Office MAC 2011/2016 ダウンロード版 機能と価格比較

主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac ダウンロード版(プロダクトキー/認証)価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。

Office 365 Premium

特別価格: 4,800円

1年間サブスクリプション

5台のPC又はMac

Office 2016(365)

特別価格: 4,800円

1年間サブスクリプション

5台のPC又はMac

Office for Mac 2011Home and Business

特別価格:5,800円

終身利用可能

1台の Mac

Mac MS office 2016 office 365ユーザにプッシュされています。管理人もダウンロードして実際に使用してみました。全てのディテールを説明できないが、前のMS Officeに比べて新版Office Macの体験談、及びMacユーザにとっての当バージョンの使い勝手を説明します。

mac-office-2016

 

インストールのインターフェイスはWindowsバージョンよりまし!

Mac版のMS Officeインストールプログラムは前バージョンのインターフェイスを援用しており、WindowsEXEのように、PKGのインストールパックですが、Windowsより優れているのは、Macのインストール余剰時間を提示することです。一方Windowsの場合はプログレスバーしかないのです。

 

アップグレードすると、クラッキングファイルを上書きするため、クラッキングユーザの場合、インストールをやめたほうが良いでしょう。

 

ADOBEのインストールが大量なスペースを占めるのと同じく、Mac版のOffice2016 365もなんと6GBのスペースを占め、MacBookを購入したばかりのユーザには特に問題ないが、アップグレード後はクラッキングファイルを上書きするため、Officeをクラックしていたユーザはアップグレードを諦めたほうが良いでしょう。アップグレードすると、Officeのお試しとサブスクリプション情報が表示されます(それでも課金する場合も特に問題ありませんが)。管理人はその理由を下記に説明します。

s-;_ylt=A2RCKwLu2UBY02wAG0IdOfx7


 

2013年にタイムスリップしたら!WindowsOffice2013のインターフェイスを援用!

 

iWorkと無料のofficeは競い合い、Macmsofficeのインターフェイス更新が明らかにWindowsより遅れを取っており、2013年にタイムスリップすれば、officeが再びRibbonインターフェイスから最近のWindows 8のインターフェイスへと変わる頃まで、この間に複数のofficeバージョンが市場シェアを奪い、例えばLibre officeopen officeが大成功をおさめ、更にofficeの主要売上はWindows市場に集中するため、Mac上の更新がほぼなかったのです。しかし、更新がないわけでもありません。

20161202113107


 

それでもMS officeには利用価値の高い機能があり!


1.  特に複雑な会計を行う場合

単純な文字入力について、iWorkを使っても特に差がありませんが、Excelには会計と統計などビジネスユーザ向きの機能、例えば資料分析、マクロアプリケーション、ラウンドテーブル分析などがあり、パターンも多くて文書作りには非常に便利で、これらの点からすればMS Officeはその他ワードプロセッサより優れていると言えます。


2.  形式の互換性を確保します

一部の大型企業、会社と政府部門は相変わらずOffice2003或いはそれより前のバージョンを使用しており、ファイルと内容の形式互換性を確保するように、MS office Powerpointを使用したほうが良いでしょう。


3.  ファイルの保存方式も多様化

Office 365 のデフォルト保存先はOneDriveアカウント(即ちマイクロソフトアカウント)に接続しており、当然Mac本体に保存することも可能で、Icloud Drive或いはDropboxなどのクラウド保存機能を活かせば,ファイルをクラウドに保存することも可能で,その他インターネット環境においてファイルの同期も可能になります。


4.  操作利便性

操作利便性も大事です。iWorkなどのオフィススイートを使用する場合、全てのボタンの位置を覚えなおしたり探したりするしかなく、一方Officeの全てのボタンは上部のRibbonにあり、Windows版のOffice2007を体験したユーザの場合は、より慣れやすいかもしれません。


5.  OneDriveは統一したマイクロソフトアカウント管理に基きます

office 365登録による100TBプレゼントのキャンペーンがとっくに終わったが、それでもOneDrive15GBの保存スペースを提供しており(Outlookが入るようになりましたが)、Windowsライセンスの登録と購入に使用することまでも可能で、アカウントが1つ増えても特に損をしません。


まとめ:上記の原因により、MacユーザはWindows版のoffice機能みたいに、Mac版におけるアップグレードを期待し、今回のマイクロソフト社のアップグレードはMacユーザのニーズに十分に応えているため、アップグレードとサブスクリプションするに値します。



Microsoft office 2016 から、マイクロソフト社は全てのアプリにダウンロード版とパッケージ版を導入するようになっているが、office 2016 前のバージョンを購入しようとする場合、どのようにダウンロード版とパッケージ版を選択すればよいのでしょうか?その相異点は?

005

    パッケージ版はマイクロソフト社の実店舗から、或いはアマゾン、ロッテなどのネットストアから購入可能で、ネットストアで購入する場合、お宅に届くまで郵送時間がかかります。office 2016のパッケージ版は包装サイズが小さくなり、office 2016 のプロダクトキーを記載するカードしか入っていません。一方これまでのoffice パッケージ版にoffice インストールパック付きのDVDが入っているため、インターネットがなければofficeのインストールができません。マイクロソフトの公式サイトからofficeをダウンロードしておく必要があります。マイクロソフト社はoffice 2016の発売以来、全てのアプリのダウンロード方法を変更しており、setup.office.comにアクセスしてマイクロソフトのアカウントでログインし、そしてプロダクトキーを入力したら、はじめてダウンロードとインストールできます。最後、office 2016のアクティブ化を行います。

    Office ダウンロード版の場合、ネットストアからofficeのプロダクトキーを購入し、その後メールの形で送信されます。そして公式サイトからアプリをダウンロードし、上記のプロダクトキーによりインストールできます。office 2016 のみならず、office 2013office2010などのバージョンにもダウンロード版があり、ユーザはご自分のニーズに応じ、必要バージョンのofficeプロダクトキーを購入すれば良いです。

yjimage

    Office サブスクリプション、即ちoffice 2016 以来のサブスクリプション型officeアプリであり、office 365サブスクリプションはその他バージョンの購入方法が異なり、毎月マイクロソフト社に一定の料金を支払う必要があります。  office 365 サブスクリプションのメリットは、windowsMacの両方にてofficeを使用する方に向きます。

その他バージョンのofficeは別々に購入する必要があり、価格がやや高くなります。しかし、office 365サブスクリプションは月額を払えば、windowsMacの両方にて使用可能です。office 365サブスクリプションはマルチプラットフォームのユーザにとって、非常に経済的です。

    Microsoft Office 2016を対象に無料で15G Onedriveオンライン保存サービスを提供しており、更にoffice 365 サブスクリプションを購入すれば、その容量はなんと1TPまで増えます。

20160303075354

   

officeformac2016


Office 2016 for Mac 買い切り型、購読版価格

2015年の中頃に、Microsoft社はwindows版のofficeの発表より先んじて、Mac版のoffice 2016を発表しました。新バージョンのoffice 2016 macOneNoteを含みます。(無料版のOneNoteMacOSにて使えます)

今日は新バージョンのoffice 016 for macに関する2つのポイントを見てみましょう


1 価格はどうですか?

2 microsoft officeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか


価格はどうですか?

ご覧の通りに、office 2016 for mac の価格をまず見てみましょう

本文はoffice 2016 for mac の機能説明ではなく、価格と購入方法に焦点を当てます。

では、office 2016 for macはいくらでしょうか?

1,274(税込み)。

即ち、これはoffice macの購読版価格であり、月額制です。

しかし、home and businesshome and studentなどほかのバージョンはどうでしょうか。これまでoffice for macのバージョン選択に悩んでいる方が多いようです。


microsoft officeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか

office  2016  mac home and business

購読版、通称サブスクリプションです。最初のうち、Microsoft officeは数万円を一括払いしてofficeのパッケージとライセンスを購入する必要があり、2011年から大量PCを持つ企業に向け、「購読型」Office——Office 365が発表されました。契約期間中に複数のPCにインストール可能です。

Office 365は最初個人バージョンのサービスを提供していなかったが、去年10月から、office365は個人バージョン向けのサービス、office 365 soloを正式発売しました。

Office 365 soloは使用契約期間中に、2台のPC又はMacに全ての最新officeアプリケーションをインストールと使用することが可能です。

office mac home and business

特別な点として、1つの「購読アカウント」はMacwindows両方にて利用可能です。

私のようにmacを使いながらwindowsを使っているお方が多いと思います。macにもwindowsにもmicrosoft officeを使うため、高価なmicrosoft officemacバージョンとwindowsバージョンをそれぞれ購入するしかありません。しかしoffice365の場合、購読を1回すれば、同時にmacwindowsにて利用可能で、office 365 soloはまさしくwindowsmacのダブルユーザに向きます。

最新のofficeアプリケーションといえば、これまで、macにはoffice for mac home and business 2011しかなく、windowsにはoffice 2013 professionalのアプリケーションしかありません。

それでoffice 2016 for mac の発売につれ、office365 soloにおいて利用可能なmacバージョンはoffice 2016に変わります。

microsoft office は不定期的に新バージョンを発表するため、ユーザは新バージョンを購入又はアップグレードするしかありません。

バージョンのアップグレードにより、次々とOffice 2004 for MacOffice 2008 for MacOffice for Mac 2011を購入したmacユーザが大勢います。即ち買切り型でも、永続使用可能ではなく、最終的にmicrosoft社にお金を払うしかありません。それで、最新のofficeアプリケーションを入手するには、購読版のoffice365 soloは欠かせません。実は個人でmicrosoft officeを購入しようとすれば、office365 soloのほうが経済的です。特にwindowsmacのダブルユーザの場合、office365 solo以外のベストチョイスがありません。office 365 soloの発売につれ、これまでの買切り型バージョンはどうなるのでしょうか。その変化は注目に値します。

Office 2016の発売初期には買切り型がなく、購読版しかありませんでした。

買切り型の時代が終了し、新しいサービスの時代を迎えてくるかもしれません。

買切り型から購読型へと変更する製品はmicrosoft officeのみならず、adobe傘下のシリーズアプリケーションも同じ戦略をとっています。

office 365


本文出所:http://blog.livedoor.jp/msofficeformac/



↑このページのトップヘ