総評 ■■■□□□□ 3
ナリオ ■■■■□□□ 4
主人公  ■■□□□□□ 2
ヒロイン ■■■■□□□ 4
CG   ■■□□□□□ 2
音楽 ■■□□□□□ 2
声優 ■■■■■□□ 5
演出 ■■□□□□□ 2

2020-03-26 (2)
各々のヒロインに対して『三着の下着』『メイド服』『裸エプロン』『童貞を殺す服』等が立ち絵で表現されており、衣装への拘りを感じる作品であった。本当に多い。どこに予算を使っているんだと思うくらいには。性行為場面でも勿論それらを着用するのでシチュエーション的には幅はそれなりにありました。しかしながら、いかんせんモザイクが濃く一物の色もどことなく変色していたりと実用性にはいまいち欠けてしまうのが本音でしね。蓋を開けてしまえばどちらかと言えばエッチシーン主体の作品であったの惜しく思え、共通のテンポ感の良い日常会話風景がどんどん『今日のエッチはどうしようか?』と性行為のことばかり考えるようになったのも残念な所でした。

【二ノ宮舞衣】
2020-03-26 (6)
管理栄養士志望の大学生という立場からデスクワーク中心の主人公を慮るような食生活を提供してくれたのが印象的でした。彼女が作る鶏肉と野菜のカシューナッツ等といった料理の数々は、困ったらカレーや肉じゃがを作り出す作品群の料理とはリアリティの面で一線を画します。『毎日飽きないように献立を考えているんだ』とこちらにも感じさせてくれ、同棲生活を送っていることを如実に想起させてくれました。『残ったご飯はタッパーに保存しよう』『お米は冷やした方が糖の吸収が遅くなって太らない』といった家庭的な側面を披露してくれる彼女はこの作品随一に魅力が溢れていたと思います。しかしながら初体験を『コンドーム付き』で行うというショッキングな出来事もあり耐性が無い方は注意が必要かもしれませんね。

【北見結愛奈】

2020-03-26 (5)
序盤は『アホ』『キモ』で台詞が埋め尽くされていたのに恋仲になってからは全く反抗心無くデレデレとしたのがどことなく寂しく感じてしまった娘。『おにいたん』呼びが爆発的に可愛く、あざとさ満点なんだけどそれが良い。お兄ちゃんの為に『半脱ぎ自撮り写真』を送ってくれたりとちょっとずれたりしてるところはあるのだが、お兄ちゃん愛はひとしおに感じられました。

【里田美咲】
2020-03-26 (4)
喋り方が特徴的でお耳が癒される。天下の御苑生メイさんに感謝。『モフモフモフ~~~』の語感が良くて何度も何度も連呼されるから、あたかも自分が羽毛のお布団にダイブしているようなその柔らかさに耳が包まれるかのように感触を味わえました。これとチャーミングな笑顔のWコンボでまぁヤラれちゃう。社会人生活とはいえ、もう少し遊園地以外にもちゃんとした場所でのデートスポットがあったらなぁ…。

2020-03-26 (3)
しかしながら殆ど主人公の呼び方が下の名前では無くて恋仲になった後でも『新人くん』であるのはやはり残念である。恋仲になる要因も『風邪で熱を出した主人公を介助するためにお風呂に入ったら、そのままヤってしまった』と彼らの心的結びつきもどことなく弱く感じさせるものだったので、この辺の『体だけの関係』も少し匂わせるような話の展開は少し不安を感じさせました。最後に堂々と『結婚する』と口に出してくれたのも上司である彼女の方からだったので、主人公の頼りなさも顕在化してしまったお話でした。