週刊現代 たまたま本屋でちら読みしました。

流石日本一の大金持ちと褒めたたえた?ソフトバンクの孫正義社長ですが、
なにやら?まだ義援金振り込まれてない?かも?なんですね。
テレビによく出て、太陽光発電でまた一旗揚げようって魂胆のようですが・・

審議はいかに??

ソフトバンクの有利子負債2兆円以上の実態は一切テレビでは報道されないし、
どうも疑ってしまいます。 どっちにしてもうんさかお金あるんだから、
さっさと目立つように(テレビに出るように)さっさと出せばいいのに・・・

ちなみに私の携帯は au です^^


ソフトバンク孫正義社長が100億円の義援金を寄付すると宣言したのは4月3日(2011年)であった。辞めるまでの報酬全額も寄付するという発表は、ユニクロ柳井社長や楽天三木谷社長の10億円がかすんでしまうほどで、被災地の人たちに大歓迎された。だが、柳井、三木谷社長の10億円は払われたのに、約1か月半が経つのに100億円がどこかへ寄付されたという話は聞こえてこない。


そこで、「週刊現代」は日本赤十字や赤い羽根共同募金、日本ユニセフ、被災地を支援するNGO・JENに聞いて回ったが、やはり寄付された形跡はない。最後にソフトバンクの広報に聞くと、まだ1円も入金していないというではないか。もともと払うつもりがなく、イメージアップに利用したのではないかという批判も出始めた。100億円を捻出するために自社株を売ろうと考えていたのだが、寄付を発表すると大量のソフトバンク株が売りに出されることを嫌った個人投資家が売り急ぎ、この1か月の間で190円も株価が下落したために、売るに売れなくなっているという憶測まで出てきていると、現代は書いた。

現代の発売日は月曜日だが、その日の夕方、孫正義社長が100億円を寄付する先をようやく発表したのである。明らかに現代効果である。ツイッターのフォロワーが100万人といわれる孫社長だから、現代の発売後、様々な反響が彼のもとにあったに違いない。おそらく現代が取材していることを知って、あわてた孫社長側が、寄付する先や6月に立ち上げる予定だという「東日本大震災復興支援財団(仮称)」を考え出したのだろう。書かれる前にスンナリ出しておけばもっと歓迎されたのに、孫社長、ちょっぴり名声に傷がついて損をしたというお話。