500系

2019年05月02日

500系を見ておく〜Hello Kitty Shinkansen

怒涛の10連休も半分を過ぎ、ようやく天候が回復した本日(5/2)は少しばかしの遠征へ。

2019.5.2 西明石〜姫路
rs500_20190502

過ぎ去った” 平成 " を代表する新幹線でもある500系を見るべく向かったのは、何度か来た魚住駅(西江井ヶ島駅)近くの畑の広がる場所。快晴とはならずに薄曇りな空模様ではありましたが、ピンクな500系が駆けていきました。

色は変われど、いいデザインな新幹線であります。” 令和 ” の時代も走り続けてもらえればと。



500系を待つ間、やってくるのはN700系ばかりで……。

2019.5.2 西明石〜姫路
RSn700_20190502a

RSn700_20190502b


msyk0914 at 21:20|PermalinkComments(0)

2019年04月30日

平成の鉄記録

10連休は4日目(4/30)平成最後の日であります。そんな" 平成 "の鉄をふと振り返ってみました。

1989.3 舞子〜垂水
h01x113_198903

平成元年(1989年)はちょうど高校に入った年であります。受験生でありながら、昭和最後の記録は正月の保津峡。そして、平成最初の記録は受験の翌日、当時新鋭な221系を見に行った時でありました。その最初のカットは上に掲げた113系の画であったかと。

そこから30年あまり。ちょっとしたブランク?はあったものの、電車に興味を持ち続けて、飽きもせずに記録もしてきました

それらの鉄記録の中からいくつか掲げてみます。



一番に思い入れ?があるのは221系でありましょうか。平成の幕開けとともに登場し、魅了されてよく乗った電車でもありました。我が青春の電車と言っても過言ではありません。

花形運行からは退き、形は変わりましたが、まだまだその姿を見ることは出来そうであります。

● 221系
hx221



花形と言えば、やはり500系。平成初期、JR西のスピードアップに対する力の入れようは凄まじいものがありました。221系新快速もその一例であり、500系はその最たるものでありました。

性能を追求した美しいデザインは目を見張るものでありましたが、諸々な事情もあったのか、山陽路を300km/hで駆ける期間は短いものでした。美人薄命という言葉が合う車でもあります。

「速さはJRのあかし」そんなフレーズが使われることはないものか……。

● 500系
hx500



夜行列車も気軽に乗れるものは壊滅してしまいました。

大垣夜行やムーンライトにはよく乗りました。寝台車の乗ることは社会人になってからでありましたが、酒飲みながらベットに横になり、レール継ぎ目の音を聞きながら寝る、あの何とも言えない時間を味わうことはもうできません。

ある意味、夜行列車は ” 平成 ” ではなく ” 昭和 ” の乗り物であったようであります。

● 夜行列車
hxPC


平成初期はバブルの時代、昭和の国鉄形車両も華やかに色・形を変えて活躍を続けてました。

画一化された国鉄車両から目的に応じた多種多様な形態へと変わりましたが、その後に登場したJR形車両は時代が遡ったのごとく画一化が進んでいるように思えます。効率性を考えれば、致し方ないことなのかもしれませんが……。

500系がそうであったように、人の目を惹く、車両が現われることに期待したいもので。

● 特急列車
hx485



取りとめもなく、長々と書いてしまいました。

” 平成 ” の30年のこと。遠い過去のことではなく、最近のことのように覚えているつもりであります。しかしながら高校生であった私もアラフィフに届く年齢となりました。この先の続く ” 令和 ” の時代を「どうして行くのか?」ではなく、変わらずに日々を邁進するのみであるかと。

” 平成 ” 最後の記録は、昨日(4/29)の梅田貨物線でありました。明日からも変わらず、時間見つけて記録できればと。

2019.4.29 梅田貨物線
rs287_20190429b



msyk0914 at 16:52|PermalinkComments(2)

2018年07月14日

ピンクな500系.Hello Kitty Shinkansen を見に行く

茹だる暑さとなった本日(7/14)。西明石界隈まで新幹線を見に行ってきました。

2018.7.14 西明石〜姫路: 741A
rs500k_20180714b

お目当ては、6/30から運行開始した「Hello Kitty Shinkansen」。ピンクな塗装が目立ちますが、意外と違和感のないように思えました。500系の車体形状に合わせてうまく処理されたものかと。

どちらかと言えば、男向けであった「500 TYPE EVA」とは異なり、女性や子供に新幹線をRPするものに思え。こういうのも必要なのありましょう。

● ハローキティ新幹線 HelloKitty Shinkansen : JR西日本

2018.7.14 西明石駅: 730A
rs500k_20180714a1

rs500k_20180714a3


msyk0914 at 20:55|PermalinkComments(0)

2018年05月06日

500系「こだま」も見ておく

700系「のぞみ」を見に行った西明石駅。3本目の通過前、500系「こだま」が退避線に入って来ました。

2018.5.4 西明石駅
Rs500_20180504d2

お目当ての700系の後に来るものと思っていたこともあり、まったくの予想外。慌てて、並びの撮れる位置まで移動しました。

しかしながら、いつ見ても色褪せないデザインであります。N700A・aが主流となり、N700Sも姿を現したとは言え、その存在感は衰えておりません。小さな子供たちからも一目置かれた存在なようであります。

700系「のぞみ」のことは忘れ、暫し500系に見入ってしまいました。

2018.5.4 西明石駅
Rs500_20180504X4

2018.5.4 西明石駅
Rs500_20180504c

そして、2015年秋から続いた ” 500 TYPE EVA " の運行が来週末(5/13)で終了し、装いを変えて今夏からは ” HelloKitty Shinkansen ” が走り始めるようであります。 

● 500 TYPE EVA PROJECT│新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト :JR西日本
● 姿を消す500系エヴァ新幹線 ラストランは5月13日 :レスポンス
● ハローキティ新幹線 HelloKitty Shinkansen  :JR西日本
● JR西日本「ハローキティ新幹線」この夏、デビュー! :サンリオ

紫からピンクへ。なかなか派手な装いとなるようで、その姿見れるのを楽しみにしたいものであります。

2018.5.4 西明石駅
Rs500_20180504A

500系も登場から20年を越えました。「こだま」からも引退の噂が聞こえてきても不思議ではありません。長くその姿を見れればと思うしだいであります。

● JR西、次期新幹線に「N700S」採用 500系後継車開発せず  : 日刊工業新聞



msyk0914 at 20:22|PermalinkComments(0)

2018年05月05日

700系「のぞみ」を見ておく〜西明石にて

GWも終盤な本日(5/4)、700系「のぞみ」を見るべく西明石へ。

2018.5.4 西明石駅 :171A
Rs700_20180504A

めっきり数を減らした山陽直通の700系「のぞみ」。その運行は日に数えれるほどになりました。

そんな中、本日は午後に上下3本の700系が西明石駅を通過。晴れたり曇ったりと天気はイマイチながらも、500系「こだま」を追抜く光景も見ることができました。

次は8月の盆休み期間中でありましょうか。

● “カモノハシ”東海道新幹線700系 20年春に見納め : 神戸新聞

2018.5.4 西明石駅 :172A 陰った……
Rs700_20180504B

2018.5.4 西明石駅 :172A 後追い
Rs700_20180504B2

2018.5.4 西明石駅 :174A 500系が退避
Rs700_20180504C


msyk0914 at 00:06|PermalinkComments(0)

2017年12月31日

2017年の纏めに

2017年もあと僅か。

大きな遠征するでもなく、近場にて思いつきな記録をしていたものかと。そんな中でも大阪環状線103系甲種輸送を主として撮っていた感が……。

2018年(平成30年)もいい年でありますように。

201701_700B201702_T500201703_87201704_201L201705_103h201706_M16000201707_M13000201708_287P201709_103L201710_S6000201711_T70000201712_K1000

msyk0914 at 20:02|PermalinkComments(0)

2017年02月18日

東武鉄道500系「リバティ」甲種輸送を見る〜その3

寒さも若干和らいだ本日(2/18)。東武500系の最終甲種輸送見物へ。

 ・2017.2.18 甲子園口駅
T500_20170218A

1回目2回目ともに夙川界隈での見物。別の場所へ行こうかと思案したものの、結局のところは甲子園口駅へ。厚い雲に覆われておりましたが、凸型に牽かれた姿を記録しておきました。

ただ、凸釜はいつもとは違うDE10-1750。正面白帯の廻りが異なるタイプでありました。

 ・2017.2.18 摂津富田駅
T500_20170218B

そして、吹田以東の電気釜牽引区間。いろいろ噂が上がっていたこともあり、摂津富田駅まで足を伸ばしてみることに。その噂どおりにやって来ました。

逆光下ではあったものの、9両編成の500系が原色なEF65-2139に牽かれて

JR貨物さんもやってくれました。

 ● 新型特急「リバティ」で東武はどう変わるのか :東洋経済
 ● 新型特急「リバティ」試乗と修復完了の日光「陽明門」を見学するツアー、本日発売 東武 :乗りものニュース

msyk0914 at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Recent Comments
Categories
Archives
Search
Profile
msyk

・氏名  : msyk
・居住地 : 武庫川右岸



 ・Msykの業務(鉄道)日誌
 ・History View

 ★★メッセージ等はこちらから★★