DVD-ROMの起動と操作方法

DVD-ROMの中身をフォルダーで表示する

DVD-ROMをドライブにセットすると上図のような画面が表示されるので、「フォルダーを開いて~」を選択。DVDを入れても何も表示されない場合は、「コンピューター(XPの場合はマイコンピュータ)」のDVDドライブアイコンをダブルクリックして開こう。8ではタスクバーからフォルダーを起動し、フォルダーツリーでDVDドライブを選択する。

フォルダーツリーでDVDドライブを選択する
「コーナー名」→「ページ数」→「ソフト名」の順でフォルダーを開いていくと、ソフトやサイトのリンクが見つかる。

DVD-ROM
特別付録DVD-ROMには、誌面で紹介しているソフトやサイトリンクを収録している。誌面には上記のようにソフト名やファイル名を掲載しているので、DVD-ROMからインストールするときに参考にしよう。収録しているソフトは基本的に「フリーソフト」となる。フリーソフトは無料で使用できるが、その分、製品版のようなサポートを行つていないケースがほとんどだ。使用に関しては必ず自己資任で実行するようにしよう。

該当フォルダーからソフトを選ぶ

ソフトはデスクトップにコピー

ソフトはまず、デスクトップなどわかりやすい場所にコピーしてから実行(解凍)しよう。ファイルをそのままDVDからダブルクリックすると、インストールが正常に行えない場合がある。またインストールするときは、後で困らないように、インストール先の場所を必ず覚えておくようにしよう。

ソフトはデスクトップにコピー

はじめにお読みください

付録DVD-ROMを開いたら、まず「はじめにお読みください」というテキストファイルをダブルクリックして、注意事項を確認しよう。とても大切なことが書かれているので、ソフトを使う前に必ず一続していただきたい。

はじめにお読みください
※付録DVD-ROM不良やトラブルの場合は、大変お手数ですが下記の宛先まで料金着払いで“付録DVD-ROM”のみをお送り下さい。送料は小社負担にてお取り瞥え致します。(DVD-ROMに不異合がある場合、読み取り面を拭いていただくと不具合が解消されることがありますので、お送りいただく前にお試しください)