N700系

2021年12月19日

雪の米原駅にて新幹線見物(2021年冬)

昨日(12/18)の湖東遠征。帰りの寄り道に米原駅にて新幹線見物。

2021.12.18 米原駅
n700_20211218c01

さほど降雪・積雪はなかったものの、スプリンクラーは盛大に水を撒いておりました。冬であります。

御多分に漏れず、やってくる列車はN700系。a・A・Sとバリエーションはあるものの、見た目に大きな差はなし。300・500・700・N700と走っていた時代が懐かしく思えたものの、絶え間なく高速で駆け抜ける姿を追うことに飽きることはありませんでした。

幸運にもN700Sの最新なJ22編成の試運転がやってきました。対向にはヒヤヒヤでありましたが、艶々な車体は美しいものでありました。

2021.12.18 米原駅: J22がフレームアウトと同時に……
n700_20211218c0x

2021.12.18 米原駅: 撮るたのしみはいっぱいで♪
n700_20211218z



msyk0914 at 19:59|PermalinkComments(0)

2021年01月03日

米原駅にて新幹線見物

南今庄へ向かう道中、乗継の合間にて30分ほどの新幹線見物。

2021.1.2 米原駅
N700_20210102d

N700Sが来ることと積雪とスプリンクラーの水飛沫に期待しておりましたが、雪は溶けてしまったようで。N700a・Aが減速なしの通常速度?にて続々と駆けていきました。

また行く機会があればと。

2021.1.2 米原駅
N700_20210102

N700_20210102c


msyk0914 at 09:49|PermalinkComments(0)

2020年12月13日

宮原の225系

亀山配給を見た後、北方貨物線沿いを延々と歩き、新大阪駅近くまで。

2020.12.12 宮原操車場
225_20201212x0

「サロンカーなにわ」は営業運転中。相変わらず空き線の多い宮原操車場でありましたが、非電化区域には今夏以降に増備された225系が留置されておりました。かつては改造待ちの683系回送待ちの227系も留置された場所であります。

せっかくの新車であります。何やら事情もあるようですが、早々な営業運行入りを期待したいところで。

2020.12.12 宮原操車場
225_20201212x1



msyk0914 at 20:52|PermalinkComments(0)

2020年08月07日

ここまでの影響がでるとは〜コロナ(COVID-19)

コロナ(COVID19)による経済面への影響、鉄道業界にも顕著になってきました。

2018.7.14 西明石駅
N700_20180714R1

先月末以降、発表されたJR各社(本州)の今年度第一四半期の決算において、いぜれも軒並みな大幅赤字でありました。1四半期だけで700億とか1500億やらのショッキングな数字が出ております。

4月の緊急事態宣言発令により、経済活動がぼぼ止まりましたが、その解除後も復調の兆しが見えてないようで。確かに通勤電車の利用は戻ってきた感はあるものの、新幹線や在来線特急などの収益率が高いと思われる列車の利用は戻りきってはないのも事実かと。

GO TO キャンペーンの効果も限定的にも思われ、コロナの第2波が来そうなことも考慮すると、通年での決算は大変なものになろうかと。

2020年度 第1四半期決算について:JR西日本
2021年3月期 第1四半期決算短信:JR東日本
決算概況 令和3年3月期:JR東海
JR西日本の20年4〜6月、過去最大767億円の最終赤字:日本経済新聞
JR東日本、過去最大の1553億円最終赤字 4〜6月:日本経済新聞
JR東海、初の営業赤字 新幹線利用84%減 4〜6月:日本経済新聞


天下の大企業ですらこの状況にあり、中小な企業はどうなることやら。With コロナとも言われる下、自らの本業もしかり、ビジネスモデル(食いぶち)を一から見直すことが必要なのかと。

2020.3.29 島本〜山崎
683_20200329C


msyk0914 at 22:28|PermalinkComments(0)

2020年05月25日

新幹線見物も〜京都・東山にて

京都・東山界隈からの帰り道、例の陸橋にて新幹線見物もしておきました。

2020.5.23 京都〜米原
n700_20200523

この日(5/23)は新鋭N700Sが3編成、東海道区間を走行していたようでありますが時間は合わず。一般なJR西所属のN700aがやってきました。

御存じの通り、この場所は手軽に新幹線に限らず電車見物するには最適なところ。近所からでありましょうか?子供連れの方々が新幹線や電車が来るたびに手を振り「キャッキャッ」言っておりました。それに応えるべく、警笛を鳴らす在来線電車もありましたが、流石に新幹線は鳴らさず……。

しかしながら、後で画を見てみると、運ちゃんは手を振ってたようで。いい光景でありました。

2020.5.23 京都〜米原 : 手振ってます
n700_20200523x



コロナ(COVID-19)の影響による利用者激減のため、臨時列車のみならず定期列車も一部運休していた東海道・山陽新幹線でありますが、" 緊急事態宣言 " が解除されることを受け、定期列車については元の状態に戻すことが公表されました。

東海道新幹線今後の運転計画について(6月1日以降)【PDF】:JR東海
新型コロナウイルスの影響による運転計画の見直しについて[5月22日14:00時点]:JR東海
山陽新幹線 運転計画の見直しについて【PDF】:JR西日本


意外に早いの方針変更であります。" 緊急事態宣言 " が解除されたとしても利用がすぐに戻るとは思いにくいのでありますが、列車数を削減した中で乗車率が上がり過ぎれば、”密” な状態を作り出すことにもなり、難しい判断であったのではないかと。

ともあれ、元の状態に戻る第一歩となるでしょうか。




msyk0914 at 23:07|PermalinkComments(0)

2020年05月08日

定期列車が一部運休へ〜新幹線と在来線特急も

コロナウィルス(COVID-19)の感染拡大を収めるべく発令された ” 緊急事態宣言 ” 。5月末までの延長も決まりました。

「STAY HOME」「おうちにいようよ」と叫ばれたGW、遊びにも買い物にも行けず、繁盛期であるはずの観光地や店々は営業自粛で開けても閑古鳥が鳴いていたようで。鉄道に関してもJRの輸送実績は前年比で9割以上の減少。驚くべき結果であります。

2018.7.14 西明石駅
N700_20180714x1

そしてGWが明け、JR各社より定期列車も一部運休する発表がなされました。

東海道新幹線今後の運転計画について(5月11日以降)【PDF】:JR東海
山陽新幹線 今後の運転計画について【PDF】:JR西日本
北陸新幹線「つるぎ」、在来線特急 今後の運転計画について【PDF】:JR西日本


東海区間の「のぞみ」は4割減で、山陽区間の「のぞみ」に至っては1時間に1〜2本に減。「サンダーバード」などの在来線特急も4〜5割減の運行とするなど、思い切った策を出してきました。利用状況を考えば、やむを得ない施策であると思われますが、なりふり構わっていられない状況にあるとも。

” 緊急事態宣言 ” が解除される可能性もあり、タイミング的には遅かった感はあります。しかしながら、移動の自粛・抑制がすぐに緩むことは考えにくく、当面はこの運行体制で行けるのかもしれません。

多くのお客を乗せた列車の駆ける姿を見れればと。

2019.9.7 南今庄駅
683_20190907x1

コロナの収束を祈るばかりで。自身の本業に関しても、ホントに気になってくる次第であります。

【JR西日本】在来線特急の一部定期列車運休を発表。「くろしお」は36本中12本が運休:阪和線の沿線から




msyk0914 at 23:57|PermalinkComments(0)

2020年01月02日

新春の鉄ネタ〜315系登場・N700S営業開始・リニア工事について

新年早々に飛び込んできた話題。

2019.8.25 豊橋駅
rs311_20190825

正月の新聞記事ネタとして仕入れたものかと思いますが、JR海の社長インタビューであります。

JR東海、在来線の新型車両開発へ 国鉄車両は全て姿消す:共同通信
JR東海社長「不安解消へ丁寧に話す」 静岡のリニア本体工事未着手巡り:信毎Web
【JR東海】在来線新型車両「315系」を開発し、211系・213系・311系を置き換えの報道:阪和線の沿線から

その内容としては、

・新型式315系の開発を開始し、既存の211・213・311系を置換える。
・N700Sの営業開始は2020年7月1日。
・リニアの工事は着実に丁寧に……。
・経年の進む383系「しなの」の更新(置換)は未定。

長く続いた313系の増備を終わらせ、ようやく新型式車両の登場であります。その置換対象となる車両は、国鉄時代に製造された8両の211系を含む、平成初期までに製造された界磁添加励磁制御の直流モータ車両。新しい部類の車両には思えるものの、登場から30年を超えようとしております。

順当と言えば、順当であると思われますが、同世代の221系はまだまだ使われるようで。

2018.12.24 京都〜米原
RSn700s20191224

N700Sの営業開始は公約通りでありましょうか。オリンピックに間に合いました。

そして、揉めている静岡県内におけるリニア新幹線の建設工事。強引さとゴネ得狙いの狭間で容易く解決・合意を図ることは難しいように思われます。計画通りに開業できるのか……。

2015.9.20 島本〜山崎
rs383_20150920

また、リニア新幹線とほぼ平行することなる中央西線の特急「しなの」。充当される383系の経年も25年を超えるところまで来ており、その扱いも気にされる時期になってきました。

しかしながら、リニア新幹線が開業すれば、「しなの」の存在価値は大きく低下することになり、廃止又は区間短縮となることが予想されます。新型車両へ置換えることがあるのかは疑問に思え。何とか383系を2027年?まで使い続けることが賢明であるようにも思えます。

本格化しているリニア工事の進捗・動向含めて、気になる話題(ネタ)でありました。


msyk0914 at 00:04|PermalinkComments(2)
Recent Comments
Categories
Archives
Search
Profile
msyk

・氏名  : msyk
・居住地 : 武庫川右岸



 ・Msykの業務(鉄道)日誌
 ・History View

 ★★メッセージ等はこちらから★★