Office MAC 2011/2016 ダウンロード版 機能と価格比較

主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac ダウンロード版(プロダクトキー/認証)価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。

Mac Office

Mac Office

Office for Mac 2016の発売がずいぶん前であった。筆者はプレビューバージョンから使い始めた。Office for Mac 2011は安定性が低く、フリーズが多発する。Macを購入する前に、友達から「Macに互換性がなくてOfficeもないし買わないで」と注意されたことまである。今でもMacとWindowsの事務性に関して論争が続いている。正直、Officeに関してやはりWindowsのほうが上である。でも忠実なMacユーザとして、なかなかMacを見捨てられない。

Office for Mac 2011とOffice for Mac 2016の詳細比較は,使用体験談---MAC版のOffice 2016についてを参考に

当然、WindowsのOfficeにはその他強力な機能もあるが、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteに関して、Office for Mac 2016とWin版Office 2016の差がさほどなく、詳しくはOffice 2016 for MacとOffice 365の区別を参考に。

Office for Mac 2016 アプリ概要

真新しい。時代先端にあるWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote。お馴染みのOfficeをお気に入りのMac機能と結び付け、すぐに使い慣れる。

どこでも、立派な文書を随時作成し、各種情報を取得し、そして自信を持ってプレゼンテーションすることができる。Officeアプリは強力な機能を有する。Officeアプリにより、タブレットPC、スマートフォン或いはWEBで作業できる。

内蔵ツールはチーム協力業務に対応している。チームメンバーはドキュメント、プレゼンテーション原稿とノートを共有、閲覧と協同編集することで、チームワークを向上させる。

試用版を申請するには?

Mac版Office 2016の最新バージョンは「クラウド版」である。ユーザは随時ファイルにアクセスできるが、Office 365サブスクリプションの契約をしておく必要がある。それで、Office 365試用版をダウンロードしてから、自動でOffice 2016にバージョンアップすれば良い。試用期間は30日である。

  • Microsoft アカウントを登録してログインする。MSNやSkypeアカウントを持っている場合、そのアカウントでログインできる。
  • 個人情報を記入する。有料版の料金自動控除できるように、クレジットカードの登録が必要である。アップル社のApp Storeと同じく、登録すると1ドルの承認確認金が発生し、また一分以内で取り消される。これははクレジットカードの真実性を確認するためである。
  • 注意したいのは、1ヶ月無料体験終了後、Office アカウントから継続利用を閉じなければ、マイクロソフト社が通知せずに自動で料金を控除することになっている。
  • Office 365試用版をダウンロードし、Office 2016 for Macにバージョンアップする。
  • 試用期間終了後、使い続けるには、料金を支払う必要がある。

ここでは、Office 2016 for Mac (以下、Office 2016)をオンラインでライセンス登録し、インストールして、ライセンス認証を完了するまでの手順を紹介します。Office 2016をインストールするには、管理者権限のあるアカウントでMacにログインしている必要があります。

インストールする

1 Office 2016のプロダクトキーを入力する

ブラウザーを起動して、『https://www.office.com/setup』にアクセスします1。購入したOffice 2016のプロダクトキーを入力して2、<はじめに>をクリックします3。

2<インストール>をクリックする

ソフトウェア名が表示されるので、<インストール>をクリックします1。

3ダウンロードが開始される

インストールプログラムのダウンロードが開始されます。ダウンロードしたプログラムは<ダウンロード>フォルダーに保存されます。

インストールする

4インストールプログラムを実行する

Dockから<Finder>を開いて<ダウンロード>をクリックし1、ダウンロードしたインストールプログラムをダブルクリックします2。

5<続ける>をクリックする

「ようこそMicrosoft Office 2016 for Macインストーラへ」画面が表示されるので、<続ける>をクリックします1。

<続ける>をクリックする

6使用許諾契約を確認する

「使用許諾契約」画面が衷示されるので内容を読み1、<続ける>をクリックします2。

7<同意する>をクリックずる

確認のメッセージが表示されるので、内容を確認して<同意する>をクリックします1。

<同意する>をクリックずる

8<インストール>をクリックする

メッセージを確認して、<インストール>をクリックします1。

9パスワードを入力する

Macにログインしているユーザー名が表示されます。パスワードを入力して1.<ソフトウェアをインストール>をクリックします2。

パスワードを入力する

10 インストールが開始する

インストールが実行されます。購入したOflice製品によってインストールに必要な時間は異なります。

11 <閉じる>をクリックする

インストールが終了するとメッセージが表示されるので、<閉じる>をクリックします1。

<閉じる>をクリックする

12 <始めましょう>をクリックする

インストールが完了すると、Word 2016が起動するので、<始めましょう>をクリックします1。なお、12以降の操作手順は、購入したOffice製品によって多少異なります。

13 テーマを選択する

Officeのテーマを選択する画面が表示されます。使用するテーマをクリックしてオンにし1、<続行>をクリックします2。

テーマを選択する

14 Wordを起動する

「準備が完了しました。」という画面が表示されるので、<今すぐWordを使ってみる>をクリックします1。

15 Word 2016が起動する

Word 2016が起動します。

 Word 2016が起動する

ライセンス認証をする

1 Officeをライセンス認証する

任意のOfficeアプリケーションを起動して、アプリケーションメニューをクリックし1、<Officeをライセンス認証する>をクリックします2。

2 <サインイン>をクリックする

<サインイン>をクリックします1。画面の内容は、起動しているアプリケーションによって異なります。

<サインイン>をクリックする

3 Microsoftアカウントを入力する

Microsoftアカウントを入力して1、<次へ>をクリックします2。

4 パスワードを入力する

パスワードを入力して1、<サインイン>をクリックすると2、ライセンス認証が完了します。

パスワードを入力する

Office Online (旧名称Office Web Apps)は、マイクロソフトが無料で提供するオンラインアプリケーションです。インターネットに接続して、Microsoftアカウントでサインインすると、すぐにOffice Onlineの各アプリケーションを利用できます。

Office Onlineにサインインする

1<サインイン>をクリックする

ブラウザーで「https://office.com/」にアクセスし1、<サインイン>をクリックします2。

2アカウントとパスワードを入力する

Microsoftアカウントを入力して1、パスワードを入力し2、<サインイン>をクリックします3。

3サインインされる

Office Onlineにサインインされます。表示される画面はお使いの環境によって異なります。

Office Onlineにサインインする

Word Onlineを開く

1<Word>をクリックする

Word Onlineを開<には、<Word>をクリックします1。

Word Onlineを開

文書を新規に作成する

1〈空白の文書を新規作成>をクリックする

Word Onlineページに移動し、テンブレートの一覧が表示されます。く空白の文書を新規作成>をクリックします1。

2新しい文書が作成される

何も入力されていない新しい文書が作成されます。通常のWordと同様に文書を作成したり、編集したりできます。

文書を新規に作成する

OneDriveは、マイクロソフトが提供するオンラインストレージサービスです。Microsoftアカウントを利用しているユーザーであれば無料で利用でき、ファイルのアップロードやダウンロード、ファイルの共有などができます。Web上で文書を編集することもできます。

OneDriveにサインインする

<サインイン>をクリックする

ブラウザー(ここでは「Safari」)を起動して、[https://Onedrive.live.com/]にアクセスし1、<サインイン>をクリックします2。

Microsoftアカウントを入力する

Microsoftアカウントを入力して1、<次へ>をクリックします2。

パスワードを入力ずる

Microsoftアカウントのパスワードを入力して1、<サインイン>をクリックします2。

OneDriveが表示される

サインインが完了し、OneDriveが表示されます。

OneDriveにサインインする

ファイルをOneDriveにアップロードする

フォルダーをクリックする

アップロード先のフォルダー(ここでは<画像>)をクリックします1。

<アップロード>をクリックする

フォルダーが開いたら、<アップロード>をクリックします1。

ファイルを指定する

アップロードするファイルが保存されているフォルダーを指定して1、ファイルをクリックして選択し2、<選択>をクリックします3。複数のファイルをアップロードする場合は、Shiftを押しながらクリックします。

ファイルがアップロードされる

指定したファイルがアップロードされます。

ファイルをOneDriveにアップロードする

ファイルの名前を変更する

1.<名前の変更>をクリックする

名前を変更するファイルにマウスポインターを合わせ、右上に表示される○をクリックしてオンにします1。…をクリックして2、<名前の変更>をクリックします3。

2.新しい名前を入力して保存する

<名前の変更>画面が表示されるので、新しいファイル名を入力して1、<保存>をクリックすると2、ファイル名が変更されます。

ファイルの名前を変更する

ファイルを削除する

1.<削除>をクリックする

削除するファイルにマウスポインターを合わせ、右上に表示される○をクリックしてオンにします1。<削除>をクリックすると2、ファイルが削除されます。

ファイルを共有する

1.<共有>をクリックする

共有するファイルをクリックしてオンにし1、<共有>をクリックします2。

2.ユーザーを招待する

招待するユーザー名またはメールアドレスを入力します1。必要に応じてメッセージを入力して2、<共有>をクリックします3。

3.ファイルが共有される

ファイルが共有され、<共有する相手>に名前が表示されます。確認して<閉じる>をクリックします1。

ファイルを共有する

文書をブラウザー上で編集する

1.Word Onlineで開<>をクリックする

編集するファイルをクリックしてオンにします1。<開<>をクリックして2、くWord Onlineで開<>をクリックします3。

2.Word Onlineが起動する

Word Onlineが起動して、指定したファイルが表示されます。

3.<Word Onlineで編集>をクリックする

<文書の編集>をクリックして1、<Word Onlineで編集>をクリックします2。

4.編集画面が表示される

Word Onlineの編集画面が表示されます。通常のOfficeアプリケーションと同様に、リボンを使って文書を編集できます。

文書をブラウザー上で編集する

文書のコピーを保存する

1.<ファイル>をクリックする

<ファイル>をクリックします1。

2.<名前を付けて保存>をクリックずる

<名前を付けて保存>をクリックして1、<名前を付けて保存>をクリックします2。

3.フォルダーを指定して<保存>をクリックする

ファイルを保存するフォルダーをクリックして指定し1、<保存>をクリックします2.

4.ファイル名を入力して<保存>をクリックする

新しいファイル名を入力して1、<保存>をクリックします2。ファイルのコピーが保存され、編集中のファイルの名前が変更されます。

文書のコピーを保存する

OneNote 2016 for Mac (以下、OneNote 2016)は、思いついたアイディアや予定、調べものなど、さまざまな情報を集約できるデジタルノートです。文字を入力するだけでなく、Webページなどからテキストや画像などをコピーして貼り付けることもできます。

OneNoteにサインインする

<サインイン>をクリックする<OneNote>メニューをクリックして1、<サインイン>をクリックします2。

OneNoteを初めて起動した場合

Office 2016 for Macをインストール後に初めてOneNote 2016を起動すると、「OneNoteへようこそ」画面が表示されます。画面の指示に従って操作すると、〈サインイン>画面が表示されます。

Microsoftアカウントを入力する

Microsoftアカウントを入力して1、<次へ>をクリックします2。

パスワードを入力する

Microsoftアカウントのパスワードを入力して1、<サインイン>をクリックします2。

サインインですべての機能が便える

OneNote 2016は、インターネットに接続されていない状態でも利用できますが、サインインしてインターネットに接続すると、まかのデバイスからもOneDriveに保存されたノートにアクセスできます。

OneNoteにサインインする

新しいノートブックを作成する

<新しいノートブック>をクリックする

<ファイル>メニューをクリックして1、<新しいノートブック>をクリックします2。

新しいノートブック

OneNote 2016を起動すると、最初に既定のノートブックが作成されますが、必要に応じてノートブックを追加できます。

ノートの色とノート名を設定する

ノートの色をクリックして指定し1、ノート名を入力して2、<作成>をクリックします3。

新しいノートブックが作成される

新しいノートブックが作成され、<新しいセクション1>というページが表示されます。

ノートブックを切り替える

OneNote 2016では複数のノートブックを作成して、切り替えて使うことができます。ノートブック名をクリックすると、開いているノートブックが一覧で表示されます、ノートブックを作成するときに選択した色は、ノートブックの一覧に表示されます。

新しいノートブックを作成する

セクション名を変更する

セクション名をダブルクリックする

変更するセクション名をダブルクリックすると1、セクション名が変更可能な状態になります。

セクション名を入力する

新しいセクション名を入力して1、〔return〕を押します2。

セクション名を変更する

セクションを追加する

をクリックする

セクションタブの右横にあるし+をクリックします1。

セクション

ノートブックは. 1つ以上のセクションで構成されています。各セクションは、タブをクリックして切り替えます。

新しいセクションが追加される

<新しいセクション1>というタブが追加されるので、ダブルクリックして、セクション名を変更します1。

セクションの追加と削除

セクションは必要なだけ追加できます。不要になったセクションを削除するには、Controlを押しながら削除するセクションタプをクリックして、〈削除>をクリックし, <はい>をクリックします。

セクションを追加する

タイトルとメモを入力する

ページのタイトルを入力する

ページのタイトル部分をクリックして、タイトルを入力します1。

メモを入力する

メモを入力する位置をクリックして、メモを入力します1。メモの枠外をクリックすると、メモが確定します。メモは、ページのどの位置にでも入力できます。

入力したメモの編集

入力したメモ編集するには、メモをクリックします。

タイトルとメモを入力する

ノートブックのページを追加する

<ページの追加>をクリックする

画面右側の<ページの追加>をクリックします1.

ページ

ページは。現在のセクション内に作成されます。ページのタイトルを入力すると、そのタイトルが画面右側のタプに表示されます。タブをクリックして、ページを切り替えます。

新しいページが追加される

<無題のページ>という新しいページが追加されます。同様に、タイトルやメモを入力できます。

ページの追加と削除

ページは必要なだけ追加できます。不要になったページを削除するには、削除したいページを[control]を押しながらクリックして、<削除>をクリックします。

ノートブックのページを追加する

Webページから情報をコピーして貼り付ける

<コピー>をクリックする

Webページを表示して、ノートに貼り付けたい部分を選択します1。<編集>メニューをクリックして2、<コピー>をクリックします3。

<ペースト>をクリックする

コピーした情報を貼り付ける位置をクリックして1、<ホーム>タブのくペースト>をクリックします2。

情報が貼り付けられる

コピーした情報が貼り付けられます。

Webページから情報をコピーして貼り付ける

ノートを共有する

<ユーザーの招待>をクリックする

画面右上の+をクリックして1、<ユーザーの招待>をクリックします2。

<共有>をクリックする

共有する相手のメールアドレスを入力して1、必要に応じてメッセージを入力し2、<共有>をクリックします3。

ノートが共有される

ノートが共有されます。画面右上の+をクリックしてメニューを表示すると1、共有しているユーザーが表示されます。

ノートを共有する

↑このページのトップヘ