2019年09月11日

H100形量産車の甲種輸送も見る

271系の出場試運転を見に行った先週(9/3)、この甲種輸送も見ておきました。

2019.9.3 甲子園口駅
rs10xH100_20190903

昨年に試作車が登場したH100形、ようやく量産車が川重より出てきました。SUS車体に濃淡緑帯が鮮やかな単車の気動車?でありますが、6両ともなれば様になる姿に見えました。

経営改善の一環として、老朽化したキハ40を置換えるために投入されるH100形。必要に迫られているのかもしれませんが、逆に「ローカル線?向けに大きな投資をして大丈夫なのか?投資する先を間違えてないか?」とも思えたりします。

ともあれ、北の台地で見ることがあればと。

【JR北海道】H100形電気式気動車「DECMO」の投入線区を発表。函館線・小樽〜長万部間に投入(2020年春):阪和線の沿線から
JR北海道H100形「DECMO」函館本線「山線」投入、2020年春デビュー :マイナビニュース

msyk0914 at 00:53│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by hanwa0724   2019年09月11日 21:41
本日営業投入線区が発表されて、函館線の山線(小樽〜長万部)に投入されることとなりました。
http://hanwa0724.livedoor.blog/archives/52230345.html

今年の1月に乗ったばかりの「山線」のキハ150を置き換えて、玉突きでどこかのキハ40を置き換えるとは想定外でしたが、外国人旅行者も多いこの区間ならそれもあり得るか、とも感じました。

経営的にはローカル線向けにはもっと置き換えを引き延ばしたいのが本音かもでしょうが、経営改善の命令が出ている以上、キハ40の置き換え見合いの車両は投入していく必要はあるのでしょうね…

ともあれ、こういうこともあるので、旅先でもこまめに記録しておく必要があると、感じた次第です。
2. Posted by msyk   2019年09月12日 00:24
>Hanwa0724様
お世話なります。
一挙に15両が運用開始とは恐れ入りました。確かにキハ40は登場から40年を迎えることになり、延命するのは限界なのかもしれません……。

どんな音して走るのか、機会あれば乗ってたいものであります。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Recent Comments
Categories
Archives
Search
Profile

msyk

幼い頃から無類の鉄好き。一番古い記憶は、幼稚園の頃に見た川重製117系の公式試運転。
大人になった今も鉄の道を……。