2006年06月

2006年06月28日

願いは叶うね〜!

天気:晴れ 気温:29℃ 水面:21.5℃ 水底:19℃(たまに17.5℃) 透明度10〜15m

梅雨のさなかの晴れ間が2日も続きました。一昨日串本ツアーから帰ってきて、個人的には1週間ぶりの富戸です。狙いは今の旬のアオリイカ、そして脇の浜の出物たち!

お客さんは水中デジカメを買い換えたいと強く考えている陸上カメラマンさんとお連れの方の二人です。

1本目、潜降しながらお客さんのカメラを見ると・・・・妙に泡が出ているのに気がついたのですが、すぐに泡も消えたので、さぁ〜行きましょう!と合図すると、お客さんはカメラを指差しながら浮上サインです。「えっ!?」っと思いながら近づいてカメラを見ると、「完全水没〜〜

上げてチェックしても原因不明なのですが、どうやら水没保険には入っていたので、新しいカメラに買い替えが出来そうです(願えば叶う!)

で、今日のアオリイカは、ご覧の通りです!すごいアオリイカ

 

 

 

同時に数えられるだけで40パイ以上いました!!

ここ十年来の富戸のアオリイカの産卵でコレほどすごいのは初めてです(願えば叶う!)

そして、2本目、3本目と僕がお客さんに見てもらいたいたいと思ったものは全部登場しました!

富戸のアマさんの潜ってる姿:あつ丸奥さん

 

 

 

チビネコ(20cm)ちびねこ

 

 

 

他にでかいカスザメ×2匹、巨大サカタザメ、もちろんアサヒガニ、ベニイザリ×2・・・・と思ったものは、ことごとく登場してくれました! まさに願いは叶う!!

しかし、背中の痛みは取れないなぁ〜〜と今日も潜った後に、リハビリ通いのJIJIでした


mstage at 19:46|この記事のURL

2006年06月25日

6月最後の週末5

minegishiizari天気; 夕方から
気温;24℃
水面温度;21℃ 水中温度;17℃
透明度;3〜10m

 

幸いにもダイビング中はも降らず、快適に潜れました 昨日より若干透明度が落ちていしたが、今日も楽しい海でした 

ベニイザリウオはロッククライミングをしている様手足をいっぱいに伸ばして、岩にくっついていました(写真上)その他、ミニサイズのヒロウミウシ、ミニミニのオルトマンワラエビ、コブダイのちびっこ、何とノコギリヨウジ5mmサイズちっちゃい 

minegishishiro

 

←シロウミウシが海藻にくっついていました。こんなに小さいのに、鮮やかな色をしてキレイ この広い海の中、同じ種類のウミウシを探し当て、子孫を残していくってスゴイですよね〜 

 

 


砂地ではカワハギの産卵 シビレエイ、巨大サカタザメ、ミノカサゴの捕食シーンにも遭遇しましたよ〜 

Photo By; Hiroshi Minegishi


mstage at 17:12|この記事のURL海のお話 

2006年06月24日

夏〜!5

天気;
気温;26℃ 
水面温度;21℃ 水中;19℃
透明度;4〜15m

いやぁ〜暑いですね こんな日はやっぱりダイビングですね 今日はオープンウォーターコース初日、最終日、ファンダイビングチーム、そして昨日から串本ツアー....と盛りだくさんのメニューです

浅場は少々濁っていますが、 沖へ行くとキレイな水が でも冷たい.. 水中では、巨大サカタザメ、シビレエイ、ヒラタエイ、ベニイザリウオなどなど。。。脇の浜ではアオリイカの産卵も見てきました 

今日オープンウォーター最終日の方々は見事合格おめでと〜 そして明日はファンダイビング〜 気合入っています ライセンスを取得した後、続けて潜ると上達が早いんですよ〜 

明日はどんな魚達に会えるかな〜 楽しみです

 


mstage at 17:22|この記事のURL

2006年06月21日

楽しいよ〜!脇の浜5

c21ae4d4.jpg

天気; 気温;26℃
水面温度;21℃ 水中;19℃
透明度;8〜10m

今日は脇の浜2ダイブです 海はベタベタサイコーのコンディション 個人的には久々の脇の浜だったのですが、いやぁ〜 楽しいっす

砂地では巨大サカタザメ、吸い込まれそうなキレイな目をしてます(写真上) ベラギンポやハナアナゴも活発に動き始めてきたし、巨大ヒラメ、セイテンビラメ、シビレエイ、ヒラタエイはいっぱいいすぎて何匹見たか憶えていませ〜ん 笑 
先日、ヨコバマでアオヤガラの大人を発見しましたが、今日は今シーズン初ちびっ子を発見しました 日に日に夏の海へと近づいています

iza

岩場ではベニイザリ見〜つけた その近くにはちびちゃんイザリもいましたよ 

あっ 今日もアオリイカの産卵は絶好調です ゆっく〜り近づくとかなりの至近距離でウオッチングする事が出来ますよ〜 


 ALL Photo By;Keisuke,K 


mstage at 17:33|この記事のURL海のお話 

2006年06月20日

またまた夏先取り!

天気:曇りのち晴れ 気温:27℃ 水面:21.5℃ 水中:19.5℃ 透明度:6〜10m

やる気マンマンのお客様、ケースケ君はフリーター君です。貯めたお金で昨日から3日間の予定で合計8〜9本、富戸を潜り倒す計画でやってきました。

昨日は脇の浜3ダイブでアオリイカの大産卵ショーに大感激!そして今日はヨコバマ3ダイブです。

そのやる気に応えるべく、やっちゃいました〜〜 

◎1本目は右奥の元「十字トサカ」方面で最大水深26.5m 潜水時間63分間

◎2本目は砂地コースで最大水深18.6m 潜水時間またまた63分間

◎3本目は富戸ホールからめての浅場コースで最大水深11.6m 潜水時間65分間  

合計潜水時間191分!やりすぎました(反省)。普通のダイビングなら4〜5本分ですね、きっと。でも、やる気があるし、せっかく貯めたお金と時間を使ってきてくれたのですから、こちらも出すものは全部出さないとね!

画像は富戸ホールと富戸グロットです。(どちらも本物のスケールに比べるとプチサイズですが、好きな場所です。)富戸ホール富戸グロット

 

 

 

カミナリベラの産卵、巨大カスザメ、サカタザメ、アサヒガニ、婚姻色のヤマドリ(オス)、ゾウリエビ、イセエビ・・・・と・・・・一杯見たけど長すぎで思い出せません。

明日は身体のことを考えて2ダイブ予定です!      


mstage at 20:04|この記事のURL海のお話 

2006年06月19日

やっとやっと来ましたよ!!

天気:快晴 気温:29℃ 水面:21℃ 水中:19℃ 透明度:3〜12m

待ってましたよこの水温!!水底に行っても19℃をキープ!!

そして、待ちに待ったアオリイカの産卵です!もう何も言わなくても画像を見てください。合計19ハイのイカたちが目の前で激しくも荘厳な産卵ショーです!

あおりいか3あおりいか4

 

 

 

 

お客様もはじめて見る産卵SHOWに大興奮です。ここだけで30分は見ていました。(笑)

今日は夏の天気の中、ベタベタの脇の浜での3ダイブ。その他巨大カスザメ、巨大サカタザメ、巨大(しつこい!)ダイナンウミヘビ、ヒラタエイ、シビレエイ、オハグロベラの産卵、アメフラシの交接・産卵と見所たくさん!明日はヨコバマダイブの予定です!


mstage at 22:06|この記事のURL海のお話 

2006年06月18日

何か変??5

天気;
気温;26℃ ムシムシしてます
水温;18〜21℃
透明度;3〜15m

今日はナントも変な潮が入っていました 朝1番でエントリーした瞬間沖出しの流れが。。「ぴゅ〜ん」と流れに身を任せ一気に水深15mへ 15mからは流れも感じなく、キレイな水が 砂地を探検して浅場に戻ると水温は21℃と暖かかったのですが、透明度は3mなのでした〜 流れがあったり、水が冷たかったり暖かかったり。。と変化が大きな海でした。

そんな今日の魚達は カスザメ、サカタザメのちびちゃん、モンガラドオシのちびちゃん、シビレエイ、ヒラメ、ハナアナゴ、アオリイカが2ペア産卵行動をしていました。丁度冷たい水が入って来ていたので、イカ達はすぐにいなくなってしまいました もう少し水温が上がると安定して見れるんだけどなぁ。。。
mstage at 15:55|この記事のURL海のお話 

2006年06月17日

賑わってたよ〜!5

天気;晴
気温;26℃ 水温;19℃
透明度;5〜12m

予報では雨でしたが、1日晴れていましたよ〜v(^^)v 
今日の富戸は学生さん達の合宿でしょうか?!とっても賑わっていました。

海の方は、午前中は沖からキレイな潮が入っていましたが(でも水はツメタイ!)午後からはちょっと濁りぎみ(^^;) そんな今日見た魚は、サカタザメのちびちゃん&Bigサイズ君、ベニイザリウオ、シビレエイなどなど。

今日からオープンウォーターコースもスタートです!明日は初めての海、楽しんで下さいね!

mstage at 18:32|この記事のURL海のお話 

2006年06月16日

いろいろあるなぁ〜!

天気:雨のち曇りのち晴れ 気温:23℃ 水面:19℃ 水中:18〜16℃ 透明度:10〜20m

梅雨らしい一日です。朝は大雨洪水警報が出ていましたが、海に着いた頃にはもう雨は止んでいました。が、突然ガラガラ〜〜と物凄い大きな音がしたかと思うと、脇の浜の上の崖が崩れてきました。幸い被害はなかったですが、怖い怖い!!このあと地震でも来たらまた崩れるだろうな〜とちょっと心配です。

海の中はまたちょっと水温が下がったような感じでしたが、透明度もまぁまぁ良くて快適でした。

写真はオニカサゴの「あくび」の瞬間です。おにかさごよくいる魚でも、こういった瞬間を見るのは楽しいもんです。

 

 

 

次の写真はかなりでか〜いトラフカラッパ(カニ)ですが、カラッパ写真をクリックしてよ〜く見てみてください。オレンジ色の細かい粒子が体の下のほうに垂れ流れてるでしょ!

卵です!カニはお腹に卵を抱えますが、まだまだ成長していないかなり細かい粒です。このカラッパはどことなく元気が無かったので、体調(?)が思わしくなく卵を抱える事が出来なくて、思わず漏らしちゃったという感じでした。

その他、以前お知らせしたカワハギの産卵に割り込もうとして、オスに追い払われていたウマヅラハギ君ですが、今日は2匹になっていて、しかも「追われる立場から追う立場」に立場が逆転していました。

今度はひょっとして、ウマヅラハギの産卵にカワハギが割り込もうとして追い払われたのかな なんて、あらぬ妄想をしてしまいました。

自然界でも色んな事があるんですね。

そうそう、カワハギの産卵とカミナリベラの産卵はかなり激しくやっています。アオリイカは残念ながら卵のみで、今日も産卵シーンを見ることはできませんでした。もう少し、もう少しだけ水温が上がってくれるといいんですが・・・

 


mstage at 17:59|この記事のURL

2006年06月15日

穏やかな富戸!5

ef56fa3c.jpg

天気;
気温;22℃ 水温19℃
透明度;8〜10m

穏やかな海&時間が流れている富戸です。ゲストの○○ちゃんは最近Getしたデジカメで、「可愛くクマノミを激写する事」を目標にエントリー写真上のちびクマノミ可愛く撮れてますね〜 冬の間はイソギンチャクの中で寒そうにしていたクマノミ達も水温が上がってきたので、行動範囲をかなり広げて泳ぎ回っています。夏の光景ですね
 neko
砂地ではナントネコザメ2匹に遭遇 じっくり観察するとなかなか面白い顔してますよ〜 
その他、チビトビエイ、シビレエイ、アカエイ、オニオコゼ、タツノイトコ、大きなヒラメいっぱい ベニイザリウオなどなど....。



天気はイマイチでしたが楽しい海でした

 


mstage at 14:51|この記事のURL海のお話 
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile

mstage

Archives
QR Code
QRコード