August 29, 2005

郵便局が販売する投信なら大丈夫??2

10月から郵便局の窓口で、投信を販売し始める。
その第一弾が野村アセットの「野村世界6資産分散投信(安定・分配・成長)」、大和投信の「大和ストックインデックス225ファンド」、ゴールドマン・サックス・アセットの「GS日本株式インデックス・プラス」に決定したんだって。

 今、野村がテレビで宣伝している2ヶ月に1度分配金が出る投信がこれだよね?
年金も2ヶ月に1回給付されるから、年金がない月にこのファンドから分配金もらうようにしたら、ってコンセプト。三菱投信のグローバルソブリンのような毎月分配よりは筋はいいけど、運用成績が悪くなってもタコ足配当して、元本目減りさせるつもり

陽便局に預ける人なんて、国が補償してくれる貯金くらいにしか思っていないひとが多いのに、大丈夫?こんな商品なら、元本の増減も気にしないで預けっぱなしの年寄りなんかは、ごまかせると思ったのかな。

大和のインデックス投信なんて、よくニュースに出てくる今日の株式市場は・・・なんて時に伝えている日経平均株価に連動するように運用する、運用ノウハウも、優秀なファンドマネージャーもいらないシステム運用するだけなのに、買い付けるときに2.1%も手数料取るんだって。無手数料のところだってあるのに。これって、ぼったくりもいいところだよ。

GSの投信は、すでに販売している牛若丸かダヴィンチあたりのマザーファンドを流用するのかな?日経225かTOPIXプラスアルファを狙った運用なんだろうけど、投資候補銘柄の中で、業績を分析しながら、割安な銘柄に投資する感じ?知っている人がいたら、教えてくださいm(__)m

郵政省の役人が慎重に選んだ割には、最初の2つはお粗末。
投信販売するために一生懸命、証券外務員の資格を取らせているらしいけど、販売はできても、アフターフォローできないんじゃないの?
そっか(ー_ー)!!
いざとなったら、投資は自己責任でするものですといって、逃げるのか。
銀行員だって、売りっぱなしだもんな。多少クレームがきたって、目先にこだわっちゃあダメですよ。こういう商品は、中長期投資なんですからっていって逃げるよう、指導する銀行のCFPだっているしね(^_-)-☆

どうしてみんな、銀行員が勧めると信用しちゃうのかな?
郵便局員にいわれてもおんなじだろうな。
もう少し、自分で勉強してみるとか、僕みたいな独立系のFPと一緒に考えてから決めればいいのに(詳しくないFPもいっぱいいるけど)。

msfpceo at 20:48│Comments(1)TrackBack(0) 話題の金融商品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by えのやん   August 29, 2005 23:27
すごくわかりやすい解説ですね!
しかも辛口(笑)


私も、郵便局にも銀行にも物申したいです!
売りっぱなしにしないでよ!


うちの近くの銀行は、田舎の支店のほうが中心部よりも投信の販売実績が高いとか。
それって、どうなの?って話です。
結局、買ってる人も訳がわかっていないのでは?っって疑いたくなりますよね。


住吉さんの運用報告書ぐらいのものを、
作って見ろ!って言いたいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔