タブレット、携帯電話、ノートブックで随時仕事、Microsoft Office 365、Office for iPadに基づくモバイルオフィス 目次

Office for iPad

Office for iPad

調査統計により、37%のサラリーマンが事務室外で働くことで、発想が活発になると考えており、53%のサラリーマンが仕事時間延長してもどこでも、いつでも働くことさえできればと考えているという。また5割以上のユーザは3台以上の移動型端末を保有している。

マイクロソフト社はFacebookでアジアの8カ国の400以上のベスト事務場所を投票選出し、例えばスターバックス。その理由は交通便利、インターネット接続、低価格と環境にあり、そのうち23%のユーザはタブレットで文書を編集したりする。Microsoft Officeの常用者は82%にも達するという。

これに対して、マイクロソフト社は近年引続きOfficeソフトウェアをスマートフォンとタブレット分野に導入し、またWindows RT、Windows Phone、IOS、Android、Macなどの移動型プラットフォームにおいて、リリースしたOffice for iPadが数多くのiOSユーザから愛用され、リリース後の一週間にダウンロード量は1,200万回を超えている。Office for iPadによりiPadで文書、テーブルとスライドの閲覧ができ、Office 365サブスクリプション契約ユーザの場合、iPadでいつでもどこでも文書を編集し、強力なOffice機能を利用することができる。

Office 365サブスクリプション契約ユーザはOffice for iPadで文書の編集機能を利用できる。常用のOffice機能がほぼOffice for iPadに導入され、例えばWordの多人数同時文書編集、Excelの各種公式とテーブルテンプレート、PowerPointの新しい動画效果と映像投影機能に対応する。

また、タッチを主とする操作方式に対して、Office for iPadはタブレットユーザ向けタッチ体験を最適化している。

[Office 365 Solo]はリリースされており、消費者にはもう一つのOffice 365サブスクリプション契約オプションが与えられている。Office 365 soloは個人ユーザ向けの移動事務に応じて設計されたサブスクリプション計画で、ユーザはOfficeを2台のPC或いはMac、プラス2台のiPad或いはWindowsタブレットPCにインストールできる;閲覧モード、ローミング機能、PDF編集と快速記入機能は、Office 365 soloならでは新しい機能である。Office 365 SoloのOneDrive保存容量が増えており、文書をOneDriveに保存すると、自動で前に編集した文書と同調させる。サブスクリプション料金:每年12,744円:、月々1,274円:。

Office 365 Home Premiumの年間サブスクリプション料金は13,980円で、Office 365 Homeは5台のPC或いはMac、及び5台のiPad或いはWindowsタブレットにインストール可能で、また1TBのOneDrive保存容量が付いている。

Office 365 Solo機能

端末を自由に選べる

ユーザはWindows PC、Mac、Windowsタブレット、Windows Phone、iOS、とAndroidスマートフォンで、タッチ・アシスタント、スタイラスとキーボードでOfficeを利用できる。

大きな保存容量

Office 365 Soloには1TBのOneDriveが付き、どこでもどんな端末でも、Office 365にログインすれば、前に編集した文書を自動で同調させることができ、カスタマイズの設置ページもPC側と同じである。

バージョンを自由に選べる

無料で更新を取得し、随時最新バージョンを体験できる。

価格が更に安く

年間サブスクリプション料金は12,744円、月間サブスクリプション料金は1,274円

機能が更に強く

複数の新機能を含み、いつでもどこでもと他人とオンラインで同時編集できる。これらの強力な機能は:閲覧モード:文書をリフォームしてスクリーンで閲覧しやすい形にする;ローミング:複数端末でOfficeを使用すると同時に、前回編集した位置に戻れる;PDF編集:OfficeでPDF文書を編集できる;プレゼンテーション・ビュー:プレゼンテーション中に、付注を示すことができる;快速記入:自動で資料入力できる。