2009年04月

2009年04月30日

回復!

天気:快晴 気温:15~22℃ 水温:18~17.3℃ 透明度:8~12m

豚の件が「警戒レベルフェーズ5」になって気になるところですが、今日の富戸は天気もいいし、透明度も良くなってきて、海も穏やか!最高の一日です。umi

 

 

 

メンバーも名古屋、浜松、山梨、東京、沼津とバラエティーに富んでます。さすが、GW!!

最近ネコザメを狙っているのですが、おそらくネコザメがバリバリ食っただろうと思われる割れたサザエの殻はいっぱいあるのですが・・・肝心のネコに会えません。さざえ

 

 

 

いそうなところを探すと、こんな感じでナイスカップルがいました(笑)utsubo

 

 

 

水温も暖かくなってきて、クロホシイシモチの集団見合いも進み、カップルが続々誕生し始めています。

タツノイトコ、ベニカエルアンコウ、アカホシカクレエビ、ヒラミルミドリガイ、ナヌカザメのダブル卵・・・・・そして、最近はレアになってきた、このいけめん少年もすでに大学3年生・ハタチの若者になっていました。いけめん!?

 

 

 

そうそう、ボクは今日からロクハンの下に着ていたインナーを脱ぎました。お客さんもレンタルスーツは5mmワンピースと3mmフードベストで大丈夫になってきました!明日は南よりの風になり、気温も24℃になる予報です。またまた楽しみですね!(by JIJI)


mstage at 18:56|この記事のURL

2009年04月29日

ナヌタマ発生!!おめでと〜!!

天気:快晴 気温:16~20℃ 水温:17.5〜16.3℃ 透明度:6~8m

今日からGWというかたも多いのでは?と思いますが、富戸の海はまだそれほど混んではいません。透明度は昨日よりも今日!という感じで日に日に少しづつですが、良くなって、穏やかな海況です。umi

 

 

 

アナハゼの赤ちゃん、海藻に隠れるのがとても上手で、上を通過するプランクトンや稚魚をダッシュで襲って食べるので、成長が早いです。anahaze

 

 

 

サツマカサゴやオニカサゴなどは、岩に擬態していてうっかりすると見過ごしがちです。satsumakasagoこの子のバックの海の色・・・ちょっと前まで緑色でしたが、いまはコバルトブルーになってきましたね!

 

 

 

まもなく産卵期を迎えるヤマドリのオス。しっかり近づいて見ないと、この美しいブルーの点々は見えません。見つけたら、ぜひ顔を近づけて見てくださいね。yamadori

 

 

 

そして、何より今日嬉しかったのは、2月14日発見のナヌカザメの卵2個のうち一つに、赤ちゃんが発生していました!!まだまだ小さくて見にくいですが、卵殻の中で、力強くビヨンビヨンと動いていました。産み付けられて約11週目の発生となります。nanutama

 

 

 

同時に産み付けられたであろう、こちらはまだ発生が確認できませんでした。nanutama2

 

 

 

これからも大事に見守っていきましょうね〜〜!!(by JIJI)


mstage at 18:31|この記事のURL

2009年04月28日

ダイビングクリニックコース

天気:快晴 気温:14~16℃(ちょっと寒く感じます) 水温:17.6〜16.4℃ 透明度:6〜一部8m

今日はセブでCカード取って3年ぶり初ファンダイブというつわものさんがいらっしゃいました。申し込んだコースはダイビングクリニックコース。まさにこういう方達にうってつけのこのコースを、ご自分でHPから探して申し込んできたのが、まずエライ!と思いました。

はっきり言って値段は高いコースですが、それでも自分は講習受けてから3年も潜っていないので、他の人と一緒ではなく、基礎的なことから勉強し直したいという謙虚な気持ちが嬉しいですね。え〜〜〜、私、そんな気持ちに応えるため、今日は他のお客様はお断りして(ほんとは他に入りませんでした)、彼女とマンツーマンでしっかりクリニックしてきました!

一昨日の一瞬見えた「30m透視度」は・・・・夢になっていましたが、6〜8mと、この季節まずまずの透視度と穏やかな海です。今日の海

一本目はまずは思い出してもらうため、器材のセッティングからはじめ、潜降の仕方、マスクやレギュクリアーの方法、そして、何て言っても一番大切なスキル・・・中性浮力の説明をして、水中でもフィンピポッドやホバーリングの練習を最重要課題としてやりました。

そして、生き物観察!日本初のダイビングですから、ミノカサゴもベニカエルアンコウもハコフグもキンギョハナダイもタツノイトコもトラフナマコだって、珍しいというか、水中で見るのは初めてです。

その感動がこちらにも伝わってきて、ますますやる気が出てきます。でも、彼女の目線を追うと・・・・カワハギやカサゴ、ヒラメに目がキラキラ☆彡 

そうです。何より魚(居酒屋の?)・・・刺身好きだったのです(爆)

今日はとても楽しい一日を過ごすことができました。Maiさんありがとうございます。gominonakanimootakara

 

(これはMaiさんではありません。伊東の不燃ごみ処理場にあった全て針金でできたオブジェです。)

 

さて、「豚」が世界中を席巻し始めまして、海外旅行のみならず、いろいろ気になり始めましたが、マリステ5月ツアーのモルジブダイブサファリは、多くの皆さんのご参加でお値段下げることができました。どうせなら、船を丸ごとジャックしようかと目論んでおります。豚を気にせずジンベエを追える人再募集中です。お気軽にお問い合わせください。(by JIJI)


mstage at 21:20|この記事のURL

2009年04月26日

低気圧一過の富戸の海は!?

天気:快晴 気温:15~18℃ 水面:17℃ 水中:16.8〜16.5℃・・・・・!? 透明度:6〜30m!!!!!!!!!!

昨日の大雨は一体何!?ってくらいのいい天気です。しかも西風ビュービューなので、ヨコバマはベタベタの大凪です。そんなベストコンディション(除く透明度)の中、アドバンスコースのYさんはディープとカメラと魚の見分け方コースの3ダイブです。一緒にお付き合いのKさんは、オリンパスのデジカメを諦め!?、今日からキャノンのG10デビューです。

1~2本目は、ベニカエルアンコウ、ナヌカザメの卵、ビシャモンエビ、タツノイトコ、スミゾメミノウミウシ、イネゴチ・・・・などを楽しんで、午後からの3本目はネコザメとか見られるといいですね〜!なんて言いながら潜りました。

「魚の見分け方」講習で、ベラやスズメダイ、テンジクダイ、ハゼ、カサゴ系の魚をアドバンスらしくチェックしながら、やや深い方へ移動していくと、だんだんと視界が開いていきます。ちょっと見てみてください!この絵!!透明度アップ!ユウダチタカノハのその向こうに広がる海!!久々です

強烈な西風が吹き続いてるおかげで、大潮満潮に向かって下からキレイな水が上がってきたんですね!

ホントにこの透明度、待っていました!が・・・・・・・賢明な皆様は、この透明度では、どれくらいの水温になっているのか想像がつきますね!

はい、僕の高めに出る水温計では14.7℃でした。ちなみにここで水深18mです。久々にシビレました!

この透明度を楽しんだあと、目標のネコザメの姿を見ることなくエギジットしました。

ところが、ところがですよ〜、店に戻ってきてログを付ける時に、「魚の見分け方」講習のチェックをするために、アドバンス講習のYさんの撮った画像をTVに映して、「この魚は何科の魚で、名前は〇☓△だよ~」なんて説明していたら、いきなりこの画像です!nekozame

 

 

 

く・や・じ・い〜〜〜!!・・・・G10デビューのKさんとボクは、肩をがっくり落としたのは言うまでもありません。教えてよ~~~!(爆!)

あんまり口惜しいのでYさんのアドバンス講習は不合格!・・・・にするわけはなく、無事修了しました!おめでとうございます!!

Yさん、本数はそれなりの経験者ですが、来月のマリステ・モルジブクルーズツアーに参加のためのステップアップでした。モルジブでジンベエザメが出たら、ちゃんと教えてくださいね〜〜(笑)

GW期間中、僕が1日4ダイブ潜ることはなさそうなくらい暇ですので、まだまだお受けできます。ご予約お待ちしていま〜〜す。(by JIJI)


mstage at 20:02|この記事のURL

2009年04月25日

冬逆戻り・・・

天気:雨 気温:11~13℃ 水温:16.7~16.9℃ 透明度:6m!

今日は駅に迎えに行ったら、お一人のお客様が降りてきません。ありゃ!?寝過ごしちゃったかなと思い、携帯へ連絡取ってみると・・・・まだ寝声で・・・おうちのようです

気を取り直して、もう一人の方とマンツーマンアドバンス講習に取り組んできました!

今日の透明度はボクの視力では、実測6m10cm!!そうです、アドバンス講習のナビゲーションでメジャーを入れたので、四角形ナビゲーションナビゲーションなどをやったあとで、透明度(透視度)測定ということで、計ってみたのです。

これが透視度6mの海です。でも今週初めの透視度2mに比べると、面積で9倍の広さ、透視度3mの時の面積4倍が見えるのですから、かなり良くなった感じです(笑)。

今日は中性浮力の練習(PPB)とナビゲーションでアドバンス講習順調に進みました。明日は低気圧一過の晴れ渡った快晴の空のもと、ディープ、カメラ、魚の見分け方の予定です。

お知らせ:GW中の5/3〜5/4でまたまたアドバンス講習がありますので、ご希望の方はぜひいらしてください!早めに受けた方が上手になるのも早いですよ!

そうそう、これからの季節、いえいえ、いつでもですが、当日のキャンセルはご法度ですよ〜!メール一本でいいですので、体調の急変など事前にお知らせくださいね〜!


mstage at 18:59|この記事のURL

2009年04月21日

ちょっと遠征してみました!

天気:曇りのち大雨 気温:16〜19℃ 水面:17.5℃ 水中:16.5〜16.8℃ 透明度:4〜5m (^^♪

最近のあまりの水の悪さ(透明度2m!)から逃げて、今日は西伊豆・安良里へ行ってきました。西伊豆は全体的にいいよ〜!っていう噂があったのですが、それも日曜日までだったそうです。それでも、今日は5mは見えていました。

透明度2mと5mでは、どれくらいの範囲が見渡せるかって計算してみると・・・・・自分が中心にいて、半径(透明度)2mの円の面積を求めます。2m×2m×π=約12.6屬任后 これに比べ、透明度5mでは、5m×5m×π=約78.5屬任垢里如見える範囲は6.28倍もの広さが見えます。

そのエリアにお客様全員がいないと不安になるわけですから、たかだか透明度3mの違いって考えずに、面積での違いを考えると、精神的にはかなり「楽」になります。

最近は水中でそんな事を考えながら潜っている自分がいます(苦笑)。

さて、それでもまぁ、透明度は「悪い」ので、生物観察はどうしてもネチネチウォッチングになります。

今日はコノハガニ、タツノイトコ、ヤマドリの幼魚、東伊豆ではあまりいないアマクサヨウジ、なぜか東伊豆に比べ個体がでかいヒラミルミドリガイとその卵、サラサウミウシ、アカエラミノウミウシ、そして、交接しているクロヘリアメフラシ・・・・・(ちょっとセクスィ~!?)クロヘリアメフラシの交接

 

 

 

アントクメの根元を探すと・・・出たぁ~~~!!スナビクニン幼魚!スナビクニン

 

 

 

今日はこの子で大満足でした。大濁りの中、2日間潜ってくれたSaWa君、お疲れ様でした!またGWに〜!!


mstage at 19:40|この記事のURL

2009年04月20日

今日もかなり神秘的!?

天気:晴れ 気温:16〜19℃ 水温:18.1〜17.2℃ 透明度:2〜3m

普段の透明度なら、ヨコバマでコンパスを使って方位を確認するってことは、まずありません。でも最近のこの状況下では、潜っている間に何回も使います。ところが、もともと使わないので、「A地点からB地点まで何度」とか「エントリー口から何度に行けばどこそこに行ける」なんて詳細な角度は知らないので、大雑把に「東西南北」くらいを確認する程度ですが、コンパスに大きく助けられています。今日もそれくらいの透明度です。

それでも昨日今日と、特に目印のない砂地のオオウミウマの幼魚にちゃんと「当てる」自分はスゴイ!って自分で自分を褒めています(笑)。

一本目はその他タツノイトコ、ヒメイカなどマクロものを見て、午後からのダイビングは富戸ホールに行ってみよう!ということになって・・・・そうです、富戸ホールに行くには、「潮が高く(満潮時)、ホールに差し込む太陽の光があり、海が穏やか!」という3大条件が必須なのです。

まさに今日はうってつけ!完璧な条件がそろっています!

ということで、富戸ホールへ行ってきました!

 

 

futohole

 

 

 

 

futohole2

 

 

 

 

そして、夜行性のゾウリエビまで歩いてました!草履エビ

 

 

 

 

富戸ホール行くには、もうひとつ足りませんでした!

透明度!!

では、また明日!!(by JIJI)


mstage at 19:08|この記事のURL

2009年04月19日

天気はいいけど・・・・うっとりする透明度です。

天気:快晴 気温:16〜18℃ 水面:17℃ 水中:16.8〜16.9℃ 透明度:朝8時台は水深14mくらいから先は透明度5m、浅いところは2m!2本目:午前11時台は水深20m弱まで行っても2m!!

水面に顔をつけて中を覗いた瞬間、「あ〜、今日もかぁ〜〜!」とやや失望気味になります。でも気を取り直して入っていくと、ミノカサゴがヒメジに狙いを定めています。ミノカサゴ

透明度が悪いのを利用して、かなり接近してもヒメジは気がつかないふうです。これはやられたな!って思うほど近づいて、ミノカサゴがヒメジに襲いかかると、するりと身をかわして逃げていきました。

本来は失敗しても失敗してもまた狙うしつこいミノカサゴも、今日はいったん逃げられると、透明度の悪さであとを追うことがことができませんでした。悲しげな顔をしていたミノカサゴクンでした。

いつもならあまり気にしないワレカラモドキやカマテワレカラなどの小さな虫みたいな節足動物達も、今日は日の目を見ます。海藻をじっくり見るとヒラミルミドリガイやクロヘリアメフラシ、サガミアメフラシなどのウミウシの仲間がいます。

そうそう、ず〜っと「タカクラタツ幼魚」でご紹介していたタツは「オオウミウマ幼魚(またはクロウミウマ幼魚)」ということが、神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能先生によって指摘されたそうです。勉強不足ですみませ〜ん。訂正!オオウミウマ(マオさん、情報ありがとうございました。)

 

 

 

そして、昨日画像をお借りしたM屋さんは、本日ついに100本ダイブを迎えました!おめでとうございます!!morimori100daive

 

 

 

しかし、この色合い・・・・・すごいでしょ!

2本目はサギフエ、ネコザメ狙いだったのですが、透明度は沖に行ってもますます悪く、しかも沖出しの流れが強く、怖い怖いダイビングとなりそうでしたが、ついに念願叶い、ネコザメゲット〜〜!nekozame

 

 

 

さてさて、透明度の回復を祈るばかりです。


mstage at 17:33|この記事のURL

2009年04月18日

お気をつけて!!

天気:曇り時々晴れ 気温:14〜17℃ 水温:16.9〜15.8℃ 透明度:2〜5m

今日もすご〜い海です。べにかえる

(ベニカエルアンコウ 今日の画像提供は、M屋さん、感謝!!)

 

 

こうやって近い被写体を撮る分には、水の濁りはそれほど気になりません。おにかさご

 

(オニカサゴ)

 

でも、背景の海の色を今日もお楽しみください。すみぞめみの

 

(スミゾメミノウミウシ)

 

いつから海は青色じゃなく、緑色!?みのかさご

 

(ミノカサゴ)

 

少人数でゆっくりゆっくり後ろを何回も確認しながら進んでも・・・ロストの可能性あります。I塚さん、気をつけて〜!僕も十分に気をつけますから〜!!

明日も宜しくです。(by JIJI)


mstage at 18:02|この記事のURL

2009年04月17日

春爛漫!ただし海中のみ(笑)

天気:曇り 気温:14〜16℃ 水温:15.4〜16.5℃ 透明度:2〜6m

今日は4月に京都の平安神宮で結婚した旧姓N坂姉が妹さんと一緒にやってきました。幸せ絶頂な彼女のリクエストはダンゴ!!

だけど、富戸ではまだ見つかっておらず、八幡野も行方不明とか・・・海洋公園にはいるらしいということで、今日は海洋公園2ビーチです。

事前の情報では透明度最悪という噂でしたが、噂どおりでした。でもそんな透明度の中、いましたいました!!ダンゴだんご合計2匹!

 

 

 

富戸ビーチではなかなかお目にかかれないサクラダイ幼魚、イボイソバナガニ子供などを見てきました。浅瀬は2〜3m、水深25mくらいから周りが少し見え始めて6mくらいの透明度でした。

2本目は砂地中心です。あまり深くも行けないので、アジの群れがいてもこんな感じです。アジ群れ

 

 

 

一週間前の海の色(前々回のブログ)と比べてみてください。海洋公園自慢のポストもこんな感じで写ります。海

 

 

 

浮遊物たっぷりなので、カメラのストロボの光が当たると、こうやって写ってしまいす。ならば、ストロボを発行禁止にして撮ると・・・・みどりな海

 

 

 

明日からGWにかけて、何とか回復して欲しいもんです。これでは行方不明者続出するのでは??と心配になってしまいますね〜!

♥♥♥♥♥♥♥♥GWのご予約はお早めに〜!!ちなみにOW講習は5/3〜5/5の日程のみとなりますので、お友達に伝えてくださいね。アドバンス講習は5/3〜5/4の日程で開催決定していますので、ステップアップいかがですか?その他の日程はご相談ください。♥♥♥♥♥♥♥♥

♥♥♥♥♥♥♥♥モルジブツアーのご予約もぜひお早めに!!♥♥♥♥♥♥♥♥(by JIJI)


mstage at 19:01|この記事のURL
Visitor
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile

mstage

Archives
QR Code
QRコード