Mac office
最新のoffice for Mac 2016とoffice 365に関して日本価格や新機能など必要な情報を確認してみましょう。
Office for Mac 2016は2015年7月に発売されました。office 365の一部に当たるため、Macユーザの大部分がoffice 365のサブスクリプション契約を登録せずに、office for Macのみを購入したいと考えているようです。そして9月に、Microsoftはダウンロード・バージョンのoffice 2016 for Macを公開し、その予約価格が¥25,704(税込)です。本文はOffice for Mac 2016の機能紹介を通じ、office 365とOffice for Mac 2016の購入に関して提言します。更に、office 2016 for Macそれぞれのバージョンの日本価格も提示します。
(ご注意:本文はMicrosoft Office for Mac 2017の発表に触れません。最新のoffice for Macとその5年前のMicrosoft Office for Mac 2011の相違点のみを検討します。)

Microsoft Office for Mac 2016日本価格:Office for Mac 2016はいくらですか?

Office Home & Student 2016 for Macの価格は¥25,704(税込み)です。Word、Excel、PowerPointとOne noteを含みます。Microsoft社の日本HPから購入できます。
Office Home & Business 2016 for Macの価格は¥37,584(税込み)です。Outlook、Word、Excel、PowerPointとOneNoteを含み、Microsoft社の日本HPから購入できます。
これらのバージョンは1台のMacでのみ使用可能で、複数のMacで使用する場合、Office 365のサブスクリプション契約を登録するしかありません。マイクロソフト社がoffice 365のサブスクリプション・モードを普及させようとする傾向が窺えます。
office for Mac 2016を購入する場合、1台のMacでのみ使用可能で、15GBのOne Drive保存容量が付いています。一方、サブスクリプション・ユーザの場合、更に多くの保存容量を取得できる上、複数のMac、iPhoneとiPadで使用可能です。

Office 365 日本価格:Office 365のサブスクリプション料金はいくらですか?


それぞれのユーザにとって、Office 365のサブスクリプションがそれぞれのソフトパックに対応しています。Office 365 businessはOutlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Publisher及び1TBのOne drive保存用量を含みます。月額料金は8.25ドルです。Office 365 business Essentialsはクラウドベースの電子メール、カレンダー、Office Online、オンライン会議、インスタントメッセンジャー、ビデオ会議、クラウド保存及びファイルの共有機能を含みます。月額料金は5ドルです。Office 365 business Premiumは上述の全てのコンテンツを含みます。月額料金は12.5ドルです。
ファミリーユーザは月額9.99ドル或いは年額99.99ドルでOffice 365のサブスクリプション契約を登録し、また下記機能の使用・アクセス権利を取得できます:Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、PublisherとAccessのデスクトップ・バージョンでのファイル作成・編集を含みます。当該バージョンは5台のMac或いはPC、及び5台のタブレットPCと5台の携帯電話にインストール可能です。(当該バージョンはアメリカ国内のみで発売されます)
Office 365 Soloの場合、年額料金¥12,744で、月額料金¥1,274です。当該バージョンはWord、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessを含み、2台のPC或いはMacにインストールできます。更に1TB One driveの保存容量とSkype月々60分の無料通話サービスが付いています。(このバージョンは日本国内のみで発売されます)
Office 365 Educationは学生・教職員向けの無料バージョンです。機能の制限がありませんが、購入・使用対象者が制限されています。Office 365 Education E5に関して、学生向けの価格は¥650で、教職員向けの価格は¥870です。ただし、学生・教職員の証明書を提示する必要があります。
Office Home & Student 2016 Mac価格は¥25,704(税込み)です。Word、Excel、PowerPointとOneNoteを含みます。一方、Office Home & business 2016 for Macの価格は¥37,584(税込み)です。Outlook、Word、Excel、PowerPointとOne noteを含みます。Outlook以外、ほぼ同じです。Office 2016 for MacはMac OS X 10.10と4GB RAM以上の運行環境が必要です。

Office Home & Student 2016 一括払いとサブスクリプション方式を比べてどうでしょうか?

Office 365 Cloud

Office 365 Cloud

Office 365 Home

年額料金99.99ドル
月額料金9.99ドル
Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、PublisherとAccessを含みます。
5台のPC或いはMac、5台のタブレットPCと5台の携帯電話にインストール可能です
ユーザ毎に1TBのOne Drive保存容量が付いています
5人ユーザの共用できる月々60分Skype無料通話サービスが付いています

Office 365 Solo

年額料金12,744円
月額料金1,274円
Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Accessを含みます
2台のPC或いはMac、2台のタブレットPCと2台の携帯電話にインストール可能です
ユーザ毎に1TBのOne Drive保存容量が付いています
月々60分Skype無料通話サービスが付いています

Office 365 Education

無料
Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、OneNoteを含みます
5台のPC或いはMac、5台のタブレットPCと5台の携帯電話にインストール可能です
ユーザ毎に1TBのOne Drive保存容量が付いています
ローカルエリアネットワーク、教育画像・影像ツール、無制限オンライン会議、PSTN会議などの機能も充実しています

Office Home & Student 2016 for Mac

価格は¥25,704(税込み)です
Word,Excel,PowerPoint,OneNoteを含みます
1台のMacにインストール可能です
15GBのOne Drive保存容量が付いています
Skype:N/A

Office Home & Business 2016 for Mac

価格は¥37,584(税込み)です
Word,Excel,PowerPoint,OneNote,Outlookを含みます
1台のMacにインストール可能です
15GBのOne Drive保存容量が付いています
Skype:N/A

Mac環境でOffice for Mac 2016を使用します

Office 2016 for MacはMac OS X 10.10 Yosemiteと4GB RAM以上の運行環境が必要です。
それでOffice 2016 for Macの運行可能なMacは下記のモデルを含みます:
iMac(2007年中期発売モデル)
MacBook(2008年末、或は2009年初発売モデル)
MacBook Pro(2007年中期発売モデル)
MacBook Air(2008年末発売モデル)
Mac mini(2009年初発売モデル)
Mac Pro(2008年初発売モデル)
Xserve(2009年初発売モデル)

iPadとiPhone向きのOffice 2016がありませんか?

App store Office

Office for iphone、ipad App Store

アップル社はIOSにおけるWord、Excel、PowerPointとOutlookをリリースしています。アップルのAPP Storeからダウンロードできます。

Microsoft Office for Mac 2016の新機能

最新のoffice for Mac 2016には数多くの新機能が見られます。共同作業とその他協力機能、及びマルチプラットフォームの統一性が強化されています。2つのプラットフォームのOfficeがUIから機能まで一々対応しているため、理論的に、PCユーザがMacにシフトしても、すぐに仕事できます。
マイクロソフト社の公式通知により、プレビュー・バージョン発表以来、アプリが屡々調整されているそうです。これらの調整はアプリに対するフィードバックに基づき、アプリの性能と安定性を向上させました。例えば、機能の追加、メールとWordの一体化やExcelの外部データ接続サポートなどが挙げられます。
最新のoffice 2016 for Macはお馴染みのWindowsのOfficeに比べ、ツールバー、インターフェイス及びタスクウィンドウがほぼ一致しています。Macユーザは最適化されたOfficeを体験できます(フルスクリーンビューとマルチタッチ・ジェスチャー)。Retinaディスプレイに対応しているため、Officeファイルの表現力も更に向上します。
Office for Macの新機能クラウドリンクを通じ、最近その他端末で使用したファイルに速やかにアクセスし、ファイルを開いて前回編集した箇所にジャンプすることが可能です。そして新しいファイル・シェア・ツールにより、友達をファイルの編集に誘うこともできます。コンテンツとテンプレートもしっかり保存されます。office for Mac、PC、タブレットPC、携帯電話とオンラインのOfficeは、ほぼ完璧な互換性を構築しています。

office 2016 for Macのアンインストール?

Office for Macのアンインストール

Office for Macのアンインストール

必要に応じて下記の説明に従い、office 2016 for Macのアンインストールが可能です:
1.Finderのウィンドウを開きます
2.アプリフォルダーを選びます
3.削除したいWord、Excel、PowerPoint、OutlookとOneNoteのアプリを探します
4.関連アプリをゴミ箱にドラグインします
5.右ボタンをクリックしてゴミ箱をクリアします

Office for Macの次のバージョンアップはいつですか

通常、バージョンアップは3年毎に行われています。MacのOffice開発はWindowsより遅れており、開発時間が1年間以上かかります。それは、MacのOfficeがWindowsのOfficeからの移植バージョンではなく、Macの特性に合わせて調整する必要もありますから。
1995-office 95 for windows
1997-office 97 for windows
1998-office 98 for Mac
2000-office 2000 for windows
2000年末-office 2000 for Mac
2001-office X-最初のMac OS Xバージョン
2001-Office XP for windows
2003-Office 2003 for windows
2004-office 2004 for Mac
2007-office 2007 for windows
2008-office 2008 for Mac
2010-office 2010 for windows
2010-office 2010 for Mac
2013-office 2013 for windows
2015-office 2016 for Mac
2015-office 2016 for windows
office for Mac 2011は2010年に発売され、5年も経ってMac 2016Officeがやっと発表されました。office 2013 for windowsは2013年1月から発表されたが、当時Macバージョンの開発がなかったため、前後の間隔時間がかなり長かったです。一方、2010年6月に発売されたoffice 2010 for windowsと2010年10月に発売されたoffice for Mac 2011の間に、4ヶ月の間隔時間しかありません。
これはoffice for Macのバージョンアップにおいて、間隔時間の最も長い更新です。1088日もかかりました。