仕事においてWindows PCとMacの間で頻繁に切り替えるユーザは大変でしたね。しかし、今はマイクロソフト社の新バージョンOffice 2016にMacバージョンが追加されています。Windowsバージョンと同じインターフェイス、Office 365サブスクリプション付き、これはマルチプラットフォーム・ユーザへの朗報です。
Microsoft Office 2016

Microsoft Office 2016

長い間、Macユーザはマイクロソフト社にとって重要な市場ターゲットです。特に早期のOfficeにおいて、ExcelがMacintoshの最初の切り札ソフトの1つとして、もはや30年以上も進化しています。Excel for Macintoshは1985年9月30日に初発売され、Excel for windowsの発売より2年早かったです。

今回のOffice Macのパフォーマンスはwindowsバージョンを上回っていると言えます。最近数年、Office for windowsは全てのリソースとバージョンアップを先行取得できるバージョンである一方、Office Macは通常2年以上毎にバージョンアップされているようです。更に、Mac向けのOfficeを開発するワーキンググループの大多数はiPadのOfficeにフォーカスし、即ちモバイル端末の開発に力を入れています。

今でも、数多くのMacユーザは5年前のデザインを体験しており、それはOffice 2011 for Macです。Office 2011 Macのツールバーの配色が非常に混雑している気がします。プロの視点からすれば、Office 2011 Macがユーザ体験のかなり悪いバージョンとのことです。

ここ数年、Macにシフトしようとしています。しかし、Office 2011を利用するたびに大変不便を感じ、最後諦めざるを得ないのです。その後、またOffice 2011を遥かに超えているOffice 2013 for windowsに戻ります。

今回のOffice 2016 for MacはOffice 365サブスクリプション契約ユーザに向きます。今回のバージョンアップは、WindowsのOfficeに基づくベスト進化とも言えます。

完全なリプログラミング

Office 2016 for Macは完全にリプログラミングされたアプリです。Office Macの開発チームはCarbonコードベースから現在のCocoa仕組みにシフトしています。この点からすれば、アップル社が今後モバイル端末に更なる力を入れる傾向が窺えます。iPadのOfficeとMacのOfficeの間に多くの共通点がありますから。 新しいデザインはMacとPCの間で切り替えるユーザにとって朗報です。例えば、約75%のOffice for MacユーザはWindowsも使用し、通常はWindows PCとMacの間で切り替えているそうです

新バージョンのOfficeの互換性を逐一テストしたことがないですが、これまで開いた全てのOfficeファイルが完璧に表示されています。Mac RibbonはWindowsのとほぼ同じです。Office Macにはカスタマイズ可能なファーストスタート・ツールバーがあるが、機能の統合がまだ整っていないようです。windowsに比べ、ツールバーが全く違いますが、タブの配置と順序はそれぞれのプラットフォームにおいて共通です。例えば、Wordに表を入れる場合、メニューー挿入ー表の順が全く同じです。

配色もWindowsのと一致し、Wordが青で、Excelが緑です。配色に不慣れの場合、従来の灰色を選ぶこともできます。ファイル保存に関して、インターフェイスのデザインは、WindowsのOfficeと非常に似ており、Microsoftのクラウドサービス、One Driveに直接接続することもできます。その他クラウドサービスに関して、例えばDropbox或いはGoogleの場合、ローカルフォルダに同調してから、フォルダからファイルを開く必要があります。テーマ、フォント、配色、ファイルの管理とタスクウィンドウなどの要素もOffice 2013とほぼ同じです。

Office 2016 Macに含まれるソフト

Office 2016 Macに含まれるソフト

5つの核心的ソフト

Office 2016 for Macは5つの最も重要なソフト:Word、Excel、PowerPoint、OutlookとOneNoteからなります。仕事中に、Microsoft Access、Publisher或いはその他Office for Windowsのソフトを必要とする場合、Windows PC或いはMacバーチャルマシンを使用しなければなりません。新バージョンはマルチプラットフォーム・ユーザを対象に設計されているが、Macならではの特性も多くあります。Office 2016 for Macに含まれるソフトはRetinaディスプレイ、ズームイン・アウト及びマルチタッチ・ジェスチャーに対応します。フルスクリーンでExcelを操作するのも非常にスムーズです。

Outlook

Outlook及びその前のEntourageはOffice Macシリーズにおいて利用体験が不安定で、かなり不評でした。一方、新バージョンOutlook 3のウィンドウ配置は設定・使用しやすく、複雑な設定オプションもありません。Office 365 (Exchange)では、複数の電子メールアドレスを設定することも可能です。設定がとても簡単で、メールアドレスとパスワードを入力するだけでOKです。その他は自動設定されます。Office 2016 Macのoutlookの切り札はその同一アカウント機能です。受信箱、送信済みメール、下書き箱とゴミ箱を共有すること、及びシングルビューで複数アカウントからの新しいメールをチェックすることができます。何回かの破壊的テストした結果、outlookが数回ハングアップしたが、幸いにもうまく復元できました。

立派な生産性

Office 2016 Mac のWord、ExcelとPowerPointは、Windowsバージョンのとよく似ています。アプリの要素と全体的な作業要素も一致しています。Macで文書を作成するのも特に問題ありません。初めてMacにシフトする場合、やや不慣れですが。Wordの最大なメリットは、協力プロセスへの対応にあります。共有ファイルの修正記録をチェックすることができます。
Office Online

Microsoft Office Online

自分自身の話ですが、Office 365の年間契約を利用しており、5台のPC或いはMacに完全なるOfficeをインストールする権限を有します。単独でOffice 2016 for Macを購入するのに比べ、価格面において、確かに優位性がほぼないのです。Office 365を利用する場合、Mac或いはWindowsにおいて、同時にOfficeを利用することができます。
Office 365 日本価格
それぞれのユーザにとって、Office 365のサブスクリプションがそれぞれのソフトパックに対応しています。Office 365 businessはOutlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Publisher及び1TBのOne drive保存用量を含みます。月額料金は8.25ドルです。

新バージョンOffice 2016の各バージョンの価格

含むソフトにより、Office 2016は4つのバージョンに分けられる:
1、Office Home & Business 2016:Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote
2、Office Professional 2016:Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
3、Office Personal 2016:Word、Excel、Outlook
4、Office Professional Academic 2016:Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
WindowsとMacで利用可能なOfficeが示されています。ProfessionalはWindowsにのみ適用です。Office 365はMacユーザに向き、特に家庭ユーザに向きます。年間/月間サブスクリプションに対応し、今後最新Officeにバージョンアップすることもできます。

セット価格:
Office Professional 2016: ¥64,584
Office Personal 2016: ¥32,184
Office Home & Business 2016: ¥ 37,584
MacバージョンのOffice:
Office 365 Solo: ¥12,744/1年間
Office Home & Business 2016 for Mac: ¥ 37,584
Office Home & Student 2016 for Mac: ¥ 25,704
個別ソフト価格:
-Office Excel 2016: ¥15,984
-Office Word 2016: ¥15,984
-Office Outlook 2016: ¥15,984
-Office PowerPoint 2016: ¥15,984
-Office Publisher 2016: ¥15,984
-Office Access 2016: ¥15,984
-Visio Standard 2016: ¥40,824
-Visio Professional 2016: ¥77,544
-Visio Pro for Office 365: ¥1,410/1か月
-Project Professional 2016: ¥ 142,344
-Project Standard 2016: ¥85,104
-Project Online Essentials: ¥760/1か月
-Project Online Professional: ¥3.260/1か月
-Project Online Premium: ¥5,980/1か月