Office MAC 2011/2016 ダウンロード版 機能と価格比較

主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac ダウンロード版(プロダクトキー/認証)価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。

新しいMicrosoft Office 2016 for Mac、より少ないステップでより速く事務を推進 目次

マイクロソフト社は旧版Officeに基づき,新しいOffice 2016 for Macをリリースした。Office 2016 for Macの新しいセールスポイントはOffice移動型端末アプリにあり,また家庭版、個人版及びプロフェッショナル版等の複数バージョンを含む。新しいOffice 2016 for Macは多彩な機能を持つ。Office 365により、素早く作業を完成できる。新機能を通じ、より少ないステップでより速く事務を推進し、他人と簡単に共同作業し、またいつでもどこでも文書を取得することができる。

new Office Mac 2016

Microsoft Office 2016 for Macアプリの新增機能

共同作業を簡素化

Office 2016 for Macにより、簡単に文書共有し他人と協力することができる。

文書の共同作業

Word、PowerPoint と OneNoteで共同作業する場合、他人の編集内容を確認できる。バージョン・ヒストリーにより、編集において文書キャッシュを振り返ることができる。

共有を簡素化

ボタンをワンクリックすれば、文書から共有できる。またOutlookの新しい添付ファイル( OneDriveからファイルを添付)により、Outlookを閉じないまま、自動で権限配置できる。

Office 複数端末動作

複数端末でOffice 2016 for Macの文書を閲覧、編集、分析とプレゼンテーションできる。コンピュータ或いは Macから、Windows と アップル®まで、ないしAndroid™ 電話とタブレットPCまで全部カバーしている。

Officeはご要望に応じて

Office 2016 for Macで新しくより速い方式で作業を続け、期待の結果を達成する。

Tell Meの検索機能を活用

Word、Excel 或いは PowerPointに行いたい操作を伝えるだけで、Tell Me 機能はガイドしてくれる。

Bingの「スマート検索」はチェックに役立つ

「スマート検索」はハイライト表示の用語と文書のその他コンテキスト情報により、Webからの検索結果を表示してくれる。全ての操作は文書編集中にできる。

より少ないクリックで分析可能

ワンクリック式の予測で履歴データを速やかに未来傾向分析に転換させる。新しいチャートは複雑データの表示に役立つ。

Officeとともに

仕事場からお気に入りのコーヒー店まで、全ての端末で重要な情報(友達、家族とプロジェクト)を随時フォローする。

最適化されたOfficeアプリはタッチ操作に対応

タッチにより、編集、ズームイン/アウトとガイドができる。デジタルインクでメモを取り或いは注释する。

OneDrive クラウド保存容量で複数の機能を実現

簡単にクラウド保存容量に保存し、また端末間でスムーズに切り替えられる。どんな端末を使用しても、Officeは前回中断した箇所に自動で戻れる。

new Office Mac OneDirve

Officeの価値最大化

Office 365の多様化したサブスクリプション形態により、あなたに合ったものを選択できる。個人版或いは家庭版から選択可能。

インストール済みのOfficeアプリを取得

Office 365はコンピュータと新しいOffice 2016 for Macアプリを含み、例えばWord、Excel、PowerPoint、Outlook と OneNoteなどがある。

1TBのOneDriveクラウド保存容量

OneDriveにより任意の端末でいつでもどこでも重要な情報(友達、家族、プロジェクトとファイル)をフォローできる。

無料技術サポートを取得

Office 2016 for Macに関する疑問がある?全てのOffice 365 サブスクリプション契約者は高水準なMicrosoftエキスパートから無料で技術サポートを取得できる。

Officeの延長

Office Onlineで他人と共同作業してクラウドに保存されるファイルをいつでも閲覧・編集できる。ブラウザに対応し、且つInternetに接続している任意端末からその文書にアクセスできる。

簡単に文書共有

クラウドに文書を保存すると、外出先でアクセスできる上、他人を誘ってこれらの文書を閲覧・編集できる。

new Office Mac

Office 2016のアプリ:

  • Word 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、OneNote 2016、Outlook 2016、Publisher 2016 和 Access 2016。
  • キーボード、ペン或いはタッチスクリーンなど、お気に入りの方法でアイデアを表現する。
  • どなたでも簡単に、Officeのエキスパートに。これは簡単。リボンに新たに追加された「操作アシスト」ボックスに知りたいことを入力するだけで、役に立つ情報が表示される。
  • 新しいテーマで自分に最適のOffice体験を選択しよう。「ダークカラー」と「ダークグレー」テーマは目に優しいハイコントラストを与え、「カラフル」テーマは、全ての端末でモダンな印象を与えてくれる。
  • Bingによる「インサイト機能」で閲覧体験を高められる。当該機能によりOffice 文書を閲覧する場合、インターネットからの関連情報を表示してくれる。
  • 「スタート」画面のテンプレートにより大部分の設定とデザインを利用できるので、アイデアとデータに集中できる。
  • Wordドキュメントのコメントを記録し、新しい返信ボタンで完了したコメントをマークする。
  • PDFの内容をWordに直接取り込む。使い慣れたWordドキュメントと同じように、PDFを開いて段落、リストと表の編集ができる。
  • Excelの書式設定の時間を節約し、データから情報を素早く導き出すことができる。パターン認識やデータのオートコンプリートが可能な新しいツールも含まれている。
  • 新しいグラフがExcelに追加された。更に多くの方法で、ビジネスデータを掘り下げたり、魅力的なストーリーを示すことができる。使用するデータに最適のグラフがExcelから推奨されるほか、データがどのように表示されるかをプレビューで確認することもできる。
  • Excelでは、往来のトレンドを視覚化するために、ワンクリックだけで基本的な予測を作成できる。
  • 相手がどこからでもアクセスできるように、リンクを送信するか、無料のOffice Presentation Serviceを使用して配信することで、 WebでPowerPointプレゼンテーションを共有することができる。
  • OneNoteのノートブックにはExcelのスプレッドシート、図表、オーディオ、動画など、ほぼのコンピュータファイルを埋め込むことができる。保存したメモの検索はもちろん、その他端末の OneNote アプリと同期することで、どこからでもメモを使用・共有できる。
  • インライン返信によりスピーディーに返信メールを送れる。Outlookでは、元のメールの本文中に返信を埋め込むことができる。閲覧ウィンドウに返信を入力する返信操作だけである。
  • Publisherのオンライン写真印刷のオプションあら、作業時間を節約できる。
  • Accessから、関連するテーブルやクリエからデータを素早く一覧表示および集計できる。項目をクリックするだけで、その項目の詳細なビューが開く。

MacBook Touch Bar

MacBook Touch Bar

Multi-Touch Barに対応した後、Word、PowerPointとExcelはそれぞれカスタマイズ可能なファーストタッチ機能が加わる。

新世代のMacbook proと共に登場したMulti-Touch Barはアプリの個性化ボタンの革新であり、最適化を加えると、大いにアプリの操作性を向上させる。Multi Touch Barが定番の生産性ツールOfficeに出会うと、效率も倍増するに決まっている。

最近、Office Insiderの公開テストを経て、マイクロソフト社は正式にMulti-Touch Barへの対応特性を全てのOffice for Mac 2016ユーザにプッシュする予定。即ちMac版のOfficeユーザはMacBook Pro Touch BarによりWord、Excel、PowerPointを編集できる上、その他様々な機能を実現できる。3つの代表的アプリ、Word、PowerPointとExcelはそれぞれの個性化ファースト操作ができ、便利度が大いに向上する。当然、その前提はMulti-Touch Bar付きのMac book Proを購入することである。

Multi-Touch Barに対応した後、Wordの最大変化はWord Focus Modeモードにあるという。これはウェブサイトの映像再生のシネマモードと似ており、開いたらwordのインターフェイスは現在編集中の文書のみを表示し、全てのメニューとボタンはMulti-Touch Barに移される。これでユーザは文字編集に更に集中しやすくなる。

PowerPointはMulti-Touch Barに動画管理、再生管理等常の用ファーストタッチ機能を加え、多くのサブメニューの使用頻度を下げる。最後、Excelでは、Multi-Touch Barを通じてセルの公式、テンプレート、ハイパーリンク等を速やかに編集できる。Outlookでは、Touch Barは最も常用の機能を示し、例えば電子メールにファイルを添付するなど。Touch Barの今日ビューはOutlookのカレンダー事項を表示し、またSkype for Business電話に速やかに参加できる。これらの機能を取得するには、Office 2016 for Macの各アプリのヘルプ> 更新プログラムのチェックにより更新できる。

タブレット、携帯電話、ノートブックで随時仕事、Microsoft Office 365、Office for iPadに基づくモバイルオフィス 目次

Office for iPad

Office for iPad

調査統計により、37%のサラリーマンが事務室外で働くことで、発想が活発になると考えており、53%のサラリーマンが仕事時間延長してもどこでも、いつでも働くことさえできればと考えているという。また5割以上のユーザは3台以上の移動型端末を保有している。

マイクロソフト社はFacebookでアジアの8カ国の400以上のベスト事務場所を投票選出し、例えばスターバックス。その理由は交通便利、インターネット接続、低価格と環境にあり、そのうち23%のユーザはタブレットで文書を編集したりする。Microsoft Officeの常用者は82%にも達するという。

これに対して、マイクロソフト社は近年引続きOfficeソフトウェアをスマートフォンとタブレット分野に導入し、またWindows RT、Windows Phone、IOS、Android、Macなどの移動型プラットフォームにおいて、リリースしたOffice for iPadが数多くのiOSユーザから愛用され、リリース後の一週間にダウンロード量は1,200万回を超えている。Office for iPadによりiPadで文書、テーブルとスライドの閲覧ができ、Office 365サブスクリプション契約ユーザの場合、iPadでいつでもどこでも文書を編集し、強力なOffice機能を利用することができる。

Office 365サブスクリプション契約ユーザはOffice for iPadで文書の編集機能を利用できる。常用のOffice機能がほぼOffice for iPadに導入され、例えばWordの多人数同時文書編集、Excelの各種公式とテーブルテンプレート、PowerPointの新しい動画效果と映像投影機能に対応する。

また、タッチを主とする操作方式に対して、Office for iPadはタブレットユーザ向けタッチ体験を最適化している。

[Office 365 Solo]はリリースされており、消費者にはもう一つのOffice 365サブスクリプション契約オプションが与えられている。Office 365 soloは個人ユーザ向けの移動事務に応じて設計されたサブスクリプション計画で、ユーザはOfficeを2台のPC或いはMac、プラス2台のiPad或いはWindowsタブレットPCにインストールできる;閲覧モード、ローミング機能、PDF編集と快速記入機能は、Office 365 soloならでは新しい機能である。Office 365 SoloのOneDrive保存容量が増えており、文書をOneDriveに保存すると、自動で前に編集した文書と同調させる。サブスクリプション料金:每年12,744円:、月々1,274円:。

Office 365 Home Premiumの年間サブスクリプション料金は13,980円で、Office 365 Homeは5台のPC或いはMac、及び5台のiPad或いはWindowsタブレットにインストール可能で、また1TBのOneDrive保存容量が付いている。

Office 365 Solo機能

端末を自由に選べる

ユーザはWindows PC、Mac、Windowsタブレット、Windows Phone、iOS、とAndroidスマートフォンで、タッチ・アシスタント、スタイラスとキーボードでOfficeを利用できる。

大きな保存容量

Office 365 Soloには1TBのOneDriveが付き、どこでもどんな端末でも、Office 365にログインすれば、前に編集した文書を自動で同調させることができ、カスタマイズの設置ページもPC側と同じである。

バージョンを自由に選べる

無料で更新を取得し、随時最新バージョンを体験できる。

価格が更に安く

年間サブスクリプション料金は12,744円、月間サブスクリプション料金は1,274円

機能が更に強く

複数の新機能を含み、いつでもどこでもと他人とオンラインで同時編集できる。これらの強力な機能は:閲覧モード:文書をリフォームしてスクリーンで閲覧しやすい形にする;ローミング:複数端末でOfficeを使用すると同時に、前回編集した位置に戻れる;PDF編集:OfficeでPDF文書を編集できる;プレゼンテーション・ビュー:プレゼンテーション中に、付注を示すことができる;快速記入:自動で資料入力できる。

Office for Mac正式版発表以来、マイクロソフト社はOffice for Macの新機能追加を続けており,最近のビルド・デベロッパー大会において,マイクロソフト社開発センターにより,マイクロソフト社がプラグイン機能をMacのOfficeに導入する予定があるそうです。

Office for Macプラグイン追加機能が導入されれば、Macの第三者デベロッパーは自主的にOffice for Macに新しい機能と特性を追加できるようになります。WindowsとiOS版のOfficeにはプラグイン機能がついているため,MacのOffice向けの第三者プラグインに対応することで,マイクロソフト社のOfficeラインナップの全面性と完全性をある程度促進すると考えられます。

現在、代表的なOffice for Mac第三者プラグインを以下に示します:

  • 1、Officeでウィキペディアの情報を直接検索できるプラグイン
  • 2、Wordでテキストを翻訳できるプラグイン
  • 3、Outlook中のファイルをEvernoteに保存できるプラグイン。

マイクロソフト社がOffice for Macに提供するプラグインは上述の機能に限らず,その他新しいプラグインも引き続き登場します。これから、デベロッパーはOfficeでツールバーのボタンとプルダウン・メニューのプラグインを自由に開発することで,MacOSのスタイルとの一致性が更に向上します。なおIT管理人向けのプラグイン配置ツール、OneNoteプラグインツール、及びOfficeストア以外ののプラグインもOffice for Macにインストール可能になります。

実は、マイクロソフト社は早くから複数プラットフォームにおいてユーザにオフィススイートを提供するように取り組んでおり,MacのOffice向けのプラグインも意外ではありません。Android向けのOffice対応に関して,マイクロソフト社が開発中と発表しています。

現在、Office 2016 for Macは発売されており,Word、Excel、PowerPoint、OutlookとOneNoteの5つのアプリからなり,16種類の言語に対応します。Office 2016 for MacはOfficeシリーズソフトウェアの高度な操作性を受け継ぐ以外,Mac製品の特性にも対応しています。

またOffice for Macはクラウド保存にも対応し,ユーザは速やかに最近その他設備で使用したファイルを開き,前回操作した箇所に戻ることができます。ローカルファイルの共有ツールにより、チームメンバートと共に同じファイルを同時に編集できます。Office for MacはPC、タブレットPC、スマートフォンのOfficeとOffice Onlineにも対応するため、ファイル内容或いはテンプレートのロスがありません。

ここ二年、マイクロソフト社はアップル社のiOSとMacにおいて傘下ソフトウェアの配置を大いに改善しています。アップル社の発表した12.9インチのiPad Proはある程度マイクロソフト社のSurfaceにインパクトを与えているにも関わらず,マイクロソフト社はアップル社のプレゼンテーションにてOfficeが新しいiPadに対する互換性とサポートを発表しており、アップル社商品の信頼性を大いに向上させています。

使い慣れたWindowsシステムからMacにシフトして以来,Microsoft Officeの使用頻度がだいぶ下がり,その代わりにアップル社のiWorkシリーズ(2013年から全部無料になっている)を使うようになっており、Pages、KeynoteとNumbersでファイル、テーブルとレポートを作成・編集するが,必要に応じてParallels Desktopを通じ,WindowsのOfficeで一部のファイルとスライドを編集しています。

OfficeにもMac版があって、なぜMacにOfficeをインストールしませんか?というご質問を抱いているのでしょう。

MacのMicrosoft Office 2011を使ったことがあれば,その使いにくさを体験しているはずです。また、長い間新しいバージョンの発表もありませんでした。Office for Mac 2011はスタートが恐ろしいほど遅い上,その他Officeとの互換性が悪く,Macで編集した後、Windowsで文字化けになり或いはテンプレートが混乱することがあり,それできっぱりとOffice for Mac 2011を諦め,Windowsに戻ったのです。

マイクロソフト社がMacのユーザを諦めていたと考えられたが,去年マイクロソフト社はやっと公式ブログに新しいOffice 2016 for Macの情報を発表したのです。これは数年ぶりの初めての大きなバージョンアップであり、発表時点から世界中のユーザにトライアル・ダウンロードを提供し,その誠意もうかがえます。

Office 2016 for Macは実用性のより低い一部のアプリを切り捨て,Word、Excel、PowerPoint、OneNoteとOutlookのみを留保し,いずれもユーザにとっての最も必要で常用なアプリです。また自社のクラウド保存機能OneDriveを導入し,ユーザがクラウドに保存したファイルを直接利用・保存できるようになりました。

更も重要なのは,Office 2016 for Macは起動速度が大いに向上しています。試用期間中に,OutlookのみがOffice 365サブスクリプション契約ユーザに提供されていない以外,その他の機能は全部無料で利用可能です。

マイクロソフト社2015年後半に正式版のOffice 2016 for Macを発表し,正式版発売の前に,ユーザは無料で試用できます。当然今や無料試用が終わっているが,正式版発売後の30日以内に無料試用可能でした。その後、Office 365サブスクリプションの契約が必要になります。

Office for Mac ダウンロード

何回かの更新を経て,発表時点のプレビュー版に比べ,数多くの問題は解決されており,現在Office 2016 MacはOffice 2011 Macの同機インストールも可能なので、Officeをよく利用する場合,ぜひ新しいOffice 2016 for Macを体験してみてください。

Office 2011 for Macに比べ,マイクロソフト社はMacユーザ向けの新バージョンのマーケティングをも徹底しています。いい加減な更新ではなく,誠意の込められた更新です。

↑このページのトップヘ