最後にここの執筆を終えてから2年以上経つのでしょうか。

勝手に消えたものと思っていたのですが、先日Twitterで例の多汗症についてコンタクトをくださった方がいて、ブログの存在を思い出しました。 

改めて記事を読み返してみるとイタさの塊以外の何物でもなくて、死ぬほど悶えました。

とりあえず見るに堪えないもの・黒歴史になるものに関しては削除して、 少しぐらい残しておいてもいいか…と思ったものだけ残すことにしました。イタい女の残滓。


当時のニートの私は、世間のご多聞に漏れずブロガーを目指そうとして、イタイ記事やはてなブログに挑戦したりもしましたが、結局続きませんでした。三日坊主の自分を責めましたが、結局向いていなかったことに気づきました。


あれからいろいろありまして、なんと結婚いたしました。

もともと恋愛のできない女のうっぷん晴らしとして始めたブログだったのに(ブログタイトルもそれを冠していたのに)、結婚して派遣として働き、ちまちま幸せに生きています。


自分のアイデンティティが定まらなくて右往左往していたものが、少しだけ落ち着いたといった感じです。


本を読むことや映画を観ること、幸せによってルサンチマンは減ったけれども、私の中で育っている感情は今もたくさんあります。


せっかくですから、ここでブログを再開したいと思います。
今度は無理することなく、気まぐれに、自分のペースで。イタイノリにならないように、落ち着いて(笑)

ネットにさらすことは誰かの視線を意識することだけど、別にブロガーになるわけではないし、


多汗症の記事に関していまだにコメントをくださるかたがいて、大変ありがたく思う次第であり、またこんなにも仲間がいることに対して、私自身とても嬉しく頼もしく思いました。すごくコメント多いんだもの。びっくりしました。

多汗症に関して、これ以上何か書くことがあるのか、今はまだあまり思いつきませんが、カテゴリーを用意して、コメント欄を交流の場にしていただいたり、情報交換の場にしていただけたら、このブログも残る意義があるかなと思います。この後新しい多汗症記事をひとつ更新しますので、そこのコメント欄を使用していただいても構いません。


Twitterでひっそりネットに関わってはいますが、140文字で己の嗜好をちょろっと漏らすだけのナンセンスなアカウントですので、こうして人に向けた長い文章を書くのは本当に久しぶりです。が、やはりいいものですね。緊張感もあるし。もちろんこれも自己満足ではあるのですが。 


特にあれもこれもありません。世間に向けたものではなく、自分のホームとして再活動していきたいと思います。