023
この滝の大きな音は、その昔曽我兄弟が父の仇を討つための密談をしてた時、あまりの音のうるささに思わず”黙れ”と言ったところ、滝の音が一瞬止まったという言い伝えがあり、それで音止めの滝となったそうです。

白糸の滝から見た「富士山」
DVC00018


地図です。

大きな地図で見る

このページのトップヘ