井戸端の雑談

塵芥ブログへようこそ。何かを発信するというような高尚なブログではありませんが、お立ち寄りいただきましてありがとうございます。

ラーメン日記番外 「まるか食品 ペヤング からしMAX」3

ペヤング先日の黒ペヤングより先に発売されていた黄ペヤング。

辛さに耐えるにはそこそこ自信がある私だが、実はこのカラシの辛さには弱い。
鼻に来る辛さが苦手で、そういう点ではワサビの辛さも、強い辛さになると得意ではない。

ということで辛味チャレンジャーの私も見送っていた黄ペヤングだったが、ようやく挑戦する気になった。

パッケージを見ただけで、あの鼻にドカーンとくる辛さが想像されて息がつまる。
さてどんな程度だ?

ペヤング作り方は、他のペヤングと一緒。
お湯を注いで、3分経ったらお湯切り。
付属のソース1袋を絡めて終わり。

追加ソースやパウダーもなく、このあたりはペヤングの拘りなんだろう。

見た目の色は、特に辛そうに見えない。
香りも、あのカラシ特有の香りはごく弱く、いたって普通だ。

これで食べたら、「ごふっ」となるんだろうか。

恐る恐る食べてみると……。

あれ?

なんか…。

普通に食べられるじゃん?
そんなに辛くないぞ。

あぁいや、後味というか、鼻に抜ける息にカラシの香りがするか。

だが、辛さそのものは弱いといってもいいレベル。
多めに口に含んだ際に、一度だけあの鼻に来るカラシの風味で咽かけた。
が、その時以外は白ペヤングをちょっとだけ辛くして食べている感じだった。

赤や黒ペヤングのあの勢いからすれば、もっとやっちゃってもよかったんじゃないかな。
カラシというか辛味が苦手な人には、パッケージの状態になるのかもしれないが、そういう人はそもそも食べないか(笑)

ラーメン日記「らーめん たかみち」3

たかみち

弥彦に出かけたついでに、「らーめん たかみち」に久しぶりに行ってきた。
以前も寄ったことがある店だが、この近所でそそる店というとここしか知らない。
もっと下調べしてくればよかった。

前回は大二郎という期間限定メニュー(どうやら定番化したらしい)を食べた。
大二郎は感動的に美味かった記憶があるが、さすがに同じメニューではツマランので、今回は豚バラ麺(とんばらめん)にしてみた。
わかりやすく言うとチャーシュー麺だ(笑)

しかし、大二郎で味わった感動的な美味さは、今回は残念ながら感じられなかった。
口に合わないというわけではなく、十分美味い部類ではあるんだが、思い出が美化されすぎたきらいもあるというか。
一口目からスープを飲み干す(不健康だ!(笑))まで、やや塩気が強いか?という印象がずっと消えなかった。

軽くかかっていた背油がもう少し多ければ、このしょっぱさも緩和されていたかもしれないが、そうするとたぶんくどくなる気がする。
今日の体調もあるし、この6年間で私の身体的な具合が大きく変化したのもあるかも。

ところで。
たかみちの売りは塩(潮と書く)。
潮豚バラ麺というメニューもあったのに、なぜか今回も塩を頼まず、背油(醤油)を頼んでしまった。
いつか塩を食べてみなければと思うが、どうも塩は食指が動きにくい。

塩で美味いと思ったのは、(確か)今のところ唯一村上のつるのやだが、閉店してしまったんだよな。

さんま3

サンマ
なかなか帰れなかった運行から、四日ぶりに帰宅。
さー、肉でも焼いて、午後は呑むかー。

と思ったが、

昨日ラジオの 「ピートのふしぎなガレージ」(TOKYO FM) で聴いたさんまの話題を思い出して、さんまを買ってきて焼いた!

※1尾/128円(税抜き)はまだチト高いな。

塩焼きにするつもりが、うっかり先に焼きを入れてしまって、後から塩を振りかけてもうまく乗らなかった。
次はちゃんと焼く前に塩を振ろう。

焼きあがったさんまの美味いこと美味いこと。
ご飯も進むし、もちろんビールも進む。

子供のころはさんまなんて〜と思っていたけど、何時のころからだろうな、こんなに美味いと思えるようになったのは。

ちなみに、グリルの都合で頭は落としてあるけど、ラジオで聴いたとおり、この後でちゃんと頭も焼いて食べたし、残った骨も再度焼きを入れて、これも食べた。
んまかった!
Archives
Amazonライブリンク