Office MAC 2011/2016 ダウンロード版 機能と価格比較

主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac ダウンロード版(プロダクトキー/認証)価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。

Office 365 Premium

特別価格: 4,800円

1年間サブスクリプション

5台のPC又はMac

Office 2016(365)

特別価格: 4,800円

1年間サブスクリプション

5台のPC又はMac

Office for Mac 2011Home and Business

特別価格:5,800円

終身利用可能

1台の Mac

  • Office for Mac 2016 は新しく発売されました:

    マイクロソフト社の新生代OfficeスイートのOffice 2016正式版はすでにWindows10に搭載されており、現在Macユーザも最新版のOffice for Mac 2016を使えるようになりました。Office 2016 for Macのトライアル版はすでにリリースされ、無料で体験できます。

    Office for Mac 2016は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較
    Mac版Officeの最も近いアップグレードは2011年発売のOffice For MAC 2011に止まり、一方これまでの数年間にWindows版は何回もアップグレードされました。2013年発売のOffice365がMac版を含むとは言え、相変わらずOffice For Mac 2011でした。ゆえに、仕事中にMacを使うユーザにとって、この新バージョンの価値は極めて大きいのでしょう。
    2011年発売のOffice For MAC 2011
    Office 2016 for Macはクラウドサービスに基づき、ユーザはいつでも、どこでも、どんなデバイスでもファイルにアクセスでき、この点はWindows10とよく似ています。
    新バージョンは新機能の追加以外、MacのUIデザインとシステム特性に合わせ、完璧にMacに対応するようになりました。例えば:フルスクリーン、マルチポイントタッチ及びRetinaディスプレイに対応する数千のHDアイコン、またファイルのローリング効果のような細かい進化もあります。
    Office 2016 for Macは全てのiOSに対応できます
    Office 2016 Mac版はWord For Mac、Excel For Mac、PowerPoint For Mac、Outlook For Mac、OneNote For Macなどの新バージョンを含み、英語、日本語、中国語簡体字、中国語繁体字など16種類の言語に対応し、Mac OS X 10.10 Yosemite或いはそれ以上のシステムバージョンに適用します。
    image004
    Office for Macのトライアル期限は60日です。下記のアドレスからダウンロードできます:


    現在、Office365のユーザは最新版Office for Macを取得可能です。いずれのOffice 365商品を購入することにより、Mac、Windows、iOS及びAndroidにおけるOffice 2016の利用権利、及び更に大きなOneDrive容量を取得できます。マイクロソフト社は四半期ごとにOffice 365ユーザに一回以上の更新と新機能を発表します。


  • Office Macの購入方法——各サイトの掲載価格比較:

    主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。
    image005

  • サブスクリプション:

    マイクロソフト社は2013年からOffice 365に対して、新しい「サブスクリプション」モードを導入したので、消費者は時間によりサブスクリプションを行えます。Office 365をサブスクリプションで取得したユーザであれば、今すぐOffice Mac 2016にアップグレード可能です。
商品名 Office 365 Premium Office 365 Solo
価格 Office 365 Premium 価格:¥ 7,900/1 年間(Win10mall) Office 365 Solo価格:¥ 12,744/1 年間(Microsoft Store)
インストール数 5 台の PC または Mac 2 台の PC または Mac
Office スイートの内容 Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
Macに適用
Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む

Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む
















Office 365 Solo 価格(Microsoft Store 日本): ¥12,744/1 年間, 2 台の PC または Mac
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo
 
Office 365 Solo 価格(Amazon.co.jp): ¥11,581/1 年間, 2 台の PC または Mac
    購入アドレス:
    http://www.amazon.co.jp/Microsoft-Office-%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91/dp/B00O2TXF8O

Office 365 Premium激安価格(Win10mall.com): ¥7,900/1 年間, 5 台の PC または Mac
     購入アドレス:
   

  • 终身授权(永続ライセンス):

    一部の古いバージョンのOffice for Macは終身利用可能だが、最新版のOffice For MAC 2016にアップグレードできません。
商品名 Office for Mac Home and Student 2011 Office for Mac Home and Business 2011
価格 Office for Mac Home and Student 2011 価格:
¥9,999/永続ライセンス(win10mall)
¥18,360/永続ライセンス(Microsoft Store)
Office for Mac Home and Business 2011価格:
¥12,999/永続ライセンス(win10mall)
¥35,460/永続ライセンス(Microsoft Store)
インストール数 Mac 3 台 Mac 2 台
Office スイートの内容 Word、Excel、PowerPoint、OneNote Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook
Macに適用 Office For MAC 2011 Office For MAC 2011


















Office for Mac Home and Student 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥18,360
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Student 2011激安価格(Win10mall.com): ¥9,999
    購入アドレス:
  

Office for Mac Home and Business 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥35,460
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Business 2011激安価格(Win10mall.com): ¥12,999
    購入アドレス:



激安!Office Mac 2011/2016 ダウンロード版(プロダクトキー/認証)

第1のラインナップとして、学生とファミリー向けの、Office for Mac Home and Student 2016いうシリーズがあります。
 学生用ですが、べつに学生証などの提示は求められません(家族版と共用だからです)。 WordとExcelとPowerPointがパッケージされています。
 このパックは、2ライセンスですから、2台までインストールする権利があります。オンラインでのアクティベーション(認証)により台数を管理するので、ライセンスキー1つで2台までインストールできるという仕組みです。
 なお、現在パッケージ版は未発売であり、ダウンロード版のみです。ただ、今後発売されるだろうパッケージ版についても、認証コードのみ付属で、インストール用のメディアは添付されない見込みです。
 ご存じのように、最新のMacbookやiMacは、CD/DVDドライブが搭載されないようになっていますので、このような方式は時代の流れなのでしょう。

予定を入れるには
Outlookには、システム手帳のようにスケジュールを管理できる「予定表」機能が搭載されていま。予定の色分けやお知らせアラームなど便利な機能が備わったこの「予定表」に、予定を入力する方法をマスターしましょう。
 
1、予定の時間帯をドラッグする
7月28日の10時から2時間の予定を入れる場合を例に、予定の入力方法を見ていきましょう。まずはビュースイッチャーの[予定表]をクリックして表示します1.予定を入れたい日時をドラッグして選択すると2、新しい予定アイテムが作成されます。詳細を入力するためにダブルクリックします3。
選択していた分類が設定される
ナビゲーションウィンドウで分類を選択した状態でドラッグすると、その分類が設定された予定を作成できます。
 予定の時間帯をドラッグする
予定内容を入力していきます。[件名]と4、[場所]を入力し5、[開始][終了]に手順1で選んだ日時が表示されていることを確認します6。日時がずれている場合はこの画面で訂正しましょう。[アラーム]は設定した時間に予定が入っていることを知らせてくれる機能です7。ここでは予定の30分前にアラームを設定しました。下段の空欄は予定についてのメモを入力するなど自由に活用できます8.続いて予定を分類するため[分類]をクリックし9、分類を選択します10。なお、アラームは[なし]を選択することで、設定を解除することもできます。
 予定内容を入力する
3、予定を保存する
[保存して閉じる]をクリックしてウィンドウを閉じます11。
分類は複数設定可能
手順2の要領で別の分類を選択すると、複数の分類を同時に設定できます。逆に設定を解除したいときは、手順2の要領で対象の分類を再度選択し、行頭のチェックを消しましょう。
 予定を保存する

4、予定が更新された!
詳細が設定されました12。手順3で[個人用]に分類したので、予定の背景が緑色で表示されています。手順1の時点は分類なしの状態なので色が変化しています。
豊富な表示形式を活用しよう
Office 2016 Outlookでは、仕事のある曜日を稼働日(初期般定では月曜~金曜)としてまとめて表示できます。その他の、[日][週][月]があり、[ホーム]タブのボタンで簡単に切り替えできます。シーンによって使いやすい表示形式を利用しましょう。
予定が更新された
ドラッグだけでアイテムが作成できる
Office 2016 Outlookでは、手順1のようにドラッグだけで新規予定が作成されます。右図のように予定表上に表示された状態で、[新しいイベント]と表示された箇所の文字を変更し、イベントの件名を指定することも可能です。細かな設定が不要な予定を手早く作成するのに便利です。
ドラッグだけでアイテムが作成できる





利用前にメールアカウントを設定するには
Office 2016 Outlookを初めて起動すると、メールソフトの設定を促す画面が表示されます、ここではまず、手動で設定を行う方法を紹介しますっすでに利用している他のメールソフトなどから設定を取り込む場合は。
1、[アカウントの追加]をクリックする
http://blog.livedoor.jp/msofficeformac/ 
初回起動時にメールの設定方法を見てみましょう。Office 2016[Outlookへようこそ]の青色の画面が表示された場合は、[>]ボタンをクリック1、続く画面で[始めましょう]をクリックして進め2、図の[受信トレイの設定]画面を表示します。ここではメールの設定を手動で行うため、[アカウントの追加]をクリックします3。
 [アカウントの追加]をクリックする
2、メールアドレスを入力する
[その他のメール]をクリックし4、表示される入力画面で[電子メールアドレス]を入力します5。
自動構成できる場合もある
Outlookには、メールサーバーなどの設定の自動構成機能があります。対応可能なアドレスを入力した場合は、図の[自動構成]のチェックが付いたままの状態で[パスワード]を入力でき、般定が自動で行われます。[アカウントの追加]ボタンをクリックしましょう。
メールアドレスを入力する

3、アカウント情報を入力する
[パスワード]欄にカーソルを移すと、自動構成可能なアドレスかどうかが自動的に判断されます自動構成ができない場合、図のように[自動構成]のチェックが外れ、入力画面が拡大されるので、[パスワード]6、[ユーザー名]を入力し7、[種類]を選択します8.送受信用のサーバーを入力し9、[アカウントの追加]ボタンをクリックします10。設定のための情報はプロバイダなどによって異なるので、不明な場合はサポートセンターなどに問い合わせましょう。
 アカウント情報を入力する

4、アカウントが追加された!
[アカウント]ダイアログボックスが表示され、作成したアカウントが追加されています11。[氏名]が空欄の場合は、メールの差出人として表示したい名前を入力し12、[閉じる]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じます13。
 アカウントが追加された
5、Outlookが起動した!
Outlookが起動し、メールビューが表示されます14。サーバーに受信メールがある場合は自動的に受信されます15。
エラーが生じるときは
送受信がうまく行えないなどエラーが生じる場合は、設定にミスがないか見直しましょう。[ツール]タブで[アカウント]をクリックすると手順4の画面が表示でき、内容の修正が可能です。
Outlookが起動した




↑このページのトップヘ