鹿児島大学山岳部 桜岳会Blog

桜岳会会員によるBlogです。全国各地の会員からいろいろな情報が盛りだくさん。

2017年。 平成29年。

P1240025

こんにちは。富山の者です。
今年も、年が明けそして平成29年、2017年を無事に迎えることができました。
ありがたいことです・・・。

1年前の投稿を振り返ってみると、3つほど目標を掲げておりました
よくもまあ中学生のような青年の決意表明みたいなことをやってたもんやな〜と、恥ずかしい限りです・・・(笑)

しかしまあ、結果としては「家を建てる」っていう目標は、昨年ついに土地を買いましたので、順調にいけば、本年中に、富山に我が家が建つ予定です。
その時には、またここで紹介できればうれしいなと考えております・・・。

その他の目標は、「まあまあ」達成、「いまいち」といったところでしょうか・・。
まあ、諦めたり、放り投げたりしたことはなかったと思うので、そこそこ評価してあげたいと思います・・・。

じゃあ、今年の目標は?
今年は、また春には生活が大きく変わるかもしれませんが、家族を大切にしながら、自分の夢も変わらず追っていきたいですね!!

あっ、そういや、昨年ある人に「いつまで夢追ってるの!?」って言われてたいそう驚きましたが、熟考した結果、「死ぬまで終えれば、最高じゃない?」っていう答えが出てきました(笑)

もちろん、家族の理解と、他人に迷惑をかけないという前提は、必要だとは思いますが・・・。
今年はついにアラフォーではなく、ジャスト40、通称「ジャスフォー」!になっちゃいますので、いろんな角度から自分を見つめつつ、夢を追い続けるファンキーなオヤジを目指したいと思います、よろしくお願いします!!
ではでは、また!!


雑穀谷・ジョーズ(5.10+)レッドポイント!!

ついにやりました!!
ここに書くのは大変遅くなりましたが、わたくし8月10日前後、酷暑の雑穀谷でのクライミングにより、富山に来てからの私の大きな課題であった「ジョーズ(5.10+)」をついに、レッドポイントしました〜〜〜!!

とにかく、完登時はうれしかったです!!
腕はおろか、肩までパンプしました!(笑)

当日は気温30度超で、この中で落とせるとは思いもよりませんでした!
本気トライに入ってから、5回目ぐらいのトライだったと思います。

このグレードを落とすのに何年かかってるの!!という突込みは当然自分自身でやっておりますが、自身の文字通り「壁」を超えられたことに、素直に喜びたいと思います・・・。

さあさあ、台風のやたらと多いこの秋ですが、10,11月と、さらなる成果を狙って、貪欲に山に岩に向かっていきたいと思います!

DSC_0361
写真はジョーズ(クライマーは別ルート人工登攀中。真ん中の背びれのような曲線を描いて伸びていくクラックラインがジョーズ!間違いなく雑穀谷看板ルートの一つ!!)

2016 夏山終了〜!!記事タイトル

ご無沙汰しておりました!
富山山人です!
今年も、最高の剣沢が終わりました〜!!
DSC_0321

今年は数十年に一度の寡雪で、剣沢雪渓の状態が8月から非常に悪く、一時は2週間ほど通行不可になったりしました…。
山小屋のご主人さんたちも、この危険な雪渓での事故を防ぐために、フィックス工作やルート説明、情報発信などに尽力され、今年の登山者は少なかったと思われますが、その分、この夏の剱岳周辺での遭難事故も例年と比べものすごく少なかったです。
よい夏でした・・・。DSC_0330
お決まりの剱岳山頂からの写真!
7月下旬だったかな?
(アメリカ大陸雪渓がもう分断されてる!)

剱の写真を一枚💦

最近物忘れが多い←と、アラフォーらしい一言を添えて・・・(笑)。
P4240623

残雪期 毛勝山 阿武木谷!!

久々投稿っす〜!!
毎日がいろいろ忙しく、4か月放置ののちの投稿、なんともはや、すんません💦
今から1か月ほど前の4月下旬。
場所は、毛勝山 阿部木谷!!
P4240610
下部の板菱付近のシュルント通過。
このルートの核心は、こうゆう不安定な雪渓通過でしょうな・・・。
今頃はこんな風には通れないはず・・・。
P4240613
登るにつれてガスが晴れ、快晴に・・・!
残雪期の時期の醍醐味。
安定した雪の急登を、汗をかきかきぐいぐいと登る!!
雪のブロックも上気してゴロゴロと走り始めますので、その辺注意しながら・・・(笑)
コルに抜けると、これぞ名峰、「我が剱岳」(笑)が褒めてくれます(よ〜がんばったの〜!!)

帰りは途中の傾斜が若干緩む付近から山スキーを履いて滑走!
残雪期の山スキーの有効性についていまさらながら実感。
早いし、楽しいし

標高差1800m。
かかった時間は、往復10時間くらいかな〜・・・。(大休止含む)
なんせ、残雪期の毛勝山塊は、剱レベルのスケールと野性味で、お気に入りのエリアの一つです・・・。

あと最近の成果としては、5月の剱岳別山尾根〜平蔵谷下降(何の問題もなし)
トレラン通常トレーニングコースの城が平山コース、大岩〜山頂間22分45秒⇒自己ベスト更新
など。
そうしていよいよ、私の壁となっている、雑穀谷「ジョーズ(5.10+)」。
それに向けて今年になって10回ほどゲッコーに通った。
こうして書いてみると大した回数ではないが、例年と比べてトレーニングはできているし、今年は天気いい日が続いてるし、なんとかこの春のクライミングシーズンで落としたい!
もし落せれば、このブログで狂喜乱舞するつもりなのでその時はみなさん、よろしくお願いします!!(笑)

最後に、ОBの皆さんのために、昨年の北陸新幹線開業で劇的に変わった富山駅前の写真を一枚!
洗練された富山をぜひ見に来てくださいね!!
ではでは、富山山人でした!!
P4030599

初冬剱の画像!!

DSC_0089
これは、昨年の12月中旬の上市町からの剱岳。
里からの剱も、いいんですよね〜!

初冬剱!

(画像が読み込めなかったので画像なしで、すみません!)

みなさん、新年あけましておめでとうございます!!富山山人です。
今年もよろしくお願いします!!

さて、最後の更新からえらい時間が経ってしまっていますが、なにとぞご勘弁のほどを・・・。
まあ、毎日が単純に忙しいので、このような間隔になってしまいます💦

今年は、家庭、仕事、山を3本柱にして、どれもバランスよく、かつ分野ごとの目標を立てて達成できるよう、精進していきたいと考えております。
具体的には、
 _箸魴てる
◆〇纏においては自分のみではなく、後輩たちが躍動できるよう様々な「企画」を考えていく
 山においては、自分自身を磨き、役割を考え、訓練に貢献する
です。

ん〜、立派!!
目標としては、立派!!
あとはどれだけ実行できるかですね〜(笑)

特に,砲弔い討蓮∈鯒からいろいろと動いており、意中の場所も発見してしまいました・・・。
ここになら骨をうずめてもいいな・・・。
ここで、子供たちを育てたいな、と思うような・・・。

見晴らしの良い丘陵地帯で、眼下には富山湾、遠くに能登半島の眺望が・・・!
当初、土地がなかなか見つからず苦労してましたが、何度も通っているうちに、ついに業者さんが「ここしかない!」という土地を見つけてきてくれました。

まだ今は田んぼなので、今後宅地に転用していく必要があり、ぬか喜びはできない情勢ですが、土地を買ったらいよいよですね・・・。

僕が学生時代傾倒した星野道夫さんも、実は38歳で、アラスカの土地を買い、家を建て、アラスカで一生生きていくことを決めたのです・・・。(奇遇でした)

なにか、40歳前後というのは、やはり、人が何か大きな決断をしていく潮時の様な時期なのでしょうか・・・?
(と書いてて、自分もアラフォーかー!と愕然!!)

身体も間違いなく衰えてきてて、特に身体を動かすパフォーマンス系でやり残したことがあれば、あと2,3年が一つのラインかなーとか思いますね・・・。
みなさんは、いかがでしょうか?

それではそれでは、本年、2016年、平成28年が、皆様にとっても素晴らしい1年にならんことを祈念いたしまして、新年1っ発目の桜岳会ブログとさせていただきます!!

秋剱・(3種盛り!)

DSC_0010
剱の秋は、シブい黄色系です・・・。

DSC_0012

剱沢の虹!!
剱岳に通い始めて17,8年経ちますが、こんなに近くで見られたのは初めて!



DSC_0015






シルバーウイークの剱沢。
ざわついたテント村の雰囲気は、いつ見てもよいものです・・・!

そんなこんなな、秋の剱沢でした・・・。
やっぱ、剱、ええなあ〜・・・(^∀^)

恩師との再会と、後輩たちの迎え入れ・・・。

P8180373
しょうちゃん岩南面のボルダー。

こんにちは、富山山人です。
先日、剱沢で、我が恩師米澤先生との再会がありました!!
なんでも、九州大学山岳部の現役の合宿の面倒をみるために来られていたとのこと!
ツーショット写真撮ったけど、載せられないのが残念っ!
何というか、すんごい山仙人化してて、聞けば真砂沢で2週間テント泊!!
御齢70歳!!
スゴすぎる〜!!!
若者の皆さん、アラフォーだなんだって、年寄りぶるのは早いですよね〜(自戒を込めて・・。)
学生時代、計画書見せに行く度に、喫茶店連れて行ってくださって、コーヒーや時にはケーキセットごちそうになったよな〜って、懐かしく思い出しながら・・・。
今回、ささやかながら剱沢コーヒーとお菓子を用意させていただいたけど、ほんのちょっとでも学生時代の恩返しになったでしょうか・・・。
振り返れば、10年ぶりくらいだったかな・・・。
山への傾倒という意味では、まだまだ米澤先生とは比べものにならないけど、こうして剱沢で会えたことが何より嬉しい・・・。
まだまだお元気な先生、これからも、お身体に気をつけながら、山と関わっていってほしいと思います!!
自分もまだまだがんばります!!

さてさて、昨日は鹿児島大学山岳部の現役たちが、夏合宿へ来てくれた!これもうれしいニュース。
今年は2名で寂しいけど、剱に来てくれたことが、やっぱりうれしい。
剱岳を一般道から登った後は、バリエーションには入らないで、すぐに縦走に向かうみたいだけど、自分たちの実力に見合った計画ということで、むしろ好印象を持ちました。
寿司はいつものお店でオゴッて、鹿児島トークに花が咲く。
大切な時間です・・・。
「三岳」「騎射場」などなど、かごんまの固有名詞に弱い・・・(笑)。
自分、結構、「アーカイブ的な」人間なんで、許してください・・・。
そんなこんなで、黄金の8月を過ごしております。

写真は、しょうちゃん岩南面。
左端の段からヒールフックを駆使して真ん中右の顕著なフレーク状の方へ抜ける昨年からの課題、完登しました!
ルート名「なぎさエクステンション」、グレード;4級
是非トライを!!


夏剱!!

P8070355
〈1週間ほど前の、長次郎谷左俣と熊の岩〉

みなさん、こんばんは!
今年の夏剱前半は、ここ10年で一番天気が良いんではないでしょうか!
連日、素晴らしい天気が続いております!

ただ、事故も多いし、発病もあります。
しっかりと天候対策をしておいでくださいね・・!

ただ、明日からちょっと天気が悪いみたい・・・。
8月はほとんど剱沢におりますので、ぜひ来てみてください、それではっ!!

春剱。

P4280252

今年は、稜線の雪がかなり早く溶けている。
1ヶ月くらい早いのでは?という感じ。

さあ、今年も剱と、どう付き合うかな?

富山山人

春待ち森・・・。

P3310205

 こんばんは、山人です。
晴れた春のある日、山スキーで山懐へ行ってきました。
素晴らしい天気で、雪も安定。
気温も高く、青空いっぱい・・・!
文句のつけようのない春の日に、山懐に抱かれて、うん、満足なり・・。

今年は、娘が遂に小学生になり、入学式に出席してきました。
小学校の入学式って、本当に感慨深いものですね・・・。
自分は「○○式」というような諸行事はそこまで重視する人ではなかったのですが、小学校の入学式は、なにか「別格」ってかんじでしたね・・。
なにか、自分も新たなステージに踏み込む感じで。本当の親になっていくんだな〜っていうような・・。
もうほんと、へたなことはできないな、みたいな(笑)。

これから娘はどんどん新しい世界へ向けて跳ねていく感じ・・・。自分はどうする・・・。
子供や親のために使う時間が増えていき、また自分のフィジカル的パフォーマンスは年々確実に落ちて行っている。
さあ、どうする?
やり切ったか?
さまざまな思いを携えながら、毎日忙しい春を送ることになりそうです・・・。
皆様も、ご自愛くださいませ。
良い春を・・・。

怪我をしている・・・。

P7101043
アルパマヨ南西壁

こんばんは。富山山人です。
昨年末に怪我をして、意外に長引いております。

軽い肉離れなんですが、受傷後大分経ってから他の部分に症状が出たこともあり、なかなか治りません・・・。
自分はこれまで大きな怪我はほとんどなかったので、「怪我に強い」などと根拠のない自信を持っていたので、こういうなかなか治らない怪我を負うと、精神的にも、ちょっときますね・・・。

それにしても、実際怪我をしてみないと、怪我をした人の気持ちって、分からないものですね。
「焦ってはいけない」「ポジティブ思考で」等という言葉はよく聞くんですが、やはり実際は焦ってしまうし、ネガティブな思考に陥ってしまいがちです・・・。

こんな時、ここに弱音を吐くことで、多少心が整理されるというのはあります。
有難いことです・・・。

やりたいトレーニングや達成したい目標はたくさんありますが、ここはあせらず、そう、シェルパが言うところの「ビスターリ、ビスターリ」の精神で、行きたいと思います。

2015年、平成27年も、よろしくお願いいたします。

写真はアルパマヨ南西壁。(何年経っても、やっぱ超キレイやな〜・・・。)

黒部源流・晩秋。

P9290159
黒部源流の秋(奥は水晶岳)

こんにちは。
先日、山の仕事が一段落した後に、昨年度まで仕事の関係でお世話になっていた黒部源流方面の山小屋の方々へ挨拶がてら、行ってきました。

素晴らしい秋晴れで、僕は黒部源流の山々に、心の底から癒されてました。
黒部源流の山々の紅葉は、山吹色なんですね・・・。

赤や黄色の錦秋も、もちろん素晴らしいですが、こういう山吹色と常緑の緑の2色もまた、個性的で素晴らしいなあと感じました・・・。

秋晴れの北アルプスの稜線近くで、紅葉を見ながらゴロンと寝転がって深呼吸すると、自分の心身がほんとーに癒されるのを感じます。

もともとこうゆう時間が好きだった自分。
いつか、こうゆう空間にいつもいるようなライフスタイルに持っていきたいなあ・・、等とぼんやり考えていました。

自然って、時に厳しいけど、時にすごく優しい・・・。
こうゆう空間に癒されるのは、自分だけではないだろうなと思います。
自分はいつか、こうゆう限りなく癒される場所へ、都会の生活などで心身が疲弊した人達を連れてきて、心身の疲れを十分に癒してもらう。そしてまた、それぞれの場所に戻っていってもらう、というようなコンセプトの活動をできないかなあー、と考えています(とても漠然としたものですが・・・)。

人生は、有限ですからね・・・!
では、また!



剣沢の23日間。

P7170022
7月の剱岳。

こんばんは。
お久しぶりです、富山の者です。

今年の夏は、8月を中心に久しぶりに長ーく剱と向き合った夏でした。
8月は合計23日間!
幸せだなぁと、噛みしめながらの日々でした。

仕事の内容も、自分が成長できるような中身を伴ったもので、なにか今までとは明らかに違う夏だったと思います。

この夏はまた、いろんな魅力的な人達との出会いにも恵まれていたような気がします。
みんなに共通するのは、やはり「山が好き!!」っていうところ。
しかも「真性」の人達ばかり。
そんな人達との出会いがあったからでしょうか、いつになく長い時間を剱と向き合う中で、剱、
「お前ももっとグイグイ来いよ!まだやり切ってないやろ!」って言われたような気がしました・・・。

さて、この夏はまた、鹿大山岳部の後輩たちが来た夏でもありました。
時間があったのと、最近の鹿大山岳部の窮状も伝え聞いてたところがあったから、雪訓を直接指導しちゃったけど、後輩たちには迷惑だったかな?
マジ怒りしちゃったもんね・・・!(ゴメンネ!!)
ま、けど詳細ここで書く気はないけど、あのとき言ったことは、全部大事なことだから、忘れないでね。
剱はかなり危ない山。そしてそこに来る以上、心身の準備はしてこないといけないよ。
リーダーは下級生の命を守らなくてはいけないよ。
いつかあったけど、剱に見合った力量がないなら、槍穂で合宿するのもありだし、大切なのは、自分たちの力量に見合った合宿を展開することだよね。

見込みのない奴に、本気で怒ったりしないから。
辛口のエールだったと思って、頑張ってね!!
遠くから応援してます!

さて、秋は自分にとって「変わる」季節。
今年はここ何年も掲げて達成できてない目標を達成したい。 push the limit!
意思的に生きたい。 willed life!!
良い夏の流れをそのままに、良い秋にしたいと思う。

ではではみなさん、風邪などひかぬよう、おやすみなさいませ・・。

桜岳会報編集中

 昨日のこと。
夜に会長のTさん宅で編集作業。

 おかげ様でたくさんの原稿が集まりました。
ありがとうございました。

 印刷所に原稿を出して
郵送などの作業があります。


 もう少しお時間がかかりますので
桜岳会報ができたらご連絡致します。

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。


 2014年は暖かなお正月でした。
鹿児島、宮崎県地方は
14℃くらいありますかね、
大変暖かいです。


 今年も1年、
皆様にとって良い年でありますように
願っております。


西村(ダーハラさん入院中ゆえ、代理です)

この頃

どうもこんばんは。
お久しぶり、西村です。

ダーハラさんが入院中のため
ご自宅のPCよりメールで届いていた桜岳会報の
原稿をコピーしてきました。

12月2日以降については
ダーハラさんのところへは送られませんよう
お願い致します。


さて、12月に入りまして
南国鹿児島でも寒い日が
ぼちぼちあります。


師走は忙しいですので
風邪などに気をつけつつ
お過ごし下さい。

桜岳会総会の案内の往復はがきを発送しました

2013年9月

桜岳会員各位
理事長 水流 宏道

総会と懇親会のご案内



日時:2013年11月16日(土)17:00〜

所:雨宮山荘

会費:5000円(一人でも家族でも)

参加有無は10月20日までに必ずご返信ください。
あわせて近況報告もお願いいたします。

桜岳会報原稿のお願い
・ワードB5サイズ
・内容は自由(登山・仕事・趣味・子育て等)
・お一人様15ページ以内
・締切:2013年11月20日
・masahisa@po5.synapsu.ne.jpまたは封書で原田聖久までお送りください。

帰国しました(大分、前に)!!

IMG_8571

こんばんは。
小生、初の本格的な海外遠征から帰ってまいりました。(7月31日に!遠の昔やん!!)

その後は仕事や家庭で忙しく、遅い報告になってしまいました・・・。

結果的には、アルパマヨ南西壁・フレンチダイレクトルートは、仲間が落氷にやられてけがを負い敗退。
後半戦はアルテソンラフ南東壁をアタック。
隊長が諸般の事情で離脱して、自分はチームの責任者となっており、危機管理等の役割でアタックキャンプ待機であり、頂上は踏めませんでした・・・。
しかし、仲間が無事頂上に立ち、隊としてはなんとか最低限の結果は残すことができたのでした・・・。

まあしかし、率直なところ、行けて良かったです。
ずっと、「世界」に出たいと思っていましたし、それは簡単に登れるノーマルルートの遠征ではなく、アルパインスタイルでのより困難なルートから登る登攀的な遠征こそしたかったのです。

頂上には立てませんでしたが、学生時代からそれこそまさに「憧れ」であった、世界最美の山、アルパマヨ。
その山に、実際に行き、この目でその美しい南西壁を見、冷たく薄い空気を吸い、アンデス襞の中に入り、アックスを突き刺してきました・・・。

憧れていた山は、その美しさばかりが強調されていましたが、途中まででも登ってみて「危険な山だな・・」というのが僕の感想です。
それは、今シーズン、2件の死亡事故が発生し、合計8名が死亡。しかも、地元ガイドたちに掘り起こされてベースキャンプ付近で馬の背に揺られて町に下ろされていく遺体を見たからというのもあるかもしれません。
頂稜には、大きなセラックが残り、それが登攀中に落ちてこない保証はなかったのです・・・。

しかし、自分にとっては、まぎれもなく「大きな夢を現実にすること」ができました。
こっちに来て10年が経ち、社会人になり、家庭、子供を持ってなお、大きな夢を達成することができました。
そういう意味では、大きな達成感を感じることができます。

そして、この遠征に行くことを理解し、送り出してくれた家族、職場の皆さん、岳連という組織に、深く感謝したいと思います。そしてこの鹿児島大学山岳部にも・・・。

さあ、今後、自分はどんな方向へ進んでいくべきなのかな・・・?
とりあえず、また剱の頂上に行って、剱に聞いてみよう。
自分にとって、何か大事なことを決める時、剱のてっぺんに立って剱に聞くのが、間違いのないやり方なんです・・・。

それでは、また!
  • ライブドアブログ