無駄に過ぎ行く日々

ある阿呆の独り言

新宿三丁目

image


定点観測

image

届いたCD 〜 WAR

image
WARのTex Nakamura参加アルバム

届いたCD 2枚 〜 WARとTAKINO

image
WARとTAKINO

届いた本とCD 〜 宮本輝とWAR

image

Jeff Beck / Loud Hailer

image
アメリカから届いた。
まだまだ進化し続けるBeck。
image

image

image
しかしなんとなくアルバムの統一感が無くてどっちに向いているのかよくわからなかった。しかしやはりどうしても昔のアルバムを基準にしてしまう自分が取り残されているだけなのかもしれない。ジェフベックはこうあるべきだという既成概念で聞いてしまうからなのだろう。

別冊宝島

image
本屋で購入。
『日本史再考察』か。
確かに世界史との関係性がよくわかる。

JOE SAMPLE - DAVID T. WALKER

image

定点観測

image

定点観測

image

奇跡 / 曽野綾子

image
本の帯に「コルベ神父」なんとかと書いてあったので手に取った。遠藤周作の小説にも出てきた神父だったかな。
image
ということでこれたま108円で購入。昭和48年の本だった。絶版かな。

祝日 山の日

山の日か

海、山と来たら川の日もできるのかしら

そもそも日本にはいったいいくつの川があるのかな

そして最後は三途の川か

はたまた天の川か

たぶん前者だな

しかし三途の川もまともに渡れないだろう

そして最近行った長崎の下の川(しものかわ)も思い出す

原爆でたくさんの人が川の水を求めて折り重なるように死んでいったという川

やはり川の日を作って戦没者を慰霊すべきなのかもしれないな

なんて思う終戦の日は来週の月曜日





サイゴン・タンゴ・カフェ / 中山可穂

image
タイトルにつられて古本屋で108円(税込)で購入。思いがけず面白い内容で得した気分。。それにしても定価1700円(税別)の本がまだまだ綺麗なのに100円(税別)になってしまうのか。。そもそも値段は需給バランスで決まるとは言え100円で山積みされた本の中にも人気の作家の本もあったりするので、CDのように人気で値段が決まるわけではなく、古本を買う人自体があまりにも少ないということなのだろう。

図書館も無料で良いわけだが、返却期限と返す手間を考えたらその手間賃として古本屋に100円払って買ってしまったほうが精神的にはかなり楽である。そして読んだらまた古本屋にタダ同然で売れば良いわけで、捨てなければ立派な紙のリサイクルにもなるというもんだ。ましてや古本屋もその本が売れれば2度売り上げたということにもなり、2回目は100%に近い利益になろうもいうものである。

そういや昔は貸本屋なんてのもあったようだがこれだけ古本がタダ同然なら貸本屋は成り立たないだろう。確かにTSUTAYAも本は貸してないもんな。商売にならんのだろう。

龍角散ダイレクト

image
トローチタイプもあったのか。

CD 〜 Steve Freund / ”C” FOR CHICAGO

image
DELMARK RECORDS
BOZ SCAGGSがギターのみで参加している。ディスクユニオンで309円(税込)で購入。

CD 〜 I Still Do / Eric Clapton

image
I still doね。相変わらずやってますってことですかね。

本 〜 「コンビニ人間」村田沙耶香

image
「芥川賞受賞」の帯を取り外したら表紙の絵が良かった。本の内容もなんか変わっていて面白かった。

定点観測

image

気になるCD 〜 Jeff Beckの新譜

Loud Hailer
Jeff Beck
2016-07-15

やはり買わなきゃすまんだろうな。

雷と豪雨

朝の4時

CD 〜 HELLHOUNDS

image
ブルースというかハードロックというブギというか。ラジオで聴いてロッキンハープがカッコ良いのでついついポチる。途中の一曲でまるまるイビキの音だけの曲はいかがなものかと思ったが、まあそれもまたこのバンドのアバンギャルド的な一面が出てるということかもしれない。しかし曲の途中までずっと無音でもうこのアルバムは終わったのかと思うし、しかも曲の最後にイビキの音だけかよという感じ。これは店ではかけられないな。

CD 〜 Jimmy Burns / Live at B.L.U.E.S.

image
素晴らしいわ

コンビニ人間

image

佐原

image


image


image


image


image



image


image


image


image


image


image


梅雨明け 雑感

関東地方の梅雨明けは7/28だった。平年より7日遅く、昨年より18日も遅いとのことだ。ということは7月はほとんど梅雨だったということか。しかも梅雨入りは6/5だったからほぼ2カ月間の梅雨だったわけだ。毎年6月頃の梅雨時は体調が悪いので、梅雨が明けてやっと夏らしい日差しになって嬉しい限り。昨日は昼の炎天下の中、図書館に本を返すついでに15分くらい走ってきた。学生時代から真夏に走るのは慣れているので、ジリジリした日差しを浴びて走るのはなんとも体が気持ち良い。最近ではなんでもかんでも熱中症に注意なんて脅かすような報道をしているけれど、昔の野球部なんて練習中に水も飲まずに炎天下でグランドを走り回っていても倒れる奴はいなかった。地球温暖化で昔よりも平均気温が上がっているとはいえ、なんでこんなに熱中症が増えているのだろうか。周りで熱中症になったなんて話はほとんど聞かないから騒ぎ過ぎなような気もするが、最近の老人は家の中でも熱中症になるというから驚きだ。もしかしたら昔の人たちの当たり前のように夏を生き抜く知恵が足りないんじゃないかと思ったりする。報道では水分補給水分補給と口うるさいが、本来、体は知らず知らずのうちに暑ければ水分を要求して喉を渇かせて水を飲むという、なんとも当たり前の機能も現代では普通に機能しないということなのか。どうも現代人の生きるための術の無知化が進んでいるような気がしてならない。未だにエアコンを持ってない人で健康な人もいる。オレオレ詐欺もあれだけ注意喚起をしているのにいまだにひっかかる人が後を絶たない。つまり自分だけは詐欺に会うわけないだろうと思っている人がほとんどで、熱中症もこれと同じように自分だけは熱中症にかかるわけはないという慢心がその数を増やしているのかもしれない。まあ、そんなことはさておき、やはり夏は素麺とスイカだな。そういや昔はスイカに塩をかけて食っていたっけ。あれも自然と塩分補給をする術をみんなが当たり前のように知っていたということなんだろう。今では高血圧になるとか言ってなんでもかんでも塩分控えめにするという風潮も逆に真夏に塩分不足に陥るという結果を招いているのかもしれない。過度な健康志向も考えものだな。砂糖だってすっかり罪悪みたいな風潮になってしまった。脳には砂糖は有効だと言うのに。。そういや油も悪役になってしまった。ノンオイルのドレッシングとかが善になってしまったが、オリーブオイルとかエゴマ油のようの質の良い油は体にはとても良いものなのに。まあ、食材にはそれぞれ良いところと悪いところがあり、それをバランスよく摂るというのとが大事なのであって、試してガッテンのように極端にある一つの食材をスーパースターのように取り上げるのもいかがなものかと思う。どんな食材だってそりゃあ体には良いところは一つはあるわけで、だからこそ食材で売られているわけで、本来はいかにそれらをバランスよく摂り入れるかが肝要なのである。つまり、子供の時に習った通り、好き嫌いなく満遍なくいろいろなものを食べるということに尽きるだろう。至極当たり前の事なのだが。。

黒いメトロノーム

image

U.P.Wilson

image


image
持っていたのにほとんど聞いてなかったのだが、先日、インターネットラジオAccuRadioのBluesチャンネルで聞いてどっかで見たことがあるジャケットだなと思い探してみたら持っていた。しかしほとんどまともに聞いておらず、ラジオで聞いてこんなに良いのかと再認識した。本もCDも買っただけできちんと内容を把握してないものが多い。 少しづつ発掘してみよう。

このU.P.Wilsonもきちんとした情報が無いのでネットなどで少し調べてみよう。死んでるのか生きてるのかも含めて。。と思ってWikiで調べたら2004年に亡くなっていた。残念。

定点観測

image

定点観測

image

本 〜 殿山泰司 / 三文役者あなあきい伝

image
図書館から借りてきた

Pokemon GO

image
物は試しに無料アプリをダウンロードしてやってみた。しかし最初にゲットしたのが「クサイハナ」とはなんとも不愉快である。どうも社会現象になりつつあるようなので、とりあえずやってみて、ゲームの内容を把握したらSNSと同じように辞めるつもりである。既に辞めたLINEがどんなもんだかわかれば良かったのと同じである。

そもそもゲームは嫌いだし、スマホのゲームは一切やらない。それにしてもこのGPSとカメラで実際の画面にバーチャルなキャラクターを登場させるゲームはやはり画期的だなと言わざるを得ない。よく考えたもんだ。

image
日曜日は家の中と近所でやってみたら二、三個ゲットして、とりあえずレベル2まで来た。あー、馬鹿馬鹿しい。しかし近所のマンホールの絵柄模様なんかもゲーム側が事前に撮影していてゲームに出てくるとは何とも恐ろしい感じがする。しかもGPSで行動範囲が全て把握されているわけだから無料アプリと言えども知らず知らずのうちに個人情報がどんどん吸い上げられているということに充分留意すべきだな。特に一軒家などは自宅の位置とか行動範囲とかも全て筒抜けである。。怖いな。

肉団子の甘酢あんかけ

image
初トライにしてはよく出来た。レシピ通りにやったのでまだ身についていない。なかなか美味しかったが、今後続くかどうかは甚だ疑問である。。

朝30分走る

image
ダラダラと歩く速度と変わらないようなジョギングもなんとか続いている。しかし、頑張りすぎると続かないので如何に頑張らないかである。確かに体を動かした後は気持ちが良い。

朝日山

image
「久保田」で有名な新潟県長岡市の酒蔵、朝日酒造の「朝日山」。久保田よりもかなり安いのになかなか旨い。一升瓶で2千円弱。
image
御徒町や神田の「味の笛」で一杯400円で、他の500円の有名な酒にまったく引けをとらない味だったので、ネットで購入した。あまり近所の酒屋には流通していないようだ。まあ久保田の酒蔵なんだから普通酒も旨いわけだな。この時期は冷蔵庫で冷やして升に冷酒グラスを入れて、そこに溢れるくらい注いで居酒屋気分でキュッと飲る。
image
日本酒を飲む時はとりあえず最初のビールは絶対に飲まない。いきなり冷酒をグイッと飲んで香りと味を堪能したいからだ。しかし、もともと量はあまり飲めないので嗜む程度である。昔は飲めなかった日本酒の良さが最近わかるようになって何とも嬉しい限り。ちなみに「酒となんとかはニゴウまで」と言うらしい。

ビリヤニとは、、

image
秋葉原のインド料理屋
image
インド料理のビリヤニに凝っている方に連れて行ってもらった。ビリヤニとはインドの炊き込み御飯といったところか。肉はチキンではなくてマトンにした。長粒米はサラッとしていて食べやすかった。

DVD映画 〜 11.25 自決の日

image
井浦新が三島由紀夫の役だったが、どうもピンと来なかった。しかしあの三島事件の当時は子供だったので、市ヶ谷の自衛隊での事件はなんとなく覚えてはいるものの、この映画を見て何が起こったのかが改めてよく分かった。いや、余計わからなくなったのかもしれない。。

本 〜 遠藤周作 / 日本紀行

image

7/18 東中野Live

image

定点観測

image

本 〜 遠藤周作と歩く「長崎巡礼」

image

ミートソース作る

image
7/10

車谷長吉 / 赤目四十八瀧心中未遂

image

JOHNNY WINTER / ROOTS

image

定点観測

image

殿山泰司 / JAMJAM日記

image

映画「日本で一番悪い奴ら」

image


image
綾野剛は良い役者だな。

定点観測

image

7/2 人形町Live

image

本 〜 百田尚樹 「モンスター」

image

CD 〜 Miles Davis / On The Corner

image

livedoor プロフィール
Archives
  • ライブドアブログ