Office for MacはWindowsバージョンにキャッチアップ

長い間、新しいバージョンのOffice for Macが期待されていました。新しいOffice for Macは、配色性が更に向上し、OneDriveの導入もほぼ完璧と言えます(個人的にOffice 2016 for Windowsをも超えていると)。前バージョンのOffice for Mac 2011に比べ、機能も更に包括的で、互換性に優れています。

Office 2016 Mac OneDrive

OneDrive 2016


新バージョンOffice for Mac概要

MacではOfficeは5年近くも更新されず、Mac上のOfficeの存在すら忘れられました。幸いにも長らく待っていた結果、Office 2016 for Macがやっと発売され、Office for Mac 2011に取って代わりました。

Office 2016 for macの価格
Office 2016 for Mac今すぐ購入-永続ライセンス 9,800円
永続ライセンス
Mac 2 台
特別価格:9,800円
これは真新しいOffice for Macです。Windowsユーザの慣れている作業UIと機能を有します。真新しいMacアプリ、真新しい機能エリアとタスクウィンドウ、及び新たに追加されたカスタマイズ機能エリア、左上にはファーストアクセスのボタンまであります。

配色はwindowsバージョンと異なり、それぞれのアプリも異なる色で区別されています。一方、Office for MacはWindowsバージョンの機能を全部導入しているわけではありません。Office 2016 for MacはOffice for iPadより優れており、Windows RTバージョンのOfficeより機能が更に多く、どちらかと言えば、Office Home & Student 或いはプロフェッショナルバージョンのOffice 2013に近いです。

持続的な機能追加により、マイクロソフト社は月々に機能とセキュリティの更新を行っており、Office for Macの不足な機能を補完するため、段階的にwindows for Officeの機能をOffice for Macに移植しています。最近Office for Macが64ビットになっており、全体的に安定性が高まっています。

Excelで使い慣れたWindowsのショートカットはWord、PowerPoint、OutlookとOneNoteにおいても使えるようになりました。これで、MacとPCのキーボードを切り替えることがなくなります。WordとExcelにおいて多くのショートカットが長年存在しており、PCとMacのキーボードの配置が異なるため、その相違点にもなかなか慣れませんでした。今でもそのショートカットが同じになっているわけではなく、例えば、windowsではF12が「名前を付けて保存」に当たり、Macではその他の機能に当たります。

要は、Retinaディスプレイから、高解像度ファイルのテンプレート及びお馴染みのスクロール・リバウンドまで、これから全ての機能がOffice for Macに移植されます。Office for MacはWindowsのように全ての機能を機能エリアに集中させることがありません。MacユーザがWindows、Mac OSとiPadの間で切り替える頻度が多いため、このようなデザインになっているでしょう。

Microsoft Office 2011/2016 for Mac
新バージョンのOffice for Macの最大な進化はインターフェイスと画面デザインにあります。Office 2016 for MacはRetina解像度に対応する上、レイアウトもRetina解像度とOS Xの新しいスタイルにフィットしています。

Office 2016 Macクラウドとセキュリティ

Office 2016 for MacはこれまでOneDriveの導入も最も進んでいるOfficeで、Office 2013とWindows 8.1をも超えていると言えます。デフォルトとして、開く/保存ダイアログボックスにOneDriveのフォルダーが表示されます。ネストフォルダーの形でダイアログボックスに入れられます。これで共同作業が更に簡単になります。windowsでは、OneDriveのルートディレクトリからファイルを探す必要があり、Word或いはExcelの共有ファイルを開くことができません。この点に対して、windowsユーザは大変羨ましがっているでしょう。特に最近の更新では、Microsoft社はWindowsのOffice 2016のダイアログボックスからOneDriveの機能を削除しましたから。

One Drive、One Drive for businessとSharePointはいずれも開く/保存ダイアログボックスにあり、現在のwindowsと同じく、追加サービスはその他クラウドサービスを含まず、iCloudもありません。One Driveから自分のファイルと他人から共有されるファイルを確認できます。「最近使用したファイル」リストから、その他PCで編集したファイルを閲覧できます。

windowsでは、Officeは共有の選択肢を「ファイル」メニューに加えています。一方、Office 2016 for Macでは、共有ボタンはアプリのタイトルバーの右上の+マークであり、電子メールで友人をファイルの閲覧・編集に誘うことができます。OneDriveを通じてシームレスな共有が可能です。このような共同作業はMacユーザにとって新鮮な存在ではなく、以前Word、Excelにもありましたが、やや使いにくかったです。今のバージョンはかなり改善されています。


Office for Mac セット

Word for Mac

Wordが初めてMacに登場した際に、もはやwindowsバージョンと同じ機能を有しました。Word 2016の進化は主にUIの変更にあり、機能エリアがwindowsバージョンとは大差がありません。

Word 2016 for Macの価格
Office Word 2016 for Mac 今すぐ購入-永続ライセンス 6,800円
永続ライセンス
プラットフォーム: Mac
特別価格:6,800円

Excel for Mac

Wordと同じく、Excel 2016の機能エリアも進化しています。Excel 2013と同じタブを使用しています。更に、Excel for Mac2016の関数と公式が増えており、複雑なエンジニアリング統計分析に用いられます。

Excel 2016 for Macの価格
Office Excel 2016 for Mac 今すぐ購入-永続ライセンス 6,800円
永続ライセンス
プラットフォーム: Mac
特別価格:6,800円

PowerPoint for Mac

PowerPoint 2011の機能エリアが使いにくく、合計9つのタブがあります。PowerPoint 2016のUIが整然とし、機能エリアも使いやすく、windowsバージョンと同じです。PowerPointも更新されており、今や強力なツールとオプションが整っています。

Office PowerPoint 2016 for Macの価格
Office PowerPoint 2016 for Mac 今すぐ購入-永続ライセンス 6,800円
永続ライセンス
プラットフォーム: Mac
特別価格:6,800円

Outlook for Mac

数多くのMacユーザにとって、メール、連絡先とカレンダーが一体化しており、特に生態系システムをベースとする現代社会では、もはやiOSとWatchOSにも導入されています。以前のOutlook for Macは開発不完全の製品だったため、Outlook 2016の進化がますます目立ちます。
Office Outlook 2016
Outlook及びその前のEntourageはOffice Macシリーズにおいて利用体験が不安定で、かなり不評でした。一方、新バージョンOutlook 3のウィンドウ配置は設定・使用しやすく、複雑な設定オプションもありません。

Outlook 2016 for Macの価格
Office Outlook 2016 for Mac 今すぐ購入-永続ライセンス 6,800円
永続ライセンス
プラットフォーム: Mac
特別価格:6,800円

OneNote for Mac

これはOffice 2016 for Macの発表後、Macでの初登場です。確かに機能が強く、実用性が高いが、機能が揃っているわけではなく、まだWindowsバージョンには敵わないでしょう。

評価

windowsでは、使えるオフィススイートと言ったら、Microsoft Officeしかありません(ネット上に数多くのオープンソースの代替ソフトもあり、予算不足の場合、それも一案です)。

Office 2016 for Macは強力なオフィススイートであり、進化しつつあります。このアプリはアップル社のKeyNoteとPowerPointと競合し、それぞれのメリットがあります。KeyNoteでも印象深いプレゼンテーションを作れます。

個人的なテストにより、Office 2016 Macは大変信頼性が高く、性能もOffice 2011より明らかに優れています。最近64ビットのOffice 2016 for Macも発表されました。要は、Officeを必要とするかどうかにあります。さもなければ、ネット上のオープンソースの代替ソフトもオススメします。

Office 2016 for Macは時代の進化を実感させています。windowsのみならず、iOSとandroidの機能も向上しており、人気も高いです。機能面の不備もまだまだあるが、Microsoft社は月々に機能更新を行っています。

一方、Office for MacはますますMacアプリらしくなってきました。Mac生態系との結合も進むし、iCloudをも導入しています。

Office 2016 for Macは強力なオフィススイートとして、定期的に更新されているが、真の進化までまだ差があり、近い将来に実現できると考えられます。Macとwindowsの間でよく切り替えても、Officeも賢明な選択肢です。このバージョンのOffice for Macはかなり使いやいですから。iPadを使用する場合、MacとiOSの間でシームレスに切り替えることもでき、大きなメリットですね。