2008年08月20日

協力隊の足跡。

8月20日 晴

今日もChilomoni。
大阪大学から調査に来ている薬剤師さんが我がBLMも見学したいとのことで出勤時に同伴。
そういう話ならCountry Directorが相手をしてくれるとの情報をカウンターパートから得ていたのでアポなしで受付に交渉してみる。

すると、すんなり会ってくれるとのこと。

ただ、自分はその時間を待たずしてChilomoniへのトランスポートが準備できてしまったので先にお出かけ。
その薬剤師さんと少し話をしたところだと、やっぱり薬の管理というのは途上国では明らかに弱い分野らしい。
やっぱり盗まれることがかなり多いとか。
昔のMzuzu隊員だった薬剤師さんは同僚の盗みを知っていてもそれを明らかにするわけにもいかず精神的に悩んでいたそうだ。

CIMG6105

そういう意味ではBLMはNGOという性質もあるのかもしれないが、かなり先進的なことをしようとしているようだ。
やっぱり在庫管理、サービスの統計的な分布を行うことで、効率的な薬の配布、サービスの展開を狙っているというのは彼女との話でも明らか。
それがうまく運用できていくかは自分の働きによるところも大きいのかもしれない。

Chilomoniに到着してからは相変わらず、チェックリスト通りレッスン。
ただ、昨日に比べて半分の時間で全部のチェックが終了したので、少しは成長してくれているのかもしれない。
心配していたGrolia(一応、センターのマネージャーらしい)に関しても中途半端に少しできるよりも素直に聞いてくれるため、教えるのは教えやすい。
あと、ここのクリニックは若い2人が興味を持ってPCを使おうとしているし、結構スキルも上達していたので大丈夫だと思う。

トレーニングを受けてなかったAllamsonがNACの報告レポートとグラフの作り方を教えてくれと志願してきたのには目からうろこ。
自分を信頼してくれているという手ごたえを感じるとともに、教える楽しみってこういうところにあるんだということがわかった。
『好きこそものの上手なれ。』
きっかけはなんであれ、PCに興味を持ってそれを仕事に生かそうとしてくれているなら何より。

CIMG6110

ところで、今日もChilomoniまで同じ車だったBLMの人が俺のPhysical SienceのTeacherも日本人だったと言って、名前まできっちり覚えていた。
(ちなみにManager,Directorクラスの車はしっかりしてる。Managerの車で移動中。)

CIMG6093

確か1984年だから今から24年も前。
確か、自分のカウンターパートの数学のTeacherも日本人だったというし(フルネームをやっぱり覚えている)、やはりこの国はJicaの歴史も長いだけあって日本人がかなり頑張ってるんだなぁ。
20年以上も前のことなのに、ここまで名前をきっちり覚えられてるとなると適当なことはできない。
たった2年間でも、現地の人たちにきちんと伝われば歴史は残っていくみたい。

CIMG6107

みんな頑張りましょう!


msyk_kz00 at 00:00│Comments(2)TrackBack(0)協力隊活動 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by shibuya   2008年10月07日 20:06
シブヤです〜〜!
見つけちゃいました。
リンク貼ってもいいですか?
なかなかネット環境厳しそうだね〜〜。
勝手に貼らせていただきます!
2. Posted by msyk_kz00   2008年10月10日 16:43
勝手にはってくださいまし。
ちなみにネット環境はかなりいいほうだと思います。
Officeで自由に使ってるし。

ただ、外に出張に行ってる方が多いので更新できず。。。
毎日日記書いてるけど早1ヶ月遅れ・・・。
mixiの方は結構リアルタイムなので、そっちの方が近況はわかりやすいかもね。
(こっちには書けないこともあるしね。)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字