2007からインタフェースが一新。各バージョンの「あるもの」と「ないもの」を知るべし

 2003までのツールバースタイルに替わって、2007以降のエクセルではよく使う機能ごとのグループに分類して表示したリボンスタイルを採用。その基本スタイルはOffice 2013に至るまで大きな変更はないが、一部ボタン表示や機能に変化が見られる。まずはこの点を把握しておこう。

Excel2007

リボンスタイルをはじめて採用した2007.使用頻度の高い機能を使いやすさを考慮して配列したものだが、当初は賛否があった。左上部に装備されている「オフィスボタン」が大きな特徴となっている。

Excel2007
Excel2010

「オフィスボタン」がなくなり、かわりにファイルタブが復活している201O.またリボンスタイルも基本配列は2007と同等だが、ユーザーが使いやすいようにカスタマイズをできるようになっている。

Excel2010
Excel2013

従来の立体感あるデザインからフラットなスッキリしたデザインの変更されている。また右上部にはマイクロソフトアカウントのアカウント名が表示される。これによりSkyDriveの利用も簡単になった。

Excel2013

バージョンでの違いは「便利機能」の有無が一番大きい

 Office 2007からOffice 2010へのバージョンアップでは最小化ボタンの追加など、ブックあるいはシート上での利便性を図る機能追加が多い。一方の2013ではマイクロソフトアカウントヘの対応やグラウトの親和性向上などで、ファイルの保管や共有という面での利便性が向上している。

2003終了で「xlsファイル」ルールも消える!?

これからはxlsxフォーマットが主流に

 エクセル2007以降のファイル形式、xlsxと2003までの標準ファイル形式、XlSは字面こそ似ているものの、実はまったく異なるものだ。XlSが独自のフォーマットを使用したファイル形式であったのとは違い、xlsxはxmlという広く普及したオーブンソースのフォーマットをベースとしている。このためxlsxの方が多彩なアブリに対応し、さまざまな環境で利用することができ、汎用性が大幅に向上しているのだ。逆にxls対応の2003ではxlsxファイルは開けない。そのための対応が必須となってしまう。

バージョンの互換性を高めるアップデート

バージョンの互換性を高めるアップデート
 マイクロソフトのダウンロードセンターではxlsx形式に対応していない2003でもxlsx形式ファイルを開いて編集などができるようになるOffce互換機能パックが無償提供される。

Offce互換機能
2007以降では汎用性が高いXMLをベースとした形式のため、幅広いアプリに対応している

2003已前のファイル形式で、独特なフォーマットのために対応するアプリは限られている

Windows同様に要確認!

アップデートで常に最新状態に

 ソフトは常に修正やアップデートをくり返すので、最新の状態であり続けることは重要だ。Microsoft Updateで自動更新を有効にしておけばOKだ。また自勣更新を有効にしていない場合でもMicrosoft Updateにアクセスすれば手動で更新することができる。

アップデートで常に最新状態に
アカウントを使えば製品情報の取得によって最新のアップデートプログラムの情報が得られるのでここからダウンロードを

2007以降なら2013にしなくて大丈夫?

 Office 2013ではグラウトとの親和性など追加された機能は少なくない。しかしリボンスタイルやxlsxフォーマットの採用など、重要となる部分では大きな変更はされていないので、2013に乗り換えることが必須とまではいかないだろう。おせつかい機能は

最初にOFFにしておくと便利

 入力時の自動処理は確かにありがたいものだが、それも過ぎれば却って面倒なことになる。たとえば「iPad」と書いたはずなのに勝手に「iPad」に直されていると実にやるせない。これを事態を防ぐにはオートコレクトで設定するといい。ファイルタブの「オプション」から「文章校正」をクリックすれば「オートコレクトのオプション」があらわれるので、ここで選択をしよう。