April 12, 2010

お金をかけなくても、こんなインパクトのあるチラシが作れるんだね

だから儲かった手書きチラシ作成術 トラの巻だから儲かった手書きチラシ作成術 トラの巻
著者:出村 邦彦
販売元:ハギジン出版
発売日:2009-07-09
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
儲かる手書きチラシ作成術儲かる手書きチラシ作成術
著者:出村 邦彦
販売元:ハギジン出版
発売日:2004-10-30
おすすめ度:4.5
クチコミを見る
もっと儲かる全国手書きチラシ実例集もっと儲かる全国手書きチラシ実例集
著者:出村 邦彦
販売元:ハギジン出版
発売日:2006-04-13
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
続きを読む

msfpceo at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 23, 2009

先日のSmartdeliの残った2食のインプレ

1食目を食べてから、残る2食はなかなか食べる気になれませんでした。
何といっても原因は、味気なさでしょう。
ローカロリーはとてもありがたいのだけれど、
おいしいと感じる感覚との両立は、やはり限界があるようです。

さて、残ったメニューは、ハンバーグソースセット(310キロカロリー)と
黒酢で仕立てた酢豚セット(250キロカロリー)です。

どちらもお肉は控えめに、野菜を和え物やソテーなど調理方法を変えながら
(でも味付けは控え目)、多用していました。

さて、これまで試食してきました3食の中で、
あえてお勧めするメニューは、酢豚セットです。

カロリーが低い割には
もっとも味付けがしっかりと感じられたことと
ちっちゃいけれど、豚肉をしっかりと食べることができたという
満足感がありました。

このおかずシリーズ、
お勧めできる対象を上げるのであれば、
本格的にダイエットに取り組もうと、お金の用意と
覚悟ができている人に、本当のダイエット食以外の食事向け、

どうしても帰宅が遅い会社員向けの夕食として

こんな人に、ニーズはありそうです。

私のように、自宅での仕事が多い人は、1日の中で、
唯一食べることが楽しみという人には、難しい商品ですね
(それだけしか楽しみがないのかという厳しい声もありそうですが)。

これまで2度、入院したことがありましたが、
病院食よりはマシであることは間違いありません。
野菜もちゃんと食感が残っていますので。
もうちょっと、しっかりとした味があるものとなったら、
チャレンジしてみたいかも。






msfpceo at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 06, 2009

会社時代の昼飯がなつかしい

今回送られてきたスマートデリは自宅で、昼ごはんのおかずとして。出張の無い日は毎日、同居する両親と女房と昼ごはんを食べるのですが、母親が用意することが多いので、熱い季節は連日のようにそうめんが出てきます。そうでなくても、冷蔵庫の残り物で済ませることが多いので、今回のようなことが無ければ、あえてアレが食べたいといわなければ、おなかを満たすだけの昼ごはんとなってしまうので、当選してうれしかったです。
これで、もう少ししっかりと味付けもしてあれば・・・。
それじゃあ、カロリーは減らないですよね。

msfpceo at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 27, 2009

ダイエットのために試したいけど、高すぎる!

 今月の上旬、ライブドアからメルマガで案内していた<メタボが気になる方に
カロリーコントロール食「スマートデリ」をプレゼント!>に応募したところ、
見事に当たっちゃいました。

メタボが気になる...でも好きなものはガマンしたくないし、運動も続かない。
そんなブロガー様がいらっしゃいましたら、
スマイルダイナーの冷凍惣菜セット「スマートデリ」で
簡単ヘルシー食生活を体験してみませんか?
という内容だったのですが、まさに僕にぴったりな商品。

3種類のメニューから、最初に選んだのが「豚肉のしょうが焼きセット」。
ご飯はついていなくて、御飯150gと合わせて食べると
PFCという必要な栄養分(たんぱく質、資質、炭水化物)のバランスが
取れるそうです。
このおかずの中身は、しょうが焼きのほかに、
わかさぎのマリネ、ほうれん草のお浸し、ビーフンのサラダ、さつまいもと
小豆のいとこ煮が入って、220kcalに抑えられています。

レンジで温めるだけで手間がかからずに食べられるので、
とてもお手軽です。
フタを開けてみると、とても彩りは良く、見るからにヘルシーな感じ。

実際にいただいてみると、
うーん、やっぱりね。見た目以上に淡白な味付けで、健康にはいいんでしょう
けど、最近、実家での濃い味付けになれちゃった僕には、物足りなかったです。

しょうが焼きというよりは、キャベツやインゲン、豚肉をしょうがの味付で蒸し煮した感じ。
一緒に入っていたマリネ、お浸し、ビーフンのサラダは温かいよりは
冷たいほうがいいですね。解凍してから冷蔵庫で冷やしてから食べたほうが
おいしかったかもしれません。

実は、ちょっと物足りなくて、味噌汁も1杯飲んだのですが、
意外と腹持ちが良かったです。
これは、サツマイモと小豆のいとこ煮の効果かもしれません。
セットの中で、一番おいしく感じられたのも、このデザート?です。
自然な甘さですが、一番味が濃くて、いい感じでした。

ニチレイさんの関連会社が作った、元々は病院食を作っていた会社の商品の
ようです。
他にも、御飯のおかずだけじゃなく、雑穀御飯やカレーセット、おでん、パン
ジャムなど、いろいろおいしそうな商品がたくさんありましたが、
問題は、販売価格です。
今回の1人分の豚肉のしょうが焼きセット、おかずだけで840円です。
プラス送料650円。まとめて購入するとしても、ちょっと高すぎ。

うちのカミさんが、梅干と納豆で食べている中、
ちょっとリッチな昼食でした。
あと、2食残っているので、それも後ほどレポートしてみたいと思います。


msfpceo at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 23, 2008

もしも、どんなガンにも効く治療方法が確立できたなら

 WOWOWで放送されたドラマ「パンドラ」の第1話が入ったDVDが、キャンペーンで当たりました。発売されたDVDの宣伝のためにバラまかれたものといってもいいのかもしれません。

 主人公の鈴木(三上博史)が、周囲に馬鹿にされ、奥さんに離婚されても、18年間、ガン治療の研究を続け、ついにマウス実験で成功したけど、治験が許可されない状況で、秘密裏に同僚の小夜子(小西真奈美)の協力の元、末期がん患者の治験に成功しちゃうんです。この治療法を自分のものとしたい周囲の人間とのどろどろの展開があるのですが、全8話?の中の1話ですから、いいところで終わっちゃいます。

うちのテレビでは、WOWOWは契約していないから見れないしと思っていたら、TUTAYAでDVDが貸出していました。水曜日の半額デーでしたから、DVD1枚につき2話入っているのですが、第4話まで見れるならと思わず借りちゃいました。

 秋田に出かける電車の中、ノートパソコンで見ちゃいました。キャストも充実しているし、テーマも面白い設定です。

先日、NHKにDNA解析で有名なアメリカの教授が出演していました。彼が言うのには、今回の題材にされているどんなガンでも直してしまう治療方法は、あと10年くらいで確立されるであろうと言っていました。

本当に、それを発見できた人はノーベル賞をもらえると思いますが、その時はまた、いろんな影響があります。
健康保険が適用されるとなれば、患者さんに自己負担の少ない金額となるでしょう。従来のがん治療で儲けていた薬品会社、医療器械の会社は商売にならないでしょう。
さらに、必ずしも元気ではないけど人間の平均寿命が伸びちゃうと、国が医療機関に健康保険を通して支払う金額も増えるだろうし、介護保険の利用者も増えそうです。
一生懸命がん保険を販売している保険会社も、さっぱり売れなくなるでしょう。

健康で生涯を過ごして一生を終えたいものですが、実際はなかなかそんなわけにはいかないでしょう。

ライフプランを立てていても感じますが、なかなか老後の生活資金を確保するのも大変な世の中です。年を取ってまで、生活費が足りないからといつまでも働き続けられるわけでもありません。そう考えると、人間の寿命もこれ以上伸びなくてもいいのかも、と思わされます。

ある程度、行動できて元気でいられるのは、60代半ばまでと考えると、それ以上はおまけの人生。がん患者を抱える家族やご本人にとっては、もっと生きたいという思いをかなえてくれる治療方法が発見できれば、本当にありがたい出来事と私も思いますが、私自身は70歳以上でがんになった場合、治してくれる治療方法ができたとしても、選択をしないかもしれません。ただ、痛いとか苦しいと感じたくないので、痛み止めの処置だけしてもらって、静かに自身の人生を終えたいと、今は思っています。

msfpceo at 22:32|PermalinkComments(2)TrackBack(0)保険 

January 24, 2006

現実は、ドラマよりも奇なり

ライブドアの報道を見ていたら、フジテレビで放送していた「恋におちたら」を
思い出した。

堤 真一扮する高柳 徹は、堀江社長がモデルですよね。
お金儲けができるかどうかが絶対基準のフロンティアの社長を
堀江社長は飛び越えていたんですね。

ドラマでは、乗っ取られたフロンティアを取り戻せたわけですが、
さあ、現実はどうなるのでしょう。

僕が興味があるのは、堀江社長の行く末ではなく、
ライブドアグループの事業に関心を寄せる企業によって、
この組織がどんな展開を迎えるのか、ですね。

ハッピーエンドは、期待できないでしょうね。

msfpceo at 01:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)世の中ウォッチ 

January 19, 2006

みなさん、落ち着きましょうね^_^;

いやあ、ひさびさのアップで恐縮です。
今年は、ひんぱんに更新したいと思いますので、どうぞよろしく。
さて、今週前半のマーケットは、ハリケーンのような状況ですね。

ご存知、ライブドアの証取法違反、粉飾決算の疑いと東証の売買停止が
一応、原因なのですが。
でも、本当は単なるきっかけで、加熱していたマーケットが売るタイミングを
与えられただけに過ぎないと僕は見ています。
東証1部以上にデイトレの博打場となっていた新興市場は
今回のトレンド転換で、しばらく調整を強いられるのではないでしょうか?
(今日はいったん反発していますが、再度、売られる場面を作りながら、
目先筋の振り落しがあるでしょう)

すごいですよ、Yahooファイナンスにあるライブドアの掲示板は。
なんとか寄り付かせようとする、うその書き込みや、自暴自棄なコメントまで"^_^"。
まあ、報道の内容が本当なら、ヤバいですね。
それ以外の新興銘柄は、1月末からの新規上場までは、調整しながら日柄整理ですね。

ただし、日本株全体で見れば、はっきり言って、なんも変わった変化はありません。
景気回復の流れに変化があるわけではないでしょう?
ライブドアがなくなったら、日本経済は一気に落ち込みますか?
そう考えたら、いい押し目を提供したのではないでしょうか?
昨日の東証の売買停止は、サーキットブレーカーを発動して、
マーケットの沈静化を促したと考えれば、本日の動きを見ても、
効果はあったと思います。
(市場としての信頼性を考えると、マイナスですけどね)
日経平均での1万5千円台は、現在の日本経済を考えても、居心地の良い
水準ですから、ここを下回るような水準や、落ち着いた状況では、
買っていいと見ています。

さて、それではリバウンドしている現在はというと、
私はいったん、損切りでもはずします。
何度か、揺り戻しで下がる場面もあるでしょうから。
買い直しても、遅くないでしょう。



msfpceo at 10:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マーケット 

October 25, 2005

セシールのTOB

いやあ、久々の書き込みだ〜。
でも実は、さっき失敗してしまい、ある程度書き込んだところで、
「Esc」キーを押してしまい、瞬間で消してしまった(T_T)/~~~

さて、メルマガにも書いたセシール、ライブドアのTOBが成功すればいいな〜。
ここには、ずいぶん痛い目にあわされた(-_-;)

1993年にセシールは上場したんだけど、入社間もない僕のところにも、
新規公開を前に、公募が回ってきたんだ。その販売だけじゃなく、「上場対応だ〜」
なんて上司の指示で、公開日に買い注文を入れて、高く寄り付かせたりしたんだよね。たぶん創業者に言われたんだろうね。
それで儲かったのは、証券会社と高く売り抜けた創業者一族だけだろうね。

その年につけた「8310円」は、いまだに抜けていない。
そりゃそうだよね。
業績予想は、よさそうなのに、期中や期末に下方修正ばっかで、
オオカミ少年になっていたんだから。
アナリストもそっぱ向いちゃうよね。

そのセシールを、ライブドアが買収したらどうなるか。
まず、今まで業績が悪くても居座っていた社員がリストラされるでしょう。
カタログ販売を大幅に縮小して、ネット通販に重心を移す。
ライブドアは、セシールの通販ノウハウを吸収して、自身のポータルサイトからの
売り上げが大幅に増やす。セシールの業績も様変わり。

これ以外にどんな波及効果があるんだろう。
でも、いったんは、材料出尽くしだと、昨日メルマガに書いたら、
本当に今日は、182円安で終わっちゃった。
1000円のTOBなのに、先週から上がっちゃって、1300円台なんてやりすぎでしょう?
価格を上げてまでライブドアが買ってくる?
それに、発表が金曜の夕方なのに、なんで週初から上がるわけ?
非常にグレーな買い注文だよね。

だれかが漏らしたんだろうか?

msfpceo at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マーケット 

August 29, 2005

郵便局が販売する投信なら大丈夫??2

10月から郵便局の窓口で、投信を販売し始める。
その第一弾が野村アセットの「野村世界6資産分散投信(安定・分配・成長)」、大和投信の「大和ストックインデックス225ファンド」、ゴールドマン・サックス・アセットの「GS日本株式インデックス・プラス」に決定したんだって。

 今、野村がテレビで宣伝している2ヶ月に1度分配金が出る投信がこれだよね?
年金も2ヶ月に1回給付されるから、年金がない月にこのファンドから分配金もらうようにしたら、ってコンセプト。三菱投信のグローバルソブリンのような毎月分配よりは筋はいいけど、運用成績が悪くなってもタコ足配当して、元本目減りさせるつもり

陽便局に預ける人なんて、国が補償してくれる貯金くらいにしか思っていないひとが多いのに、大丈夫?こんな商品なら、元本の増減も気にしないで預けっぱなしの年寄りなんかは、ごまかせると思ったのかな。

大和のインデックス投信なんて、よくニュースに出てくる今日の株式市場は・・・なんて時に伝えている日経平均株価に連動するように運用する、運用ノウハウも、優秀なファンドマネージャーもいらないシステム運用するだけなのに、買い付けるときに2.1%も手数料取るんだって。無手数料のところだってあるのに。これって、ぼったくりもいいところだよ。

GSの投信は、すでに販売している牛若丸かダヴィンチあたりのマザーファンドを流用するのかな?日経225かTOPIXプラスアルファを狙った運用なんだろうけど、投資候補銘柄の中で、業績を分析しながら、割安な銘柄に投資する感じ?知っている人がいたら、教えてくださいm(__)m

郵政省の役人が慎重に選んだ割には、最初の2つはお粗末。
投信販売するために一生懸命、証券外務員の資格を取らせているらしいけど、販売はできても、アフターフォローできないんじゃないの?
そっか(ー_ー)!!
いざとなったら、投資は自己責任でするものですといって、逃げるのか。
銀行員だって、売りっぱなしだもんな。多少クレームがきたって、目先にこだわっちゃあダメですよ。こういう商品は、中長期投資なんですからっていって逃げるよう、指導する銀行のCFPだっているしね(^_-)-☆

どうしてみんな、銀行員が勧めると信用しちゃうのかな?
郵便局員にいわれてもおんなじだろうな。
もう少し、自分で勉強してみるとか、僕みたいな独立系のFPと一緒に考えてから決めればいいのに(詳しくないFPもいっぱいいるけど)。

msfpceo at 20:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)話題の金融商品 

August 21, 2005

大御所の1万8千円説

みなさん、「石井久」という人物を知っていますか?
証券マンで知らない人はもぐりでしょう。
いや、今の若い社員だと知らない人のほうが多いのかな?

私が駆け出しのころであったセミプロ投資家の中に、立花証券で取引している人も
結構いらっしゃったものです。その創始者(現在は相談役)が石井さんです。
「独眼流」というペンネームで、株式新聞に寄稿していたころを知っている投資家の方は、このブログなんて見てないでしょうが"^_^"。

最近は、年初に立花証券が発行する「立花月報」でしか相場展望を出していなかった
石井氏が、9月号で8割の確率で株高を予言しているそうです。3年後にはなんと、5割高の1万8千円まで上昇するといっているのですから、力強いです。

こんな見通しを出しているエコノミストは、世界中見渡しても皆無です。
でも、証券界や投資暦の長い個人投資家は大注目しているはずです。

これだけ話題になる石井氏とはいったいどんな人物かといいますと、
大正12年生まれの現在82歳のおじいちゃんです。
でも、只者ではありません。
鉄工所の工員から警察官を経て、いくつかの証券会社に勤務した後、
自分で立花証券を設立したのですが、過去の相場の転換点を何回も当てています。

昭和28年の世界恐慌で株式市場が暴落する前月に、
「桐一葉、落ちて天下の秋を知る」と警告したのはあまりにも有名ですが、
その後の昭和36年の岩戸景気後の暴落とその反騰局面、
バブル期の不動産の暴落もそうでした。

言ってみれば、年末発表の「春日大社のお告げ」とともに、
株式市場の方向性を考えるときの指針としてチェックしている人も業界には
いらっしゃるはずです。

その石井氏が、敢えてこの時期に強気な見通しを発表しなければと考えるくらい、
おおきな節目を日本株市場は迎えたのかもしれません。


ただし、10年後の日本では、財政赤字が原因で国債が暴落して、株式市場も
大きく下がるだろうと予告している(たぶん、円も売られるトリプル安になると
見ているのでしょう)ため、中長期投資する人は、海外資産も保有することで、
リスクヘッジをする必要があるんでしょうね。


msfpceo at 13:04|PermalinkComments(0)TrackBack(2)マーケット