一人称は「俺」

ゲイでHIVキャリア初心者。いい歳こいて、いつも迷走してる気がしてたけど、 どこへ行っても「俺」は「俺」でしかないと思った。 そんな「俺」の記録。

- WARNING -

ここは “同性愛” と “HIV陽性” に関する事項が多く書かれています。
ご理解いただけない方と不快に思われる方の閲覧を固くお断りさせていただきます。

また、基本的にPCで作成してるため、たまに「YouTube」などを利用してます。
モバイルをご利用の方には、デザインが崩れる等、あまり優しくない作りかもしれません。

一応、再チェックはしていますが、たまに、誤字・脱字等あります。
チェック漏れがあった場合は、脳内で修正・補完して下さいませ。
「てにをは」や「句読点の位置」など、日本語文法等が
おかしい部分もあるかもしれませんが、純日本人です(笑)

以上、あらかじめご了承ください。

メメントモリ

先日、姉からLINEがありまして、父が今年2度目の入院をすることを知りました。
昨年の晩秋に入院、今年の正月明けにも入院。
そして、先月25日に、また入院。

入院の日の夜、姉が実家に泊まりに行ったそうで(母が一人になるので)、
姉と母から電話がありました。

親不孝というか、何と言うか...
前にも言ったかもしれませんが、俺、電話をかけるという行為が苦手で、
長らく実家に電話をかけてなかったので、母と話すのが実に3~4年ぶりくらい(汗)。
(その間、携帯メールのやり取りは何度かしてますが、メールは老眼で辛いらしい)
いろいろあって、帰省もしてなかったしね。

実家の場合、電話をすると、呼び出し音が鳴ってる間は、まず出てくれません。
オレオレ詐欺と営業電話防止の為なのですが、
呼び出し音から留守番電話に切り替わってから、独り言のように

「masaruです(ヒロシです口調)」

と、言ってからじゃないと、在宅してても電話に出てくれないのです。
それが、さらに嫌でねぇ(苦笑)

母曰く、
「オレオレ詐欺と営業電話なら、不在と思って、すぐ切るでしょうし、
本当に用事があるなら、何らかメッセージ残すでしょう」と、いう考えらしい。


そんなわけで、久々の電話だったので、通話時間が実に2時間半。
何をそんなに話すことがあったのか...と。

まずは、父の状況をいろいろ聞いて、
姉も母も、俺がゲイでHIV陽性者ということを知ってるので、
病気のことも含めて、近況報告。

昨年に姉から聞いた話では、父は「食道ガン」ということだったのだけど、
今回の入院は、もしかしたら、胃に転移してるかもしれないとのことで
検査入院&手術ということらしい。

内視鏡検査で胃の一部切り取って、検査して、それから今後のことを考えるそうな。

ステージがどの辺りなのか、詳細を聞くのを忘れていたけれど、
今年の正月に撮った写真から比べても、大分体が小さくなったという話を聞いて、
「大丈夫なんかな?」という心配はしてる。

「だったら、何としてでも、お見舞いに行けよ」ってな話ですが、
なかなか踏ん切りがつかない理由が、あるにはある。


過去にも、何度かブログにも書きましたけど、
確かに、父との間に、多少の確執はあります。

それで、フッと過去に書いたブログのことを思い出したのです。
去年の1月に、父との確執のことでこんなことを書きました。

親父の思い出-再びの再び-(2016年1月28日付)

ある男がいた。
その男はゲイで、恋仲の男と同棲している。
ある日、男の父親が倒れ、入院した。
病院の先生からは父親の余命は幾ばくもないと言われ、男は考えた。
親に自分がゲイだという事を隠してきたが、今の自分を認めてもらいたいとも思う。
男と同棲してる事を告白した方がいいのか、しない方がいいのか。

日本の道徳観を問う、あるテレビ特番で、こんな問題が出題されて、

父がボソッと

「死に体の親に、そんなトドメを刺すようなこと言ったら、ダメだよなー(笑)」

と、言ったのを聞いた俺が、その時、

「親父が死ぬ間際に、絶対、言ってやる! 俺がゲイだってこと告白してやる!」
「アンタの息子はこんな息子でしたって、最期にトドメをさしてやる!」


と、思ったというお話。

それが、いよいよ、現実味を帯びてくるのか! と。
(別に、今回のことで死ぬことを望んでる訳じゃないので、誤解がないように)


で、今、俺がそんなことができるかどうかっていうと、
なんだかんだ言っても、そう言ってるだけで、実際に言う度胸はない。
一応、実父だし、なんだかんだ言っても、養ってくれた人だし。

正直言って、今まで誰かを心底、激しく嫌いになったことはない。
「会いたくない」とか、「苦手だな」とか、そういうのはあるけれど、「嫌い」というのとは違う。
父に関しても、そうだと思うのです。
本当に嫌いなら、多分、ブログに、こんなこと書けやしないだろうし。

ただ、お互い歳をとり、丸くなってきたとは言えども、
会えば喧嘩する可能性はあるので、売り言葉に買い言葉というか、
勢いで言ってしまう可能性は、なくもない。

それが怖いかな...という気持ちがあります。



♪花 -Mémento-Mori-/Mr.Children


にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

今日のモロモロ

今日の大阪は、すごくいい天気だった。
雲が一つもない青空。
日焼け日和だったんじゃないでしょうかね。
(この時期でも日焼けしに行く人がいるのかは知りませんが...)

今日は所用で外に出ていたのですが、まぁ、いくつか見聞きしたことがありまして、
気になったのを書いてみようかと思います。


駅に行く途中

久々に地下鉄に乗ったんですが、ある駅に向かう途中、コンビニがありました。
何の変哲もない、ただの○ーソン。

入口の脇に、吸い殻スタンドがありまして、一人、そこでタバコを吸ってる人がいました。
それとは別で、知らないおじいさんが、そこへやってきまして、
そのおじいさんも、そこでタバコを吸うのかな...と、思って見ていたら、
おもむろに、手に持っていた灰皿の中身をそこに捨て、
いそいそと来た道を戻っていきました(苦笑)

よくさ、コンビニとかにあるゴミ箱に『家庭ゴミを捨てないでください』って書かれてるけど、
そのおじいさんが捨てたのも、いわゆる『家庭ゴミ』に入るのかしら?

コンビニのゴミ箱で家庭ゴミを捨ててる人を見たことなかったし、
当然、そのおじいさんみたいな行動をする人も見たことなかったから、
俺だけではなく、タバコを吸ってた人も唖然と、そのおじいさんを見てしまいました(笑)

ちなみに、おじいさんが持ってたのはバーとかに置いてあるような小さな金属の灰皿で
吸い殻が2本ばかし入っておりました(ちゃんと見てた俺も、ある意味、スゴイな)


車内での会話

別に聞き耳を立ててるわけじゃないけど、大阪の人って声大きい人が多いから、
聞く気がなくても、耳に入ってくる会話ってあるのですよ。

その会話のうちの一つなんですが、会社の同僚同士の会話なのかな...
先輩格の男性と後輩格の女性が話をしていて、
その女性があるパーティに誘われたらしくて、ペーパーチキンの話をしていたのです。
俺も知らなかったのですが、ペーパーチキンというのは、
シンガポールの料理の名前だそうです。

それを聞いた先輩格の男性は「オープンソースか何かの名前かと思った」と。
(多分、SEとかIT系にお勤めの方なんでしょう)

俺はIT系ではないので詳しくはないけれど、流石に、オープンソースの名前で
それはないでしょう...と、独り、心の中でツッコミを入れました(苦笑)


炎天下

冒頭にも書いたけど、ホントいい天気で、ちょっと歩くだけでも汗をかくくらい。
流石、久々に30度を超えただけはある。

で、このままだと熱中症になると思って、自販機でペットボトル飲料を購入。
俺もさー、日差しがガンガン当たるような場所に設置してる自販機を選んだのも悪いんだけど、
投入口にコインを入れてる時に、指を火傷しました(苦笑)

投入口の金属部分に中指の第一関節辺りが当たって、
めっさ熱かった  orz...
こんな経験、初めて。そんなことって、あるのか。
ありゃ、密かな罠だわ。


と、いろいろ書いてみたものの、改めて思いました。
個人的に気になった出来事だったのに、文章にすると、一気に面白くなくなる。
う~ん、俺には「すべらない話」は無理だわ(苦笑)


にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

人生 宇宙 すべての答え

先日、誕生日を迎えまして...
自分の歳が「人生 宇宙 すべての答え」と同じになってみると、
いろいろな意味で感慨深くなります(苦笑)

以前、「二十歳」や「不惑」の歳になった時にも思いましたけれど、
「自分がそうなった“実感”がない」ということに困惑。

40になった時のブログ記事を読み返してみたらば...

40。

不惑っていうけど、
全然、不惑って感じしないわー。

って、書いてました(苦笑)


「二十歳」と言えば、法律的には「成人」。
昨日までは「少年」、今日からは「成人男子」という扱いされても、
大人扱いされる嬉しさもある反面、そんな急になれるもんじゃない。

「不惑」というのは孔子の「四十にして惑わず」という言葉から来ていて、
「どんな問題が起きても迷わない(動じない)」といったような意味ですが、
実際、40歳超えても、「迷い」はあるし、豆腐メンタルなせいか、
未だに杞憂することばっかり。


......。


単純に、いまいち自分に自信が持てないだけだけど、
典型的なダメ人間という気もする  orz...
(まー、下を見れば、まだまだ下(ダメ人間)はいるでしょうけれど...)

そもそも、はるか前に...それこそ、感染告知を受けて1年間、
院内カウンセリングを受けてた頃にもブログで書きましたが、
自分の中で「未だ18歳で時が止まってるような気がしてる」状態。
この歳で言うのも何ですが、まだモラトリアムの最中にいる気がしてます。
流石に、若者言葉とかは使いませんけどもね。
(「フロリダ」とか「チキる(イモる)」とか40過ぎのおっさんが使ってたら、それはそれでどうかと思う(苦笑))

どういったらイイのかな...
「子供の心を忘れないおっさん」といえば、聞こえはいいですが、
そういうのとは少し違って、人間として「未熟」という気もする。

振る舞いというか、行動的には、「大人の振る舞い方」は出来てると思うけど、
これは精神年齢的なものではなくて、今までの経験からできるようになっただけ。
中身は、結局、昔から何一つ変わってない気がしてるんですよね。
いい事とは思えないけれど、変わろうという気持ちがあるなしに関わらず、
今更、変えられないというか、変われない orz...
(だから自己啓発本とかにも頼りたくない)

同年代の方とこういう話をしたことがないので分かりませんが、
子供の頃見た「大人」は、何か、違ったような気がする。
もっとも、子供の頃に出会ったおっさんらは、「父親」や「親戚」だったり、
「学校の先生」くらいしか、思いつかないけれど(苦笑)

でも、「未婚ゲイ」は子供っぽい人も多いって聞くし、
意外と、同じような感じの方もいたりするのでしょうか?
どうかしら?


【近況】
今更ですが、仕事場で飼っているゴルハムが無事1歳(+2ヶ月)を迎えました。
迎えてから、そろそろ1年ですかね(去年の10月2日)

ham


最近、YouTubeで、あるゲーム実況を見ていて懐かしくなり、
コードギアス 反逆のルルーシュ(R2)」を観直しました。
初見の時もそうだったけれど、ラストの「ゼロ・レクイエム」のシーンは
いくつになっても、見ると泣けるっっっ!


Lelouch's End

『撃っていいのは、撃たれる覚悟がある奴だけだ』は、名台詞。


にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

お呼ばれされない

大分前の話になりますが、盆が空けた、とある平日に病院に行ってきました。

この日は、きちんと予約時間の10分前には病院に着いていたんですが、
盆空けの影響なのか、なかなか呼ばれず(苦笑)
診察で、あんなに待たされたのは久々かもしれない。
こういうと気に限って、暇つぶしの本とか持ってきてないのだよね orz...

待合室で待っていた患者が何人か苦情を入れていたのだけど、
院内ポケベルをもらって病院をうろついたりしてたみたい。

初めのうちは俺もおとなしく座って待ってたんだけど、
あんまり待たされるから(予約時間から40分後)、先に採血に行った方が
時間を有効に使えるんじゃないかと思って、感染症内科の受付へ行ったら、

「うーん、混んでるからねぇ...一応、順番的には次の次なんだけどねぇ...」

と、言われ、

「まー、受付で番号だけもらってきて」

と、いうことで、採血室へ。


採血室で受付をしたら、

「まだ、○○先生からオーダーが来てないので仮受付しか出来ない」

と、言われ、診察前に採血が出来ないことを、初めて知ったのでした(苦笑)
そうか、診察時に検査オーダーしてるのか  orz...
次回予約の時に採血も予約されてるので、その時にオーダーしてるのかと思ってた。

検尿用に待機してる尿意も、そろそろ限界なんだけどなぁ...(苦笑)

仮受付の番号をもらってきて、感染症内科に戻ってきたら、
俺の前の人が呼ばれて入っていったところでした。

仕方がないので、もうしばらく待った。


この日、渡された検査結果は

CD4:759
H-R:20以下(ケンシュツセズ)
RPR:2

血圧は125/70と、ほぼ正常。
でも、頻脈(127)。

これについて、少し、担当医と話しましたが、
前回、循環器内科で受けた検査結果でも、「異常がない」と、言われ、
「これ以上、循環器内科で出来る事はない」と、言われてしまった以上、
何が原因か分からないし、どうしようもないんですよね。

最近は検査を受けてないけれど、甲状腺異常とも思えないし。
(過去5年の間に2度検査を受けている)

「自覚症状は何かないの?」

と、担当医に聞かれたものの...
急に走ったり、負荷がかかると、多少、息切れする事はあるけれど、
自分の基礎体力に自信がない以上、「頻脈」のせいかどうかは分からんし。

「あるような、ないような...」としか、言えませんでした。


感染症内科の診察が大分待たされたのに反し、
採血室では、あまり待たなかった。

何故なら、先に仮受付してたから (^-^)

今となってはあまり覚えてないけど、10人待ちくらいだったんじゃないかな。
採尿行ったら、すぐ採血ブースに呼ばれた感じ。

今回も採血してくれたスタッフは、結構年いったおっちゃんだった。
今年は2月6月と、散々な目にあってるので、心配だったけど、
今回の人は、手際が良かったし、すごく上手かった。
久々に採血が上手い人に当たって、感動した(笑)

まぁ...あまりに上手いと、逆にブログに書くネタとしては困るのだけど(苦笑)


感染症内科で大分待たされたせいもあってか、
会計時は、逆に空いていたようで、これも、それほど待たなかった。
多少待つかなぁ...と、思って、会計受付を済ませた後、
時間つぶしに病院半周散歩して戻ってきたら(半周5分くらい?)
もうとっくに番号を呼ばれてた  orz...

結果的に、いつもと、そんなに変わらない時間で病院を出てこれました。

あとは、いつもと同じように、処方薬局で薬をもらってきました。
ちょうど、薬局のテレビで高校野球が放映されていて、いいところだったのか、
会計も終わって薬を手に入れたのに、テレビに夢中になってるおっちゃんがいて、
ちょっと笑えました(苦笑)

まぁ、あの日は、準決勝でしたし、関西圏の高校も出てましたから、
気持ち的には分からなくもないですけどね。


IMG_8559

例の如く、病院裏のスーパーのフードコートで昼食。
手前が大人カレーパン、奥が黒豚メンチカツパン

カレーは食欲をそそるので、夏にカレーはありがたいです(笑)
特に業務スーパーで売ってる「グリーンカレーラーメン」は重宝しました。
あんなに美味くて、5袋入りで218円!
(以前は198円だったきがするのだけど、値上がりした様子)

まぁ、血圧には悪いんでしょうけどね orz...


にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

気力減退

久々になりました。
前回が6月の終わりだったので、約2ヶ月ぶりですかね。

今年の夏は体調を崩しまして、夏風邪が長引いたり、気分が悪くなったり、
食欲が湧かなかったり、ろくなことなかったです(苦笑)
そんなこんなで、ブログを書く気力もなかなか湧かなかったりして、
ずいぶんと間を空けてしまいました。
こんなに空ける気はなかったのですけれどもね  orz...


一番困ったのが、食欲減退。
朝から食欲が湧かなくて、でも食べないと体がもたない訳で...
飲み物は飲めるけど、ご飯を口にしても、
なかなか飲み込む気になれなくて。
特に、7月は辛かった。

朝食はともかく、薬を飲む前の食事は取らないとダメなので、
どうにかしてカロリーを取らないと思っていて、
それで、思い出したのが、昔に読んだコラム。

チョコバーだけを食べて17年間生きてきた人
http://gigazine.net/news/20080605_chocobar_life/


夕食をポテトチップスだけで済ますという人の話は聞いたことがありますが、1日3食の食事をチョコバーだけにして17年間暮らしてきて人がいるそうです。栄養の偏りが気になりますが、人はチョコバーだけで生きられるものなのでしょうか。

リバプールで印刷業を営む37歳のKeith Sorrell氏は、スニッカーズに似たチョコバー「Mars」だけを食べ、1日に12本消費し、年間4000本が彼の胃に放り込まれているらしいです。

甘いものは別腹と言いますし、それならなんとかいけるのかな...と。
とは言え、食欲失せてる時に、チョコバーも流石にキツイので(苦笑)、
薬を飲む前に食欲が失せてたら、カップアイスとミルクコーヒーで誤魔化してました。

甘いし、冷たいし、喉越しもいいので、すんなり喉を通る。

エッ○ル・スー○ーカップなら、一個(200ml)で380kcalあるので、
薬を飲む前にも都合が良い。
(俺が服用してるゲンボイヤは食後に飲む薬で350kcal以上の食事をしてからと言われている)

某栄養系情報サイトによるとラクトアイスは油脂の添加が認められている商品なので、
アイスクリームよりカロリーが高いらしい。
が、人間、冷たいものを食べると、下がった体温を元に戻そうカロリーを消費するので、
カロリーは表示されているほど蓄積されないとも言われているそうな。

ちなみに、同じメーカーから発売されているフ○ミリアも買いました。
でも、大容量で安いのだけど、スー○ーカップよりカロリーが低すぎるので、
服薬時には食べませんでした。(容量2000mlに対し、2176kcal)


8月半ばに、定期通院もしてきたので、そのお話は次回に回したいと思います。



雪印・宝石箱CM(♪キャッチリップ/ピンクレディー)

子供の頃のアイスの思い出といえば、何と言ってもコレ。
バニラアイスの中に氷みたいなのが入っていて、美味しかった記憶がある。

ホント、幼かった頃の話なので、詳しくは覚えてはないのだけど、
駅から実家までの間に酒屋さんがあって、その酒屋の前に置いてあった自販機に
このアイスが入っていて、夜、母親と一緒に、酔っ払った親父を駅まで向かいに行く時、
いつも、帰りにコレを買ってもらってました。

動画でCMを見返してみて、今頃気づいたけど、あれって、ラクトアイスじゃなくて、
アイスミルクだったんですね...ビックリ。


にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

記事検索
History View
History View
ブログ村ランキング
自己紹介
メッセージ
※メッセージはこちらからお願いします
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ