2009年07月30日

2009ツールド・カムロ Part3

7/26(日) 第二日目です。
今日は昨日とは違いSS(スペシャルステージ)内のタイムを計測し順位が決ります。
ツールド・カムロは殆ど順位を重要視してません 
テーマは“大人の夏休み” そう、楽しんだ者勝ちなんです 
しかしレースである以上、やはり順位はつけないとね  って事で
2日目にあまり無理しないでね  って言いながらSSで勝負する訳です。

BlogPaint



バイキングの朝食を
頂いたあと仲間の
無事を願って???
まずは記念写真です。






BlogPaint

SS1はテクニカル
パークと名付けられた
人工セクション 
水没しちゃいそうな池?
どこに進むのか分からなく
なっちゃう泥 
丸太越え  など・・・
ひとつ間違えると
ヤバイ〜  です。



IMGP3213
カムロスタッフの
心温まる悪乗り作品 
ドレミファソラ・・・
       シーソー 
勢いをつけて通過すると
   ジャ〜ンプします 
ゆっくり通過すると
    普通にシーソー 
バランス崩すと
  転落シーソー??? 



IMGP3220ここはSS2です。
スキー場の周辺まで
使用したロングコース。
自然を利用したセクション
なのですが人工セクより
自然セクの方が数倍厳しい
です。
ぬかるみのヒルクライム&
ダウンヒル 
濡れた斜面のトラバースetc
楽しすぎて3回も転倒
しちゃいました 

渋滞&安全面を考慮して、2日目はカメラを回しながらの走行は禁止 
面白い写真が撮れるのにチョット残念です。
SS1+SS2を3セット半も走行して09カムロの走行は終了しました。

BlogPaint閉会式では金山の名産品が
参加者に賞品として
贈られました。

名産品? か解りませんが
競技中ライダーを雨から
守ってくれたテル坊も
支度金(品)付で贈られ
ました。
贈られたライダーは来年も
テル坊と一緒にカムロに
やってくるでしょう 


今年で2回目だった “ツールド・カムロ” 
去年は手探り感が強くイベントの趣旨が違うのに、以前この地で開催されていた
“レイド・カムロ” と比較されたりとスタッフはかなり辛い思いもされたと思います。
去年の閉会式で 
『来年の開催はスタッフみんなで考えてから決めたいと思います』 のコメントに
心配をしていました。
更に今年のエントリー者が他のイベントと重なった事もあり激減 
益々、状況は厳しかったでしょう。
しかし、今年のイベント内容やスタッフの対応etc
何より閉会式での大会実行委員長のご挨拶で
 *来年も開催する
 *一番と言われるような大会に育てて行く
と言う内容の力強いお言葉があり、スタッフも参加者も協力&協賛者もみんなで
成長していけたら良いと改めて思いました 

金山町のみなさん、スタッフのみなさん、関係各社&協力&協賛頂いたみなさん、
参加者のみなさん、そしてツールド・カムロに関係したすべてのみなさん、
          ホントにお世話になりました 
          素敵な思い出をありがとう 


PS. 来年はWINDYおやじ も“うちわ”作ってもらってジャニーズ入り
    するぞ〜 
    ゼッケン84をよろしくね〜 






トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)