211系

2022年01月04日

東海の211系を見ておく

85系「ひだ」を見た後、美濃太田から多治見経由で古虎渓へ。32年ぶりの訪問でありました。

2022.1.3 古虎渓駅
211_20220103a71

ここでのお目当ては211系。今春以降、新鋭315系の投入による引退が始まります。

世代的には85系と同じ。西の221系とも同時期の登場でもありながら、片やロングシートで一方は転換クロスシートになったことに驚いたものであります。実質的にJR型車両ながらも国鉄型車両であるのも面白いところかと。

あと数年はこの姿を見れるでしょうか。コイツも見て乗っておかねばと。

2022.1.3 古虎渓駅
211_20220103a5

211_20220103a6


msyk0914 at 21:38|PermalinkComments(0)

2021年09月10日

1989年春の名古屋駅にて〜ピカピカな211・213系

この顔の電車が未来の電車と思っていた時もありました。

1989.3 名古屋駅
211_198903xxa1

関西地区にも登場するかと思いきや、この顔ではなく派生形?として221系が登場。当時は残念にも思えました。

対して東海地区においては、この顔な211・213系が大量増備。驚いたと同時に、見に行かねばと思ったしだいで。JR会社間における財力の差も感じたものであります。

橙緑帯なこれらの電車。見れるのもあと数年であります。

1989.3 名古屋駅
213_198903xxa1


msyk0914 at 00:27|PermalinkComments(0)

2021年05月14日

「スーパーサルーンゆめじ 」〜神戸駅展示会も

33年前の掘出し画像より。

1988.3 神戸駅
211_198803b2

1988年春に開業した瀬戸大橋線。その目玉車両の一つとして投入された211・213系「スーパーサルーンゆめじ 」。213系一般車と併結するクロ車とは別に3両全ロ車の専用編成も造られました。

確か1988年の春休みであったかと。その登場を記念し、瀬戸大橋もPR?するべく神戸駅1番ホームにて展示会が開催されておりました。併せて、その岡山からの送込回送も記録していたようで、「予定臨スジにて上ってくるはず」と予想して地元の線路端にて待った記憶があります。

今は思えば、何ゆえに白黒記録なのかと……。

1988.3 舞子〜垂水
211_198803a1

1992.3 垂水〜舞子
211_199203


msyk0914 at 23:17|PermalinkComments(0)

2020年01月27日

315系の詳細が公表される

正月に公表されたJR海の315系導入計画。続いて詳細も発表されました。


詳細公表後より、話題になっているのはその先頭車のデザイン。21世紀の令和な時代の車とは思えぬほどに質素でシンプルなデザイン。東急8090系あたりに似ております。究極に割切れば、このような形態なるものかと。

さらに驚いたのは、置換対象が2〜4両編成の211・213・311系であるのにも関わらず、製造されるのは8両編成と4両編成のみであること。313系の転配を前提とし、費用削減のために先頭車の製造数を抑える思いが込められているようで。

最終的な実車形態はどうなるものか。来年以降の動き、気になるところであります。

2019.3.23 新居町〜弁天島
211_20190323

在来線通勤型電車の新製について【PDF】:JR東海
JR東海に新型通勤型電車…省エネ、乗り心地を向上させた315系 2021年度にデビュー:レスポンス
【JR東海】315系通勤型電車の新製を発表。352両を新製し、211系、213系、311系を更新へ:阪和線の沿線から



msyk0914 at 23:58|PermalinkComments(0)

2016年08月26日

甲種輸送記録〜JR東日本211系(1988.3)

1988年春の甲種輸送をもう一つ。

 ・1988.3 元町駅
65x211_198803

JR化後、はじめて増備された211系。川重から輸送される姿を記録しておりましたが、悲しいことにモロ被り。内側線の113系快速と完全併走……。当時は意気消沈してたものかと。

今思うなら、R窓・非冷房な113系が写っているだけでも貴重な記録であります。

 ・1988.3 元町駅
65x211_198803B

そんな211系E233系などに追われ、長野などへ転出していきました。一部は幽閉され続けておりましたが、ようやく高崎地区にて営業運行を再開する編成が出てくるようであります。

115系(湘南色)などの置換えとして……。

 ● JR東日本、高崎支社の211系をリニューアル : レスポンス


msyk0914 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月14日

陸路!地をはって函館へ

唐突ながらも、先週のお話。

本業にて、1泊2日の函館出張へ。十数年ぶりに北の大地に足を踏み入れました。

 ・2015.1.6
20150106x

当初、夜の飛行機で青森へ飛び、翌朝に青函トンネルをくぐっての函館入りを予定していたものの、悪天候ゆえ出発3時間前に欠航のお知らせメールが。しかしながら、行かない訳にもいかず、思いを巡らせ、代案を調査。

結局、仙台での1泊を挟み、全行路陸路での移動となりました。

 ・1/6 :新大阪-138A-東京 → 東京-37B-仙台 泊
 ・1/7 :仙台-95B-新青森 → 新青森-4095M-函館

溜まったポイントでのN700系G車、320km/h走行のE5系、140km/h走行の789系へ乗車し、青森では雪に埋もれた211系や 怪しげな" Docomo " と書かれたアンテナを付けたキハ40も見かけました。

諸々、乗り鉄を堪能したのは確かながら、疲れました。(因みに復路は飛行機で……)

トワイライトエクスプレス北斗星に乗り、ノンビリと酒でも呑みながら行きたいものでありますが、もう叶わぬ話となりそうであります。

 ・2015.1.6 東京駅 / 95B車内
20150106b20150107

 ・2015.1.7 新青森駅 / 4095M車内
789_20150107211_20150107

 ・2015.1.7 4095M車内 / 函館駅
40_20150107a40_20150107b


msyk0914 at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月22日

雪の長野駅にて〜189系「あさま」色編成

東北に続いて、今度は信州・長野出張へ。

往復ともに700系「ひかり」・383系「しなの」の乗継。本業も忙しく、鉄活動は無でありましたが、山中を常時力行でかっ飛ばす383系の走りには惚れ惚れしました。

2013.12.21 長野駅
189x383_20131221

そんな復路の長野駅。「しなの」を待っていたところ、隣のホームに189系あさま色編成が入線。貴重な編成だけに、いい構図での記録としたかったものの、のが精一杯。

北陸新幹線開業によるJR在来線の3セク転換が控えており、この編成も先は長くないものかと。最後に乗っておきたいものでありますが…。

2013.12.21 長野駅  左:しなの鉄道115系 右:長期留置中の211系
115_20131221

211_20131221


msyk0914 at 00:12|PermalinkComments(0)
Recent Comments
Categories
Archives
Search
Profile
msyk

・氏名  : msyk
・居住地 : 武庫川右岸



 ・Msykの業務(鉄道)日誌
 ・History View

 ★★メッセージ等はこちらから★★