August 05, 2005

ようやく梅雨明けしましたが、マーケットは・・・

昨日、東北もやっと梅雨明けしました。
でも、ここはロサンゼルスじゃあないから、湿度が高くて、私のような汗っかきには
しんどい毎日です。
さて、国内の株式市場は、景気回復期待という梅雨晴れに向かって、
進んできたと思いきや、なにやら台風接近の気配(政局の混迷)に
雲行きも怪しくなってきたようです。
こんな状況を外人投資家が嫌がるのも確か、逃げ足も速い。
しかし、もし、政権交代まで進んだとして、本当に株式市場にとって、
悪材料なのでしょうか?この数年、小泉政権のやったことといったら、
不良債権の強制的な切捨ての促進以外では、経済にプラスになるような政策自体、
ほとんど成果はなかったのではないでしょうか?
自民党から新進党に政権交代した時だって、社会主義に転換するわけでも
なかったわけで、これを材料に売り込む場面なんだろうか?
それよりも、たんなるチャートから見て、空売りを積み上げている感覚のほうが
危険な気がします。
さあ、この結果はいかに。

msfpceo at 10:03│Comments(0)TrackBack(0) マーケット 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔