総評 ■■■□□□□ 3
シナリオ ■■□□□□□ 2
主人公 ■■■□□□□ 3
ヒロイン ■■□□□□□ 2
グラフィック ■■■■■□□ 5
音楽 ■■■■■□□ 5
声優 ■■■■□□□ 4
演出 ■■■■■□□ 5

始めに終えた感想と致しましては6000円に対してのコストパフォーマンスが低いのがまず正直なところの印象。新規CGを数えれば約35枚しかないですからねHシーンも7回連続という僕のエッチゲの歴史史上初めてといわんばかりの過密スケジュールで行われるぐらいお話に余裕がなく二人の恋人生活に関するお話も多いとは言えない。やや期待外れでした

良かったところ
サウンドトラック
2018-07-01 (22)

Check Point
ひかり&沙夜の気持ちを描いたデュエットソング「Summer Triangle」に加え、新たな珠玉のBGMたちもハイレゾ高音質で各Ver全て収録したダウンロードサウンドトラック!

これは箱の裏に記載されている謳い文句なのですが、ここは非常に満足。特にOPの作編曲おおくまけんいち(敬称略)の暴力は計り知れないですよ。

ちなみにOPの歌詞が夏の大三角、アルタイル、アステリズムと今まで以上に星になぞらえられており本作のテキストをうまく表現しきった歌詞なのではないでしょうか。話は変わるけど沙夜ちゃんが「わたしだけのあなたをそっと 夢見たりして ちょっぴりせつない日もあるけど」と独占欲むき出しなとこもやっぱりかわゆい…

ミニゲーム
2018-07-01 (12)

2018-07-01 (13)

2018-07-01 (14)

僕は3ゲームオーバーでした。本編でこのゲームの位置づけは『銀河帝国からの脱出!~危うしアルビレオのプリンセス~』という部員獲得の為に企画された脱出ゲームであり、ひかり&沙夜ちゃんは受験勉強のためこの開発には主立って参加はしていませんでした。

このミニゲームの開発に関しても紆余曲折あり、そうした努力の結晶を僕たちプレイヤー自身が体験できるのは小さな喜びでした。その中身に関しても本編やらこのIFを読み進めているうちにたびたび出てきた豆知識から引っ張り出しているのでエッチゲ記憶力も問いてきます決して天文学的知識のみに依存しない上手く作られたミニゲームでした。

悪かったところ
ちゃん

沙夜ちゃんは見上げてを代表する主要人物で、見上げてごらんのTwitterアイコンのほとんどを占めている(ような気がするほどの)人気を誇っている。なので今から僕がここに述べることはそうした層に喧嘩をうることになるかもしれませんが……僕も沙夜ちゃんに関してはエプロン、タイツ姿に胸キュンしちゃって別に嫌いという訳ではありませんよ…。
2018-07-01 (24)
まずは一番の沙夜ちゃんの問題行動は三年生が最後に集まるむつらぼしの会を後輩巻き添えにしてドタキャン。主人公に会うのが気まずいという理由だけで遅刻連絡を当日に入れ、さらにそのまま欠席するのは流石に人としてのラインを超えてしまってます。

2018-07-01 (26)

お次は喧嘩していた主人公とのキスでしょうか。まず主人公はまず沙夜ちゃんと仲直りするために「一番星がもう光ってる…」というセリフを発した後、星を見ようと沙夜ちゃんの顔が上を向いた瞬間不意打ちキスを決めるという男らしい?行為を決めてきました。

その後なのですが沙夜ちゃんは何事もなかったのように
「あっくん…好き…」と即堕ちしたこと。ここが気に食いませんでした。端的に言えば軽かったんですよね。喧嘩の内容はひかり&沙夜の二人の交際のことであり一朝一夕で解決できることではありませんでした。沙夜ちゃんも主人公の彼氏はひかりであるべきという思考観念を持っており、それをキスからの告白だけでハーレムをすぐに受け入れるのはやや浅慮な気がします。
2018-07-01 (25)
他にも高頻度でいい子ちゃんぶって、ひかりを悪者に仕立て上げるような発言もIFでは目立ちました。というよりもIFでは二人の喧嘩で話が成り立ってるようなものなので今回の見上げてIFは少しフラストレーションがたまりました。

2動物エロハプニング
2018-07-01 (27)
ワンコロに愛すべき先生の唇を奪われました。許せません。テキスト上は顔を舐めてるだけらしいけどこれ絶対お口に舌入ってるでしょ。

2018-07-01 (28)
といっても見上げて作品の終止符と考えられる本作は本編で十分に味わえなかったいちゃラブ成分を多少なりとも補完しており、コストパフォーマンスはやや悪かったですが買う価値はあったと思いました。