Office MAC 2011/2016 ダウンロード版 機能と価格比較

主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac ダウンロード版(プロダクトキー/認証)価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。

Office 365 Premium

特別価格: 4,800円

1年間サブスクリプション

5台のPC又はMac

Office 2016(365)

特別価格: 4,800円

1年間サブスクリプション

5台のPC又はMac

Office for Mac 2011Home and Business

特別価格:5,800円

終身利用可能

1台の Mac

TEAM
メリット
  • いつものOfficeです!Officeを愛用・常用している方は、すぐにOffice 2016に慣れるはずです。
  • SwayはOfficeセットにおける将来性の最も高いアプリです。
  • OutlookのClutter機能は絶賛を博しています。この機能を通じてメールを整然と整理できます。
デメリット
  • いつものOfficeです。その分、Officeが嫌いだったら、Office 2016も嫌いになるのでしょう。
Officeは今年で25歳になります。実はOfficeに含まれる一部のアプリのほうは「年上」ですが、マイクロソフト社は1990年以降、初めてのOfficeセットの販売を始めたのです。最初のOfficeセットはWord 1.1、Excel 2及びPowerPoint 2の3つのアプリを含みます。マイクロソフト社の特有なバージョン命名法からすれば、今年発表されたOffice 2016は第16.0のバージョンです。

Office 2013及びそれ以前のバージョンに比べ、Office 2016は極めて高度な識別性を有します。Office 2016セットに含まれる全てのアプリは、それぞれの専用色に設定されています(一方、Outlookのタイトルバーは相変わらず青です。マイクロソフト社は何らかの理由で金色のOutlookという設定を取り消したようです)。配色は選択可能なオプションであり、派手すぎると思う場合、このような配色スタイルをオフにすることができます。オフにした後、Office 2016の見た目はOffice 2013とよく似ています。

デスクトップの事務用ソフトとして、これまでOfficeはあまり変わっていません。office 2007になってから、初めてマイクロソフト社はインターフェイスを大幅に調整し、リボン・インターフェイス(Ribbon Interface)を導入しました。Office 2010において、マイクロソフト社はアプリの保存、開きとプリント等のステップに「バッググラウンド・ビュー」(Backstage View) 機能を追加しています。しかし、リボン・インターフェイスは、アプリの基本的構造及びセット内の各アプリ間の交互作業モードを改善していません。テキスト、スプレッドシート、プレゼンテーション、メール及びスケジュールの作成用のこのソフトは、だいぶ前のLotus Improv時代からずっと実質的に変化していないと考えられます。少なくとも、Lotus Improvからのグリッドモードは今でも使用されています。

今回のOffice 2016もこの傾向を突破していません。

Office 2016は一部の細部において進化しています。例えば新アプリの機能エリアに「何をされますか?」のテキストボックスがあり、このテキストボックスは機能エリア内の検索ツールに当たり、使いたい機能を検索することができます。残念ながら、各機能の通常位置を提示してくれません。毎回検索しなおすしかありません。類似した問題点はOffice 2007にも存在します。しかし、8年も過ぎてほとんどのユーザはOfficeの常用機能キーの位置を熟知しているはずです。当然、この新機能はユーザに受け入れられないわけではなく、Officeの機能向上にも繋がっています。しかし、不思議なことに、なぜマイクロソフト社はこんなに長い時間をかけてこんな機能を開発したのでしょうか。類似した効果を実現できるプラグイン・アプリが多いし、一部のプラグイン・アプリがメーカにより開発されているし。

また、アプリには「オンリー検索」という機能が付いています。ファイルから選ばれた語彙をBingにより検索してくれます。この機能は選ばれた語彙以外の内容を参考にするため、検索結果はそのままウェブサイトで検索するより精度が高いのです。例えば、カーボン14同位体(Carbon-14)の英語記事から「Dating」という語彙を検索すれば、検索結果はカーボン年代測定法(carbon dating)関連の内容になり、「eHarmony」などの見合いサイトからの内容ではありません。

Office 2016では、マイクロソフト社はExcelに新しいチャート・テンプレートを追加しているが、チャートのアウトプット・ツールは相変わらず欠如しています。

更に、Outlookの添付ファイルのボタンに、最近使用したOfficeファイルを含むメニューが追加されています。この変更により、ユーザはより簡単にファイルをメールに添付することができます。新しいOutlookは、ファイルを送信するか、それともリンクを送信するかの判断基準を整えています。最近使用記録のあるOfficeファイルがOneDrive、企業バージョンのOneDrive及びSharePointに保存されていれば、ファイルはリンクの形で送信されます。新しいOutlookは(リンク形式のファイルを含む)編集可能性の設定も可能で、Outlookで簡単にファイルをリードオンリー或いは編集可能モードに設定できます。新しいOutlookの添付ファイルメニューの設定が未曽有のレベルに達しているとマイクロソフト社は発表しました。即ち、ファイルのリンクのみを送信することが実現され、ファイルサイズの制限がなくなります。メールでファイルをシェアする形は、長い間システム管理人を悩ませています。ファイルサーバーを通じてシェアする形に比べ、このような方式はかなり時間がかかり、容量管理にも不利です。しかし、利便性の面から言えば、メールでファイルをシェアする方式は常にユーザのファーストチョイスに当たります。

マイクロソフト社はOfficeセットの一連の問題を根本的に解決していないとはいえ、Outlook 2016に対する改善が非常に目立ちます。

Office 365(及び次のバージョンのExchange)のもとで使用するOutlookには、「Clutter」という迷惑メールフィルターが付いています。 Clutterは低い優先順位の一括送信及びPR宣伝などのメールを「Clutter」という独立したフォルダーに入れます。Clutterはフォルダー中のメールを日単位で整理し、また当日の整理結果を送信してくれます。Clutterはユーザの操作履歴により、セルフ判断を修正します。実は、ここ数ヶ月の試用体験から言えば、その判断尺度がやや保守的だが、パフォーマンスがかなり高かったと思います。

AccessとPublisherもOffice 2016に含まれています。この2つのアプリはあまり変わっていません。マイクロソフト社はこの2つのアプリのデザインを変えたのみで、長い間非難されている欠陥を実質的に改善していません。

ソフトの核心的機能の体験から言えば、Office 2016とOffice 2013は大差がなく、Office 2016は一部の細部において最適化されています。新しいOffice 2016では、32ビットと64ビットバージョンは対等になっています。これまで、大容量ファイルを扱わない限り、32ビットバージョンを使ったほうが良いと考えられています。しかし、今や2つのバージョンから自由に選択できる以外、64ビットバージョンのOfficeが大容量ファイルの編集に向き、セキュリティも向上していると人々の考え方も変わっています。office 2016では使いたい機能を検索しやすくなっているが、これらのメリットはその実質的な向上ではありません。

核心はチークワークにあります

マイクロソフト社はOffice 2016を重量級商品とし、その自信は核心的機能或いはインターフェイスの多大な向上ではなく、チームワークにあります。正直、これも新鮮味のない話です。Office 2013発売当時、マイクロソフト社は似たようなアピールをもしていましたから。

Office 2016では、Wordのチームワーク機能が向上しています。Office 2013は、同一ファイルに対する複数ユーザの同時編集に対応しているが、ユーザ間の交流機能が整っていませんでした。その他ユーザに自分がどの部分を修正したかを通知する場合、変更した内容を保存してからその他ユーザにファイルをリフレッシュするように通知する必要があります。こうして修正した内容が表示されます。Word 2016はこのような保存やリフレッシュのステップを飛ばし、修正した部分がファイルに即時表示されます。市販のブラウザに基づくチームワーク編集ツールに比べ、まだ向上の余地があるが、この進化はユーザに大きなメリットをもたらします。試用を通じ、Word 2016がユーザに編集された段落をロックするため、それぞれのユーザがそれぞれの段落でのみチームワークできることがわかりました。このような設定は、Etherpadなどのチームワーク編集ツールとは鮮明なコントラストになっています。現在、運営停止したEtherpadは、ファイルの同じ部分に対する複数ユーザの同時編集に対応します。

Office 2016では、チームワークのインターフェイスも大いに改善されています。新しいWord、ExcelとPowerPointには、便利なシェアボタンが付いています。更に、企業バージョンのSkypeも導入されており、チームワーカーはいつでも音声或いはカメラで交流できます。

インターフェイスが改善されているが、マイクロソフト社はPowerPointとExcelのチームワーク機能を全く向上させていません。これからPowerPointとExcelにもチームワーク機能を導入する予定だとマイクロソフト社は発表しています(実は、ブラウザに基づくExcel向けのチームワーク・ツールもあります)。上述最適化の完成時間が不明だが、Office 2019の発売までに改善されるそうです。少なくともOffice 365ユーザは待ち焦がれることがありません。

サブスクリプションのプロモーション

疑いなく、これもOffice 2013と似たようなプロモーションです。Officeライセンスを取得したOffice 365サブスクリプション契約ユーザは、Officeの特别バージョン——Office ProPlusを利用できます。永続ライセンスの通常バージョンと異なり、マイクロソフト社は定期的にOffice ProPlusをバージョンアップしています。2013のOffice ProPlusは、もともと管理人或いはエンドユーザのみ向けの新機能をたくさん追加しています。Office ProPlus 2016では、マイクロソフト社は新機能の開発に更なる力を入れています。機能の更新がわかりやすいように、Office ProPlus 2016 のインターフェイスには新機能ガイド要素も入っています。更に、マイクロソフト社はWindows 10と似ている特別バージョンを出す予定です。そのバージョンでは、主流操作向けの「現在のブランチ」を設置し、このブランチを通じ、システムがすぐに修復或いは最新機能を取得することができます。企業バージョンの「現在のブランチ」はすぐに修復を取得できるが、機能の更新は3ヶ月遅延します。

PowerPointとExcel の協同性改善は、特別バージョンのシステムを対象に、優先的にバージョンアップする可能性が大きいです。

マイクロソフト社は永続ライセンスを購入したユーザを常に重視しています。一方、Office 365のサブスクリプション契約ユーザにも、Clutter及びチームワーク機能の優先的バージョンアップなどのプラスバリューを提供しています。

サブスクリプションのプラスバリューはOutlookの新しいグループ機能からも窺えます。Office 365のグループ機能をもとに、Outlookユーザは一時的なユーザ・グループを作ることができます。交流を促進するため、グループ内では共有の受信箱(返事がそれぞれ情報の底部に表示されるため、この機能はメールというより、チャットみたいです)、共有のカレンダー、共有のOneDrive保存容量及び共有のOneNoteを利用することが可能です。従来のExchangeのメール一括送信及びカレンダー共有機能と異なり、全てのエンドユーザはグループを作れ、管理人の参与を必要としません。これは真新しい機能です。

Office 365は3つの新しいアプリを含み、そのうちDelveとSwayは数ヶ月前からリリースされていたが、Plannerは相変わらずプレビューしかできません。

「Planner」という想像力ゼロの命名からすれば、計画用アプリに決まっています。このアプリにより、計画を立て、タスク期限を設定し、完成状況を追跡し、タスクを他人に割り当ててその完成状況を確認することができます。マイクロソフト社はメールを受送信するアプリを作るだけではなく、Projectのガントチャート(Gantt charts)に近いアプリに仕上げる予定です。このベーシックアプリは実用性が高いですが、相対的な独立状態にあります。PlannerはOutlookの処理待ち事項リストと統合されておらず、マイクロソフト社が最近購入したWunderlistとも統合されていません。このような統合は、Plannerが既存ワークプロセス或いは実践と更に結び付くように促進します。

Delveの機能の意味がよくわかりません。マイクロソフト社はDelveをOffice Graph(Office Graphとは、企業の従業員、グループ及び仕事関連ファイルの相互関係のことを指す)を使用できるツールに仕上げたいと考えています。アルゴリズムにより、興味を持つ可能性のある内容を示してくれます。例えば、チーム中のメンバーが編集しているファイルを閲覧することができます。しかし、ファイル構造を核心としない企業にとって、このアプリはあまり価値がないように見えますが。

未来への展望

この3つの新しいアプリにおいて、最も重要な意義を持つのはSwayです。Swayはプレゼンテーション用のアプリです。多くの読者は驚いているのでしょう。実際に体験してみたら、Swayのパフォーマンスがかなり高かったです。このアプリはプレゼンテーションの内容をシャッフルすることが可能です。swayファイルを作成するには、「ストーリーのシナリオ」を作成する必要があります。テキスト、画像、アイコン及び映像などの素材を好きな構造と順序で組合せ、そして好きなデザイン(フォントとカラーなど)及びプレゼンテーション・スタイル(連続フローにするか、ページ順にするか)を選択します。Swayは上述の選択肢と基準によりデザインを仕上げてくれます。できたデザインが気に入らなければ、「remix」(再組み合わせ)ボタンをクリックして新しいデザインに変更することも可能です。

簡単な機能と編集オプションに制限され、Swayにはまだ大部分の会議室を「占領」する実力がありません。例えば、Swayでデザインを生成した後、その生成した設計を調整することができません。まだ後続の開発が必要ですね。高く評価されるべき点として、SwayはOfficeセットにおける将来性の最も高いアプリとのことです。Swayのストリーはインターラクティブ方式です。一枚一枚の独立したスライドではなく、ストリーは連続フローの形で表示されます。Swayはウェブページに依存します。その存在形式はURLリンクであり、実在のファイルではありません(Windows 10とiOSにもSwayがあるが、その内容もURLの形で表示されます)。それで、Swayは共有の特性に優れ、この点はPowerPointを超えていると言えます。

Office 2016と365の区別

Office 2016と365の区別

Office 2016 MacとOffice 365の最も核心的で単純な区別

Office 365はオンライン型サービスであり、それに対してOffice Mac 2016はローカルで使えるアプリです。マイクロソフト社はOffice 365を通じてOfficeをオンライン・サービス化しようとしています。これは極めて重要な施策です。

具体的な相違点

1.価格差

Office 2016 for macの価格
Office Home & Business 2016 for Mac今すぐ購入-永続ライセンス 9,800円
永続ライセンス
Mac 2 台
特別価格:9,800円
マイクロソフト社の公式定価によると、Office 365の家庭バージョンのサブスクリプション料金は99.99ドル/1年で、5台のコンピュータ(PC或いはMac)、及び5台のモバイル端末(タブレット或いはスマートフォン)にインストール可能です。一方、Office 2016 学生バージョンは139.99ドルで、1台のコンピュータにのみインストール可能です。

5台のコンピュータでOfficeを使用する場合、Office 2016 for Macの合計価格は最低699.95ドルで、時間制限なく使用可能です。一方、マイクロソフト社が非定期的にOfficeのバージョンアップを行っているので(Office 2013から2016にバージョンアップするみたいに)、Office 2016の使用時間を3年と想定すれば、699.95ドルで5台のコンピュータでOffice 2013年を3年間使用する権限を購入するということです。

当然、Office 365も選択肢の一つです。年額99.99ドルで、5台のコンピュータにインストール可能で、3年間料金は300ドル以内で済みます。また、この3年にわたって常に最新のOfficeを体験できます。

これで、Office 365は小型企業や家庭ユーザにとってかなり経済的と言えます。

2.プラスα機能の相違点

Office 365家庭バージョンは以下のアプリを含みます:
Access、Excel、PowerPoint、Publisher、OneNote、Outlook、Word、20GB SkyDrive容量、月々60分のSkype無料通話

Office 2016は下記のアプリを含みます:
Word、Excel、PowerPoint、OneNote

当然、この文章を読んている時点で、OneNoteは全てのプラットフォームにおいて無料化されており、Macでもでもスマートフォンのユーザでも、無料でOneNoteを利用可能です。

3、その他相違点

Office 365はインターネットに基づくOfficeとはいえ、ウェブサイト・バージョンのOfficeに等しいわけではなく、例えばOffice 365ユーザの場合、コンピュータに関連アプリをインストールしておけば、インターネットのない環境でも、Office 365を利用できます;ただしOffice 365の使用において、インターネットも欠かせない存在です。例えばMicrosoftアカウントの登録、SkyDriveによるファイルの保存、Office 365の料金追納の確認などはインターネット環境が必要です。

それに対してOffice 201は完全なローカル・ソフトです。インターネットがなくてもOfficeの全ての機能が体験可能で、一回性のアクティブ化とインストール後、末永く利用可能になります。

Microsoft Office 2016 for Mac 評価
長い間、新しいバージョンのOffice for Macが期待されていました。新しいOffice for Macは、配色性が更に向上し、OneDriveの導入もほぼ完璧と言えます(個人的にOffice 2016 for Windowsをも超えていると)。前バージョンのOffice for Mac 2011に比べ、機能も更に包括的で、互換性に優れています。

関連Q&A:

Office 365は事務用クラウド・サービスで、Office 2016はデスクトップ・バージョンの事務用ソフトです。

Office 365を最新のOfficeソフト(Office 2016)+クラウドへの拡張ととらえて良いでしょう。Office 365をコンピュータにインストールする方法はOffice 2016と同じく、Office 365アカウントを1つ購入すれば、最大5台のPCでOffice 365を利用できます。

Office 365の料金支払いはサブスクリプション形式で、月額料金が発生し、一方、Office 2013は一括払いです。

Office 365は以下のアプリを含みます:Word、Excel、PowerPoint、OneNote、exchange onlinee、outlook、Skype for business、access、publisher、SharePoint、OneDrive。

Office 365のクラウド・サービスは主に下記のメリットを含みます:

1、OneDriveのクラウド保存により、事務ファイルを全部OneDriveに保存し、またコンピュータのローカルファイルと同調できます;

2、OneDriveにより、ユーザはオンラインでword、excel、PowerPoint、OneNote等のweb appを利用し、或いは数人で1つのファイルを同時編集することできます;

3、SharePoint、ユーザはSharePointでチームワークのファイル共有し、ポータルサイトを作り、会社のOAシステム等を設立することができます。現地でサーバーを設置する必要もなく、全部クラウドを通じて完成できます。

4、Exchange企業メールアドレス。Office 365を使用する場合、顧客はローカルでExchangeサーバーを配置する必要がなく、メールシステムをクラウドに設置することが可能です。また全てのユーザに50GBの保存容量が配分されます。

マイクロソフトの Office 365 とは何でしょうか。 それは お馴染みの Office が常に賢く、使いやすくなっているだけではなく、誰でも簡単に使えるコミュニケーション基盤やクラウドストレージを備えた、【いつでもどこでも、どんなデバイスからも】チームワークと働き方変革をもたらすクラウドソリューションです。 大企業のみならず、中堅中小企業、あらゆる規模のお客様に、常に進化し続けながら最新の機能と安全性を提供し、企業のチームワークと生産性を最大化し、ビジネスを活気づけます。 小さな企業こそ、ITをクラウド化してイノベーションに集中できる環境を作っていくことが重要です。 そんな Office 365 の魅力を3分でお伝えする動画を、ご覧ください。
月額料金或いは年額料金を支払うサブスクリプション方式以外、Office 2016 for Mac/Windowsを一括払いでも購入可能です。
Office 365

Office 365

Microsoftは、Office 365のサブスクリプション契約によってOfficeアプリを取得するようにユーザに薦めています。しかし、Office 365と新バージョンのアプリを必要としないユーザもいます。今のOfficeのみで十分だとのことです。

一括払いでOffice 2016を購入する場合、WindowsとMacにおける価格が同じです。Office Home & Studentの価格は¥25,704で、Office Home & Businessの価格は¥37,584で、Office Professionalの価格は¥64,584です。Windows PCとMacのOffice 2016 ダウンロード・バージョンは下記のストアから購入可能です。リーズナブルな価格で、100%の正規品です。

Office 2016 for macの価格
Office Home & Business 2016 for Mac今すぐ購入-永続ライセンス 9,800円
永続ライセンス
Mac 2 台
特別価格:9,800円
Office Home & Student 2016はWord、Excel、PowerPoint、OneNoteとOutlookを含み、Office ProfessionalはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、PublisherとAccessを含みます。

価格を確認してみましょう。Office 2013 Home & Studentの価格は¥25,704で、Office 2013 Home & Businessの価格は¥46,978で、Office 2013 Professionalの価格は¥118,000で、Office 2011 Home & Studentの価格は¥44,799で、Office 2011 Home & Businessの価格は¥64,800です。

Office 365 個人バージョンは、Office 2016(Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、PublisherとAccess)を含み、1台のPC或いはMacにインストール可能です。そのサブスクリプション年間料金は¥8,026です。Office 365 SoloはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、PublisherとAccessを含み、最大5台のPC或いはMacと5台の携帯電話にインストール可能です。そのサブスクリプション年間料金は¥12,744です。

Office 365 サブスクリプション方式は、全てのソフトを含むわけではなく、バージョンにより価格も異なり、含むソフトも異なります。永続ライセンスのOffice 2016 ダウンロード・バージョンを購入する場合、バージョンアップの通知が入りません。これはサブスクリプション方式のOffice 365個人バージョン、Solo、Home & Businessとは異なります。

現在、マイクロソフト社はOffice 365ユーザにOffice 2016 for Macのダウンロード・バージョンを提供しています。

Office for MacはWindowsバージョンにキャッチアップ

長い間、新しいバージョンのOffice for Macが期待されていました。新しいOffice for Macは、配色性が更に向上し、OneDriveの導入もほぼ完璧と言えます(個人的にOffice 2016 for Windowsをも超えていると)。前バージョンのOffice for Mac 2011に比べ、機能も更に包括的で、互換性に優れています。

Office 2016 Mac OneDrive

OneDrive 2016


新バージョンOffice for Mac概要

MacではOfficeは5年近くも更新されず、Mac上のOfficeの存在すら忘れられました。幸いにも長らく待っていた結果、Office 2016 for Macがやっと発売され、Office for Mac 2011に取って代わりました。

Office 2016 for macの価格
Office 2016 for Mac今すぐ購入-永続ライセンス 9,800円
永続ライセンス
Mac 2 台
特別価格:9,800円
これは真新しいOffice for Macです。Windowsユーザの慣れている作業UIと機能を有します。真新しいMacアプリ、真新しい機能エリアとタスクウィンドウ、及び新たに追加されたカスタマイズ機能エリア、左上にはファーストアクセスのボタンまであります。

配色はwindowsバージョンと異なり、それぞれのアプリも異なる色で区別されています。一方、Office for MacはWindowsバージョンの機能を全部導入しているわけではありません。Office 2016 for MacはOffice for iPadより優れており、Windows RTバージョンのOfficeより機能が更に多く、どちらかと言えば、Office Home & Student 或いはプロフェッショナルバージョンのOffice 2013に近いです。

持続的な機能追加により、マイクロソフト社は月々に機能とセキュリティの更新を行っており、Office for Macの不足な機能を補完するため、段階的にwindows for Officeの機能をOffice for Macに移植しています。最近Office for Macが64ビットになっており、全体的に安定性が高まっています。

Excelで使い慣れたWindowsのショートカットはWord、PowerPoint、OutlookとOneNoteにおいても使えるようになりました。これで、MacとPCのキーボードを切り替えることがなくなります。WordとExcelにおいて多くのショートカットが長年存在しており、PCとMacのキーボードの配置が異なるため、その相違点にもなかなか慣れませんでした。今でもそのショートカットが同じになっているわけではなく、例えば、windowsではF12が「名前を付けて保存」に当たり、Macではその他の機能に当たります。

要は、Retinaディスプレイから、高解像度ファイルのテンプレート及びお馴染みのスクロール・リバウンドまで、これから全ての機能がOffice for Macに移植されます。Office for MacはWindowsのように全ての機能を機能エリアに集中させることがありません。MacユーザがWindows、Mac OSとiPadの間で切り替える頻度が多いため、このようなデザインになっているでしょう。

Microsoft Office 2011/2016 for Mac
新バージョンのOffice for Macの最大な進化はインターフェイスと画面デザインにあります。Office 2016 for MacはRetina解像度に対応する上、レイアウトもRetina解像度とOS Xの新しいスタイルにフィットしています。

Office 2016 Macクラウドとセキュリティ

Office 2016 for MacはこれまでOneDriveの導入も最も進んでいるOfficeで、Office 2013とWindows 8.1をも超えていると言えます。デフォルトとして、開く/保存ダイアログボックスにOneDriveのフォルダーが表示されます。ネストフォルダーの形でダイアログボックスに入れられます。これで共同作業が更に簡単になります。windowsでは、OneDriveのルートディレクトリからファイルを探す必要があり、Word或いはExcelの共有ファイルを開くことができません。この点に対して、windowsユーザは大変羨ましがっているでしょう。特に最近の更新では、Microsoft社はWindowsのOffice 2016のダイアログボックスからOneDriveの機能を削除しましたから。

One Drive、One Drive for businessとSharePointはいずれも開く/保存ダイアログボックスにあり、現在のwindowsと同じく、追加サービスはその他クラウドサービスを含まず、iCloudもありません。One Driveから自分のファイルと他人から共有されるファイルを確認できます。「最近使用したファイル」リストから、その他PCで編集したファイルを閲覧できます。

windowsでは、Officeは共有の選択肢を「ファイル」メニューに加えています。一方、Office 2016 for Macでは、共有ボタンはアプリのタイトルバーの右上の+マークであり、電子メールで友人をファイルの閲覧・編集に誘うことができます。OneDriveを通じてシームレスな共有が可能です。このような共同作業はMacユーザにとって新鮮な存在ではなく、以前Word、Excelにもありましたが、やや使いにくかったです。今のバージョンはかなり改善されています。


Office for Mac セット

Word for Mac

Wordが初めてMacに登場した際に、もはやwindowsバージョンと同じ機能を有しました。Word 2016の進化は主にUIの変更にあり、機能エリアがwindowsバージョンとは大差がありません。

Word 2016 for Macの価格
Office Word 2016 for Mac 今すぐ購入-永続ライセンス 6,800円
永続ライセンス
プラットフォーム: Mac
特別価格:6,800円

Excel for Mac

Wordと同じく、Excel 2016の機能エリアも進化しています。Excel 2013と同じタブを使用しています。更に、Excel for Mac2016の関数と公式が増えており、複雑なエンジニアリング統計分析に用いられます。

Excel 2016 for Macの価格
Office Excel 2016 for Mac 今すぐ購入-永続ライセンス 6,800円
永続ライセンス
プラットフォーム: Mac
特別価格:6,800円

PowerPoint for Mac

PowerPoint 2011の機能エリアが使いにくく、合計9つのタブがあります。PowerPoint 2016のUIが整然とし、機能エリアも使いやすく、windowsバージョンと同じです。PowerPointも更新されており、今や強力なツールとオプションが整っています。

Office PowerPoint 2016 for Macの価格
Office PowerPoint 2016 for Mac 今すぐ購入-永続ライセンス 6,800円
永続ライセンス
プラットフォーム: Mac
特別価格:6,800円

Outlook for Mac

数多くのMacユーザにとって、メール、連絡先とカレンダーが一体化しており、特に生態系システムをベースとする現代社会では、もはやiOSとWatchOSにも導入されています。以前のOutlook for Macは開発不完全の製品だったため、Outlook 2016の進化がますます目立ちます。
Office Outlook 2016
Outlook及びその前のEntourageはOffice Macシリーズにおいて利用体験が不安定で、かなり不評でした。一方、新バージョンOutlook 3のウィンドウ配置は設定・使用しやすく、複雑な設定オプションもありません。

Outlook 2016 for Macの価格
Office Outlook 2016 for Mac 今すぐ購入-永続ライセンス 6,800円
永続ライセンス
プラットフォーム: Mac
特別価格:6,800円

OneNote for Mac

これはOffice 2016 for Macの発表後、Macでの初登場です。確かに機能が強く、実用性が高いが、機能が揃っているわけではなく、まだWindowsバージョンには敵わないでしょう。

評価

windowsでは、使えるオフィススイートと言ったら、Microsoft Officeしかありません(ネット上に数多くのオープンソースの代替ソフトもあり、予算不足の場合、それも一案です)。

Office 2016 for Macは強力なオフィススイートであり、進化しつつあります。このアプリはアップル社のKeyNoteとPowerPointと競合し、それぞれのメリットがあります。KeyNoteでも印象深いプレゼンテーションを作れます。

個人的なテストにより、Office 2016 Macは大変信頼性が高く、性能もOffice 2011より明らかに優れています。最近64ビットのOffice 2016 for Macも発表されました。要は、Officeを必要とするかどうかにあります。さもなければ、ネット上のオープンソースの代替ソフトもオススメします。

Office 2016 for Macは時代の進化を実感させています。windowsのみならず、iOSとandroidの機能も向上しており、人気も高いです。機能面の不備もまだまだあるが、Microsoft社は月々に機能更新を行っています。

一方、Office for MacはますますMacアプリらしくなってきました。Mac生態系との結合も進むし、iCloudをも導入しています。

Office 2016 for Macは強力なオフィススイートとして、定期的に更新されているが、真の進化までまだ差があり、近い将来に実現できると考えられます。Macとwindowsの間でよく切り替えても、Officeも賢明な選択肢です。このバージョンのOffice for Macはかなり使いやいですから。iPadを使用する場合、MacとiOSの間でシームレスに切り替えることもでき、大きなメリットですね。

仕事においてWindows PCとMacの間で頻繁に切り替えるユーザは大変でしたね。しかし、今はマイクロソフト社の新バージョンOffice 2016にMacバージョンが追加されています。Windowsバージョンと同じインターフェイス、Office 365サブスクリプション付き、これはマルチプラットフォーム・ユーザへの朗報です。
Microsoft Office 2016

Microsoft Office 2016

長い間、Macユーザはマイクロソフト社にとって重要な市場ターゲットです。特に早期のOfficeにおいて、ExcelがMacintoshの最初の切り札ソフトの1つとして、もはや30年以上も進化しています。Excel for Macintoshは1985年9月30日に初発売され、Excel for windowsの発売より2年早かったです。

今回のOffice Macのパフォーマンスはwindowsバージョンを上回っていると言えます。最近数年、Office for windowsは全てのリソースとバージョンアップを先行取得できるバージョンである一方、Office Macは通常2年以上毎にバージョンアップされているようです。更に、Mac向けのOfficeを開発するワーキンググループの大多数はiPadのOfficeにフォーカスし、即ちモバイル端末の開発に力を入れています。

今でも、数多くのMacユーザは5年前のデザインを体験しており、それはOffice 2011 for Macです。Office 2011 Macのツールバーの配色が非常に混雑している気がします。プロの視点からすれば、Office 2011 Macがユーザ体験のかなり悪いバージョンとのことです。

ここ数年、Macにシフトしようとしています。しかし、Office 2011を利用するたびに大変不便を感じ、最後諦めざるを得ないのです。その後、またOffice 2011を遥かに超えているOffice 2013 for windowsに戻ります。

今回のOffice 2016 for MacはOffice 365サブスクリプション契約ユーザに向きます。今回のバージョンアップは、WindowsのOfficeに基づくベスト進化とも言えます。

完全なリプログラミング

Office 2016 for Macは完全にリプログラミングされたアプリです。Office Macの開発チームはCarbonコードベースから現在のCocoa仕組みにシフトしています。この点からすれば、アップル社が今後モバイル端末に更なる力を入れる傾向が窺えます。iPadのOfficeとMacのOfficeの間に多くの共通点がありますから。 新しいデザインはMacとPCの間で切り替えるユーザにとって朗報です。例えば、約75%のOffice for MacユーザはWindowsも使用し、通常はWindows PCとMacの間で切り替えているそうです

新バージョンのOfficeの互換性を逐一テストしたことがないですが、これまで開いた全てのOfficeファイルが完璧に表示されています。Mac RibbonはWindowsのとほぼ同じです。Office Macにはカスタマイズ可能なファーストスタート・ツールバーがあるが、機能の統合がまだ整っていないようです。windowsに比べ、ツールバーが全く違いますが、タブの配置と順序はそれぞれのプラットフォームにおいて共通です。例えば、Wordに表を入れる場合、メニューー挿入ー表の順が全く同じです。

配色もWindowsのと一致し、Wordが青で、Excelが緑です。配色に不慣れの場合、従来の灰色を選ぶこともできます。ファイル保存に関して、インターフェイスのデザインは、WindowsのOfficeと非常に似ており、Microsoftのクラウドサービス、One Driveに直接接続することもできます。その他クラウドサービスに関して、例えばDropbox或いはGoogleの場合、ローカルフォルダに同調してから、フォルダからファイルを開く必要があります。テーマ、フォント、配色、ファイルの管理とタスクウィンドウなどの要素もOffice 2013とほぼ同じです。

Office 2016 Macに含まれるソフト

Office 2016 Macに含まれるソフト

5つの核心的ソフト

Office 2016 for Macは5つの最も重要なソフト:Word、Excel、PowerPoint、OutlookとOneNoteからなります。仕事中に、Microsoft Access、Publisher或いはその他Office for Windowsのソフトを必要とする場合、Windows PC或いはMacバーチャルマシンを使用しなければなりません。新バージョンはマルチプラットフォーム・ユーザを対象に設計されているが、Macならではの特性も多くあります。Office 2016 for Macに含まれるソフトはRetinaディスプレイ、ズームイン・アウト及びマルチタッチ・ジェスチャーに対応します。フルスクリーンでExcelを操作するのも非常にスムーズです。

Outlook

Outlook及びその前のEntourageはOffice Macシリーズにおいて利用体験が不安定で、かなり不評でした。一方、新バージョンOutlook 3のウィンドウ配置は設定・使用しやすく、複雑な設定オプションもありません。Office 365 (Exchange)では、複数の電子メールアドレスを設定することも可能です。設定がとても簡単で、メールアドレスとパスワードを入力するだけでOKです。その他は自動設定されます。Office 2016 Macのoutlookの切り札はその同一アカウント機能です。受信箱、送信済みメール、下書き箱とゴミ箱を共有すること、及びシングルビューで複数アカウントからの新しいメールをチェックすることができます。何回かの破壊的テストした結果、outlookが数回ハングアップしたが、幸いにもうまく復元できました。

立派な生産性

Office 2016 Mac のWord、ExcelとPowerPointは、Windowsバージョンのとよく似ています。アプリの要素と全体的な作業要素も一致しています。Macで文書を作成するのも特に問題ありません。初めてMacにシフトする場合、やや不慣れですが。Wordの最大なメリットは、協力プロセスへの対応にあります。共有ファイルの修正記録をチェックすることができます。
Office Online

Microsoft Office Online

自分自身の話ですが、Office 365の年間契約を利用しており、5台のPC或いはMacに完全なるOfficeをインストールする権限を有します。単独でOffice 2016 for Macを購入するのに比べ、価格面において、確かに優位性がほぼないのです。Office 365を利用する場合、Mac或いはWindowsにおいて、同時にOfficeを利用することができます。
Office 365 日本価格
それぞれのユーザにとって、Office 365のサブスクリプションがそれぞれのソフトパックに対応しています。Office 365 businessはOutlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Publisher及び1TBのOne drive保存用量を含みます。月額料金は8.25ドルです。

新バージョンOffice 2016の各バージョンの価格

含むソフトにより、Office 2016は4つのバージョンに分けられる:
1、Office Home & Business 2016:Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote
2、Office Professional 2016:Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
3、Office Personal 2016:Word、Excel、Outlook
4、Office Professional Academic 2016:Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
WindowsとMacで利用可能なOfficeが示されています。ProfessionalはWindowsにのみ適用です。Office 365はMacユーザに向き、特に家庭ユーザに向きます。年間/月間サブスクリプションに対応し、今後最新Officeにバージョンアップすることもできます。

セット価格:
Office Professional 2016: ¥64,584
Office Personal 2016: ¥32,184
Office Home & Business 2016: ¥ 37,584
MacバージョンのOffice:
Office 365 Solo: ¥12,744/1年間
Office Home & Business 2016 for Mac: ¥ 37,584
Office Home & Student 2016 for Mac: ¥ 25,704
個別ソフト価格:
-Office Excel 2016: ¥15,984
-Office Word 2016: ¥15,984
-Office Outlook 2016: ¥15,984
-Office PowerPoint 2016: ¥15,984
-Office Publisher 2016: ¥15,984
-Office Access 2016: ¥15,984
-Visio Standard 2016: ¥40,824
-Visio Professional 2016: ¥77,544
-Visio Pro for Office 365: ¥1,410/1か月
-Project Professional 2016: ¥ 142,344
-Project Standard 2016: ¥85,104
-Project Online Essentials: ¥760/1か月
-Project Online Professional: ¥3.260/1か月
-Project Online Premium: ¥5,980/1か月

↑このページのトップヘ