2005年09月05日

更新停止のお知らせ

こちらのブログは更新を停止いたします。メインページの物件情報更新は行っていきますのでよろしく御願いいたします。  

2005年08月09日

相模原の賃貸サイト

最近グーグルで検索するとふと思うことがあります。というより前から思っていたのですが・・・相模原で不動産賃貸物件を探す人はまずどんなキーワードを入れるのだろうか?『相模原』『賃貸』?それとも『相模原』『不動産』?『相模原』ではなくて『相模原市』??いや、沿線で検索しているかもしれない『横浜線』とか『小田急線』『相模線』。相模原には電車が3本走っているから絞りにくいというのも現状。では地域?考えても始まりません。立派なSEOツールなどがあるので調べてみるのがいいでしょう。

どちらにしても検索上位に出てくるサイトはどこも大手サイトなのか全国区でやっているところが多い模様。そこの相模原市を取り扱った地域ページがヒットしております。それらの大手サイトに私達の地域密着相模原限定サイトが集客において勝利することは可能なのであろうか?このサイトを始める前は当然勝利を前提に始めたのですが・・・なかなかそうもいかないのが現状です。

私が昔修行をさせていただいた学芸大学地域の不動産会社はアクセスも伸び問い合わせも増えてきている模様。当時でもかなりの数があったから1年以上たった今においてはもうパニック状態なのでは・・・同じ地域限定サイトとして師匠を超えることが当面の目標にもなりそうです。やはり地域限定を名乗る以上は地域のおいしい物件情報を網羅したサイトで無いとならないようです。学芸大学の不動産会社は歴史50年以上。当然大人と赤子の戦いになるくらい力の差は歴然です。自社物件の数なんて雲泥の差があるでしょう。『本来あるべき不動産屋としての動き』サイト開設1年以上経った今、課題はそこに集約されていくのだと思いました。  

2005年08月01日

ブログの破壊力:その後

前回とある新宿の居酒屋からの相談を記事にエントリーしたらトラックバックやコメントなど反響をいただき驚きました。世間的にその問題が注目されていたのですね。その後だいぶ騒ぎは収まりキャンセルの電話も無くなったとの話しを聞き肩の荷が下りた気もします。

結局のところ問題点は2分化されているように感じました。
一つ目は実際にお店に行き不快に思ったことを自分の日記や体験談としてブログ記事にしている。二つ目は実際に行ったお店は新宿の飲み放題格安居酒屋であり同じようなスタイルで営業している別の店。別の店で感じた悪口を新宿の飲み放題居酒屋は全店ぼったくりみたいに一括りにしてしまっていること。

一つ目の問題点は店側も実直に受け止めて改善を試みているようです。実際にお客様が不快に思うような問題部分を解決していけるだけまだ分かりやすいでしょう。お酒が温いであるとか料理がまずいであるとかそういった内容も多々あったようです。どうやら新宿の街中で居酒屋のビラ巻きをしている人が問題の大半を抱えているようですが・・・

私が最初に思った問題点というのは二つ目の問題だったのでしょう。当然悪口を書かれるには理由があります。一つ目なら書かれても当然。その後是正すべきと思うのですが、二つ目の問題はまた話しが違ってきます。特に目立つのは新宿にある飲み放題居酒屋で別のお店。そこの評判が悪いのは今に始まったことではありません。長い歴史があるようです。しかし、同じようなスタイルの飲み放題格安居酒屋をやっているというだけであたかも評判の悪い居酒屋と同じグレードであるとまとめられているのです。

ヤフーの検索で上位に出てくるお店の批判ブログの方は一つ目の問題を内容にしたものでお店の悪い部分を指摘しているブログでした。こちらは誠意をもってメールをしたところもう一度チャンスを頂けるとのことでエントリーした記事を削除して貰えました。故意に私が依頼を受けた居酒屋の記事をグーグルなどでトップに持って行くことを目的としている内容が目立っていたので和解できてほっとしております。

現在依頼された店の名前で検索をしてグーグルトップに出てくる記事に書かれたお店はまさに評判の悪いお店の話しです。エントリーした記事はその内容ということが分かりました。作者は自分が体験したことのないお店の名前を出してしまったことは問題であると認めてくれたので私が依頼を受けた居酒屋の名前部分のみを記事から削除してくれました。しかし、時既に遅しでそのエントリーを見てコメント部分に多数の体験談が寄せられておりました。そちらは楽天システムの都合で削除できないようです。作者も貴重な体験談コメントなので残しておきたいとの模様。私もコメントを残すことには合意しました。ブログの記事に批判しているお店の名前が分かりやすく書いているだけで違うお店の批判であると分かって頂けたのでしょうか・・・キャンセルの電話が無くなった事からしても効果はあったのでしょう。


話しは変わりますが私は以前商品先物取引の営業職をしていたことがあります。そのときはまだブログというものが発展していない時代でしたが勤めていた会社の評判はすこぶる悪かったものです。必要以上の営業、そして実際に取引をして損害をこうむったなどなど・・・人間ですから嫌な思いをすれば批判したくなるのは当然でしょう。その時に会社側から言われていたのは人間というのはいい事があってもそれを人に広めようとしない。悪いことは10倍にして広めようとする。と、いった内容の事でした。宝くじで何億も当たった人は隠すものです。先物取引で儲かった人もそれを隠しているのでしょうか?

上の居酒屋の話に置き換えると安い値段で料理の味などを求めずおお騒ぎができるお店としては私が依頼を受けた居酒屋はリピーターも多く多用されているようです。しかし、高級志向で居酒屋料理を求めてきてしまった人は不満の多くを抱えて帰る模様。すべてのお客のニーズを完全に答えると言うのは難しいことでしょう。ある意味安さというものを売りにしてターゲットを絞った営業スタイルといったところでしょうか。しかしそんなリピーターが『あそこは安い値段でお酒が飲みまくれるからいいぞ』なんて記事をエントリーすることは少ないでしょう。悪い内容の方が目立ってしまうことは分かる気もします。

店側は悪い部分で直せるものは直したいと思い、私にこの問題を相談してきたのだと思います。さすがに別のお店と勘違いされてしまった内容までは自分のお店の問題でないだけに直しようがありません。そこの居酒屋で働いている誰もがインターネットに書かれたブログエントリーを読み傷つきそして何とかせねばと思い伝える手段を求めて私に相談してきたのでしょう。だからこそ今回は店側の反論をまったくせずにお客様の声としてすべてを受け入れそして直せる部分は直すといった形で対応いたしました。実際に悪口ブログ記事をエントリーされた方の中にはこっちは不快に思っているんだから書かれて当然、とおっしゃる方もいらっしゃいました。お客様の声として受け止めろと。当然そのつもりはお店側にあることを分かった上でお話しをして納得していただき、二つ目の問題点として挙げた別のお店と取り違えられている件に関して対応をしてくださった多くのブログ記事作者の方に感謝いたします。  

2005年07月26日

1円起業

いろいろなブログを見ていると1円起業の記事がちらほら。この間MSエンタープライズ社長と会談したときにもこの話しが出ておりました。
トラバをつけさせていただいた理由は『不動産業立ち上げの際の協会費諸々』について触れられていたため・・・
私たちも1年ちょっと前にこの200万円を支払いました。たしかになんに使われているかよく分からない費用が多かった気がします。どちらにしても不動産業は飲食店やそのほかの事業に比べて比較的開き易いとの話しがよく聞かれます。最初の開業資金が他に比べて少ないからかな?1円起業なんてできるようになったらますます不動産屋が増えてしまうかもしれません。
それを抑制する意味でも200万と言う数字は必要なのでしょうか。  

2005年07月24日

最近の管理体制

MSエンタープライズのサイト更新が円滑に進むようになってきました。やはりお互い顔を合わせて話しをしないと意思疎通というのは難しいのでしょうか?いくらメールでやり取りをしていてもダメで、結局会って話したら問題はすんなりと解決。そんな感じでした。

これからのMSサイトは情報も新鮮に保たれ更新が続けられていくと思います。  

2005年07月19日

テストを兼ねて

トラックバックテストを兼ねてこの記事を書いてみます。別の会社の話で申し訳ないのですが新しくオールブログタイプのページを作成してみました。MSエンタープライズはメインページとブログページが別途になっているのでお客様もこちらをごらんになることは少ないのでは?不動産検索サイトの性質上どうしてもブログだけでは情報を出し切れないのがこういう形を生み出したのでしょう。たくさんの人の目に触れてもらうという意味ではブログタイプの方が有利でしょうか・・・  

2005年07月10日

サイト管理

インターネットは言わずと知れておりますが遠くにいてもどこにいてもパソコンと回線さえあれば更新ができます。
しかし、当社サイトは不動産という商品を扱っている性質上どうしても現場依存なところがあります。たとえば写真データであるとか物件情報であるとか・・・どうしても実物を見たり近くにいないと新鮮な情報が反映されません。2004年の一年間は私が現場に篭りっきりで一日12時間モニターの前に張り付いたのですが、今の状態はそうではありません。いかにモニター越しで現場のスタッフとコンタクトを取り続けるか。そこが課題です。

MSエンタープライズのスタッフ事情もありますがどんどん不動産サイト事業に手が回らなくなっているのでしょう。現場スタッフと蜜に連絡をとりあいこの問題を解決していかなくてはなりません。  

2005年06月25日

ブログの破壊力

最近MSの仕事とは関係の無いところでブログ問題に悩まされている。
某新宿にあるお店(和の雫)から相談を受けたのだが・・・その和の雫はブログに悪口を書かれて困っているらしい。ただ個人のサイトに悪口を書かれているだけならしょうがないとしよう。現在『和の雫』でgoogle等検索をすると上位にそのサイトが出てきてしまうのである。
ぐるナビなど宣伝用サイトよりも上位に出てくるとはいやはや恐ろしい。営業妨害としてわざとやっているのだろうか?実際のところ和の雫では予約キャンセルなど被害も出てきているらしい。和の雫の場所を調べようと検索したらそんな悪口サイトがトップにでてきたらキャンセルをしたくなるというようなものだ。

インターネットとはかけ離れたアナログな世界でもこういった猛威を振るうブログ。すでにネットは我々の生活に欠かせないものとなっている現われであろう。当時『MSエンタープライズ』で検索をしてこのブログが上位に出てくることをねらって作ったものであった。しかし結局社員一丸となって協力体制のもとブログを完成させることが出来なくなった為に効果は無かった。このブログを盛り上げていればメインサイトのアクセスアップにもきっと役に立っていただろう・・・そう、悪口ではなくいい事とか為になることが書いてあればすばらしい宣伝効果が得られるのである。

ブログは検索の上位に出てきやすい傾向にあるらしい。一度あがってしまったランクを落とすのもあげるのと同じくらいに難しい話であろう。解決法とすれば上位のサイトを他のサイトが抜き去るしか方法はないのだろうか・・・ブログの破壊力を痛感した今日この頃でした。  

2005年06月10日

諸事情

個人的に諸事情がありましてサイトの管理の仕事からしばらく外れていました。新しい情報を追加する作業のほうは日々滞りなく行われていますが、古いデータの落とし込み作業に不具合があったようでサイトの情報が全般的に鮮度を保てない状況になりご迷惑をおかけしております。

個人的諸事情も多少緩和されてパソコンの前に向かえる時間が増えることが予想されます。1ヶ月以上サイト管理から離れてしまったブランクを取り戻すべく日々精進いたしますので今後ともよろしくお願いいたします。  

2005年05月27日

久しぶりに

5月のブログが書かれていないので更新してみました。
サイトのアクセスもだいぶ減っております。完全に繁忙期は終わったのでしょうか。当社サイトも立ち上げより1年経過しました。これからも長く続けられるため善処したいと思います。  

2005年04月23日

データ移行

ついにMSエンタープライズに私の個人パソコンより高性能なものが来ました。いろいろ諸事情があるのですが早速データをそちらのパソコンにコンバート。試しにファイルメーカーを起動・・・
早い。以前にしょんぼりとしたパソコンをメインにしようと思いデータを移した時とは比べ物にならない反応速度です。やはり優秀な機体を2つ用意して作業しないと効率は出ないのでしょう。

本来メインサーバーのように使用するパソコンはスペックなど関係がないと言われているのですが、私もそのように認識してました。ハードディスクの性能
が関係しているのか何なのか素人の私にはちょっと理解できません。もしくは以前にデータを移したパソコンが本当に使えない状態だったのか・・・謎が謎を呼びます。  

2005年04月16日

新コンテンツ

当社サイトのコンテンツは大まかに3つのカテゴリーから成り立っております。
大部分が不動産検索。そしてアミューズメントとプロモーション・・・
プロモーションの事業はほとんどコンテンツとして機能していない気もします。最近新しい事業を始めたのですがそちらのコンテンツと入れ替える話しが出てきております。当然私の仕事になるのでしょうが・・・

まず、新しい事業の担当者サイドからどのようなページにしたいかの提案がないと話しは進められないような気がしました。元々素材はあるようなのですがどの部分を再利用してどの部分を編集したいなど意向があると思われます。その辺煮詰めた上で開発にあたりたいと思います。

方向性が決まったらあとは実装なのですが、MSサイト上部にありますフラッシュメニューの書き換えを行わないといけません。単にリンクを変えるだけなら簡単なのですが、当然カテゴリーの文字やプルダウンメニューも変更しないといけません。フラッシュ素人の私にとってここが一番難関です。そして他サイトとして機能していたページを改造するにあたってMSサイトとの統一性を考えたデザインも施さないといけません。元々ある素材をどこまで生かし切れるか、それが今後の課題になっていくでしょう。  

2005年04月11日

情報交換

先日一通のメールが来ました。私にインターネットのおもしろさを教えてくれた師匠(前に勤めていた都内某不動産会社支店長)からです。
内容は至ってシンプル、グーグル対策の解説サイトのURLを送ったのですが効果があったとの事。さんざんお世話になったので少しでも恩返しをと情報公開しているのです。お互い別の場所で仕事をすることになり違った発見をすることもあるでしょう。私が師匠から頂いた情報は返しても返しきれないくらいの密の濃いものです。ファイルメーカー(データベース)の扱い方。ホームページ作成方法。CGIやスクリプトの基本原理などもすべて前にいた会社で培ったスキルです。もっとも大切なのは不動産屋としての考え方なのでしょうか。

自分でサイトを運営していくにあたってまずSEO対策というのが一番重要視されてきたのが現状です。自分なりに情報を集め研究して微々たる成果が出たものをお互い共有できればお互いのサイト作りに役立てるかと。そんな離れたところで闘っている仲間でも共に力を合わせられるのがインターネットというものでしょう。  

2005年04月04日

外観写真

この2日間、当社営業久保さんと相模原南部の物件写真を撮りに行ってきました。何故南部かといえば土日で相模原最大規模のお祭り『桜祭り』が開催されていたため北部は道路事情の都合難しかった為です。
南部北部で最近ふと思ったことを。
どうも当社に問い合わせ、そして成約まで至るお部屋の割合が相模原南部に比べ北部の方が多いということが判明しました。当社所在地が北部にあるため?などいろいろ考えて見たのですがインターネット専門と店を構えていない以上あまり関係がないと思われます。そして行き着いた結論は・・・  続きを読む

2005年03月27日

いい部屋

今まで全く決まらなかったお部屋が突然決まる事があります。
その原因は定かにはなっていないのですが何部屋か空いていても一つ決まると連鎖反応のように立て続けに決まっていく・・・本当に謎です。
最近決まったお部屋
こちらの戸建ては2棟空きがあったのですが、片方お申し込みが入ったそうです。そうなるとこちらも決まってしまうのは時間の問題、謎の原理が働くと思われます。

不動産のお部屋は店頭に並んでいる商品とはちょっと違いますが、消費者の心理としてたくさん売れ残っているものよりある程度在庫が減っているものの方を選んでしまうと。売れ筋商品理論からいけば一部屋決まると立て続けに決まる事も納得できます。
最終的には物件の良さと賃料などの条件に尽きると思うのですが・・・  

2005年03月23日

水曜日

以前もお話ししたかもしれませんが水曜日は不動産屋さんが休みなことが多いです。しかも本日は雨。こんな日はゆっくり家でインターネット。サイトで物件情報を洗ってこの週末に向けて内見のアポイントを取ることをおすすめします。
せっかく遠方からいらっしゃったお客様も水曜日だと部屋を見ることができない可能性が約50%近くあります。火曜日に内見のお約束をしていない場合は週末に標準を絞った方が探すのに効率いいかもしれません。初めて部屋を探す方は水曜日不動産屋の休みが多いなんて分かりませんしね・・・  

2005年03月20日

今回のデータ

今回は190部屋ほどの新規空室情報が入りました。現在入力作業等処理に追われております。3月になって新しい情報が入ってくる量に衰えを感じません。むしろ増えているのではないのでしょうか?今から引っ越しを考えている方は若干有利かもしれません。たくさんの情報が入れば入るほどいい物件に巡り会う確率も上がるという事でしょう。その反面成約速度も速いのでうかうかしているといい部屋から埋まっていってしまいます。残り物で妥協しなくてはならないなんて言う状況になる前に情報を集めて見学をしておくことをおすすめします。  

2005年03月17日

案内

本日は雨にもかかわらずお客様が来店してくださいました。相模原の物件を内見。同じ40峩瓩のお部屋を2つみたのですが、片方は16号沿いの音のうるさいお部屋。もう片方は宮下にある閑静な住宅街。
どちらも一長一短があり完璧なお部屋というのはなかなか無いのだという現実に今日も直面しました。お客様もある程度サイトを閲覧されて選んで来て頂いているので話は早く済みます。

当社でご紹介可能なお部屋はすべてサイトに掲載させて頂いておりますのでわざわざ来店しないといい部屋がみれないなんて事はありません。お探し登録をされると情報が早く取れたり探す手間が省けたりで若干の得があるかもしれませんが・・・完璧な条件を整えたお部屋を探し出すことも我々の仕事でしょう。  

2005年03月15日

値下げ

最近物件情報の更新をしていると値下げ物件が目につく。
決まりが悪く長期にわたって空室になってしまい値下げをしてくるのが多くの原因であろう。管理会社によっては長期にわたって空室でもなんの手も打たないのかオーナーさんが値下げを断固拒否しているのかそのまま宣伝チラシを出しているお部屋もある。
MSサイトの方でも語っておりますが『もの』にも『部屋』にも相場というものが存在します。明らかに周りのお部屋より条件が悪ければ決まらない。それどころか問い合わせもこない。逆に条件がよければすぐ決まる。値段と言うのが条件のうち50%以上を占めているのでしょうか?どんなにいい部屋でも値段が高ければ決まらずやすければ決まると・・・
値下げ物件が目につくということは周りそして相模原全般的に賃料が下がり傾向にあるということでしょう。建物が古くなれば当然価値が下がって賃料も下がる。その価値目減り分より明らかに賃料下降速度は速いようにも思われます。やすくていい新築物件などが多数建てられて古い物件が決まりにくいと言うのも背景にあるのかもしれません。今の相模原は供給過多であると感じる今日この頃でした。  

2005年03月14日

確認→スキャン→図面→入力→写真

当社のサイトを管理する流れがタイトルになっております。
,△燭蕕靴ぞ霾鵑鮗蠅貌れてすでにサイトに載っているかを確認。
¬気い海箸わかれば紙になっている情報をスキャンしてデータにする。
そのスキャンしたデータより図面だけを切り取りgifを作成。
ぅ汽ぅ箸任客様がみれるように数字や文字情報をデータベースに入力。
ズ埜紊房命燭あるものは以前の写真を使うために複製。

一見手間がかかってないようにも思えますが、毎日の作業になるとこれがまた大変。常に最新情報を送り続けないとサイトの信頼が得られないと思っておりますので・・・一日最低でも40部屋くらいの情報はサイト上に公開しているでしょうか。それとプラスして既存のアップされたデータの賃料改定や条件変更などの更新作業も加わります。そんなことをやっていると朝10時〜夕方6時まではあっという間にすぎてしまいます。やった分だけ成果が目に見えて上がる仕事ではないジャンルだとも思います。所詮は作業ですから・・・
以前つとめていた職場では一日40部屋の情報を公開し続けることは難しい環境でした。今は常に集中して作業ができる状態なのでこのペースを維持できのであろうと考えます。