ショーン川上

ショーンK2

週刊文春が報じたショーン川上氏の様々な疑惑とショーン川上氏の謝罪の抜粋と感想です。

報道ステーションとくダネのコメンテーターとして活躍し、4月からはフジテレビの深夜の情報番組「ユアタイム」のMCの起用も決まっていた、
今売れっ子のショーン川上(ショーンマクアードル川上)氏に、突如、噴き出した様々な疑惑。


文春編集部に、ショーンさん本人が訪れ、報道される記事に関して認めた部分、釈明した部分もありますが、記事が事実なら、ファンの人がいるとしたら?本当にショックな内容でした。

スクープを連発する天下の文春さんですが、今回ばかりは、「ちょっと間違ってた」ってところがあって欲しいと思うくらいの衝撃度でした。

ショーン川上氏は、文春発売前日にHPで謝罪と釈明をし、活動を自粛することを発表しました。

4月からのフジテレビの「ユアタイム」のMCも降板が決定しました。

ショーン川上の学歴や経歴はウソだった?

文春さんは、ショーン氏のHPが取材当時、“問い合わせのみ”になっていたことに疑問を持ち、HPから少しづつカテゴリーが削除されていったことを突き止め更に不審に思って、プロフィールと事実関係を調べたようです。

"
・ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得したとされるが、その同窓会名簿にショーンさんの本名も含めて見つからなかった。

・ショーン氏が代表を務めるブラッド社の、ニューヨークにある米国本社は月額69ドルのレンタルオフィス。米国での公式HPもなく、連絡先が調べられない。

・ニューヨークにあるブラッド社の納税申告の最後は2013年でその時の納税額は日本円で約2万円

・日本での役員としての登記は本名と思われる川上伸一郎で、東京恵比寿にある支店は、雑居ビル1部屋わずか4.5坪

・コンサルタントしたという実名のクライアントの中には、本人が雑誌などのインタビューで語ったことと、事実関係が違っている

・公式HPに掲載されていた“マネジングパートナー”の3人のうち2人の外人の画像が全くの別人。
"
※MBAとは⇒経営学修士(けいえいがくしゅうし)、Master of Business Administration(MBA)。経営学を修めたものに対して授与されることのある専門職学位。

上記の取材内容に関して、文春を訪れたショーン氏は、

"
・東京下落合にあるテンプル大学ジャパンに入学(10か月弱)し、その後、フィラデルフィアのテンプル大学に行ったが3ヶ月くらいしかいなかった

・パリ第一大学には入学せず、オープンキャンパスで経済・経営を聴講した

・パリで翻訳のバイトなどをし大学に戻るモチベーションも失いニューヨークでコンサルティング会社のインターンになった

・ハーバード大のお金を出せば参加出来るオープンコースに3日間行ったが、終了証はない

・HPは正確に伝えたつもりだった。パートナーの写真についても疑問に感じたが、本人から送られてきた写真だと言われてほったらかしにしてしまった。私が管理していないのが悪い

・日本人パートナーはいる。今一緒に仕事はしてないが、息子さんが東京にいるので名刺を後ほど

ー(魔女たちの22時』で年商30億と
・それはダメ。すぐに集まるコンサルタントが28人位いて、1人1億円書ける28億で、年商30億円になった。
否定すべきだった
"
これらのショーン氏の答えに対して、文春さんは、本人は「学位はない」と表現するが、テンプル大学卒業は虚偽だと。
また、ハーバードは3日間のMBA体験で、取得もしていなかったと断罪していました。

東京支店があるのが、雑居ビルについては・・・経営コンサルタントという職業柄ダメなんでしょうか。

ショーン川上の高校時代は別人画像?それともやっぱり整形?

文春さんが報じた、ショーン川上氏の卒業した私立高校は、熊本県にある、真和高校ではないかと言われています。(本当ならかなり偏差値は高いが・?)

文春さんが卒業名簿を頼りに電話取材した同級生は、誰もテレビに出ている「ショーン・マクアドール川上」さんが、「川上伸一郎」(本名)だと気が付いていなかったと。

高校3年生時の集合写真がこちらですが、確かにどう見ても別人にしか見えないです!

ショーン川上 高校時代

ショーンK






面影はあるかと聞かれた同級生は

"
まったく。顔が違います!
"
更に、
住み込みの新聞配達の話は聞いたことがないとも。

“ホラッチョ川上”(熊本弁でほら吹き)と呼んでいた生徒もいたそうですが・・・。

元々整った顔立ちだったらしいですが、やっぱり日本人顔に見えます。

う〜ん(´・ω・`)。
確かに、たまたまの写真映りとかはあると思いますが、成長していく過程での変化というにしては顔が変わり過ぎていると思います。
同級生何人に取材したのかは分かりませんが、面影がなくショーンさんと同一人物と気づかなかったという証言もありますし。

更に、本人はクォーターと言っていましたし、事実、ハーフと言っても納得しそうな顔立ちでしたが、“純粋日本人”という情報も出てきました。

ただ、住み込みで新聞配達をしていたという話は、単に同級生に話していなかっただけで事実だと思いたいですが・・・。


色白が色黒になるのはあり得ますし、鼻にボトックスを入れているのではないかとか、鼻を整形してるのはないかとネットでは言われていましたが、整形で面影がないほど別人レベルに変われるとしたら、そっちもかなり驚きで
す。



最終的な8つの詐称・?

1.テンプル大学卒→日本の高卒

2.ハーバード大学院(MBA)卒→オープン授業を3日受けただけ

3.パリ大学留学→オープンキャンパスに行っただけ

4.経営コンサルタント→実態のないペーパーカンパニー

※ただし、ショーンKは自身のHPにて経営コンサルタント事業は下請けという形でやっていたのでクライアントからの証言は得られないが本当に仕事はしていたと主張している。

5.米国人親から生まれたハーフ→純粋な日本人

6.ショーン・マクアドル川上→川上伸一郎

※昔、熊本で同級生だった人物は当時の川上氏のあだ名が「ホラッチョ川上」だったと語っている。ホラッチョというのはホラ吹きを意味する言葉だ。

7.世界7ヶ所にコンサル会社→実態なし。具体的に語れる実績もなし。渋谷にあるオフィスは月3万円のレンタルオフィスと判明

8.共同経営者にジョン・G。マクガバン氏→無関係な人物の写真を無断使用していた。



こんな本も出してるし、テレビにもかなり出ていて、MCまでする予定だった。(今年の4月から)

もうこれは佐村河内レベル?ではないでしょうか??