2018年12月02日

前橋育英1998(群馬)

関東大会もインターハイも、強豪校に完敗を喫した。そこから守備へのアプローチを再構築、魅惑の攻撃力も相まって、選手権ではチーム初の国立進出を達成。


1
2
3
高い個人技とオープン攻撃。この4冊から紹介する。


4
5
3
CB大塚壮洋(3年)は、的確な判断力で守備を統率。左SBの大河原宗一郎(3年)は、大きな展開が魅力。長身GK岩丸史也(2年)は、勇猛果敢にセービング。各年代の代表経験ある岩丸は、横浜FC等で活動。


6
7
長身FWの細川健司(3年)は判断力とポストプレー、佐藤正美(2年)は激しい突進力で、快進撃を演出。


8
9
10
キャプテン小久保純(3年)は、高い得点力を有する。左の平井俊介(3年)は豊富な運動量でサイドを制す。ボランチ松下裕樹(2年)は、パンチある鋭いキックが魅力のプレースキッカー。小久保はモンテディオ等で活動。松下はザスパ等で活躍、J通算432試合出場。


<関東大会戦績>
1回戦:4-0 甲府東
2回戦:1-4 習志野

<インターハイ予選戦績>
4回戦:7-0 太田
準々決:7-0 渋川
準決勝:3-1 前橋商
決 勝:5-3 高崎

<インターハイ戦績>
1回戦:6-0 高知工(奥野2、小久保、佐中、細川2)
2回戦:0-3 国見

<選手権予選戦績>
1回戦:2(5PK4)2 伊勢崎商(奥野、佐藤)
準々決:5-0 高崎工(佐藤2、細川2、小林)
準決勝:3-0 太田商(細川2、小久保)
決 勝:3-0 前橋商(平井、細川、小久保)

<選手権戦績>
1回戦:2-1 宮崎工(大塚、奥野)
2回戦:3-0 岐阜工(篠原、佐藤、小久保)
3回戦:1-0 丸岡(細川)
準々決:5-1 熊本国府(佐藤、OG、細川、奥野、平井)
準決勝:2-3 帝京(小久保、細川)






mt1newyork at 08:00│Comments(0)チーム紹介 | 前橋育英

コメントする

名前
 
  絵文字