Computer with Audio/Visual

4K/8Kデータを PCベースでデジタル処理してAudio Visual を楽しむ為の実験記録です

シマムセン YAMAHA 5000シリーズ試聴会

image

シマムセンで 12月22日に YAHAMA C5000 M5000の新製品をベースとした,5000番台の試聴会が開催される。
https://www.shimamusen.co.jp/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E6%83%85%E5%A0%B1/
プリ・メイン同額でともに90万円という価格は高価であるが、ハイエンド・オーディオの世界ではエントリーたるものだ。
NS5000 は発表前の試作機しか聴いたことがないので、製品版を聴きにいきたいと思う。

松任谷由実 TIMEMACHINE TOUR 大阪城ホール公演に参戦します

mini_magick20180929-14-rlao9f
今年のコンサート最後は大阪城ホールのユーミンだ。
12月15日(土) 15:00 からと異例の早い時間帯に開催される。

今回のツアーは 10月の神戸からスタートして、11月の静岡、そして今回の大阪になる。
後、3月の武道館があるのだが、それまでに2月の苗場もある。

2回ともにスタンド席であったが、今回はアリーナだ。
ステージを俯瞰するにはスタンド席の方が良いが「参加」するならアリーナだろう。

ところでユーミンのファンクラブの会員数だが、1万人ほどらしい。
「えーー」と思わないか?
少なくとも10倍はいるとは考えていた。

やはり全盛期と比べるとそんなもんなのだろうか?
小田和正さんは正に10万人ほどで、今年のツアーが始まる前に1万人ほど入会者がいた。
確かにチケットの取り易さが全然違う。

小田さんはファンクラブに入っていても毎回の応募で1回当選すれば良いといった
ジャニーズ的な競争に陥っている。

それに対してユーミンはCD優先で武道館は外れたが比較的取りやすい。
苗場もなんとか当選できた。

今年は2月のユーミンの苗場公演に始まって地元大阪でのコンサートがラストとなる。
楽しんできたいと思う。

SONY 4K プロジェクター VPL-VW255


筆者は8Kに関してはプロジェクター待ちなのだが、4Kプロジェクターも確実に値下がって反面性能アップの途上にある。
前作 245 に対する最大の機能アップは YUV444、RGB888の4K解像度映像で60fpsに対応したことだろう。 これでようやくテレビに追いついた。

eo光テレビ『新4K8K衛星放送』の対応

press37_01

新4K放送対応に関して2K放送のように簡単にいかないようだ。
いち早く独自放送を開始したNTTぷららは2019年春となっているが、「独自チューナー」を要するIP-TVになる。

その中にあって、関西のプロバイダの雄たるeo光はいち早くBSパススルーに対応している。
すなわち専用チューナなくV-ONUから接続でき、市販の4K受信機をそのまま使える。
これは嬉しい。

iOS 12.1.1 アップデート

Image-1 (2)

iOS のアップデートを適用した。

大塚愛 「愛am BEST ,too」


大塚愛がデビュー15周年となる。
そして2019年元旦にベスト・アルバムが発売される。2007年3月に発売された「愛 am BEST」の続編と言える。

DISC 1

01. 私
02. さくらんぼ
03. 羽ありたまご
04. 君フェチ
05. 桃ノ花ビラ
06. ロケットスニーカー
07. フレンジャー
08. Happy Days
09. PEACH
10. SMILY
11. TOKYO散歩
12. クムリウタ
13. 甘えんぼ
14. ネコに風船
15. Dear, you

DISC 2

01. LOVE FANTASTIC
02. 黒毛和牛上塩タン焼680円
03. シヤチハタ
04. 金魚花火
05. 恋愛写真
06. プラネタリウム
07. モアモア
08. ゾッ婚ディション
09. パラレルワールド
10. CHU-LIP
11. ポンポン
12. タイムマシーン
13. ユメクイ
14. 日々、生きていれば
15. ドラセナ
16. Re:NAME

ほぼ聴きたい曲はカバーされている。 個人的には「クラゲ、流れ星」があればパーフェクトだが、こちらに関しては特典 Blu-ray / DVD の映像コンテンツでカバーされている。
今年の9月9日、恒例の日比谷野外音楽堂で行われた誕生日ライブ「LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018」が付属するとは太っ腹だ。
BSスカパーで生放送されてのも記憶に新しい。
一時の低迷期を脱して新たな活動に入った彼女を応援していきたいと感じたものだ。

DISC 3

  1. PEACH (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  2. CHU-LIP (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  3. LUCKY☆STAR (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  4. ユメクイ (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  5. 黒毛和牛上塩タン焼680円 (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  6. ネコに風船 (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  7. プラネタリウム (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  8. 金魚花火 (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  9. ポケット (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  10. クラゲ、流れ星 (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  11. 恋愛写真 (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  12. One×Time ~ HEART ~ 大好きだよ。~ I □ ×××~ ビー玉~ バイバイ (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  13. SMILY (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  14. 私 (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  15. 甘えんぼ (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  16. Re:NAME (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  17. モアモア (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  18. ゾッ婚ディション (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  19. フレンジャー (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  20. ロケットスニーカー (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  21. Happy Days (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  22. さくらんぼ (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)
  23. 桃ノ花ビラ (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)

  24. ドラセナ (LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~)

SHARP AQUOS 4T-C60AN と LC-60US5






LC-60US5 は1年前の製品であり、世代的には2つ違う。
一番の違いは4K衛星チューナーを内蔵するかしないかになる。

それで8万円ほど違う。 これは悩ましいところだが、数年前の1年の差は大きいが今はそれほど変わらない。 なにより前者に外付けUSB ディスクを買う価格で 4K Blu-ray が買えるとなれば話は変わってくるのではないか?


シン・ゴジラ Blu-ray特別版4K Ultra HD Blu-ray同梱4枚組が AMAZON Cyber Monday で 4,709円



これはとことん安い!
中古品を買おうかと思っていたけど、それより安い。 ファンにとっては買いだろう。
最も既にお買いになっている方はほとんどだろうか?

F1 2019年シーズンは スカパー4Kで放送



F1 GPを観るためにフジテレビ NEXTに加入していた。
シーズンオフにはチャンネルを解約していたのだが、
スカチャン4K(スカチャン1 4K、スカチャン2 4K)で放送されるとのことだ。
https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/181128-i473.html

このチャンネルはスカパーに加入していれば無料で観れるチャンネルなのだが、F1のみ課金が発生するのだろうか?

今年の総集編、『2018 F1グランプリ総集編』は12月23日(日・祝)19時〜22時のようだ。

スカパー!4K 全チャンネルプラン


12/1のBS/CS 4K放送開始にあたって、スカパー!から4K全チャンネルプランが発表になっている。

映画ジャンル
・BS.203ch ザ・シネマ4K 900円
・CS.880ch 日本映画+時代劇 4K 900円
・CS.881ch スターチャンネル 4K 2,300円 ※スターチャンネル1・2・3含むセット特別料金


スポーツジャンル
・CS.821ch〜824ch J SPORTS 1〜4(4K) 2,286円

総合エンターテイメント
・CS.882ch スカチャン1 4K 4Kチャンネル契約者無料(視聴確認用)
・CS.883ch スカチャン2 4K 4Kチャンネル契約者無料

上記9チャンネルが2019年4月末まで4,000円/月で見れるというものだ。

通常6,000円以上するのだから安いといえば安いがどれほどの内容になるかだろう。

アップコンばかりだと意味がない。

GREEN HOUSEから4K/HDR 49V テレビが 49,800円(税別)

r_tv49e-600x359
いやはやまたしても価格破壊のテレビだ。
製造、パネルは中華製だろうが、ロジックボードは「日本製」とある。
mini B-CASカードを使うことから東芝製と想定される。

それにしても凄い価格だ。
もちろん4Kチューナは内蔵しないが、これとSHARPかPANASONICの4K Blu-ray レコーダーと組み合わせるのがベストだろう。

こんなまやかしの商品を買ってはいけない! 三菱REALLCD-A40RA1000





Blu-ray レコーダ 一体型BS/CS 4K内臓テレビとなれば、これ1台ですべてOKだと思う。
HDD も 2TB 内蔵なので文句ない。
しかも「Ultara HD Blu-ray 再生対応」となっている。

ところがだ、なんと間抜けなことに「4K Blu-ray 書き出し」に対応していないのだ。
Blu-ray はハイビジョンまで。 4K録画したコンテンツはHDDに録画は可能だが、2Kダウンコンバートしないと書き出すすべがない。
もちろんUSB接続の外部HDDへの書き出しは可能であるがこれはどうだろうか?

なんとも中途半端な商品である。

4K レコーダー DIGA DMR-SCZ2060 の2K→4K アップコンバート能力

パナソニック 2TB 3チューナー ブルーレイレコーダー 4Kチューナー内蔵 おうちクラウドDIGA DMR-SCZ2060
パナソニック
2018-11-16

我が家の4K TV は SHARP AQUOS LC-60US30 で既に3年前となる。
当時としてはアップコン能力に優れていたのと、なにより安かった。

DSC_2668

今回導入した PANASONIC DMR-SCZ2060 は4K放送が録画できるものの機種としては普及機だ。
ところがヤマダに来ているパナソニックの販売補助員の方に聞いたところ、いわゆる高級機と
普及機との差はチューナーの数やHDDの容量だけであって基本性能は変わらないという。

確かに機種のグレードによって作り分ける方がコストアップになる。

さて、両機ともにアップコン機能を有しているのだが、3年間の進化を如実に感じる。
もともとテロップや字幕など、フルHDでも十分な品質を持っているのだが、髪の毛などのディテールも2Kとは思えないくらいの品質を出している。

通常、解像度を追求すると全体にざらついた映像になるものであるがうまく処理している。

ところで LC-60US30 は4K対応のHDMI端子は4つあるうちの1つだけと思っていたが間違いであった。
全ての端子は 4K/60fps に対応しているが、HDMI1 のみ 4.4.4に対応し他は4.2.2という訳であった。

XBOX ONE S も スカパー!プレミアム4Kチューナー FMP-X7Aも 4.4.4ではないから問題ない。

NTT-XでADATA Ultimate SU650 2.5インチ SSD 240GB が4,000円切り

AD16010553
SSDはもはやOS用ドライブとして欠かせない存在だ。
HDDはデータドライブとして考えると、256GBクラスが価格との折り合いでちょうど良い。

ちょっと前まで1万円を切るかどうかの値段だったのが、NTT-X でクーポンを適用すると3,000円台で買える。
https://nttxstore.jp/_II_AD16010553#

これはかなり魅力だ。
現用しているMacBook Pro MY2012 Latter は500GB HDD と DVD Drive を 256GB SSD と 1GB ハイブリッドHDD に置換してるが、当時2万円ほどしたものだ。
本当に電子デバイスは価格の優等生だ。

スカパーアンテナサポートで4K左旋対応BSアンテナに変更

index

「スカパー!4K総合」を観るために、「スカパー!プレミアムサービス」に加入していたが、同チャンネルが「スカパー1BS4K」でもサイマル放送されることになったので、前者の契約を11月一杯で解除して「スカパー!」に変更することにした。
https://www.skyperfectv.co.jp/guide/campaign/antenna.html

事情の判らない方には何が違うの? って話になるが、もともとは東経124度と126度にある衛星を使うSKY TV と Perfect TV が一緒になってスカパー!となった経緯がある。
その後 BS 110度衛星でe2が始まった。

さて、4K放送をフルで観るには現状のアンテナではダメで左旋に対応したアンテナに変更する必要がある。 自分で変更も考えたが、スカパー加入で1万円で標準アンテナ工事費用を含んで対応してくれるのが上記キャンペーンだ。

今のところ4K有料放送はネイティブな4Kコンテンツが少ない。 本命は「WOWOW」が参入する2020年以降だろうが、「スカパー!」にも加入しているのでせっかくだから工事してもらおうというわけだ。

ちなみに「スカパー!プレミアム」は解約しても無料放送は受信可能なので、毎月第一土曜、日曜日は楽しむことはできる。

新4K衛星放送チューナー内蔵の27型一体型デスクトップ FMV ESPRIMO FH-X/C3 FMVFXC3B

スクリーンショット 2018-11-10 13.34.10
著作権保護に厳重な4Kコンテンツを取り扱うにあたって、PC用のチューナー内蔵機は販売されないのではないかと思っていたが富士通から登場するようだ。

しかし、27inch で30万円を超える価格はあまりにも高い。
これなら50inchクラスのテレビとBlu-rayレコーダー、そしてPCも買える。

Blu-rayライターが付属するようだが、4Kコンテンツも書き出しできるのだろうか?

4K Blu-ray ファイルレイアウト が判明


全く一般には情報が開示されていなかった、4K Blu-ray レコーダの記録フォーマットであるが、ファイル構造が判明したので報告する。

当初、本放送がスタートするまで書き出して調査することもできないと思っていたが、よく考えれば4K テスト放送が流れているので、これを録画して書き出せば良いとひらめいた。

BS朝日4K 放送のテストパターンを30秒ほど録画してBlu-rayに書き出した。

ディスクフォーマットに最大3分かかる。

IMG_8281

書き出したBlu-ray ディスクをBlu-ray コンボドライブにかけたところ認識できてファイルとしても読み込めた。 UHD Blu-ray が非対応のドライブではメディアとして認識しないのに対してこちらのほうがユニバーサルである。

ディスクのルートはこのようになる。
BDAV と  AACS2_av のフォルダだ。
AACS2_av が AACS 2 のプロテクトキーが含まれるのだろう。
2K番組は AACS フォルダに含まれるプロテクトキーが互換性を保つために使われると思われる。

スクリーンショット 2018-11-29 23.50.59




AACS2_av フォルダを覗く。
MKB がこの階層。
スクリーンショット 2018-11-29 23.51.30



AACS_av にunit キーがある。
スクリーンショット 2018-11-29 23.51.46



AACS フォルダは見慣れたキーが。
スクリーンショット 2018-11-29 23.52.25






BDAVフォルダもおなじみのものだ。
スクリーンショット 2018-11-29 23.53.57

CLIPINF
スクリーンショット 2018-11-29 23.54.06



PLAYLIST
スクリーンショット 2018-11-29 23.54.27



STREAM  こちらは拡張子がmmts となる。 m2tsと互換があるファイル形式だ。
スクリーンショット 2018-11-29 23.54.44

Panasonic UHD プレーヤー DP-UB9000


国内メーカー品として、初めて最新HDR規格「HDR10+」と「Dolby Vision」の両方に対応したプレーヤーがPanasonic から登場する。
但し20万円以上もする。 レコーダーが半額で買えるにも関わらずだ。

セルUHDの最新規格に対応しているのは良いが、問題はソフトが追いつくかだろう。
なお、特筆すべき点は BDXLに対応していることだ。

この時期に登場したこともあり、UHDレコーダーで録画した BDXLを最高の画質て観せてくれるのだろうか?

Rose BR5 Mk2 を試聴する



見かけが凄く綺麗で女性ボーカルが使っているイヤー・モニターのようなデザインに、まず目がいく。

ドライバー構成としては、5 ドライバー搭載のカナル型イヤホンだが、シングルユニット x5 の構成ではなくシングルユニット x1+デュアルユニット x2 の構成で其々の低域、中域、高域と3つの帯域を担当している。

この価格で5ドライバーとはかなりコストパフォーマンスが高い。
マルチドライバーは音のつなぎ目が問題になるのはホームユースのスピーカーも同様であるが、低音から高音までスムーズにつながっているのが好印象だ。

また、これは個人によって変わるだろうが筆者にとっては、正にジャストフィットで遮音性も高い。
安いユニットであってもフィットすることで、まとまった音を聴かせてくれる。 逆に高価なものでも耳に合わないと全くダメだ。 この点では非常に満足感が高い。

何より音像の定位が抜群で10万円以上の製品やヘッドフォンと遜色のないレベル。
そして特に女性ボーカルを際立たせるような生々しさがあり、息使いが聴こえてくる。
比べると低音のレベルが低くも感じるが、筆者にはこのくらいが良い感じだ。

1万円以下のイヤフォンとはレベルが違うもので、また10万円以上の製品との差は極めて少ない。
10万円以上の製品になってくると、ある意味「宗教掛かってくる」が自分の求める音の方向性を合うのであれば「買い」だろう。

BS NHK 4K SONGSスペシャル 「ドリカム×太陽の塔」



SONGS のドリカムが早くも登場する。
恐らくここ数年の収録は既に4Kで行われていなのだろう。

他のアーティストも4Kで観れるかもしれない。

「Wの悲劇」が BS フジ 4K に登場


ようやく12/1,2の放送が見えてきた。


そのなかで目玉は BS-フジ4K 「Wの悲劇」だろう。
主演 薬師丸ひろ子

まさかの映画が12/2に放送される。

これは必録画だ。

iOSアプリ McIntosh AP1 Audio Player

IMG_8144

iOS用の音楽プレーヤーアプリである。
特に高性能というわけでもないが、見て楽しめるのはなかなか良いのではないだろうか?

新4K放送への期待

スクリーンショット 2018-11-10 8.46.03

なかなか放送コンテンツの全容がリリースされないのだが、かつて衛星デジタル開局番組で、「松任谷由実」があったのを覚えているだろうか?

映画コンテンツ、特に洋画に関してはセルビデオとしてより高画質、高音質なものが手に入る可能性は高い。
それに対して邦楽音楽コンテンツはセルビデオを前提とするWOWOWなどの一部を除き、再度観れることは極めて少ない。

古くはアナログハイビジョン時代
1994年 BSフジ「16 Summer Breeze 」杏里 武道館コンサート 
流石にハイビジョンが今の8K放送を観るより遥かにハードルが高かった時代のコンテンツだけに、どうしようもないが今の4K放送ならなんとかなる。

スカパー4Kも少ないながら、いろいろな音楽コンテンツを残している。

デジタルハイビジョン開始時に、早々に導入された方から「なんも観るものない」と聞かされて見送っていたのだが、なんのことはないWOWOWなどは数少ないながらも魅力的なコンテンツを流していた。

次世代放送は地上波のように、「何かやってないか」と観るものではなく、EPGで予約録画したものを振り返り観るものだと思い知った次第だ。

松任谷由実  Time Machine Tour 2018/11/23. 静岡エコパ公演に参ります。

IMG_8194
10月の神戸公演からひと月半を経て、静岡公演に参戦する。
ここエコパは小田和正さんのコンサートで3度来ているが、他のアーティストでは初めてとなる。

ここは駐車場から出るのに苦労する会場だ。
信号で出庫できるクルマの数が制限される。
ただ、逆に出てしまえば渋滞するところはない。

三連休の1日目を楽しんできたい。

Panasonic UHDプレーヤー DP-UB30 が現品特価

IMG_8166

たまたまヤマダ電機で見かけたのだが、UHDプレーヤーのスタンダードモデルはこんな値段で買えるようだ。

Amazonでみると

えー! やっぱり2.7万円ほどする。
1年前の製品で店頭品とはいえ、電源を接続されていないようだ。
ちなみに2Kテレビに接続すると4K は 2Kにダウンコンバージョンされるので、見れないことはない。
4K テレビはまだという人にもおすすめできそうだ。

4K 18Gbps 対応 HDMIケーブルを購入する

IMG_8170

普段は中華製の安物で十分事足りていたのだが、余計なトラブルなく、また何か障害が発生した場合でもメーカーに文句が言えるように1本購入してみた。
なんと4,000円ほどする!


IMG_8171

これで先日のトラブル原因であったHDMIケーブルの問題が解消できた。

Just earソニーストアオリジナル音質調整モデル販売会

【ポイント2倍】 【ご予約受付中】 SONY ソニー DMP-Z1 【送料無料(代引き不可)】【1年保証】【12月8日発売予定】
【ポイント2倍】 【ご予約受付中】 SONY ソニー DMP-Z1 【送料無料(代引き不可)】【1年保証】【12月8日発売予定】

耳型をとって作成するカスタム・イヤフォン。 SONY 「JUST EAR」は非常に好評で3,4ヶ月の納期となっている。
25万円もするのにびっくりする。

また最近では再生機種に向けてチューンした専用機も登場している。
上記、DMP-Z1に合わせたモデルもあるようで、こればっかりは作ってみないと判らないので評価のしようがない。

廉価な WM ZX300にも専用モデルがあるが、25万円のカスタム・イヤフォンを買うひとが7万円のプレーヤーを選択するかは疑問だ。

4K レコーダー DIGA DMR-SCZ2060 自作UHD再生テスト


先週、家電量販店でテストをした際、SONYのみがアウトでPANASONIC、SHARPが再生できたにも関わらず、もしやと思って、その場では予約をできなかった。
今回、品薄とのことで、PANASONIC のメーカーとして大丈夫であったことを信じて購入に至ったわけだ。

結論から言うと、全く問題なく再生可能であった。
画面上は 「Ultra Blu-ray 」「4K」と表示される。
IMG_8165

XBOX ONE S で観られた、「色相の変化」もなく完全にオリジナル以上の色合いを出してくれた。
この点では4年前の SONY スカパー!プレミアム 4K チューナー FMP-X7 からの技術的進歩によるところだろう。

4K レコーダー DIGA DMR-SCZ2060 をセットアップする


木曜日に手に入れた同機のセットアップがようやく終了した。

昔はBSアンテナの給電が問題でトラブルになったり、LNBが交換時に壊れるということを聞いていたのだが今はどうだろうか?

念の為に接続されているTVやBlu-rayレコーダーのコンセントを全て抜いて対応した。
それにしても初回の立ち上がりに時間を要して初期不良かと焦った。

まずは地上波だけ接続して稼働を確認、引き続いてBSアンテナも接続する。

我が家のアンテナは「SHマークのない」円偏波が右方向である、いわゆる「右旋」しか受けられない旧式だ。 したがって今のところ有料チャンネルやNHK 8K は受信できないが、12月1日開局に備えて NHK 4K と民放 4K はOKだ。

レコーダーを無線LANでインターネット接続可能として、早速ファームウエアのアップデートを掛けてみた。
極初期ロットなのに、既に バージョン1.06 で更に 1.09 が着ていた。
この調子なら毎日のようにアップデートがあるのだろうか?

IMG_8160

チューナーの設定と画面、音声の設定を行う。
郵便番号を入れると最寄りの中継局も設定されるのはうれしい。

我が家は生駒山中腹にある、テレビ大阪は見通し外となるため、最寄りの中継局となるが、きちんとチャンネルも合わせられていた。
3年前に購入したSONY Blu-ray レコーダーも Sharp 4K TV も手動で合わせる必要があったのに対して設定負荷が軽減されている。

IMG_8161

おそらく地上波や2K BS/CSを録画することは少ないと思われるが、重なった時の予備として設定をしておいた。
HDMI の音声出力はコンテンツのものをそのままスルーできる設定とPCMに変換できる設定があるが、位相遅れを懸念してPCM変換はTVで行うデフォルトを選択。
光デジタルアウトがありアンプにダイレクトに接続可能であるがこちらも利用していない。

ここまではトラブルフリーであったが、4K HDR の設定で4K/60p/4:4:4 高速伝送 18Gbpsにしたところ、たまに画面にフリッカーが出る。 どうもケーブルが対応していないのが原因と考えられる。

ごらんのように SONY BDZ-EW510 とスタックして設置したが、SONY機のスリムさが際立つ。
また「窓」の照明であるが、これでも照度を抑えた設定だが明る過ぎないか?
部屋の照明を落として画面に集中したい時用にもっと落とせるか消灯できるモードを用意して欲しい。

C-9700 VHF / UHF / 23CMオールモードSDRトランシーバUK



IC-9700 のUKでの発売が2019年2月に決定したようだ。
https://icomuk.co.uk/News_Article/2/1284/

1795.95スイスフランと27万円くらいだろうか?
当初予想よりも高め(20万円いないと予測されてた)がどうだろうか?

4K レコーダー DIGA DMR-SCZ2060 を1日早くGET!

IMG_8157
ネットを見てると、初期ロットが売り切れて12月中旬になるとか情報がでていた。 1日早いがどうだろうと会社帰りに LABI1 なんば に寄ったところ入荷済みであった。

今回11台入荷したとのこと。 たまたま先に購入に来られていた方の話ではヨドバシは先行予約された方で初日の販売はないようだ。
本来は明日が販売開始日で店頭に並んでいるデモ機もない状態であった。

実は先週の自作UHDテストでSONY機が再生できなかったので、実際に再生できるかを見てから購入するつもりであったが、このような品薄であれば仕方ない。

A−CASについて
ついにB-CASカードがなくなった。
A-CASが間に合わない場合はどうなったんだろうか?(出荷停止?)
4K BS/CS放送が A-CAS で 2K放送はB-CASの併用と思っていたが違うようだ。

img268

ついに不正B-CASの究極の対策がなされたというか、今後の4Kテレビは、みんなこのように
なっていくのだろう。
従来であれば契約済B-CASカードをもって非契約のテレビで観ることもできたが
これができなくなったのは相当いたい。
できるなら複数契約費用を下げてもらいたい。

USB外付けHDDについて
4K放送録画にはUSB3.0 対応HDDが必須とされている。
内蔵HDDのみにしか記録できないとしたらどうしようと思っていたが杞憂に終わった。

しかしながら4TB以下しか接続できないのは痛い。 今となっては10TBクラスのHDDも
手に届くようになってきたのに残念なところだ。
またSeeQVaultディスクにダビングするときは2Kにダウンコンバートされる。

4K放送の編集について
4K放送に対してもチャプター作成機能は当初より搭載されているようだ。
DMR-BW200 の時代は後から付加された機能で、かつダビング10も未対応出会ったのに比べて初代機の割には機能が揃っているといえるだろう。

とりあえず週末にいろいろとテストして見る予定である。

いよいよ「Computer with Audio/Visual」第2章 が本格的にスタートできそうだ。

記事検索
Archives
最新記事
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
RSS
  • ライブドアブログ