Miyasei Diary

日々の練習やチーム行事を綴っていきます

MTBサイクリング/naoki

KIMG1453勤務明けの本日は、眠たさと、雪がぱらついていたので、MTBでまったりと。

思ったよりは身体は軽かったですが、追い込むことはせず、ただ汗を流した感じです。

因みに、今日はグローブとシューズ以外は冬装備だったので、雪がぱらつく気温でも快適に走れましたが、今時期のプラス気温でこの装備に慣れてしまうと、真冬の寒さで心が折れないか心配です・・・



**********************************************************************
 東鷹栖〜鷹栖:Sフライ号
  40km / 29.9Km/h(Ave) / 曇り時々雪 / 3.1℃ / 南西1m
************************************************************************

MTB・サイクリング/naoki

KIMG1443今日は天気が怪しかったのと、勤務明けで眠たかったので、通勤用のMTBで比布スキー場まで。

案の定、比布方面は雪がぱらついていて、路面はウエット。

雪を見た途端に寒くなりましたw

因みに、比布スキー場は、上の方は薄ら白いです。
今シーズン中に、頂上までの連絡道路ヒルクライムをしたいと思っていたけど、もう厳しそうですね。

熊も怖いですしw


**********************************************************************
 比布スキー場往復:Sフライ号
  45km / 29.1Km/h(Ave) / 曇り時々雨&雪 / 5.5℃ / 南西5m
************************************************************************

ロード・サイクリング

KIMG1442今日は、最近にしては寒さが和らいだのと、路面がほぼほぼ乾いていたので、ロードバイクでサイクリング。

とはいっても、寒いし、頑張る理由も無いので、平地中心の愛別往復コース。

すっかり気持ちが切れているためか、ロードバイクでも、漕ぎは重たいです・・・

そろそろ、ロードバイクは乗り納めでしょうかね?


**********************************************************************
 愛別往復:マドン号
  56km / 32.4Km/h(Ave) / 曇り / 6℃ / 西1m
************************************************************************

MTB(霙)サイクリング/naoki

KIMG1437今日も路面が湿っていたのでMTBでライド。

昨日は愛別方面を走ったので、今日は鷹栖峠方面に向かいました。

しかし、峠は霙が降っていて、気温も下がって拷問状態。

低体温になりかけたので、南が丘公園で引き返しました。

因みに、今日分かったのは、裏起毛チームジャージと冬用サイクル手袋は、気温4℃まで。
2℃まで下がると途端に体温が奪われて、身体が動かなくなりました。


**********************************************************************
 愛別往復:Sフライ号
  51km / 29.2Km/h(Ave) / 曇り / 4℃ / 西1m
************************************************************************

MTBサイクリング

KIMG1434週休日の今日は、路面が湿っていたので、通勤用のMTBでサイクリング。

工事中だった愛別付近のサイクリングロードの工事が終わって、一部新しい道路になっていました。

が、別の箇所が工事中で、工事車両が出入りする所があったり、湿った落ち葉や泥が残っていたりで、今シーズン、ロードで追い込むのは厳しそうです。



**********************************************************************
 愛別往復:Sフライ号
  50km / 29.0Km/h(Ave) / 曇り / 7℃ / 北1m
************************************************************************

ロード・サイクリング/naoki

KIMG1432とうとう、上下裏起毛ジャージ+耳当て+シューカバーが必要な寒さとなってまいりました。

昨日は登ったので(少しだけど)、今日は平地基調の2時間。

寒さで空気が重たいせいか、ペダリングも重たい・・・

あと何回、ロードに乗れるかな?


**********************************************************************
 愛別往復:マドン号
  55km / 32.2Km/h(Ave) / 晴れ / 5℃ / 西1m
************************************************************************

MTBサイクリング/naoki

KIMG1431週休日の本日は、気持ち良く晴れたのでMTBにセミファットタイヤを履かせて、前から気になっていた塩狩の夫婦岩ダートを目指しました。

途中で、高規格道路のジャンクション付近のダートに入りつつ、塩狩峠からターゲットのダートを下って、登り返し。

ストラバ区間になっているのでサボらずに登りましたが(笑)、思いの外斜度があって、きつかったです。

因みに、晴れてはいましたが、気温は一ケタで、耳や指先が冷たかったです。


**********************************************************************
 比布〜塩狩峠〜夫婦岩ダート〜鷹栖峠:Pキャリパー
  62km / 26.7Km/h(Ave) / 晴れ / 8℃ / 北2m
************************************************************************

MTBサイクリング/naoki

KIMG1430勤務明けの本日は、帰宅時には濡れていた路面も乾いてきたので、MTBでライド。

途中で雨がぱらつきましたが、雨雲を避けながら、濡れることなく、なんとか90分走りました。




**********************************************************************
 東鷹栖〜比布:マドン号
  44km / 28.4.5Km/h(Ave) / 曇り / 11℃ / 西北西2m
************************************************************************

サイクリング時々マジ踏み/naoki

KIMG1429勤務明けの本日は、午前中に子供行事があったので、昼からライド。

天気は、午前の晴天から雲が増え始めていましたが、暖かかったので、短パンで出発。

概ねサイクリングペースでしたが、アクセントとして、区間を決めてマジ踏み。

平地は頑張りが効きましたが、体重が増えた影響か、登りの失速感が凄かったです・・・



**********************************************************************
 鷹栖〜ウバユリ峠〜嵐山 / バイク:マドン号
  52km / 32.5Km/h(Ave) / 晴れ〜曇り / 15℃ / 南西5m
************************************************************************

ロードサイクリング/naoki

KIMG1428休みの日はずっと雨が降っていたので、本日は1週間ぶりに自走しました(少し走って雨で引き返したのはカウントせず)。

朝までは雨で路面が濡れていたので諦めモードでしたが、仕事から帰宅して一段落した頃には青空が広がって道路も乾いたのでロードで出発。

脚がフレッシュだったので、平地はそこそこ踏めたものの、登りは鉛の様に重たい。
ベルトの穴が1つ広がったので、ブランクだけが原因では無さそう・・・

流石に短パンで走ろうという気温では無くなりましたが、久しぶりに気持ち良く走ることができました。


**********************************************************************
 愛別往復 / バイク:マドン号
  54km / 33.1Km/h(Ave) / 晴れ / 10℃ / 北2m
************************************************************************

ロードサイクリング/naoki

KIMG1417今日はたぶん短パンで乗れる最後のチャンスだと思える小春日和でしたが、今年のレースも終わったし、身体も痛いし、レース疲れも溜まっているので、サイクリング。

鷹栖から、江丹別方面を周りました。

基本サイクリングペースでしたが、アクセントも欲しいので、ストラバ区間2箇所だけマジ踏み。

ですが、やはり身体は重たかった・・・・

気持ちの問題もあると思いますが。


**********************************************************************
 東鷹栖〜鷹栖〜江丹別 / バイク:マドン号
  51km / 29.7Km/h(Ave) / 晴れ / 15℃ / 西4m
************************************************************************

回復走/naoki

KIMG141421日のレースの大クラッシュで、鞭打ちやら打撲痛やら指痛やら筋肉痛やらで身体中が痛いのと、今シーズンのレースも終了したので、しばらく自転車には乗らないつもりでしたが、朝から青空が広がったので、気付いたら自転車に乗る準備を始めていました・・・

はい、病気ですw

ということで、通勤用のスリックMTBで90分程汗を流しました。

負荷を掛けない分には気持ち良く乗れました〜


**********************************************************************
 鷹栖方面 / バイク:スーパーフライ号
  35km / 30.1Km/h(Ave) / 晴れ / 13℃ / 北西1m
************************************************************************

ドウクロ#2/naoki

KIMG1412本日、長沼町で開催された北海道シクロクロスシリーズの第2戦にスポット参戦しました。

クラスは、MTBでも参加可能なCM3クラス。
30分間の戦いになります。

当日は朝まで勤務して、職場から会場に直行。

天気は快晴で、10月下旬とは思えない半袖でも問題無い気持ちの良いコンディション。

シクロクロスは、2010年以来の参戦なので、2日前に付け焼刃的にシケイン越えと担ぎの練習をして、全身筋肉痛&打撲痛のピークで、しかも、試走無し、アップ無し走ることとなりました・・・


「レースレポート」
******************************************
<シクロクロス>
一部クラスを除く各クラス混走のため、50名近いライダーがスタートエリアに並び、自分はほぼ最後列からスタート。

道外勢も多くレース展開が全く読めない中、少しでも良い位置まで上がろうと、序盤からフルスロットルでペダリング。

しかし、試走無し、ほぼアップ無しのため、3分で乳酸&酸欠地獄に・・・

抜きどころである、ダブルトラックの登りでも全く出力が上がらず、一度呼吸を整えて踏み直す作戦に変更。


レースも15分が過ぎ、順位は不明も、クラストップを走るO仙人とは2分近い差。

呼吸も脚も大分整ったので、徐々にペースアップ。

シケインだけは、「お前、シクロなめてるのか!」っていう位、自他共に認めるヘタクソだけど、それ以外の部分で踏んで、前の選手を1人1人交わして行く。

が、力及ばず、クラストップと1分差の37分42秒、3位でフィニッシュした。

44710525_645174089210869_625847537563074560_n










<1時間耐久>
本戦終了後の午後から行われた、全クラス混走の1時間耐久レース。

30人位のライダーがスタートエリアに並ぶなか、最前列からのスタート。

午前中のCXでアップのばっちりなので、スタートから先頭集団に着いて行く。

1周目中盤には4名に絞られ、北海道MTBの上位常連のH川選手とF井選手といったいつもの顔ぶれに加えて、この日のCXでその2人に勝っている、高校生ライダーのK佐選手が加わる。

スタートからのハイペース継続の2周目で、H川選手が脱落して3名となり、3周目でF井選手が脱落して、いよいよK佐選手との一騎打ちに。

K佐選手は、スピリット旺盛で、どんどんペースを上げて仕掛けてくる!

が、このペースではさすがの若いK佐選手でも1時間持たないだろうと思い、K佐選手が牽く時は何とか着いて行き、自分が牽く時は少しペースを落として脚を溜めながら、疲れるのを待つ作戦。
(このペースで最後まで走り切って負けたのなら、相手を称えるしかない)

何周か走っていると、K佐選手の苦手な区間が分かって来たので、その区間でペースが緩むタイミングで、少しペースを上げたりしながら、地道にジャブを打ち込む。

そんなジャブが、30分過ぎに効いてきて、明らかにペースが落ちたタイミングで少し踏んだところ、着いてこなかったので、一気に引き離す。

ただ、すれ違う時に、まだまだ諦めた顔はしていないので、こちらもアベレージは落とさずに、一定ペースを刻む。


そして、レースも残り2周となったところの芝の下りコーナー。
オーバーペースだったのか、集中力が切れていたのか、前輪のグリップが抜けて周回遅れの後続ライダーを巻き込む大転倒!?

顔面の痺れに加えて、脚と手指の痛みでしばらく動けず・・・

もう1名のライダーも脚が攣ったようで悶絶していたが、無事を確認した後になんとかリスタート。

残り1周半は流して、1時間10周回をし、無事にトップでゴールした。


**************************************

シクロ本戦は、身体の暖まっていない序盤から全開でもがいて自爆レース。

耐久レースは「耐久」と名がつけば、1時間のレースであっても何故だか調子が良い不思議・・・

実際、40分弱の本戦よりも60分の耐久レースの方が2キロ以上アベレージスピードが速かった訳で、と言う事は、本戦の前にレース強度のアップをしておけば、本戦で調子のピークを持ってこられるということか?

来年試してみますw

と言う訳で、これで今シーズの出場予定のレースは全て終了となりました。


応援の皆様、スタッフの皆様、選手の皆様、ありがとうございました!!

KIMG1413

調整走&シクロ練?

KIMG1407勤務明けの本日は気持ちの良い秋晴れでしたが、早朝は氷点下近い冷え込み。

トレの時間になっても一ケタ気温の為、長袖長パンツで臨みました。

週末にレースがあるので、調整走負荷で走りましたが、心拍を上げておきたかったので7.5kmのストラバ区間は本気踏み。
しかし、途中でスローパンクして、最後はボヨンボヨンのタイヤでゴールw

現在、昔使用していたレースタイヤをトレ用に落として使用していますが、やはり強度に難があるので、丈夫なトレ用タイヤに換えるか悩み中です。

**********************************************************************
 愛別往復 / バイク:マドン号
  64km / 32.9Km/h(Ave) / 晴れ / 8℃ / 西1m
************************************************************************


KIMG1408で、週末に参加予定のシクロクロスは、超久しぶりで、しかも超ヘタクソなので、前に出た時みたいに、某オーガナイザーから「ヘタクソ過ぎる!」と言われない様に(一応勝ったレースでしたがw)、ロード調整走から帰宅後に、MTBに乗り換えて、担ぎとシケイン越えの練習。

ですが、30分程度練習しただけでは上手くなる訳も無く、脚や脇腹を打撲して、階段で岡の上まで一気に駆け上がって、普段使わない筋肉を痛めただけでした・・・

MTBサイクリング/naoki

KIMG1406朝方は雨が降っていましたが、午前中にはその雨も上がって、気持ちの良い秋晴れとなったので、しばしトレーニングを忘れてMTBサイクリング。

林道を見つけて入ってみたり、その林道で泥に嵌ったりしながら、気持ち良く汗を流しました。


**********************************************************************
 愛別往復 / バイク:EPIC号
  48km / 26.3Km/h(Ave) / 晴れ / 13℃ / 西4m
************************************************************************

回復走/naoki

KIMG1405今日は秋晴れの下、耐久レースの回復走。

愛別往復コースを走りました。

平地は思ったよりも踏めましたが、登りはダメでした・・・




***********************************************************************
 愛別往復 / バイク:マドン号
  49km / 31.4Km/h(Ave) / 晴れ / 18℃ / 南西2m
************************************************************************

「本舗の耐久」MTB4時間耐久レース/naoki

本日、長沼町のハイジ牧場で開催された、道内MTBレースの最終戦「本舗の耐久」に今年も参戦してきました。

当日移動で会場へ向かうも、出発時間が30分遅れたことに加えて、ナビで到着した場所が、コースを見下ろせる会場東側の山の上・・・

そこから、砂利道を通ってなんとか会場に辿り着いたものの、ピット(第2)への進入方法が分からず右往左往し、レースの準備が終わった時には、既に試走時間は終了し、招集場所に向かおうと思ったら、後輪がペチャンコ・・・

後輪はバルブからのエア漏れでパンクでは無かったものの、そんな、絵に描いた様なドタバタ劇で先が思いやられる幕開けとなりました・・・

コースレイアウトは、昨年と変わらず、草地、ダブルトラック、日陰のマッドなトラックが良いバランスで配置され、平地はほとんど無く、緩やかな登り、緩やかな下り、草地のワインディングアップダウン、後半の急な登りと、距離もレイアウトも4時間飽させないコースで、コース幅も広いので小さな子供が混在でも安全に走ることが出来るコース。

昨年は、ぶっつけ本番で使用したギアの調子が悪くて、自爆状態だったので、今年はポジションやセッティングを何度もテストし、バイクも、他の選手から機材ドーピングと冷やかされた、 S-WORKS EPIC CARBON(フルサス)とカーボンチューブラーホイルのWC仕様の組み合わせ。

試走が出来なかったのでタイヤ選択に悩みましたが、試走をしたライダーから、昨年よりも泥区間は走り易いとの情報を得たので、タイヤはドライ用で、空気圧は少し高めに、リア2.0、フロント1.7で臨むことにしました。


そんななか、コースにバイクと身体がばっちり合って、この大会では4年ぶりに優勝することができました!


<レースレポート>
*************************************

スタート位置は、前から3列目。

近くには、優勝候補のN田選手とS藤選手。その他にも、A関選手やY崎選手と言った耐久レース上位常連の顔もちらほら。

今回は、チーム戦ライダーのペースには乗らず、ソロ勢でゆっくり行きましょうと、紳士協定的な約束が交わされたが、こと自転車において、この手の約束は守られたことが無い。
ユルユルライドと言って、1度も緩かった試しが無い!

どんな展開になっても、N田選手とS藤選手に着いて行けなければ勝ちは無い!

そんなことを思いながら、9時12分、打ち上げ花火の音と共に耐久レーススタート!!

本気のチーム戦ライダー達(決して本気には見えない学園チックなチーム含む)がXCレース並みのスピードで飛び出す中、N田選手、S藤選手と直ぐにパックとなる。

1周目はコース状態が分からないので着いて行き、2周目から、自分の調子と2人の調子を確かめる為に少し上げ気味に前を牽く。

が、やはり2人共表情は崩さない。
特にS藤選手は、虎視眈眈と後半勝負を狙っている雰囲気を出している(笑)
が、自分も脚が回って調子の良さを感じる。

それぞれ先頭交代を繰り返しながら、3人パック周回を重ねる。

今回は補給ジェルも早い段階から小まめに使い始める。

44049491_177993899787101_2893060395440799744_n


登り区間で脚がきつくなり始めた80分過ぎ、N田選手がパックから離脱し、勝負はS藤選手との一騎打ちに。

辛い素振りを見せると仕掛けられるので、ペダリングのリズムを意識しながら、出来るだけ表情を崩さずに一定ペースを刻む。

120分を過ぎて、腰痛や疲労から、なかなかS藤選手の前に出られなくなる・・・
なんとか前に出ても、泥区間で再び前を取られる展開が続く。

258428238_org.v1539594210


500mlのドリンクもほぼ底をつき、背中ポケットに準備した補給ジェル4つも全て使って、ピットで補給したいが、ピットで止まると遅れをとるので、どうしようかと悩んでいたところ、S藤選手が少し離れたので、ペースを上げて引き離しに掛る。

追ってこないことを確認したため、ピットでドリンクとエネルギージェルを補給し、ついでにBCAA粉末でリフレッシュを図り、最後の1時間に臨む。

大きなミスやメカトラやペースダウンで抜き返される可能性もあるので、ペース維持に集中し、落車やメカトラの原因となる泥区間は慎重に走る。

最後の30分間は、脚が攣る寸前でかなりきつかったが、なんとかトップを守ったままレースを終えた。

258428332_org.v1539601402


*******************************************

と言う事で、北海道MTB最終戦を優勝という最高の形で終えることができた!

中盤以降ゾーンに入ったりと、調子が良かったこともあるが、フルサスバイクがダメージを和らげてくれたのと、フルサスのためタイヤ空気圧を高めに設定できてペダリングを軽く出来たことも大きい。

また、序盤から小まめに補給を取ったことも、後半に体力を残せた要因であったと感じる。

参加の皆様お疲れ様でした。
大会スポンサーの札幌自転車本舗様、主催のドゥライドはじめスタッフの皆様ありがとうございました!

KIMG1404
本舗耐久データ

MTB調整ライド/naoki

KIMG1399勤務明けの本日は、公私共に忙しかったので、空いた時間で少しだけライド。

明日の耐久レースで使用するエピック号が久しぶりなので、ポジション調整も兼ねて走りました。

重心の高さはどうにもならないですが、その他は大分プロキャリ号に近付けました。

ハードテールと比べて、ペダリングは重たいですが、耐久ではきっとアドバンテージになるはず。

明日は、今年最後のレースなので、楽しんで走ります!


***********************************************************************
 鷹栖方面 / バイク:エピック号
  21km / 26.9Km/h(Ave) / 晴れ / 14℃ / 南東2m
************************************************************************

ロード調整走/naoki

KIMG1398勤務明けの本日は、天気は微妙でしたが、週末の耐久レースに向けての調整走。

前回同様、踏むポイントを作って追いこみましたが、その他の区間は流しました。

因みに、ストラバ区間チャレンジは、元気良く臨んだ近所の末広ー鷹栖の坂は、1秒及ばず2位。
鷹栖峠は、風向きに恵まれず、前回の記録を越えられず。
某プロ選手がKOMを持っている塩狩峠は、かなり攻めましたが、ゴール位置を間違えて途中で止まってしまって残念賞・・・
データを分析してみると、きちんとゴールしていれば、記録更新の可能性もあっただけに、なんとか今年中にリベンジしたいですね。

今日はスタートから身体は重ためだったのですが、終盤に掛けて調子が上向いて来たので、最後の10kmは負荷も高くなって、調整走というか完全なトレーニングでしたw

レースまでに回復するかが問題です・・・

***********************************************************************
 鷹栖峠〜塩狩峠2本〜鷹栖峠 / バイク:マドン7
  78km / 32.3Km/h(Ave) / 曇り / 18℃ / 南5m
************************************************************************

調整走/naoki

KIMG1397まだ、泥レースのダメージが残っているのと、週末の耐久レースに備えて、調整走。

若干迷走しましたが、東旭川方面と当麻付近を走りました。

ストラバ区間1箇所と、平地向い風で40キロキープ2回だけ心拍を上げましたが、ほぼほぼサイクリングペースでした。



***********************************************************************
 東旭川〜当麻〜比布 / バイク:マドン7
  58km / 31.2Km/h(Ave) / 晴れ / 16℃ / 北西2m
************************************************************************
月別アーカイブ
ギャラリー
  • MTBサイクリング/naoki
  • MTB・サイクリング/naoki
  • ロード・サイクリング
  • MTB(霙)サイクリング/naoki
  • MTBサイクリング
  • ロード・サイクリング/naoki
  • MTBサイクリング/naoki
  • MTBサイクリング/naoki
  • サイクリング時々マジ踏み/naoki
  • ロードサイクリング/naoki
  • ロードサイクリング/naoki
  • 回復走/naoki
  • ドウクロ#2/naoki
  • ドウクロ#2/naoki
  • ドウクロ#2/naoki
  • ドウクロ#2/naoki
livedoor 天気
  • ライブドアブログ