一人称は「俺」

ゲイでHIVキャリア初心者。いい歳こいて、いつも迷走してる気がしてたけど、 どこへ行っても「俺」は「俺」でしかないと思った。 そんな「俺」の記録。

- WARNING -

ここは “同性愛” と “HIV陽性” に関する事項が多く書かれています。
ご理解いただけない方と不快に思われる方の閲覧を固くお断りさせていただきます。

また、基本的にPCで作成してるため、たまに「YouTube」などを利用してます。
モバイルをご利用の方には、デザインが崩れる等、あまり優しくない作りかもしれません。

一応、再チェックはしていますが、たまに、誤字・脱字等あります。
チェック漏れがあった場合は、脳内で修正・補完して下さいませ。
「てにをは」や「句読点の位置」など、日本語文法等が
おかしい部分もあるかもしれませんが、純日本人です(笑)

以上、あらかじめご了承ください。

早くも…

新年明けて、早5日。
昨年12月に通院したにもかかわらず、ブログに書かず、
新年明けても年賀挨拶も書かず orz...

言い訳ではありますがね、もうね、年末忙しかったの。
バタバタしてたっていうか、余裕がなかったの。
クリスマス前から数えて12連勤だったし、仕事納めは31日だったし、
正月は、全くやる気が出ず、ほぼほぼ寝正月(苦笑)

まぁ、友人宅へ挨拶しに行って、初詣くらいは行きましたが、
でも、まぁ、そのくらい。

通院記録は別で書きたいので、日を改めて書くとして、
正月の話を書きましょうかね。


元日は1日中ゴロゴロしてました。
四六時中、惰眠を貪り、コンビニへ行くのに、ちょっと外出した程度。


2日目は友人宅へ。

友人と初詣に近所の神社へ行った後、
おせち料理(?)をごちそうになりました。
まぁ、重箱には入ってなかったんですけどもね(苦笑)
家族持ちならともかく、独身家庭には重箱は敷居が高いです orz...

IMG_20180102_52
煮物

IMG_20180102_43
紅白なます

IMG_20180102_39
煮卵・焼豚・数の子

IMG_20180102_12
黒豆

IMG_20180102_10
伊達巻・紅白かまぼこ

IMG_20180102_32
水菜・ミニトマト

そうそう、金箔入りの純米大吟醸も。

IMG_20180102_05

普段、日本酒は飲まないのですが(そもそも、それほど日本酒が好きではない)
飲みやすくて美味しかったです。

あと、正月は関係ないのですが、スーパーで売ってたとかで、
「博多の女(ひと)」という銘菓をいただきました。

IMG_20180102_58

博多へは行ったことないのですが、名前だけは知ってまして、
何故かというと、この曲を知ってたからなんですね。


♪博多の女(ひと)/モダンチョキチョキズ

この曲は、「どこへ行っても、似たようなお土産(饅頭)がある」と
皮肉ってる曲なんですが、実物の「博多の女(ひと)」は饅頭ではありませんでした。
バウムクーヘンの穴の中に漉し餡を詰めたような小さなお菓子。
和洋折衷でおかしな感じがしますが、普通に美味しかったです。


3日目は昼過ぎまでゴロゴロと寝ていたんですが、思い立ってお買い物へ。

気に入ってたフルジップパーカーがボロボロになってきてたので、
新たに一着買おうかなぁ…と、前々から思っていて、
年末のセールには買いに行けなかったので、買いに行った次第。

服を見てると、あれもこれも欲しくなるもんですね。
予定にはなかったんですが、セール中で安かったので、
パーカーの他に、タートルネックの裏起毛シャツとスキニージーンズも買いました。
まぁ、ジーンズも前々から買おう買おうと思ってたし。
ちょっと散在したけど、まぁ、いいか。







師走ですから…

前回書いた副業(バイト)の話。
入って2ヶ月くらい。日数では20日ちょっと(祝祭日もあったから)
いわば、新人。研修生みたいなもんですよ。

なのに、俺より後に入ってきた人の指導係みたいなのをやらされて、
その方がミスをされると、「ちゃんと教えとけよ!」と、お局さま方から叱責が来る。
何故なのか…納得いかない  orz...

いや、自分が分かる事は、きちんと教えてるわけですよ。
何と言っても、その新人さん、マイペースな性格の上に、教えたことをすぐ忘れる。
ミスした内容も前日に教えたばかりの内容で、「わかった」というから任せてたのに。

「忘れやすいなら、メモ取っとけよ!」と、思うのだが、それすらしない。
俺ですら、メモ取ってるのに(仕事中には書けないので、家で言われた事を思い出しながら書き留めてる)
その上、悪びれもしない。

ゆとりか? これがゆとりって奴なのか?
と、年下の方であれば、そう思うのだろうが、その方、俺よりも年上。
俺は見た目で、勝手に50後半くらいと思っていたのだけど、
社員さんからの情報によると、まだ50くらいだそうで。
んー、あれか…いわゆる「新人類」と呼ばれてた世代か。
じゃー、仕方がない。あきらめるか。(多分、そういう問題じゃない)



まー、そんなやり切れない事があった夜、仕事の帰りに某通りを歩いていたら、
後ろから、パトカーが爆走してきたのですよ。
1台、2台だけなら、たまに見かける光景かもしれないけど、
後ろから続々とパトカーがやってくる。

4、5台くらい通った頃から、「尋常じゃないな」と思って、
通過するパトカーを数えてたら、その数、11台。
あれだけの台数が一度に走るのを初めて見ました。

歳末だから、警察もお忙しいのかな。
傍から見たら、暴走族と何が違うのか…と、いう気持ちにもなりましたがね。
あれだけの大群プラス、サイレン鳴らせば、車道爆走し放題ですからね。


こんなこともありました。

副業(バイト)先、スタッフ用のトイレが男女兼用で一つしかないの。
客用のトイレはあるけど、基本、スタッフの使用は禁止。

ある日、先述の新人類世代のおっちゃんが、トイレに入っていった後、
お局さま方が「何で、うちは男子トイレがないのか!」と、
例の如く、ヒステリックに怒りだした(苦笑)
(お局さまはトイレに行きたかったが、男が入った直後にトイレへ行くのは嫌みたい)

「こりゃ、仕事中にトイレへ行かない方が無難だな」と、思った俺は、
出勤前に、必ず、副業(バイト)先近くの某広場のトイレに寄ってるのですが、
そのトイレでの事件。

某繁華街にある広場のトイレなんですが、居酒屋が密集してる地域なので、
この時期、忘年会帰りの人々が多いんですよ。
そのトイレも例外ではなく…表現汚いですが、
たまに酒臭い小便の匂いの他に、嘔吐物の匂いまでしてる始末。
定期的に清掃員が入って掃除してるようなので、
普段は綺麗でウォシュレットもついてるようなトイレなんですけどもね。

ある日、出勤前にそのトイレに寄ったら、
トイレ前で女の子2人が警備腕章をつけた人に職質されていて、
見かけた時には何の疑問も持ってなかったんですが、
男子トイレに入った途端、騒然となってる空気で事態が飲み込めました。

トイレの中で消防局員が二人、担架を持ってて、
トイレ個室から倒れてる人を運び出そうとしてるとこだったの。

多分、忘年会か何かの帰りで急性アル中になったかしたんでしょうね。

流石に、そんな空気の中、用を足せる度胸はなかったので、
その日はトイレに入らず、そのまま仕事に行きました(苦笑)


この時期は、そういう酔っ払い多いですよね。
前にも、大阪駅の高架下でピンクの液体を吐き出しながら倒れてる
若いリーマン見かけたことありますし。
関係ないけど、子供の頃、飲み会帰りの親父を駅へ迎えに行ったら、
親父が自販機に、もたれかかって寝っ転がってた事あったし。

某主催の飲み会の帰り、酒で記憶を失いながらも、
気づいたら、家で寝てたことがある俺も人の事言えないけど、
酒の飲み過ぎには、くれぐれも、ご注意くださいね。
素面の方からしたら、迷惑以外の何物でもないですから。



♪日本全国酒飲み音頭/バラクーダ

にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

早くも師走

ブログ、絶賛放置中  orz...

まぁね、書こう書こうとは思ってましたよ。
思ってたんですけどもね…なかなか、自分のPCに向かわない日々が続いてまして、
書けずじまいでした。書き始めると長文になりがちだしね  orz...
(その割には、スマホでYouTubeとかAbemaTVとか見てましたけど(苦笑))

書かなかった間、いろいろありました。
本業とは別に、ちょっとした副業(バイト)を始めたし、
そのせいもあってか、若干、ストレスも溜まり気味で飲酒の量が増えたし、
(普段、晩酌する習慣がないんですが、最近、よく飲みます(苦笑))
友人の誕生日があったので、プレゼントでフルボトルのワインを贈りましたし、
3年くらい使ってたiPhoneのバッテリーが瀕死状態になったので、
スマホを買い替えたりもしましたし。


副業(バイト)は、いろいろ事情があってもぞもぞっとした事しか言えないけれど、
10月から週末の夜にだけ、某所の清掃バイトを始めました。
清掃作業自体は、それほど大変な作業量ではないのだけど、
もうね、個性的な人が多すぎて、人間関係と職場環境が、既に嫌(苦笑)

お局様的な存在が何人かいて、そのうちの一人は始終、ヒステリックな感じ。
誰かに怒鳴ってるか、愚痴を言ってるかのどっちか。
そんな環境で長く勤めてる人は慣れてるのか、適当に聞き流してるみたいだけど、
俺は、黙って「とばっちり」が来ないようにするだけで精一杯です(苦笑)

それすらできない人は、早々に辞めていくみたいで、
俺が入った後に入ってきた年上の方が、お局様と大ゲンカして、
早々に辞めて行かれました orz...
俺ですら、まだ2ヶ月も働いてないのに。
年齢的なプライドが許せなかったのかなぁ。
そして、翌週には既に新しいバイト(これまた年上)が入っておりました(苦笑)

それから、仕事先にスタッフでも客でもない方々が、始終、遊びに来られる。
俺に関わってこないので邪魔というほどでもないのだけれど、
お局さま方の知り合いの方らしく、彼女らの会話から聞きたくない情報が
いろいろ耳に入ってきて、それはそれで嫌過ぎる。

聞こえてくる情報がどれも“グレーゾーン(ほぼクロ)”な内容。
名前も知らない人らだし、関わり合いたくもないのだけれど、
どうか警察沙汰にならないように、出来れば、巻き込まれませんように…
と、願うばかりです(苦笑)
(元K官の父を持つ俺としては、戦々恐々です)

まぁ、時給がいいのだけが唯一の救いですかね。
それでも、最低賃金じゃないっていうだけですけど。


それから、iPhone。
俺が持ってるiPhoneはiPhone6なので、もう3年使ってることになりますか。
まぁ、明らかに寿命ですね(苦笑)

突然、充電に長時間かかるようになり、100%になるまで起動してくれない上、
待機状態にしてるだけなのに、2時間で落ちるという状態に。
辛うじて起動する間に何とかしないと…。

それで、バッテリーを交換するか、機種変更するかで悩んだんですけど、
思う事もあって、SIMフリーのスマホに買い換えました。

iPhone6に不満はそれほどないんですが、バッテリー容量が1810mAhしかなく、
RAMも1GBしかないという某サイトのネット情報を見まして、
最近の格安スマホでも、その辺りは、もっといいはず…という考えに至り、
そうなりました。

初めてのAndroidスマホ。
買い換えたのが1週間前。
今思えば、フリーテルを選ばなくて良かったと思う次第です(苦笑)
(元々、選択肢にもなかったですが…)

突発的な事態の為、そんなに予算はかけられないので、
某通販ストアで大幅に値下がりしてた、聞いたこともないブランドのスマホに。
(ビ○クカメラでの値段の、ほぼ半額までに値下がりしてたので(苦笑))
いわゆる中華スマホのブランドはいくつか知ってるんですが、
その中でも聞いたことがなかったALCATEL(TCL集団)というブランド。

いろいろ調べてみたら、海外で新商品の発表があったようで、
いわゆる型落ちなんですが、一部を除いて評判は悪くなかったし、
予算内に充分収まってたし、デザインも悪くはなかったので買ってみたのだけど、
まぁ、某サイトのレビューでも書かれてたように、
いくつか不満点が残るスマホでした。

まず、余計なプリインストールアプリが多すぎる。
中でもメーカー制作のプリインストールアプリが最悪。
自社アプリなのに何故かデカデカとした広告付きで、
(たまに動画広告で音が鳴りだすから驚かされるが、ミュート設定もない)
その上、メーカーアプリはアンインストールさせないしくみになってる(失笑)

例えば、「ファイルマネージャー(メーカーアプリ)」。
不要キャッシュも削除できるし、メモリ解放も出来るし、
ウィルスチェッカーもついてる優れものではあるのですが、
ウィルスチェックの後に「安全です」の表示前に
必ずと言っていいほど、一画面広告で
「ウィルスが検出されました。ダウンロード&ウィルス対策」
と、「Power Clean-最適化クリーナー」というアプリを勧めてくる。
これほど悪質な広告ってありますかね?(苦笑)


Screenshot_20171206-175231Screenshot_20171206-175426
※問題の画面のスクショ2枚


で、それとは別に「AVG AntiVirus(フリーアプリ)」が
プリインストールされてんの。
こっちは広告なし(ただし、キャッシュ削除やメモリ解放はできない)
普通にアンインストールも出来る。

もうね、プリインストールのアプリに関しては失笑の嵐ですよ。

これは、慣れですかね。
慣れれば、そう気にならなくなると思うんですけどもね。

それ以外に不満は、今のところないかな。
アプリをよく使う人だとバッテリー容量が不満という方もいるようだけど、
そう始終アプリばかり使ってるわけじゃないし、長電話もしないし、
iPhone6のバッテリー容量が1810mAhだったという事を考えれば、
2610mAhなら容量が上がってるし、RAMも3GBあるし、充分かな…と。
(最新機種だと3000mAhが主流だそうですがね)

内部ストレージが16GBしかないく、システムで6GB取られているので、
あんまりアプリが入れられないのは少々不満ではあるけれど、
画像や動画などのデータは外部(SDカード)を使えばいいので、
まぁ、何とかなるかと…。
(スクショに関しては手動で移動させないとアカンけど orz...)

でも、Androidスマホにしてしまった弊害も少し出た。
iOSからAndroidだと、LINEを始め、いろいろなアプリの設定などが
上手く引き継がれないのですよね。

LINEだと、それまでのトークやコインなどが引き継ぎされないし、
某ゲームアプリだと、攻略の要になるものが引き継がれない  orz...

なので、まぁ、いろいろなものが初めからのリスタートになりました(苦笑)



以上、近況報告でした。

今月は定期通院もあるし、今月中には、また何らかブログを更新できるかと思います。



Android で Google アシスタント:「お前はもう」篇

せっかくのAndroidスマホなので、これも試してみようかと思います(苦笑)

にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

「ぼちぼち」って、便利

久方ぶりのブログです(苦笑)
まぁ、特別書くこともなくなってきたしなぁーというのもあるけど、
しばらく、ちょっと、気持ちに余裕がなかったせいというのもある。
それについてはいずれ、機会があれば書こうかと…。

で、この間、通院日だったので、拠点病院に行ってきました。

ホントは、17日辺りに行く予定だったのですけど、病院に行きそびれまして…
仕方なしに、翌週に予約を変更。


予約時間の10分前に病院に着いたのですけれど、
この日は非常に空いておりまして、いつものように体重・血圧等を測ってから、
わりとすぐに、お呼ばれされました。

血圧 121/66
脈拍 99

まぁ、頻脈スレスレですけど、いつもよりは落ち着いてる感じ。
血圧が落ち着いてるのは、薬が効いてるからなのか、
減塩に気をつけてるからなのか、さっぱり分からんけど、
降圧剤は飲み続けなきゃいけないみたい  orz...
無駄な出費にしか思えないから、止めたいのだけどもね。

体重は…ここ数週間、若干、ハードなことやってた割には、
まぁ、たいした増減はナシ。
前回より100g減っただけ(苦笑)


それで、採血検査の結果はというと、

CD4:1074
H-R:20以下(ケンシュツセズ)

久々にCD4が1000オーバー。

そんなこんなで、結果的には喜ばしいお話なんですが、
一つ、指摘された項目がありまして…

それが、「TG」と呼ばれる項目。
いわゆる「中性脂肪」です。

過去1年間のデータを見ると、ちょいちょい、上限値(234)スレスレの時もあったのですが、
今回の検査結果では、「381」を叩き出してしまいまして。

担当医曰く、

「検査前に食べたものに影響されたりするからねぇ」との話。

でもね、俺、血糖値とかにも影響するし…と、思って、
検査当日の朝は、基本、何も食べて行かないのですよ。

いや、まぁ、2ヶ月前の検査の話なので、当日の自分の状態がどうだったとか、
全く、記憶にないんですが、いつも通り、食べてなかったと思うのです。
うーん、今回の結果で何もなければいいんですけどもね。

特に雑談もなかったんですが、処方箋をプリントアウトしてもらってる間に、
担当医に聞かれました。


「最近、仕事どう?」


今まで、そんなこと、ほとんど聞かれたことなかったのに、
何で唐突に、そんなお話を?(苦笑)

とりあえず、「ぼちぼち」とだけ、答えておきました。

よくよく考えたら、「ぼちぼち」って、便利な言葉だわー。
何聞かれても、「ぼちぼち」って言っとけば、とりあえず、お茶濁せるもの(笑)
サンキュー、関西弁!


で、問診が終わった後、採血・採尿をしに行ったのですが、
ここも案の定、空いておりまして、待ち時間は10分くらいだった。
(いつもなら、30分は待たされる)

待ち時間の間、ボーっと座ってたら、目の前のベンチに車椅子のご老人が。
奥さんと一緒だったようで、その方といろいろ話してるのが聞こえてきた。

採血の時、間違いがないように、自分の生年月日と名前を聞かれるのですが、
奥さんらしき人が、そのご老人に「生年月日」と「名前」が言えるかどうか尋ねていた。

痴呆症が入ってる方なのかなーと思って、見ていたら、そのご老人は
「そのくらい言えるわいな」と、小さな声で自分の生年月日を言い出した。


正直、驚きました。
俺の母と同い年だったのですよ、そのご老人。

「えー! どう見ても同い年に見えない!!」

車椅子に乗ってるせいもあるんでしょうけど、どう見てもヨボヨボで、
頭ハゲ散らかしてて、肌も血の気がないくらい青白くて。
80は超えてるもんだと、勝手に思ってた。
人にもよるでしょうけど、世間の70半ば過ぎの人って、あんな感じなのね。

そういう意味では、俺の母って、若く見える人だったんだなぁーと、
二重の意味でビックリしました。
(俺の父も若く見られる人で、遺伝なのか、俺も歳相応に見られることが少ない orz...)


今回の採血は、上手な人に当たったので、特にネタに出来ず、ある意味、残念(苦笑)
若い女性のスタッフだったけど、手際が素晴らしく、安心できた。

あとは会計して、処方薬局へ。

処方薬局では、先客が二人いたので、若干、待たされました。
待ってる間、テレビを見てたんだけど、そこへ、新たに入ってきた人が。

どこの国の人かわからんけど、めっさ背が高い黒人さん。
(実は、病院内でも目立ってて、いろいろなとこで見かけた)

で、その方がカウンターで薬剤師さんに話しかけたんだけど、
全く日本語が出来ない方みたいだった。
さらに、薬剤師さんも英語が出来ない方だったみたいで、
すごく会話に困ってて、どうなるのか、行く末を見守ってたのだけど…

ある程度はニュアンスで理解しようとしてる様子だったのだけど、
諦めたのか、その黒人さんは、一回、薬局から出て行ってしまった。

ただでさえ、英語を苦手とする人からしたら、英会話はハードル高いのに、
そこに、医学用語を英語で言おうとするのは、難しい話ですよね。

薬剤師的には、「処方箋」を提出して欲しかったみたいだけど、
「処方箋」を英語でなんていうのか分からなかった様子。

ま、普通の人なら、知らないわな。
日常会話でもあんまり「処方箋」なんて単語使わんし。

俺も気になったので、家に帰ってから、ネットで調べました。

処方箋は英語で「Prescription(プレスクリプション)」と言うようです。
(「prescribe」で「処方する」という意味合いになる)
「処方薬」は「Prescription drug」で通じるようです。
「Prescription」の代わりに「Medical recipe」でも良いみたい。

なるほどー! 勉強になりました。
まぁ、俺の記憶容量少ないので、すぐに忘れてしまうでしょうけど(苦笑)


処方薬局の帰りは、恒例の病院裏にあるスーパーでパンを買いました。

IMG_8796
手前:かぼちゃクリームパン
奥:コロッケサンド

ハロウィンが近いせいか、かぼちゃ系のパンやお化けに模した白いパンなど、
いろいろありました。


にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村

メメントモリ

先日、姉からLINEがありまして、父が今年2度目の入院をすることを知りました。
昨年の晩秋に入院、今年の正月明けにも入院。
そして、先月25日に、また入院。

入院の日の夜、姉が実家に泊まりに行ったそうで(母が一人になるので)、
姉と母から電話がありました。

親不孝というか、何と言うか...
前にも言ったかもしれませんが、俺、電話をかけるという行為が苦手で、
長らく実家に電話をかけてなかったので、母と話すのが実に3~4年ぶりくらい(汗)。
(その間、携帯メールのやり取りは何度かしてますが、メールは老眼で辛いらしい)
いろいろあって、帰省もしてなかったしね。

実家の場合、電話をすると、呼び出し音が鳴ってる間は、まず出てくれません。
オレオレ詐欺と営業電話防止の為なのですが、
呼び出し音から留守番電話に切り替わってから、独り言のように

「masaruです(ヒロシです口調)」

と、言ってからじゃないと、在宅してても電話に出てくれないのです。
それが、さらに嫌でねぇ(苦笑)

母曰く、
「オレオレ詐欺と営業電話なら、不在と思って、すぐ切るでしょうし、
本当に用事があるなら、何らかメッセージ残すでしょう」と、いう考えらしい。


そんなわけで、久々の電話だったので、通話時間が実に2時間半。
何をそんなに話すことがあったのか...と。

まずは、父の状況をいろいろ聞いて、
姉も母も、俺がゲイでHIV陽性者ということを知ってるので、
病気のことも含めて、近況報告。

昨年に姉から聞いた話では、父は「食道ガン」ということだったのだけど、
今回の入院は、もしかしたら、胃に転移してるかもしれないとのことで
検査入院&手術ということらしい。

内視鏡検査で胃の一部切り取って、検査して、それから今後のことを考えるそうな。

ステージがどの辺りなのか、詳細を聞くのを忘れていたけれど、
今年の正月に撮った写真から比べても、大分体が小さくなったという話を聞いて、
「大丈夫なんかな?」という心配はしてる。

「だったら、何としてでも、お見舞いに行けよ」ってな話ですが、
なかなか踏ん切りがつかない理由が、あるにはある。


過去にも、何度かブログにも書きましたけど、
確かに、父との間に、多少の確執はあります。

それで、フッと過去に書いたブログのことを思い出したのです。
去年の1月に、父との確執のことでこんなことを書きました。

親父の思い出-再びの再び-(2016年1月28日付)

ある男がいた。
その男はゲイで、恋仲の男と同棲している。
ある日、男の父親が倒れ、入院した。
病院の先生からは父親の余命は幾ばくもないと言われ、男は考えた。
親に自分がゲイだという事を隠してきたが、今の自分を認めてもらいたいとも思う。
男と同棲してる事を告白した方がいいのか、しない方がいいのか。

日本の道徳観を問う、あるテレビ特番で、こんな問題が出題されて、

父がボソッと

「死に体の親に、そんなトドメを刺すようなこと言ったら、ダメだよなー(笑)」

と、言ったのを聞いた俺が、その時、

「親父が死ぬ間際に、絶対、言ってやる! 俺がゲイだってこと告白してやる!」
「アンタの息子はこんな息子でしたって、最期にトドメをさしてやる!」


と、思ったというお話。

それが、いよいよ、現実味を帯びてくるのか! と。
(別に、今回のことで死ぬことを望んでる訳じゃないので、誤解がないように)


で、今、俺がそんなことができるかどうかっていうと、
なんだかんだ言っても、そう言ってるだけで、実際に言う度胸はない。
一応、実父だし、なんだかんだ言っても、養ってくれた人だし。

正直言って、今まで誰かを心底、激しく嫌いになったことはない。
「会いたくない」とか、「苦手だな」とか、そういうのはあるけれど、「嫌い」というのとは違う。
父に関しても、そうだと思うのです。
本当に嫌いなら、多分、ブログに、こんなこと書けやしないだろうし。

ただ、お互い歳をとり、丸くなってきたとは言えども、
会えば喧嘩する可能性はあるので、売り言葉に買い言葉というか、
勢いで言ってしまう可能性は、なくもない。

それが怖いかな...という気持ちがあります。



♪花 -Mémento-Mori-/Mr.Children


にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村
記事検索
History View
History View
ブログ村ランキング
自己紹介
メッセージ
※メッセージはこちらからお願いします
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ