札幌 女性探偵のよもやま話・・・

札幌の女探偵 浮気・離婚問題、 所在・人探し・盗聴盗撮調査などに関わる話を中心に綴っています。

(株)アイシンでは浮気・行動調査など
札幌を拠点に北海道全域にて対応しております。


誰かのせいにしても、何も解決しない

探偵は依頼人からたくさんのことを学ばせて頂きます。



有る依頼人の奥さんと探偵が最初にお会いした時、




夫の浮気に落胆し、絶望感で押しつぶされそうであった。




調査を進めると当初の想定より夫の浮気は根深いものだった。




探偵は奥さんが更に落胆すると思ったのだが、




全く逆であった。




奥さんは何もかもを受け入れ前を向いていた




探偵は奥さんに率直にお聞きした。




 『何か吹っ切れたようですね?』




奥さんは笑いながら答えてくれた。




『どうして、と言わないことを自分に約束したんです』




奥さんは夫の浮気が発覚してから




常に「どうして」と言っていたらしい。




どうして自分がこんなことになるの・・・




どうして夫は浮気をしたの・・・




どうしてこんな辛い状況になるの・・・




奥さんは常に今の状況を誰かのせいにしようとしていた。




そして気づいた。




今の状況は決して誰かのせいではなく、




今までの自分が選んできた人生の結果だと。




そして「どうして」と言う言葉を一切言わないと誓ったらしい。




「どうして」を言わなくなったとたん、




気持ちが変わってきたと、




今の辛い状況を受け入れることによって




全てが前向きに考えれるようになったそうだ。




誰かのせいにして今の状況を否定するより、




まずは今の状況を受け入れる。




それが辛い状況を乗り切るための方法だと




探偵は学ばせていただきました。





(株)アイシン興信所では

札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・滝川・釧路・函館 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

浮気調査と知る覚悟

例えば夫の不審な行動。




探偵に浮気調査を依頼する。




探偵は調査を進め、夫の浮気を暴いていく。




そしてその「浮気の証拠」は妻の大きな武器になる。




ですが「浮気の証拠」という武器も覚悟がなければ辛いだけ。




仮に妻が夫に「アナタの浮気の事実は知っています」




「浮気をやめなさい」と言ったところで




妻に覚悟がなければ逆襲にあうだけです。




夫が「離婚すればいいだろう」




「俺は浮気をする前から離婚を考えていたんだ」




と言ってきた時に妻の覚悟が必要なのです。




「私はアナタの浮気を許しません」




「ダメなものはダメなのです」




「反省しないのであれば離婚します」と




妻が言いきれた時に「夫の浮気証拠」が意味をなすのです。




もし妻が何の覚悟を持たないまま、




調査をしても真実を知って辛いだけかもしれません。






(株)アイシン探偵事務所では

室蘭・函館・北斗・札幌・旭川・帯広・北見・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

家庭という閉鎖的な関係

例えば夫の浮気が発覚する。




そして夫は突然、妻に離婚を要求してくる。




だが妻は夫が怖く、何も言えない。




普段から夫は常に高圧的な態度で妻に接せる。




妻もその夫の態度を長年にわたり受け入れてしまい、




自然と夫が自分にとっては怖い存在として確立してしまう。




直接的な暴力によるDVは認識しやすいが




精神的なモラハラ関係は自分でも気づかないことすらある。




もしアナタが夫の浮気を怖くて問いただせないとしたら




それは精神的DV関係が成立しているのです。




その場合は早い段階で




身内などの第三者に間に入ってもらうなど、




弁護士などを代理人にして夫との話し合いをして下さい。





(株)アイシン興信所では

札幌・江別・岩見沢・美唄・砂川・旭川・帯広・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

身勝手な浮気の被害者は子供たち

身勝手な浮気が増えてたとつくづく思います。




小さな子供を置いて浮気相手と失踪してしまう妻・・・




浮気がバレルと逆ギレをして生活費を一切入れない夫・・・




浮気相手に夢中になり、子供に関心を持たない夫・・・




小さな子供を連れて浮気相手とラブホテルに行く妻・・・




自分の浮気が全てに優先されて子供をないがしろにする。




相手の浮気を知った配偶者は自分の怒りと戸惑いで




子供のことを考える余裕がない。




例えば妻の浮気。




妻は浮気相手との時間を作るため、




小さな子供の食事もコンビニ弁当ですませる。




それを知った夫も妻に対しての怒りで子供のことを考えられない。




結局、自分ではどうしようもない子供は




現状を受け入れて辛い思いをするしかない。




また離婚時の親権の話し合いも互いの意地がぶつかりあい、




子供の本当の幸せを考えようともしないことすらある。




夫婦の浮気問題の一番の被害者は子供たちです。




どうか小さな子供の心をそれ以上、壊さないで下さい。





(株)アイシン探偵事務所では

北海道全域で様々な調査を承っております。

恋愛という自由、結婚という責任

結婚をする前には恋愛期間がある。




だが逆に恋愛の延長が結婚ではないと思います。




恋愛関係の基本は自由な関係であり、




結婚は責任の関係だと探偵は思います。




一方の恋愛感情がなくなれば終わりなのが恋愛関係。




互いの人生に責任を持つ約束をすることが結婚。




そして結婚はその互いの責任のもとに子供を産む。




最近は結婚に対しての意識が希薄になっているように感じる




小さな子供がいるにもかかわらず浮気をして、




一方的に離婚を迫ってくる浮気夫。




子供に食事も与えず、浮気相手と遊び歩く浮気妻。




小さな子供を夫に預け、何日も家に帰って来ない浮気妻。




結婚という約束と責任を




全く考えていない人が増えているのです。




恋愛は自由という関係




結婚は責任を持つことの約束。




恋愛の延長に結婚があるのではないのです。





(株)アイシン探偵事務所では

北海道全域で様々な調査を承っております。

妻の浮気に怯える夫

妻の浮気が夫の浮気より多いのは




何度かブログで書いています。




また浮気妻の傾向としては「とにかく開き直る」こと。




アンタが嫌だから浮気したのよ・・・




別に私が誰と遊ぼうがアンタに関係ないじゃん・・・




じゃ離婚すればいいでしょう・・・




とにかく夫のことを「アンタ」「オマエ」「テメー」などと




恫喝するのです。




そして夫はとにかく妻に怯える。




離婚になったらどうしよう・・・




自分に収入だけでは暮らせない・・・




家を出て行ったらどうしょう・・・




とにかく夫は妻を怖がり、そして怯える。




古い人間の私としては首をかしげてしまうが




これが今の若年夫婦の典型的な傾向の一つなのです。




ガンバレ、日本の夫たち。






(株)アイシン探偵事務所では

北海道全域で様々な調査を承っております。

浮気調査 密会部屋を借りる方が安全?

ラブホテルを月に5回使用すると



アパートを借りた方が費用対効果?が高いと考えるのだろう。



互いに日時を決め、その密会アパートの部屋に集合する。



布団とテレビ、カーテンくらいを用意すれば



十分にラブホテル代わりにになります。



またラブホテルに出入りするより、



浮気発覚のリスクが少ないというメリットもある。



だが、このようなケースの場合、探偵は隣の部屋を借りる。



そして浮気当事者たちの出入り状況を確実に捉える。



ラブホテルの出入りは浮気の客観的な証拠になりますが、


やはり部屋での浮気は複数回の証明が必要になります。





(株)アイシン探偵事務所では

札幌・千歳・室蘭・函館・旭川・帯広・北見・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

続きを読む

浮気調査 なぜ調査をするのか

例えば夫の浮気疑惑。




夫はこじつけた理由で何度も離婚を強要してくる。




妻は悩んだ末に探偵に浮気調査を依頼する。




ここで考えなくてはならないのは




「なぜ浮気調査をするのか」です。




夫に慰謝料を請求するため




夫との離婚を優位に進めるため




夫の浮気相手を訴えるため




絶対に離婚をしないため




人によって様々な思いがあるのだと思います。




だが慰謝料にしても金額はそう高額なものにはならない。




探偵は浮気調査の意義は




「自分の尊厳を守ること」だと考えます。




なぜ離婚になったのか




なぜ夫婦の関係が壊れたのか




自分が悪かったのか




事実関係をハッキリとさせて夫との最後の話し合いに臨む。




そして自分の未来を切り開くための自信を得る。




そこに浮気調査の一番の意義があると思います。




今、アナタが浮気調査を検討しているのであれば、




もう一度、アナタ自身の浮気調査の意義を考えて下さい。





(株)アイシン探偵社では札幌を拠点に

北海道全域で様々な調査を承っております。

不倫相手の子供を妊娠する

例えば夫の浮気が発覚する。




調査を進めると、浮気相手の女性が妊娠をしていた。




また妻の浮気調査において




妻が浮気相手の子供を妊娠していた。




近年このようなケースが増えているのです。




探偵は考えてしまうのです。




なぜ、不倫関係のセックスで避妊をしないのだろうかと。




責任の持てないセックスにおいて




「コンドーム」をつければよいだけ。




その程度の倫理観すら希薄になっているのだろう




セックスをすることの責任。




妊娠をすることの責任。




これは人としての最低限の責任だと思うのですが。






(株)アイシン探偵社では

帯広・北見・網走・釧路・根室・札幌・室蘭・函館 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

浮気離婚問題 調停への期待はずれ

例えば妻の浮気が発覚する。




妻は逆ギレをして、開き直る。




そして妻は実家に帰ってしまう。




数週間後、夫の元に家庭裁判所から調停の通知が届く。




妻からの離婚調停の申し立てであった。




夫は妻の浮気のことや、妻の身勝手な行動を




調停員に理解してもらおうと必死に説明する。




だが調停員たちは妻の浮気のことなど取り合おうとしない。




女性調停員 「そのようなことより、


         離婚について話し合いましょう」




男性調停員 「ご主人は離婚には合意するのですね」




まるで妻の浮気の事実などお構いなしに離婚の話をしてくる。




また婚姻費用や養育費など夫側の責任を決めようとする。




このようなケースは実に多いのです。




基本的に調停は善悪を決める場所ではないのです。




もっと言えば民事裁判においては善悪を決めるのではなく、




所詮、慰謝料という損害賠償金額を決める場でしかない。




ですから調停において自分の悔しい思いを理解してもらい、




相手を裁いてもらおうと期待しすぎるのは間違いです。




調停は善悪を判断してもらう場ではありません。




だからこそ、調停には気迫を持って臨んでください。





(株)アイシン探偵事務所では

札幌・恵庭・千歳・苫小牧・室蘭・函館・旭川・釧路 他

北海道全域で様々な調査を承っております。

浮気調査 無責任な関係

例えば夫の浮気が発覚する。




妻は悩んだ末に探偵に調査を依頼し、浮気の証拠を得る。




そして夫との離婚を決断し離婚が成立する。




夫は晴れて浮気相手と堂々と付き合える状況になる。




だがこのような展開の多くが




夫はその浮気相手にも捨てられる。




無責任な関係だからこそ成立するのが不倫関係。




だが妻に離婚された男(夫)にその女性(浮気相手)は




何の魅力も感じなくなり、夫は捨てられる。




妻に離婚され、浮気相手の女性に捨てられ、




そして何もかもを失ってしまう。




このようなケースを探偵はたくさんに見るのです。



因果応報・・・・




これは本当に人生の真理なのです。





(株)アイシン探偵事務所では札幌を拠点に、

北海道全域で様々な調査を承っております。

浮気調査のタイミング

例えば夫の浮気問題。



夫は開き直り、浮気を止めるどころか反省すらしない。




でも妻はそれ以上夫を問いただすことができない。




離婚になったらどうしよう・・・




離婚後の生活はどうなるのだろう・・・




そのまま浮気相手の家から帰って来なくなったらと、




問題を先送りをしている方がいると思います。




でも今がその浮気問題と戦うには良いタイミングです。




太陽の陽ざしは人に元気をくれます。




人は夜に色々と悩んでしまう。





浮気問題と戦うのなら、陽が長くなるこれからの季節




太陽の光を力に変えて浮気問題と戦ってください





(株)アイシン探偵社では札幌を拠点に、

北海道全域で様々な調査を承っております。

妻の浮気と、うらはらな気持ち

例えば妻の浮気が発覚する。



夫(男)は一人になることを恐れる。



だが夫(男)はその恐れを自分自身で否定してしまう。



絶対に許さない・・・



冗談じゃない、今すぐ離婚だ・・・



徹底的にやってやる等などと友人や身内に話してしまう。



だが本当のところでは孤独を恐れるあまりに決断ができない。



男(夫)は妻や家庭に対して執着心を捨てきれない。



だからこそ男(夫)は決断しなければなりません。



離婚はしない・・・



離婚をする・・・



子供は自分が育てる・・・



まずは自分が決断をする。



妻の浮気を夫(男)は受け入れられない。


妻の浮気で夫(男)は孤独になることを恐れる。



妻の浮気で夫(男)は虚勢を張ってしまう。



だからこそ夫(男)は



決断をしなければならないのです。





(株)アイシン探偵事務所では

旭川・帯広・北見・釧路・根室・札幌・室蘭・函館 他

北海道全域で様々な調査を承っております。



(株)アイシン探偵事務所 帯広市ホームページ

家計、財産を妻まかせの場合

例えば妻の浮気が発覚する。



妻は逆ギレと開き直り。



そして紆余曲折があり、夫は離婚を決断する。



親権、養育費などを取り決め、



妻は慰謝料も親に借りて支払うと言ってくる。



そして財産分与については通帳を一冊、夫に見せる。



残高は○○万円。



その金額を半分に分けることで合意する。



だがここで大きな落とし穴がある。



長年、家計を妻にまかせっきりにしていた場合、



夫は夫婦の間にどれだけのお金があるのかを知らなさすぎる。



だから妻が出してきた通帳が



本当にそれだけなの分からないのです。



妻に財産を隠されている可能性があるのです。



そして夫は預金の他にも保険の解約返戻金、財形貯蓄なども



全て確認しなければならない。



仮に妻の浮気で離婚。



そして妻が支払う慰謝料が妻が隠した互いの財産から



支払われたとしたら夫はたまったものではない。



妻の浮気で離婚する場合、



まずは夫婦の財産をキチント確認をしてください。





(株)アイシン探偵事務所では

札幌・千歳・苫小牧・登別・室蘭・函館・釧路・根室 他

北海道全域で様々な調査を承っております。



(株)アイシン探偵事務所 苫小牧市ホームページ

妻の浮気 「パパには内緒だよ」の意味

探偵が依頼を受ける調査としても



夫の浮気調査より妻の浮気調査が多い。



そして妻の浮気もどんどん変化をしている。



探偵も驚き、理解できない傾向として



子供を浮気相手と会わせる妻たちが多いことである。



浮気相手と自分と子供たちと遊園地に遊びに行く。



妻は「今日のことはパパには内緒よ」



「○○君(浮気相手)のことはパパには秘密よ」と



子供たちに口止めをする。



このような展開が本当に多いのです。



このような妻たちの倫理観はいったいどうなっているのだろう。



子供が大きくなった時、○○君はママの浮気相手だったと



理解する時のことを考えていないのだろうか。



このような事実を知った時、夫は愕然としてしまう。



今、浮気をしている妻たちへ。



何のためらいもなく浮気相手に子供を合わせることは



重大な記憶を子供たちに植え付けることになるのです。



浮気にも最低限のルールはあるはずですよ。





(株)アイシン探偵事務所では

函館・北斗・室蘭・苫小牧・千歳・札幌・旭川・帯広 他

北海道全域で様々な調査を承っております。



(株)アイシン探偵事務所 旭川市ホームページ