Office MAC 2011/2016 ダウンロード版 機能と価格比較

主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac ダウンロード版(プロダクトキー/認証)価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。

Office 365 Premium

特別価格: 4,800円

1年間サブスクリプション

5台のPC又はMac

Office 2016(365)

特別価格: 4,800円

1年間サブスクリプション

5台のPC又はMac

Office for Mac 2011Home and Business

特別価格:5,800円

終身利用可能

1台の Mac

Mac office
最新のoffice for Mac 2016とoffice 365に関して日本価格や新機能など必要な情報を確認してみましょう。
Office for Mac 2016は2015年7月に発売されました。office 365の一部に当たるため、Macユーザの大部分がoffice 365のサブスクリプション契約を登録せずに、office for Macのみを購入したいと考えているようです。そして9月に、Microsoftはダウンロード・バージョンのoffice 2016 for Macを公開し、その予約価格が¥25,704(税込)です。本文はOffice for Mac 2016の機能紹介を通じ、office 365とOffice for Mac 2016の購入に関して提言します。更に、office 2016 for Macそれぞれのバージョンの日本価格も提示します。
(ご注意:本文はMicrosoft Office for Mac 2017の発表に触れません。最新のoffice for Macとその5年前のMicrosoft Office for Mac 2011の相違点のみを検討します。)

Microsoft Office for Mac 2016日本価格:Office for Mac 2016はいくらですか?

Office Home & Student 2016 for Macの価格は¥25,704(税込み)です。Word、Excel、PowerPointとOne noteを含みます。Microsoft社の日本HPから購入できます。
Office Home & Business 2016 for Macの価格は¥37,584(税込み)です。Outlook、Word、Excel、PowerPointとOneNoteを含み、Microsoft社の日本HPから購入できます。
これらのバージョンは1台のMacでのみ使用可能で、複数のMacで使用する場合、Office 365のサブスクリプション契約を登録するしかありません。マイクロソフト社がoffice 365のサブスクリプション・モードを普及させようとする傾向が窺えます。
office for Mac 2016を購入する場合、1台のMacでのみ使用可能で、15GBのOne Drive保存容量が付いています。一方、サブスクリプション・ユーザの場合、更に多くの保存容量を取得できる上、複数のMac、iPhoneとiPadで使用可能です。

Office 365 日本価格:Office 365のサブスクリプション料金はいくらですか?


それぞれのユーザにとって、Office 365のサブスクリプションがそれぞれのソフトパックに対応しています。Office 365 businessはOutlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Publisher及び1TBのOne drive保存用量を含みます。月額料金は8.25ドルです。Office 365 business Essentialsはクラウドベースの電子メール、カレンダー、Office Online、オンライン会議、インスタントメッセンジャー、ビデオ会議、クラウド保存及びファイルの共有機能を含みます。月額料金は5ドルです。Office 365 business Premiumは上述の全てのコンテンツを含みます。月額料金は12.5ドルです。
ファミリーユーザは月額9.99ドル或いは年額99.99ドルでOffice 365のサブスクリプション契約を登録し、また下記機能の使用・アクセス権利を取得できます:Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、PublisherとAccessのデスクトップ・バージョンでのファイル作成・編集を含みます。当該バージョンは5台のMac或いはPC、及び5台のタブレットPCと5台の携帯電話にインストール可能です。(当該バージョンはアメリカ国内のみで発売されます)
Office 365 Soloの場合、年額料金¥12,744で、月額料金¥1,274です。当該バージョンはWord、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessを含み、2台のPC或いはMacにインストールできます。更に1TB One driveの保存容量とSkype月々60分の無料通話サービスが付いています。(このバージョンは日本国内のみで発売されます)
Office 365 Educationは学生・教職員向けの無料バージョンです。機能の制限がありませんが、購入・使用対象者が制限されています。Office 365 Education E5に関して、学生向けの価格は¥650で、教職員向けの価格は¥870です。ただし、学生・教職員の証明書を提示する必要があります。
Office Home & Student 2016 Mac価格は¥25,704(税込み)です。Word、Excel、PowerPointとOneNoteを含みます。一方、Office Home & business 2016 for Macの価格は¥37,584(税込み)です。Outlook、Word、Excel、PowerPointとOne noteを含みます。Outlook以外、ほぼ同じです。Office 2016 for MacはMac OS X 10.10と4GB RAM以上の運行環境が必要です。

Office Home & Student 2016 一括払いとサブスクリプション方式を比べてどうでしょうか?

Office 365 Cloud

Office 365 Cloud

Office 365 Home

年額料金99.99ドル
月額料金9.99ドル
Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、PublisherとAccessを含みます。
5台のPC或いはMac、5台のタブレットPCと5台の携帯電話にインストール可能です
ユーザ毎に1TBのOne Drive保存容量が付いています
5人ユーザの共用できる月々60分Skype無料通話サービスが付いています

Office 365 Solo

年額料金12,744円
月額料金1,274円
Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessを含みます
2台のPC或いはMac、2台のタブレットPCと2台の携帯電話にインストール可能です
ユーザ毎に1TBのOne Drive保存容量が付いています
月々60分Skype無料通話サービスが付いています

Office 365 Education

無料
Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、OneNoteを含みます
5台のPC或いはMac、5台のタブレットPCと5台の携帯電話にインストール可能です
ユーザ毎に1TBのOne Drive保存容量が付いています
ローカルエリアネットワーク、教育画像・影像ツール、無制限オンライン会議、PSTN会議などの機能も充実しています

Office Home & Student 2016 for Mac

価格は¥25,704(税込み)です
Word,Excel,PowerPoint,OneNoteを含みます
1台のMacにインストール可能です
15GBのOne Drive保存容量が付いています
Skype:N/A

Office Home & Business 2016 for Mac

価格は¥37,584(税込み)です
Word,Excel,PowerPoint,OneNote,Outlookを含みます
1台のMacにインストール可能です
15GBのOne Drive保存容量が付いています
Skype:N/A

Mac環境でOffice for Mac 2016を使用します

Office 2016 for MacはMac OS X 10.10 Yosemiteと4GB RAM以上の運行環境が必要です。
それでOffice 2016 for Macの運行可能なMacは下記のモデルを含みます:
iMac(2007年中期発売モデル)
MacBook(2008年末、或は2009年初発売モデル)
MacBook Pro(2007年中期発売モデル)
MacBook Air(2008年末発売モデル)
Mac mini(2009年初発売モデル)
Mac Pro(2008年初発売モデル)
Xserve(2009年初発売モデル)

iPadとiPhone向きのOffice 2016がありませんか?

App store Office

Office for iphone、ipad App Store

アップル社はIOSにおけるWord、Excel、PowerPointとOutlookをリリースしています。アップルのAPP Storeからダウンロードできます。

Microsoft Office for Mac 2016の新機能

最新のoffice for Mac 2016には数多くの新機能が見られます。共同作業とその他協力機能、及びマルチプラットフォームの統一性が強化されています。2つのプラットフォームのOfficeがUIから機能まで一々対応しているため、理論的に、PCユーザがMacにシフトしても、すぐに仕事できます。
マイクロソフト社の公式通知により、プレビュー・バージョン発表以来、アプリが屡々調整されているそうです。これらの調整はアプリに対するフィードバックに基づき、アプリの性能と安定性を向上させました。例えば、機能の追加、メールとWordの一体化やExcelの外部データ接続サポートなどが挙げられます。
最新のoffice 2016 for Macはお馴染みのWindowsのOfficeに比べ、ツールバー、インターフェイス及びタスクウィンドウがほぼ一致しています。Macユーザは最適化されたOfficeを体験できます(フルスクリーンビューとマルチタッチ・ジェスチャー)。Retinaディスプレイに対応しているため、Officeファイルの表現力も更に向上します。
Office for Macの新機能クラウドリンクを通じ、最近その他端末で使用したファイルに速やかにアクセスし、ファイルを開いて前回編集した箇所にジャンプすることが可能です。そして新しいファイル・シェア・ツールにより、友達をファイルの編集に誘うこともできます。コンテンツとテンプレートもしっかり保存されます。office for Mac、PC、タブレットPC、携帯電話とオンラインのOfficeは、ほぼ完璧な互換性を構築しています。

office 2016 for Macのアンインストール?

Office for Macのアンインストール

Office for Macのアンインストール

必要に応じて下記の説明に従い、office 2016 for Macのアンインストールが可能です:
1.Finderのウィンドウを開きます
2.アプリフォルダーを選びます
3.削除したいWord、Excel、PowerPoint、OutlookとOneNoteのアプリを探します
4.関連アプリをゴミ箱にドラグインします
5.右ボタンをクリックしてゴミ箱をクリアします

Office for Macの次のバージョンアップはいつですか

通常、バージョンアップは3年毎に行われています。MacのOffice開発はWindowsより遅れており、開発時間が1年間以上かかります。それは、MacのOfficeがWindowsのOfficeからの移植バージョンではなく、Macの特性に合わせて調整する必要もありますから。
1995-office 95 for windows
1997-office 97 for windows
1998-office 98 for Mac
2000-office 2000 for windows
2000年末-office 2000 for Mac
2001-office X-最初のMac OS Xバージョン
2001-Office XP for windows
2003-Office 2003 for windows
2004-office 2004 for Mac
2007-office 2007 for windows
2008-office 2008 for Mac
2010-office 2010 for windows
2010-office 2010 for Mac
2013-office 2013 for windows
2015-office 2016 for Mac
2015-office 2016 for windows
office for Mac 2011は2010年に発売され、5年も経ってMac 2016Officeがやっと発表されました。office 2013 for windowsは2013年1月から発表されたが、当時Macバージョンの開発がなかったため、前後の間隔時間がかなり長かったです。一方、2010年6月に発売されたoffice 2010 for windowsと2010年10月に発売されたoffice for Mac 2011の間に、4ヶ月の間隔時間しかありません。
これはoffice for Macのバージョンアップにおいて、間隔時間の最も長い更新です。1088日もかかりました。

9月22日にマイクロソフト社はOffice 2016を正式発売しました。今回発売されたOffice 2016はWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、OneNoteなどの事務用ソフトを含み、4つの特徴を主とします:(1)チームワーク、(2)Windows 10との完璧な対応性、(3)様々なニーズへの対応性、(4)セキュリティ面の安心できる企業応用。現在、Office 365のサブスクリプション登録者は最新のOffice 2016を体験できます。



今回のOffice 2016はバージョンが多く、個人、団体、学生或いは教職員などに向きます。
windows,MAC,IOS,Androidなどの各種OSに対応します。
購入形式はサブスクリプション・バージョン(Office 365)と永久ライセンス・バージョンに分けられます。
その価格帯は1200円から6万円までです。
最安価でご自分にあったOfficeを購入できるように、まずOffice 2016の各バージョンの特徴を確認してみましょう。

Office 2016 価格 目次

365 個人ユーザ向きのOffice 365 Soloの価格

Office 365 solo

Office 365 Solo

Office 365のサブスクリプション

サブスクリプションとは、年額或いは月額料金を支払ってOffice365を利用することです。利用期限があります。
Office365 はこれまでのOfficeソフトとは異なります。Office 365をサービスとして理解すれば、これまでの永久ライセンス・バージョンをソフトとして理解して良いでしょう。これまでのOfficeソフトの購入は、永久利用可能な商品を購入したことです。一方、Office365はマイクロソフト社に提供されるサービスであり、年額或いは月額料金を支払ってそのサービスをレンタルしているのをイメージしてください。期限切れたら、料金を追加しない場合、ソフトは自動で機能制限モードに入ります。

2台のPCにインストール可能で、Mac或いはWindowsでの同時運行を実現

2台のPC(2台のPC、或いは1台のPCと1台のMac)を保有する場合、Office 365 Soloがベストチョイスと考えられます。Officeを別途購入する必要がありません。Office 365 Soloのサブスクリプションにより、2台のPCでのインストールが可能です。
Office for MacはMac向けのOfficeアプリであり、Macで最新のMicrosoft Office 2016のWord、ExcelやPowerPointなどのソフトを利用できます。

Office 365により最新バージョンOfficeへの永久無料バージョンアップを実現

Office 2016発売前に、Office 365のサブスクリプション登録者が当時最新のOffice 2013を利用でき、一方Office 2016発売後、登録者がOffice 2016(Windowsバージョン)とOffice 2016 for MACに無料バージョンアップできます。

Office 365 Soloは全てのOfficeソフトを含みます

Office 365 solo のコンポーネント

Office 365 Soloに含まれるソフト

Office 2016 永久ライセンス・バージョンはにプロフェッショナル、ホーム&ビジネスとパーソナルに分けられます
用途と価格により、それぞれのバージョンに含まれるソフトも異なります。
Office 2016 Personalの場合、永久ライセンス・バージョンの価格は32184円です。基本的機能を必要とする個人ユーザに向きます。利用可能なソフトはWord 2016、Excel 2016とOutlook 2016のみです。
一方、Office 365 SoloはOffice 2016の全てのソフトを含みます:
Word 2016,Excel 2016,Outlook 2016,PowerPoint 2016,OneNote 2016,Publisher 2016,Access 2016

Office 365 Soloは1TBのOneDriveを含みます

Office 365 solo OneDrive

Office 365 solo OneDrive

OfficeとOneDriveの併用により、オンラインでファイルを作成・編集・共有できる上、そのファイルの編集をローカルに切換えられ、ローカルで編集したファイルをクラウドに保存でき、或いはオンラインで編集したファイルをローカルに保存できます。
MacとWindowsを同時利用する、或いは複数のPCを同時利用するユーザにとって極めて便利です。OneDriveで両方のファイルを同期させることができます。
永久ライセンス・バージョンの場合、OneDrive無料保存容量は5GBしかありません。
50GB保存容量にアップするには、月々200円の料金が必要です。
Office 365の場合、1TB(1000GB)の保存容量が付きます。

Office 365のバージョンアップは無料になっています

offie 365発売前に、最新Officeへのバージョンアップは数万円かかることが多いです。
2014年4月8日から、マイクロソフト社はWindows XPユーザ向けの商品バージョンアップとセキュリティパッチなどのサービスを中止します。更に、Office 2003向けのサービスも中止します。サポート終了後、旧バージョンのOffice 2003は相変わらず利用可能ですが、セキュリティ面のリスクが高まります。更に、最新のWindowsとOfficeに対応できるように、数多くのソフトメーカーとハードメーカーは商品を改良し続けるため、旧バージョンのOfficeの場合、最新のWindowsで利用できないことがあります。
数年毎に、新バージョンのOfficeが発売され、既存機能に最新技術と機能が追加されます。セキュリティ面を考慮して新しいOfficeを購入するには、大変お金がかかります。
Office 365発売前に、ユーザは数万円もかかるOffice永久ライセンス・バージョンを購入するしかありませんでした。更に、Office 365 Soloは月間サブスクリプションにも対応します。登録料金は年額12,744円で、月額1,062円です。
これまで、Office購入にあたって「最安価」を探すために、大変時間がかかります。今はその必要がありません。

Ms Windows環境でOffice 2016を使用

Office 365 Solo、Office 2016パッケージ版、ダウンロード版(永久ライセンス・バージョン)の1年間〜2年間利用料金の比較を下表に示します。
Office 365 Solo Personal Home & Business Professional Academic
価格(1年) 12,744円 30,575円 35,705円 61,355円 30,024円
価格(2年) 25,488円 30,575円 35,705円 61,355円 30,024円
価格(3年) 38,232円 30,575円 35,705円 61,355円 30,024円
Excel
Word
Outlook
OneNote
PowerPoint
Access
Publisher
購入資格 無し 無し 無し 無し 学生
教職員
無料バージョンアップ
Mac対応
OneDrive 1TB
*本表に示す価格はマイクロソフト社の公式価格です。

2年間利用の場合、Office 365 Soloは最安価

上表から見れば、最新Office 2016を利用する場合、Office 365 Soloは最安価に当たります。

3年間以上、Officeの基本的機能を利用する場合、Personalは割に合います

Officeユーザの大部分は、文書処理、表作成やメールの受送信などの軽度応用しかやりません。Office 2016 Personalはそのようなユーザに向きます。
現在、Office 2016 Personalは永久ライセンス・バージョンであり、2017年現時点でマイクロソフト社の最新Officeでもあります。5年間利用価格は30,575円です。

サラリーマンにとってHome & Businessはベストチョイス

Officeの基本的機能を常用し、またPowerPoint、Access、Publisherなどを必要とするサラリーマン或いはヘビーユーザーが5年間利用する場合、Office 2016 Home &Businessの価格は35,705円です

学生の選べる最安価バージョン

Office Academic 2016

Office Academic 2016

Professionalと同じ機能を持つOffice 2016 Academicの価格は30,575円です。価格性能比の最も高いOffice 2016と言えます。
最新のOffice 2016と共に学校生活を送り、卒業・就職後も、職場で活躍していきます。ただし、Office 2016 Academicを購入するには、学生証或いは教職員証を必要とします。

Windows或いはMACで同時にOffice 2016を使用

Office 365のサブスクリプション期限以内、Office 365は2台のPCに同時インストール可能です。また、最新Officeの利用も可能です。現在まで、Macにおける最新バージョンのOfficeはOffice 2016 For MACです。
統計により、43%のPC(Windows)ユーザがMac製品を併せ持っているそうです。全国のMac保有数は約400万台に達します。
自分自身の話ですが、デスクトップPC(Windows 10)1台と、仕事用のMacbook Air1台を持っています。windowsとMacを併せ持つ方もかなり多いと思います。
事務用の必須ソフトとして、これまでMacとWindowsのために、別々に高価なOfficeを購入したことがありませんか。
2000年前後、4万円のOffice for MAC 2011を購入したことがあります。その後、当時最新のMacbook Airを購入したが、Office for MAC 2011が新しいMBAに十分に対応していないか、アウトプットしたファイルをWindowsで開いたら、レイアウトが狂ったり、Excelの関数に誤謬があったりしました。結局、4万円もかかったOffice for MACを棚上げにしました。
そして、Office 365の発売が大きな変化を遂げました。Office 365 Solo購入後、バージョンアップのために高額な費用を払う必要がなくなり、Office 2016 for MACリリース後、Office 365を通じて最新バージョンにバージョンアップできます。また、残りのOffice 365ライセンスを住宅用のPCで使用することで、Windowsでも最新のOffice 2016を利用できるようになります。

Office home & student 2016 for mac

Office home & student 2016 for mac


MacユーザがOfficeを購入する際に、まずOfficeのバージョン数、各バージョン間の区別、価格及び自分に合ったバージョンを把握しておく必要があります。そしてどのような環境でOfficeを使用するのも重要です。より高価な商用Office以外、一番経済的な選択肢はOffice home & Student 2016 for Macです。

  • •商用Officeとは?


償ユーザー
無償ユーザー / Microsoftアカウント保有者
Office 365個人向けライセンス契約者
Office 365法人向けライヤンス契約者
Office文書の閲覽




基本的なOffice文書の作成・編集()
X


基本的なOffice文書の作成・編集(商用利用)
X X

完全なOffice文書の作成・編集(個人・商用利用)
X X

法人向け機能
X X X

事務遂行の主要ツールとして、Officeは商業において、大きく生産効率を向上させ、現代化の事務・作業に欠かせないツールになっています。これで、商業バージョンの価格がその他バージョンに比べてやや高いのです。また、マイクロソフト社の公式顧客センターに連絡した結果、Office Hone & Student が商用できない以外、その他バージョンのOfficeが全部商用でき、これもOffice Home & Studentの低価格の原因に当たります。

携帯端末Officeを無料で商用できますか?

携帯端末Office

Office for iphone、ipad、Android、Windows

新しいバージョンのOfficeが発表された時点で、10インチ以下のiPhone、iPadなどの移動型端末においてOfficeが無料使用可能だが、商用が禁止されています。即ちiPad或はiPhoneにおいてOfficeファイルを編集できず、その一部の機能が制限されています。
アプリストアでキーワードを検索すれば、関連アプリが表示されます。これまで、マイクロソフト社は複数の携帯端末向けのアプリを発布しました:Microsoft Excel、Microsoft Word、Microsoft powerPoint、Microsoft outlook、Microsoft OneDrive。

アカデミーバージョンとの区別

Office-home-student-VS-academic

Office Home & student 2016 for Mac VS Office Academic 2016 for Mac

アカデミーバージョンはより低価格のバージョンであり、当然、このバージョンも商用できません。アカデミーバージョンOfficeの購入は学生と教職員に限り、学生証と教職員証を提示した上、はじめて購入できます。このバージョンの使用期限も限られており、在学中にのみ使用可能です。卒業後、正規バージョンを再購入する必要があります。その分、その価格もより低いのです。
Mac Academic 2016 価格は32980円で、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteを含みます。

その他バージョンとの比較

Office home & Student 2016 Mac:Word、Excel、PowerPoint、OneNoteを含み、商用できません。最多2台のMacで利用可能で、5GBのone driveオンライン保存容量付き、価格が24419円です。
Office Home & Business 2016 Mac:Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookを含み、商用できます。最多2台のMacで利用可能で、5GBのone driveオンライン保存容量付き、価格が35705円です。
Office 365 Solo:Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookを含み、商用できます。最多2台のMac或いはWindows PCで利用可能で、1TBのonedriveオンライン保存容量付きます。このバージョンはサブスクリプション方式で購入可能です。1ヶ月の料金が1274円で、1年間の料金が12744円です。

Office Home & Businessの区別

Home & Studentとhome & Businessの価格差は1万円以上で、home & Businessのメリットは商用可能とOutlook利用可能です。

Office 365の区別

Office 365はマイクロソフト社の最新Officeです。その購入も新しいサブスクリプション方式になっています。1年間料金が12744円で、1ヶ月料金が1274円です。このバージョンとOffice Hone & Businessの最大な区別は、毎月或いは毎年にサブスクリプション料金が発生し、ソフトウェアのアップデートを無料でできます。同時にwindowsとMacを使用する場合、Office 365をオススメします。Office 365はWord、Excel、Powerpoint、 Onenote、Outlook、Publisher、Access、SkyDriveを含みます。前の4つのアプリを必要として、また1台の設備にインストールする場合、Office Home & Studentの購入をオススメします。只需要一次支付就可以获得微软服务内提供的使用权和其他服务。一括払いで指定範囲内のマイクロソフト社の各サービスを手に入れられます。

  • Office for Mac 2016 は新しく発売されました:

    マイクロソフト社の新生代OfficeスイートのOffice 2016正式版はすでにWindows10に搭載されており、現在Macユーザも最新版のOffice for Mac 2016を使えるようになりました。Office 2016 for Macのトライアル版はすでにリリースされ、無料で体験できます。

    Office for Mac 2016は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較
    Mac版Officeの最も近いアップグレードは2011年発売のOffice For MAC 2011に止まり、一方これまでの数年間にWindows版は何回もアップグレードされました。2013年発売のOffice365がMac版を含むとは言え、相変わらずOffice For Mac 2011でした。ゆえに、仕事中にMacを使うユーザにとって、この新バージョンの価値は極めて大きいのでしょう。
    2011年発売のOffice For MAC 2011
    Office 2016 for Macはクラウドサービスに基づき、ユーザはいつでも、どこでも、どんなデバイスでもファイルにアクセスでき、この点はWindows10とよく似ています。
    新バージョンは新機能の追加以外、MacのUIデザインとシステム特性に合わせ、完璧にMacに対応するようになりました。例えば:フルスクリーン、マルチポイントタッチ及びRetinaディスプレイに対応する数千のHDアイコン、またファイルのローリング効果のような細かい進化もあります。
    Office 2016 for Macは全てのiOSに対応できます
    Office 2016 Mac版はWord For Mac、Excel For Mac、PowerPoint For Mac、Outlook For Mac、OneNote For Macなどの新バージョンを含み、英語、日本語、中国語簡体字、中国語繁体字など16種類の言語に対応し、Mac OS X 10.10 Yosemite或いはそれ以上のシステムバージョンに適用します。
    image004
    Office for Macのトライアル期限は60日です。下記のアドレスからダウンロードできます:


    現在、Office365のユーザは最新版Office for Macを取得可能です。いずれのOffice 365商品を購入することにより、Mac、Windows、iOS及びAndroidにおけるOffice 2016の利用権利、及び更に大きなOneDrive容量を取得できます。マイクロソフト社は四半期ごとにOffice 365ユーザに一回以上の更新と新機能を発表します。


  • Office Macの購入方法——各サイトの掲載価格比較:

    主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。
    image005

  • サブスクリプション:

    マイクロソフト社は2013年からOffice 365に対して、新しい「サブスクリプション」モードを導入したので、消費者は時間によりサブスクリプションを行えます。Office 365をサブスクリプションで取得したユーザであれば、今すぐOffice Mac 2016にアップグレード可能です。
商品名 Office 365 Premium Office 365 Solo
価格 Office 365 Premium 価格:¥ 7,900/1 年間(Win10mall) Office 365 Solo価格:¥ 12,744/1 年間(Microsoft Store)
インストール数 5 台の PC または Mac 2 台の PC または Mac
Office スイートの内容 Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
Macに適用
Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む

Office 2016にアップグレード可能
Office for Macを含む
















Office 365 Solo 価格(Microsoft Store 日本): ¥12,744/1 年間, 2 台の PC または Mac
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo
 
Office 365 Solo 価格(Amazon.co.jp): ¥11,581/1 年間, 2 台の PC または Mac
    購入アドレス:
    http://www.amazon.co.jp/Microsoft-Office-%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91/dp/B00O2TXF8O

Office 365 Premium激安価格(Win10mall.com): ¥7,900/1 年間, 5 台の PC または Mac
     購入アドレス:
   

  • 终身授权(永続ライセンス):

    一部の古いバージョンのOffice for Macは終身利用可能だが、最新版のOffice For MAC 2016にアップグレードできません。
商品名 Office for Mac Home and Student 2011 Office for Mac Home and Business 2011
価格 Office for Mac Home and Student 2011 価格:
¥9,999/永続ライセンス(win10mall)
¥18,360/永続ライセンス(Microsoft Store)
Office for Mac Home and Business 2011価格:
¥12,999/永続ライセンス(win10mall)
¥35,460/永続ライセンス(Microsoft Store)
インストール数 Mac 3 台 Mac 2 台
Office スイートの内容 Word、Excel、PowerPoint、OneNote Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook
Macに適用 Office For MAC 2011 Office For MAC 2011


















Office for Mac Home and Student 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥18,360
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Student 2011激安価格(Win10mall.com): ¥9,999
    購入アドレス:
  

Office for Mac Home and Business 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥35,460
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac

Office for Mac Home and Business 2011激安価格(Win10mall.com): ¥12,999
    購入アドレス:



激安!Office Mac 2011/2016 ダウンロード版(プロダクトキー/認証)

第1のラインナップとして、学生とファミリー向けの、Office for Mac Home and Student 2016いうシリーズがあります。
 学生用ですが、べつに学生証などの提示は求められません(家族版と共用だからです)。 WordとExcelとPowerPointがパッケージされています。
 このパックは、2ライセンスですから、2台までインストールする権利があります。オンラインでのアクティベーション(認証)により台数を管理するので、ライセンスキー1つで2台までインストールできるという仕組みです。
 なお、現在パッケージ版は未発売であり、ダウンロード版のみです。ただ、今後発売されるだろうパッケージ版についても、認証コードのみ付属で、インストール用のメディアは添付されない見込みです。
 ご存じのように、最新のMacbookやiMacは、CD/DVDドライブが搭載されないようになっていますので、このような方式は時代の流れなのでしょう。

Mac 版MS office 2016 はoffice 365ユーザにプッシュされています。管理人もダウンロードして実際に使用してみました。全てのディテールを説明できないが、前のMS Officeに比べて新版Office Macの体験談、及びMacユーザにとっての当バージョンの使い勝手を説明します。

Mac 版MS office 2016

インストールのインターフェイスはWindowsバージョンよりまし!

Mac版のMS Officeインストールプログラムは前バージョンのインターフェイスを援用しており、WindowsのEXEのように、PKGのインストールパックですが、Windowsより優れているのは、Macのインストールが余剰時間を提示することです。一方Windowsの場合はプログレスバーしかないのです。

アップグレードすると、クラッキングファイルを上書きするため、クラッキングユーザの場合、インストールをやめたほうが良いでしょう。

ADOBEのインストールが大量なスペースを占めるのと同じく、Mac版のOffice2016 365もなんと6GBのスペースを占め、MacBookを購入したばかりのユーザには特に問題ないが、アップグレード後はクラッキングファイルを上書きするため、Officeをクラックしていたユーザはアップグレードを諦めたほうが良いでしょう。アップグレードすると、Officeのお試しとサブスクリプション情報が表示されます(それでも課金する場合も特に問題ありませんが)。管理人はその理由を下記に説明します。

Mac版 Office2016

2013年にタイムスリップしたら!Windows版Office2013のインターフェイスを援用!

iWorkと無料のofficeは競い合い、Mac版MS officeのインターフェイス更新が明らかにWindowsより遅れを取っており、2013年にタイムスリップすれば、officeが再びRibbonインターフェイスから最近のWindows 8のインターフェイスへと変わる頃まで、この間に複数のofficeバージョンが市場シェアを奪い、例えばLibre officeとopen officeが大成功をおさめ、更にofficeの主要売上はWindows市場に集中するため、Mac上の更新がほぼなかったのです。しかし、更新がないわけでもありません。

それでもMS officeには利用価値の高い機能があり!

それでもMS officeには利用価値の高い機能があり!

1. 特に複雑な会計を行う場合

単純な文字入力について、iWorkを使っても特に差がありませんが、Excelには会計と統計などビジネスユーザ向きの機能、例えば資料分析、マクロアプリケーション、ラウンドテーブル分析などがあり、パターンも多くて文書作りには非常に便利で、これらの点からすればMS Officeはその他ワードプロセッサより優れていると言えます。

2. 形式の互換性を確保します

一部の大型企業、会社と政府部門は相変わらずOffice2003或いはそれより前のバージョンを使用しており、ファイルと内容の形式互換性を確保するように、MS office Powerpointを使用したほうが良いでしょう。

3. ファイルの保存方式も多様化

Office 365 のデフォルト保存先はOneDriveアカウント(即ちマイクロソフトアカウント)に接続しており、当然Mac本体に保存することも可能で、Icloud Drive或いはDropboxなどのクラウド保存機能を活かせば,ファイルをクラウドに保存することも可能で,その他インターネット環境においてファイルの同期も可能になります。

4. 操作利便性

操作利便性も大事です。iWorkなどのオフィススイートを使用する場合、全てのボタンの位置を覚えなおしたり探したりするしかなく、一方Officeの全てのボタンは上部のRibbonにあり、Windows版のOffice2007を体験したユーザの場合は、より慣れやすいかもしれません。

5. OneDriveは統一したマイクロソフトアカウント管理に基きます

office 365登録による100TBプレゼントのキャンペーンがとっくに終わったが、それでもOneDriveは15GBの保存スペースを提供しており(Outlookが入るようになりましたが)、Windowsライセンスの登録と購入に使用することまでも可能で、アカウントが1つ増えても特に損をしません。

まとめ:上記の原因により、MacユーザはWindows版のoffice機能みたいに、Mac版におけるアップグレードを期待し、今回のマイクロソフト社のアップグレードはMacユーザのニーズに十分に応えているため、アップグレードとサブスクリプションするに値します。

↑このページのトップヘ