GWT-Extでプログラムし始める手順ExtJSのElementクラスを使った非同期データ取得とGridView表示

2008年08月17日

<div>タグなどの要素をJavaScriptで取得し、その値を書き換えるプログラム、例えば<div id="msg"></div>というタグに"Hello"という値を書き込むJavaScriptは、通常こんな感じです。


function clickFunc()
{
var msg = document.getElementById('msg');
msg.innerHTML = 'Hello'; // ← <div>タグの要素値の代入
}


これがExtJSを使うとこうなります。


function clickFunc()
{
var msg = Ext.get('msg');
msg.update('Hello'); // ← このupdateメソッドで値の書き込みを行う
}

Ext.onReady(clickFunc);


私みたいにC#に慣れた人間だと、「update」というメソッド名が
要素の値の代入処理を行うものだという連想になかなかつながらないので、
一応メモしておきます。


mshibuya19750510 at 17:18│Comments(0)TrackBack(0) ExtJS | JavaScript

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
GWT-Extでプログラムし始める手順ExtJSのElementクラスを使った非同期データ取得とGridView表示