2005年07月04日

奇跡の晴天!

奥穂高岳               7月2,3日;Yせんせー、岩子


「あぁ、自分の晴れ女ぶりが怖い…。」前穂・明神

絶対雨だと思ってた。
全国的に大雨が続く中、なぜ晴れる?
とにかく、この青空を見て興奮しました。

←横尾までの道中見えた前穂・奥又白






屏風
改めて屏風を見たが、どのラインがどのルートか全くわからなかった。
結構草付多いし。

本当にここを登るのか?








本谷橋よりこいのぼり(左)前日までの豪雨により増水、激流となった涸沢。(本谷橋より前穂臨む)

(右)涸沢カールを泳ぐ涸沢ヒュッテのこいのぼり。
まずはこれを目指す。






涸沢まで

が、ヒュッテに着く前からこの残雪。
もう7月でっせ。









前穂・北尾根

前穂・北尾根の全景。

1,2,3峰、4峰、5峰、5・6のコル、6峰…
ここを登るのも大変だ。






2日目も爽やかな朝陽からスタート。
朝陽テン場
いざ、奥穂へアタック!

穂高岳山荘のテン場には我が家のみ。(黄色いの)
小屋の宿泊客も1人。






奥穂山頂
山頂に着いた時は、残念ながらガスって何も
見えなかった。

あと、当初は前穂まで縦走することも考えていたが、残雪量と装備不足もあり、今回は奥穂ピストンのみ。

でも、○年越の想いが届き、もう十分です。



ヒュッテまで

下りは写真を撮る余裕もなく、ヒュッテまで来てようやく安堵。

Mせんせーなら一気に滑れますよ。







登山者の皆様へ
※今年の涸沢は残雪が多く、また連日の雨により登山道が崩壊している箇所もあります。
 私たちが行った日は、滑落事故もありました。
 今夏、穂高方面に行かれる方は十分ご注意ください。
 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mt_kitbe/27167746
この記事へのコメント
・夏山シーズン前の静かなゆったりした山旅を想像してたのですが、残雪期のなごりが残る中、少し辛口な登山になり、若干装備不足の我々にとっては、智恵と判断力、又技術力?!が試される登山になりました。しかし、その分充実したものになったように思います。
今回、天候等を考え、西穂への又は、吊り尾根への縦走は見合わせました。昨年、奥穂南稜に登った時も事情で前穂をカットしたので今回は行けるかなと思ってたので、そこだけがちょっと残念。前穂は又次の機会に頑張ることにします。
Posted by yama21toric at 2005年07月05日 16:11
天気よくてよかったですね!!
屏風の写真を見ていると来週に向けてやたらとテンションがあがってきます。
今度行くときも天気がよいといいのですが…
Posted by 森太郎 at 2005年07月06日 23:24
ワタシが行くので晴れると思う。たぶん晴れるだろう。晴れるんじゃないかな。ま、ちょっと覚悟はしておけ。
Posted by 岩子 at 2005年07月07日 23:39