本記事は coins Advent Calendar 2015 の 24 日目の記事です。

…なんですが、
aaa
今年全然盛り上がってないですね...
代わりに 夢屋 Advent Calendar が盛り上がっているようです。


今回は coins にちなんで、筑波大学のスーパーコンピュータを無料で利用することができる制度を紹介します。

筑波大学のスーパーコンピュータ

現在、筑波大学には HA-PACSCOMA (PACS-IX) の 2 台のスーパーコンピュータがあります。
HA-PACS は 268 ノードで構成されており、1 ノードには Intel Xeon E5-2680 が 2 基と NVIDIA Tesla M2090 が 4 基搭載されています。
COMA は 393 ノードで構成されており、1 ノードには Intel Xeon E5-2680 v2 が 2 基と Intel Xeon Phi 7110P が 2 基搭載されています。
どのプロセッサも1台数十万円するような高価なものです。
詳しい性能は計算機設備紹介をご参照ください。

学際共同利用プログラム

筑波大学にはこれらのスーパーコンピュータを無料で利用することができる学際共同利用プログラム」があります。
課題の募集が年に1度あり、そこでの審査に通ればスーパーコンピュータを利用することができます。
詳細はこちら

応募資格は公募案内に色々書いてありますが、以前「その他、センター長が認めた者」という項目で中学生が申請に通ったので、実質的に誰でも応募可能でしょう。

課題の申請時には、スーパーコンピュータを利用する目的や意義や必然性、利用したい時間数等を申請書に記入します。
その後書類審査を (説明不十分な場合は口頭審査も) 受けます。
これに通ればスーパーコンピュータを利用できるようになります。

申請の手順は案外簡単で、たとえ審査に通らなかったとしても何のペナルティもありません。
また、申請も利用も完全に無料です。
スーパーコンピュータで何か計算したい、アプリケーションをスーパーコンピュータ向けにチューニングしたいと思っている方は申請してみてはいかがでしょうか。

なんで coins Advent Calendar に投稿したの?

coins16推だからです。
coinsの皆様には今後ともお世話になります。
よろしくお願いいたします。

なんで今日なの?

まなびストレートのみかんちゃん (稲森光香) の誕生日が 2018 年 12 月 24 日なので、それにちなんで今日にしました。
皆さんまなびストレートを観ましょう。

最後に一言

学際共同利用プログラムが臭い。