3000系

2021年07月30日

夏空の滝の茶屋駅にて

滝の茶屋駅にて記録した山陽3050系アルミカー。

2021.7.22 滝の茶屋駅
S3000_20210722A

凸型重連を待つ間、やってくる山陽電車も記録。既に原型な3000系の姿はなく、やって来る電車の殆どは6000系5000系のアルミカーに阪神電車。稀にやってきたのは3050系のアルミカーでありました。

このアルミカーが登場した幼き頃、東二見のイベントへ連れて行ってもらった記憶もあります。

2021.7.22 滝の茶屋駅
S3000_20210722B

あと10年程は走るでしょうか?機をみて記録しておければと。

msyk0914 at 21:37|PermalinkComments(0)

2021年05月16日

復刻塗装な山陽3000系〜最後の記録を

曇天空な本日(5/16)。運行終了が公表された山陽3000系復刻色車を見に行ってきました。

2021.5.16 霞ヶ丘〜舞子公園
s3000_20210516b3

5月21日(金)が最終運行日。ということは本日が最後の週末運用でありましたが、そのことに気づいたのは本日の昼過ぎ。慌てて西へ向かい、手短で土地勘もある塩屋と舞子公園にて記録しておきました。

「3030号 さよなら記念イベント」〜復刻ツートンカラー車両が引退します!!:山陽電鉄

この3000系自体、後期製造車や更新車の運行はまだまだ続くものかと。6000系の増備により未更新な初期車は姿消すことになります。それを記念?とした復刻塗装での運行。幼少期の記憶にある懐かしい山陽電車の姿を見せてくれたことに感謝するしだいであります。

JRや阪神もいつの日かやってもらえればと……。

2021.5.16 霞ヶ丘〜舞子公園
s3000_20210516bx

2021.5.16 塩屋〜須磨浦公園
s3000_20210516a1



msyk0914 at 23:02|PermalinkComments(0)

2020年08月28日

高架化直前〜1991年春の山電明石駅

山陽電車の過去画像からもう一つ。1991年春に高架化された明石駅。その直前の記録であります。

1991.3 明石駅
sy199103x1

駅の前後に踏切があり、駅構内の横断は構内踏切のみで地下道や跨線橋はなし。平成になっても昭和初期?からの構造がそのまま残っており、そこを当時の新鋭な5000系がやってくる姿に心を躍らせたものかと。

電車は今とさほど変わりありませんが、踏切を渡る車に時代を感じる次第であります。

1991.3 明石駅
sy199103x2

sy199103x3

sy199103x4


msyk0914 at 00:04|PermalinkComments(2)

2020年04月15日

復刻塗装な山陽3000系

2700系甲種を待っていると、復刻塗装な山陽3000系が下の線路を駆けていきました。

2020.4.14 大蔵谷〜西舞子
sy3000_20200414

幼き頃?山陽電車と言えば、この色でありました。ベージュに朱黒帯の現行塗装では感じられない、落ち着きと懐かしさがあるように思えます。

この復刻塗装編成、2021年春頃までの運行とのこと。真面目に記録しておきたいものであります。

懐かしのツートンカラーが30年ぶりに復刻!7月6日から営業運転します【pdf】:山陽電鉄

msyk0914 at 21:43|PermalinkComments(0)

2019年12月12日

鳩マークも付いた〜京阪3000系

伝統色の3000系繋がりで、新3000系の画も掲げておきます。

2019.11.16 淀〜八幡市
RSkh3000_20191116b

白に紺な伝統を打ち破る色で登場した新3000系。かれこれ10年以上の月日が経ち、正面の貫通扉にはLCD?による鳩マークが付きました。ただ、明るいところでは見にくいものでありますが……。

来年には有料座席車が組込まれるようで。京阪の花形車両であります。

2020年度、3000系「プレミアムカー」が登場【PDF】:京阪電鉄

2019.11.16 淀〜八幡市
RSkh3000_20191116c


msyk0914 at 23:34|PermalinkComments(0)

2019年12月11日

伝統の京阪特急色〜京阪3000系

先日(11/17)は所用の関係にて京阪沿線へ。空き時間に樟葉モールに行ってみました。

2019.11.17 樟葉モール
kh3000_20191117x1

腹ごしらえもさることながら、お目当ては元特急車・京阪3000系保存車の見物。

2013年春で引退した直後、リニューアルされた樟葉モールへ搬入。外観は往時の姿に復元され、車内にも入れる状態で、その名も ”SANZEN-HIROBA” のメイン展示物として公開されております。何より、屋根のある場所の置いてあるだけに車両の保存状態は極めて良好に思えました。

保存はしたものの、月日ととも朽ちていく保存車が多い中、幸運な車両であります。

SANZEN-HIROBA:KUZUHA MALL くずはモール

2019.11.17 樟葉モール
kh3000_20191117x5


msyk0914 at 22:59|PermalinkComments(0)

2019年06月10日

山陽3000系に復刻塗装車が登場へ

いつかやってくると思っておりましたが、あの色が戻ってきます。

2019.1.4 塩屋~須磨浦公園
rsS3000_20190104B


● 懐かしのツートンカラーが30年ぶりに復刻!7月6日から営業運転します【pdf】:山陽電鉄
● 山陽電鉄3000系に紺色と黄色の復刻カラー…オリジナルの鋼製車3030号 7月6日から:レスポンス

6000系の増備が進み、その数を減らしつつある山陽電鉄3000系。

今回、その1編成が登場時の山陽電鉄標準色である紺とクリーム色に復刻されることになりました。現行のベージュに朱黒帯な塗装となったのは昭和の終わり頃からでしたので、約30年ぶりにあの色を見れることになります。

是非とも、これは見ておきたいものであります。

msyk0914 at 23:10|PermalinkComments(0)
Recent Comments
Categories
Archives
Search
Profile
msyk

・氏名  : msyk
・居住地 : 武庫川右岸



 ・Msykの業務(鉄道)日誌
 ・History View

 ★★メッセージ等はこちらから★★