November 23, 2008

もしも、どんなガンにも効く治療方法が確立できたなら

 WOWOWで放送されたドラマ「パンドラ」の第1話が入ったDVDが、キャンペーンで当たりました。発売されたDVDの宣伝のためにバラまかれたものといってもいいのかもしれません。

 主人公の鈴木(三上博史)が、周囲に馬鹿にされ、奥さんに離婚されても、18年間、ガン治療の研究を続け、ついにマウス実験で成功したけど、治験が許可されない状況で、秘密裏に同僚の小夜子(小西真奈美)の協力の元、末期がん患者の治験に成功しちゃうんです。この治療法を自分のものとしたい周囲の人間とのどろどろの展開があるのですが、全8話?の中の1話ですから、いいところで終わっちゃいます。

うちのテレビでは、WOWOWは契約していないから見れないしと思っていたら、TUTAYAでDVDが貸出していました。水曜日の半額デーでしたから、DVD1枚につき2話入っているのですが、第4話まで見れるならと思わず借りちゃいました。

 秋田に出かける電車の中、ノートパソコンで見ちゃいました。キャストも充実しているし、テーマも面白い設定です。

先日、NHKにDNA解析で有名なアメリカの教授が出演していました。彼が言うのには、今回の題材にされているどんなガンでも直してしまう治療方法は、あと10年くらいで確立されるであろうと言っていました。

本当に、それを発見できた人はノーベル賞をもらえると思いますが、その時はまた、いろんな影響があります。
健康保険が適用されるとなれば、患者さんに自己負担の少ない金額となるでしょう。従来のがん治療で儲けていた薬品会社、医療器械の会社は商売にならないでしょう。
さらに、必ずしも元気ではないけど人間の平均寿命が伸びちゃうと、国が医療機関に健康保険を通して支払う金額も増えるだろうし、介護保険の利用者も増えそうです。
一生懸命がん保険を販売している保険会社も、さっぱり売れなくなるでしょう。

健康で生涯を過ごして一生を終えたいものですが、実際はなかなかそんなわけにはいかないでしょう。

ライフプランを立てていても感じますが、なかなか老後の生活資金を確保するのも大変な世の中です。年を取ってまで、生活費が足りないからといつまでも働き続けられるわけでもありません。そう考えると、人間の寿命もこれ以上伸びなくてもいいのかも、と思わされます。

ある程度、行動できて元気でいられるのは、60代半ばまでと考えると、それ以上はおまけの人生。がん患者を抱える家族やご本人にとっては、もっと生きたいという思いをかなえてくれる治療方法が発見できれば、本当にありがたい出来事と私も思いますが、私自身は70歳以上でがんになった場合、治してくれる治療方法ができたとしても、選択をしないかもしれません。ただ、痛いとか苦しいと感じたくないので、痛み止めの処置だけしてもらって、静かに自身の人生を終えたいと、今は思っています。

msfpceo at 22:32│Comments(2)TrackBack(0) 保険 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hhyt1552   November 24, 2008 09:38
FPなんですか〜?

あこがれます
2. Posted by msfpceo   June 27, 2009 15:17
> FPなんですか〜?
>
> あこがれます

すみません。
たまにブログを書き足すくらいで、気付きませんで。
FPについて、HPで紹介していますので、ご参考にしてください。
http://www.msfp.jp/fp.html

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔